I章:新しい言葉

「Ⅰ章:新しい言葉」では、コードネームやコード進行に関する最も基本的な部分を学びます。
  • -ゲートウェイ

    「序論」「準備編」の内容がきちんと頭に入っているかを確認する試験場です。ここで良い点を取ってから進むのが安心です。

  • 1コード理論をはじめる

    そもそもコードとは何か。コード理論の概要を、また「3つのレイヤー」を用いて説明する。

  • 2長調・短調の区別について

    コード理論を進めていくうえでの前提となる、「長調・短調」の区別について。キーの長短が区別しづらい楽曲を、理論上どう扱うか。

  • 3詳細度数 ❶

    準備編で学んだ「度数」について、より詳しく名前をつけて「詳細度数」にする。

  • 4メジャーとマイナー ❶

    最も基本的な2つのコード、「メジャーコード」と「マイナーコード」について。

  • 5メジャーとマイナー ❷

    五線譜に騙されずに、どのルートからでも「メジャーコード」「マイナーコード」を作れるようにする。

  • 6六つの基調和音 ❶

    コード進行の根幹をなすのはたった6つのコードだけ。六つの基調和音を学ぶ。

  • 7六つの基調和音 ❷

    Cメジャーキー以外で基調和音を作るために、五度圏を活用する。どのキーでも曲が作れるようになる。

  • 8ディグリーネーム

    より理論的に音楽を理解するために、コードに番号を振って抽象化する。キーの中での「相対的な位置」という概念を知る。

  • 9具現化基礎 ❶ 配置について

    コードを実際に演奏する際の具体的なポイント。ベースがルートを弾く重要性。

  • 10具現化基礎 ❷ 周期と声部連結

    コード進行のサイクルや、コード同士の繋ぎ方に関する基礎。

  • 11スリーコードと代理コード

    6つの基調和音を、2つのグループに分類する。キー内での相対位置が、コードそれぞれにキャラクターを与えることを理解する。

  • 12コードの機能分類

    コードをトニック・ドミナント・サブドミナントの3機能に分類する。それに基づいて、コード進行の性格を解釈する。TDSの生まれを簡単に知る。

  • 13付加和音と濁りの活用

    三和音に音を付加して、様々なサウンドを得る。II〜IV章で扱う高度な和音を、“名前抜き”で先取りゲットする。

  • 14TDSの連結とリズム

    コードがトニックに終止する「解決」のパターンやタイミングについて、またハーモニック・リズムについて。

  • 15クオリティ・チェンジ

    コードのメジャーとマイナーを入れ替えることで、より曲想の幅を広げる。コードの幅を倍増させる。


接続系理論

I章の後半戦です。接続系理論は、自由派が独自に作り上げた、ポピュラー音楽のための実践的な理論です。2つのコードを繋げた際に章じる曲想を論じます。非常に情報量が豊富であるため、軽く読み飛ばして先の章へ進んでいくのもアリです。
  • 16コントロール・ファクター

    接続系理論の概要、およびコードの接続を分析する際の“ものさし”となる、2つのコントロール・ファクターについて。

  • 17五系統分類

    コードを、そのルートの移動に基づき5つのグループ(A-E)に分類する。また、いかに従来の禁則を包括するかについて。

  • 18C型の諸用法

    ルートが2度上行/下行する動き、Close Nexusの性質について。そして従来の禁則がいかに破られているか。

  • 19B型の諸用法

    ルートが4度上行する動き、Basic Nexusについて。強進行の安定感を知る。

  • 20A型の諸用法

    ルートが4度下行する動き、Active Nexusについて。V-IImの禁則が現代の音楽でいかに効果的であるか。

  • 21D型の諸用法

    ルートが3度下行する動き、Drop Nexusについて。また、どの流派においても認められている「四大接続」について。

  • 22E型の諸用法

    ルートが3度上行する動き、Elevate Nexusについて。

  • 23E²の諸用法

    E型の接続のうち、使い方の難しい「E²」の扱いについて。禁則とされている進行が実は現代の流行であることを学ぶ。

  • 24王道進行と文化の差

    ジャンルによって好まれるコード進行がいかに異なっているか。音楽理論は文化であることを知る。

  • 25接続系理論の総括

    最後のまとめ。「2族」をまとめて暗記する方法や、データの分析、抽象と捨象について。


II章:新しい音響

II章「新しい音響」では、メジャー/マイナーコードに音を足したり引いたりして加工する技法と、他の調からコードを引っ張ってきてサウンドを拡張する技法について学びます。シンプル系ロック音楽以外のほとんど全てのジャンルで重要になる知識です。
  • -ゲートウェイ

    コード編I章の内容をきちんと理解できているかを確認できるテスト場。ここで良い得点を取ってから進むと安心です。

  • 26詳細度数 ❷

    I章では長3・短3・完5・減5の4つしか学ばなかった「詳細度数」の全容を知る。

  • 27パワーコード

    ロック系音楽で多用される独特な奏法、パワーコードについて。その音楽理論的特徴。

  • 28セブンスコード

    メジャーコード・マイナーコードに音を追加して、「セブンスコード」を作る。4種類のセブンスコードの区別の仕方。

  • 29二次ドミナント

    より複雑なサウンドで曲を彩る技法、二次ドミナントについて。

  • 30近親調

    ある調に対して関係の深い調と浅い調について。同主調、平行調、属調、下属調。

  • 31パラレル・マイナー ❶

    同主調からコードを借用して、さらに表現の幅を広げる。その定番パターンを紹介。

  • 32パラレル・マイナー ❷

    より具体的な音階の選択や、名称について。


III章:新しい名前

この章では、メジャー・マイナーコード以外の様々なコードについて学びます。sus4、aug、dimといった多種多様なコードの知識を詰める章です。技巧的なコードを要しないジャンルにおいては、少し重要性が落ちます。
  • 33III章のガイドライン

    III章でどのようにコードバリエーションを増やしていくかの概要を確認。

  • 34メジャーの5度変位

    メジャーコードの第5音を半音上げて、シャープファイブのコードを作る。

  • 35マイナーの5度変位

    マイナーコードの第5音を半音下げて、マイナーフラットファイブのコードを作る。VIIの和音と再会する。

  • 36sus4とsus2

    コードの第3音を上下させて、sus4/sus2を作る。その独特の効果と用法について。

  • 37ディミニッシュセブンス

    不気味なサウンドを特徴にもつDiminished Seventhについて知る。構成音の特徴や、その用法について。

  • 38変位・転位系和音のまとめ

    ここまで紹介してきたコードのまとめと、別名・別表記についてこの一記事に集約してまとめる。

  • 39シックスコード

    コードに6度の音を足して、Sixth Chordを作る。サスペンド的用法と、そうでないものについて。

  • 40ナインスコード

    セブンスコードをさらに進化させて、9th Chordにする。

  • 41F型の諸用法

    接続系理論の続き。新コードを習得したことで生まれる6つめの接続系について。


IV章:新しい技法

この章では、おしゃれなアレンジ方法や定番パターンなどを知り、よりプロフェッショナルなコードワークを身につけます。この章の技法までマスターすれば、ポップスの技法は全て網羅したに等しいです。

V章:近代の世界

音をあえて濁らせる、和音に和音を重ねる、複数の調を同時に奏でるなど、主に近代クラシックやジャズの入り口となるような、近代の発展的技法などを学ぶステージです。大衆音楽で使用するようなものは、もうほとんどありません。
  • 58トーン・クラスター

    3度間隔ではなく2度で音を敷きつめるユニークな技法、トーン・クラスターについて。また、それをよりカジュアルに用いるクラスター・ヴォイシングについて。

  • 59四度堆積和音

    前回とは逆に、4度で音を配置する技法について。ジャズ、近代クラシック、ポピュラー音楽それぞれで四度堆積が活用されている事例も紹介。

  • 60オルタード・ドミナント

    ドミナントセブンスコード上に、9th以外の応用的テンションを乗せる。-9,+9,+11,-13それぞれが持つ個々のサウンドの違いについて。

  • 61複合和音(+アッパーストラクチャ)

    和音に和音を重ねる技法について。また、ジャズで頻用されるアッパーストラクチャ・トライアドについて。

  • 62パラレル・メジャー

    「同主調借用」の応用編。同主短調ではなく、同主長調からコードを借用する。IV#m・VIIm・I#mを使いこなす。

  • 63多調性(ポリトーナリティ)

    複数の調を同時に演奏する前衛的技法、多調性について。3つの調を同在させる方法についても紹介。


VI章:ジャズの世界

モダン・ジャズ理論の入門編です。ジャズ理論の特徴的な部分だけを抜粋し、基礎領域を学ぶことができます。特に一般音楽理論との構造・思考の違いを理解し、相対的な価値観を養うことを目的に作られています。
  • 1ジャズ理論への招待

    ジャズ理論の特徴、理論に求めるものの違いについて。即興演奏を想定していることが理論系にどう影響を与えているか。

  • 2ジャズ理論のコード基礎

    これまで学習してきたコード理論を、ジャズ的目線からまとめ直す。ポピュラー系との考え方の違いについて。

  • 3トゥー・ファイヴの応用

    ジャズ理論の核であるii-Vの応用法を学ぶ。ii-Vを利用した転調や、Related IImについて。

  • 4トライトーン代理の拡張

    トライトーン代理を発展させ、V7以外のドミナントセブンスコードを増4度ウラにひっくり返す。

  • 5トライトーン代理の拡張②

    トライトーン代理をさらに発展させ、ドミナントセブンスでないコードでも増4度反転を試みる。

  • 6ジャズのヴォイシング

    ジャズ理論の重大要素のひとつである、ヴォイシングについて。Drop2Drop3、シェル・ヴォイシングなど。

  • 7ドミナントセブンス上のスケール

    スケールを変えることでサウンドに変化をつけていく考え方を学ぶ。コンディミ、リディアン♭7など、ドミナントセブンス上での代表的なスケールについて。

  • 8モーダル・インターチェンジ

    II章で扱った「同主短調からの借用」をさらに発展させ、メロディックマイナーやミクソリディアンといったスケールからの借用を行う。

  • 9サイド・ステッピング

    ジャズ特有の技法であるサイド・ステッピングについて。他の演奏からスケールアウトしてソロを弾くことの効果や実例。

  • 10コルトレーン・チェンジ

    遠隔調へ転調する「Giant Steps」や「Countdown」のコード進行、またマルチトニック・システムについて。


コードスケール理論

VI章の後半戦です。「複雑な転調」の中での「アドリブ」を効率的に行うために特化した「コードスケール理論」の基礎を学びます。

VII章:古典の世界

古典派理論の入門編です。クラシック音楽の理論的特徴や、一般音楽理論とは大きく異なる様式、そして「和声」に関する理論。本格派オーケストラや合唱曲を作るのに必要な基礎知識が詰まっています。
  • 1古典派理論への招待

    古典派の歴史上の位置付けや、その内容、時代性など、古典派理論の導入ガイド。

  • 2古典派長調の様式

    古典派理論における長調の体系。異なる規則や、第四の機能プラガルについて。また、古典調の雰囲気を出すための基本事項を確認。

  • 3古典派短調の様式

    古典派理論における短調の体系。古典派の極めてユニークな点である、長調/短調の完全な対照化について。

  • 4度数と倍音

    和声論の入り口。それぞれのインターバル関係がもつサウンドの質感と、音響学の基本である「倍音」について。

  • 5標準配置

    和声論の第一回。4つの声部の名称や、標準配置の存在について。

  • 6標準連結と原則

    和音同士の連結に関する基本ルールを学ぶ。3種類の連結種別と、2つの基本原則「最短経路の原則」「外声反行の原則」について。

  • 7属七と限定進行音

    和声論における、V7・V9のコードの限定的な進行について。また、理想的な配置が決定されるまでの思考プロセスについて。

  • 8基本的な禁則

    和声における基本的な原則、増音程の移動や対斜について。

  • 9連続系の禁則

    連続5度・連続8度の禁則について。パワーコードは古典派理論では禁則なのか? 禁則の意味や目的からより深く理解する。

  • 10並達系の禁則

    並達5度・並達8度の禁則、またそれが例外的に許可される場合について。II-Vの連結についても補足。

  • 11転回形と表記法

    和声論における転回形の様々な表記法を解説。数字付き低音についても軽く紹介。

  • 12第一転回形

    3rdをバスに据える第一転回形の配置や進行について。マイナーコードではなぜ3rdの重複が許されるのか。

  • 13第二・第三転回形

    5th,7thをバスに据える第二・第三転回形について。また、短調の場合にどうなるか。

  • 14クラシックの転調技法基礎

    属七・減七・増三和音を用いた、クラシックの基本的な転調技法について。

  • 15ナポリの六とナポリの和音

    「ナポリ楽派」が象徴的に使っていた和音、「ナポリの六」と、そこから派生して生まれた「ナポリの和音」群について。

  • 16増六の諸和音

    特徴的な音程である「増6度」を含む様々な和音について。トリスタン和音や、異名同音を利用した転調について。

  • 17和声を学ぶ本質

    VII章の総括。現代の我々が古典派和声を学ぶ意義。コードという概念からの解放。


VIII章:研究室

研究的な内容がまとめられた最終章です。実践に使えるものもありますが、実践にあまり関係ない記事もあり、音楽理論そのものが大好きな人向けの内容です。
  • 64中心軸システム

    全てのコードを三機能に分類する理論。その生まれや注意点を含めて解説。

  • 65Lydian Chromatic Concept

    先鋭的なジャズ系メソッド、リディアン・クロマティック・コンセプトについて。12音のトーナル・オーダー7つの主要音階による色づけ。

  • 66陰陽和声(ネガティヴ・ハーモニー)

    コードを上下反転の目線で考える発想法、明暗とは違う陰陽の対称軸。

  • 67メタ音楽理論 ❶フェイズとイズム

    音楽理論を客観的に捉えるために、「音楽」ではなく「音楽理論」そのものを理論化する。理論が構築されるまでのプロセスや立脚する主義を分割・対置する概念や語彙を獲得する。

  • 68ナポリの六の解釈に関する詳論

    その解釈に関して見解の割れる「ナポリの六」について、歴史上どのような見解がなされてきたか、また解釈差がどのように生じるかを「メタ音楽理論」をもとに解説する。

  • 69Blackadder Chord

    Rt・M2・+4・m7から成る「Blackadder Chord」の話、また多重の文脈をもつコードについて。

  • 70機能和声の変遷 ➊リーマンの“原作”

    コードの「機能」という考えはいつ生み出されたのか。リーマンが提唱したオリジナルの機能和声論を知る。

  • 71機能和声の変遷 ❷各流派の機能論”

    リーマン以降のクラシック流派、ジャズ流派がいかに機能和声論を利用し、改変や拡大解釈がなされてきたかを辿り、現在の形式に至るまでの変遷を理解する。

  • 72ファントム・フリー

    接続系理論の続き。I章の接続系理論を拡張し、不定調性における作曲の指標として「ファントム」という調性の想起機能について論じる。