I章:新しい言葉

「Ⅰ章:新しい言葉」では、コードネームやコード進行に関する最も基本的な部分を学びます。
  • -ゲートウェイ

    「序論」「準備編」の内容がきちんと頭に入っているかを確認する試験場です。ここで良い点を取ってから進むのが安心です。

  • 01コード理論をはじめる

    コードとは何か。長調・短調を自由派ではどのように扱うか。

  • 02詳細度数 ❶

    準備編で学んだ「度数」について、より詳しく名前をつけて「詳細度数」にする。

  • 03メジャーとマイナー ❶

    最も基本的な2つのコード、「メジャーコード」と「マイナーコード」について。

  • 04メジャーとマイナー ❷

    五線譜に騙されずに、どのルートからでも「メジャーコード」「マイナーコード」を作れるようにする。

  • 05六つの基調和音 ❶

    コード進行の根幹をなすのはたった6つのコードだけ。六つの基調和音を学ぶ。

  • 06六つの基調和音 ❷

    Cメジャーキー以外で基調和音を作るために、五度圏を活用する。どのキーでも曲が作れるようになる。

  • 07ディグリーネーム

    より理論的に音楽を理解するために、コードに番号を振って抽象化する。キーの中での「相対的な位置」という概念を知る。

  • 08具現化基礎 ❶ 配置と音の付加

    コードを実際に演奏する際の具体的なポイント。自由に音を足して、より複雑なサウンドを獲得する。

  • 09具現化基礎 ❷ 周期と声部連結

    コード進行のサイクルや、コード同士の繋ぎ方に関する基礎。

  • 10スリーコードと代理コード

    6つの基調和音を、2つのグループに分類する。キー内での相対位置が、コードそれぞれにキャラクターを与えることを理解する。

  • 11コードの機能分類

    コードをトニック・ドミナント・サブドミナントの3機能に分類する。それに基づいて、コード進行の性格を解釈する。TDSの生まれを簡単に知る。

  • 12ケーデンス

    コードがトニックに帰着する「解決」のパターンについて知る。解決するタイミングの重要性。

  • 13クオリティ・チェンジ

    コードのメジャーとマイナーを入れ替えることで、より曲想の幅を広げる。コードの幅を倍増させる。


接続系理論

I章の後半戦です。接続系理論は、自由派が独自に作り上げた、ポピュラー音楽のための実践的な理論です。2つのコードを繋げた際に章じる曲想を論じます。非常に情報量が豊富であるため、軽く読み飛ばして先の章へ進んでいくのもアリです。
  • 14コントロール・ファクター

    接続系理論の概要、およびコードの接続を分析する際の“ものさし”となる、3つのコントロール・ファクターについて。

  • 15五系統分類

    コードを、そのルートの移動に基づき5つのグループ(A-E)に分類する。また、いかに従来の禁則を包括するかについて。

  • 16C型の諸用法

    ルートが2度上行/下行する動き、Close Nexusの性質について。そして従来の禁則がいかに破られているか。

  • 17B型の諸用法

    ルートが4度上行する動き、Basic Nexusについて。強進行の安定感を知る。

  • 18A型の諸用法

    ルートが4度下行する動き、Active Nexusについて。V-IImの禁則が現代の音楽でいかに効果的であるか。

  • 19D型の諸用法

    ルートが3度下行する動き、Drop Nexusについて。また、どの流派においても認められている「四大接続」について。

  • 20E型の諸用法

    ルートが3度上行する動き、Elevate Nexusについて。

  • 21E²の諸用法

    E型の接続のうち、使い方の難しい「E²」の扱いについて。禁則とされている進行が実は現代の流行であることを学ぶ。

  • 22王道進行と文化の差

    ジャンルによって好まれるコード進行がいかに異なっているか。音楽理論は文化であることを知る。

  • 23記憶と印象論

    接続系理論の総括。コードに対して抱く感情がいかに文化背景や記憶・体験に対し依存的で、相対的なものであるかについて。


II章:新しい音響

II章「新しい音響」では、メジャー/マイナーコードに音を足したり引いたりして加工する技法と、他の調からコードを引っ張ってきてサウンドを拡張する技法について学びます。シンプル系ロック音楽以外のほとんど全てのジャンルで重要になる知識です。
  • -ゲートウェイ

    コード編I章の内容をきちんと理解できているかを確認できるテスト場。ここで良い得点を取ってから進むと安心です。

  • 24詳細度数 ❷

    I章では長3・短3・完5・減5の4つしか学ばなかった「詳細度数」の全容を知る。

  • 25パワーコード

    ロック系音楽で多用される独特な奏法、パワーコードについて。その音楽理論的特徴。

  • 26セブンスコード

    メジャーコード・マイナーコードに音を追加して、「セブンスコード」を作る。4種類のセブンスコードの区別の仕方。

  • 27二次ドミナント

    より複雑なサウンドで曲を彩る技法、二次ドミナントと、その原理ドミナントモーションについて。

  • 28近親調

    ある調から転調しやすい調とそうでない調、関係の深い調と浅い調について。

  • 29パラレル・マイナー ❶

    同主調からコードを借用して、さらに表現の幅を広げる。

  • 30パラレル・マイナー ❷

    同主調借用和音のロック的な用法や、セブンスコード化した際の注意について。


III章:新しい名前

この章では、メジャー・マイナーコード以外の様々なコードについて学びます。sus4、aug、dimといった多種多様なコードの知識を詰める章です。技巧的なコードを要しないジャンルにおいては、少し重要性が落ちます。
  • 31sus4とsus2

    コードの第三音を上下させて、sus4/sus2を作る。その独特の効果と用法について。

  • 32augとdim

    コードの第五音を上下させて、aug/dimを作る。I章で除外したVIIm(-5)と再会する。

  • 33シックスコード

    コードに6度の音を足して、Sixth Chordを作る。サスペンド的用法と、そうでないものについて。

  • 34sus4とaugの拡張

    序盤で学んだ三和音を、セブンスコードへ進化させる。豊かなサウンドへのこだわり。

  • 35マイナーセブンス♭5

    m(-5)をセブンスコード化する。ポピュラー音楽でよく使われる4パターンを紹介。

  • 36ディミニッシュセブンス

    不気味なサウンドを特徴にもつDiminished Seventhについて知る。構成音の特徴や、その用法について。

  • 37テンションコード ❶

    セブンスコードをさらに進化させて、Nineth Chordにする。テンションコードの基礎知識。

  • 38F型の諸用法

    接続系理論の続き。新コードを習得したことで生まれる6つめの接続系について。


IV章:新しい技法

この章では、おしゃれなアレンジ方法や定番パターンなどを知り、よりプロフェッショナルなコードワークを身につけます。この章の技法までマスターすれば、ポップスの技法は全て網羅したに等しいです。
  • 39スラッシュコード ❶ 転回形

    コードのルート音以外をベースが奏でる技法、スラッシュコードの中でも最も基本技術である転回形について。いかにベースラインを滑らかにするか。

  • 40スラッシュコード ❷ ペダルポイント

    ベースがコードを無視して一定の音を演奏し続ける技法、ペダルポイントについて。定番のパターンや実例の紹介。

  • 41スラッシュコード ❸ ハイブリッドコード

    コードとルートが別動することにより、2種類の機能感を混成させる技法、ハイブリッドコードについて。

  • 42ライン・クリシェ

    一定のコードの中で、どこか一音だけを滑らかに動かしていく技法、クリシェについて。ウワモノで行うクリシェと、ベースが行うクリシェ。

  • 43裏コード(三全音代理)

    ジャズで定番のコード代理法、三全音代理について。五度圏でみて正反対の位置へルートを転換する。

  • 44経過和音

    ここまでの総まとめ。経過和音と、特にパッシング・ディミニッシュについて。

  • 45テンションコード ❷

    9th以外の、応用的なテンションに関する概要。より詳細はV章にて取り扱うが、基本的な部分のみを抜粋。

  • 46コードネームの判別法

    「♭5」と「♯11」など、どちらで書くべきなのか迷うコードネームの判別法を、様々な事例と共に解説。


V章:近代の世界

音をあえて濁らせる、和音に和音を重ねる、複数の調を同時に奏でるなど、主に近代クラシックやジャズの入り口となるような、近代の発展的技法などを学ぶステージです。大衆音楽で使用するようなものは、もうほとんどありません。
  • 47トーン・クラスター

    3度間隔ではなく2度で音を敷きつめるユニークな技法、トーン・クラスターについて。また、それをよりカジュアルに用いるクラスター・ヴォイシングについて。

  • 48四度堆積和音

    前回とは逆に、4度で音を配置する技法について。ジャズ、近代クラシック、ポピュラー音楽それぞれで四度堆積が活用されている事例も紹介。

  • 49オルタード・ドミナント

    ドミナントセブンスコード上に、9th以外の応用的テンションを乗せる。-9,+9,+11,-13それぞれが持つ個々のサウンドの違いについて。

  • 50複合和音(+アッパーストラクチャ)

    和音に和音を重ねる技法について。また、ジャズで頻用されるアッパーストラクチャ・トライアドについて。

  • 51パラレル・メジャー

    「同主調借用」の応用編。同主短調ではなく、同主長調からコードを借用する。IV#m・VIIm・I#mを使いこなす。

  • 52多調性(ポリトーナリティ)

    複数の調を同時に演奏する前衛的技法、多調性について。3つの調を同在させる方法についても紹介。


VI章:ジャズの世界

モダン・ジャズの入門編です。ジャズ理論の特徴的な部分だけを抜粋し、基礎領域を学ぶことができます。特に一般音楽理論との構造・思考の違いを理解し、相対的な価値観を養うことを目的に作られています。

VI章は現在再構成中です。数日お待ちください。


VII章:古典の世界

古典派理論の入門編です。クラシック音楽の理論的特徴や、一般音楽理論とは大きく異なる様式、そして「和声」に関する理論。本格派オーケストラや合唱曲を作るのに必要な基礎知識が詰まっています。
  • 01古典派理論への招待

    古典派の歴史上の位置付けや、その内容、時代性など、古典派理論の導入ガイド。

  • 02古典派長調の様式

    古典派理論における長調の体系。現在とは異なる進行ルールや、第四の機能「プラガル」について。また、クラシック調の雰囲気を出すための基本事項を確認。

  • 03古典派短調の様式

    古典派理論における短調の体系。古典派の極めてユニークな点である、長調/短調の完全な対照化について。

  • 04度数と倍音

    和声論の入り口。それぞれのインターバル関係がもつサウンドの質感と、音響学の基本である「倍音」について。

  • 05標準配置

    和声論の第一回。4つの声部の名称や、標準配置の存在について。

  • 06標準連結と原則

    和音同士の連結に関する基本ルールを学ぶ。3種類の連結種別と、2つの基本原則「最短経路の原則」「外声反行の原則」について。

  • 07属七と限定進行音

    和声論における、V7・V9のコードの限定的な進行について。また、理想的な配置が決定されるまでの思考プロセスについて。

  • 08基本的な禁則

    和声における基本的な原則、増音程の移動や対斜について。

  • 09連続系の禁則

    和声論の中でも有名な、連続五度・連続八度の禁則について。パワーコードは古典派理論では禁則なのか? 禁則の意味や目的から紐解き、より深く理解する。

  • 10並達系の禁則

    並達五度・並達八度の禁則、またそれが例外的に許可される場合について。II-Vの連結についても補足。

  • 11転回形と表記法

    和声論における転回形の様々な表記法を解説。数字付き低音についても軽く紹介。

  • 12第一転回形

    3rdをバスに据える第一転回形の配置や進行について。マイナーコードではなぜ3rdの重複が許されるのか。

  • 13第二・第三転回形

    5th,7thをバスに据える第二・第三転回形について。また、短調の場合にどうなるか。

  • 14和声を学ぶ本質

    VII章の総括。現代の我々が古典派和声を学ぶ意義。コードという概念からの解放。


VIII章:研究室

研究的な内容がまとめられた最終章です。実践に使えるものもありますが、実践にあまり関係ない記事もあり、音楽理論そのものが大好きな人向けの内容です。
  • 53最後の和音たち

    これまでに学んできたコードをまとめ直し、まだ触れていなかった3つの和音について解説。ダブル・ミクスチュアとは。

  • 54中心軸システム

    全てのコードを三機能に分類する理論。その生まれや注意点を含めて解説。

  • 55反復にまつわる技法

    コンスタント・ストラクチュアゼクエンツなど、これまでに紹介できなかった反復技法を紹介。

  • 56陰陽和声(ネガティヴ・ハーモニー)

    上下の倍音関係、もしくは五度圏の関係を用いて、音に対して特殊な転換を施す技法。音楽に対する視点がまたひとつ広がる。

  • 57Ⅲの和音を知る ❶ TDSの歴史

    コードの「機能」という考えはいつ生み出されたのか。その生まれと、本質的に抱える曖昧さについて。

  • 58Ⅲの和音を知る ❷ 各流派の哲学

    IIImの和音に対する見方が流派によっていかに異なっているか。文化的背景が理論に与える影響について。

  • 59Blackadder Chord

    Rt・M2・+4・m7から成る「Blackadder Chord」の話、また多重の文脈をもつコードについて。

  • 60ファントム・フリー

    接続系理論の続き。I章の接続系理論を拡張し、不定調性における作曲の指標として「ファントム」という調性の想起機能について論じる。