機能和声論の変遷 ❷ 各流派の機能論

コード編 Ⅷ章:研究室

§1 機能和声論への反応

さて、前回はリーマン自身が唱えた”原作”の概要を確認しました。ここからは、リーマンが機能和声論を提起して以降の世界を見ていきます。人々は機能和声論をどのように受け止めたのでしょうか?

実は、画期的であったはずのリーマンの理論は、話題にこそなったものの、理論家にも音楽家にもあまり受け入れられませんでした。リーマンの教え子のひとりだったダーク・ハーグマンズは、自身の理論書の序文で次のように嘆いています。

Almost twenty years have elapsed since the publication of this marvellous Riemann work with its many new and most beautiful musical theories,—and it is astonishing that this book, containing true revelations respecting Harmony, is known so little and used extremely seldom by musicians.

リーマンが、数々の点において新しく、かつ最も美しい、素晴らしき音楽理論の著作を出版しておよそ20年が経った、──驚くべきことは、この本が、こんなにも和声に関する驚きの新事実を含んでいるにもかかわらず、ほとんど知られず、音楽家たちにごくごく稀にしか用いられないことである。

Dirk Haagmans – Scales, Intervals, Harmony

しょんぼりした顔が浮かんでくるようですね。リーマン記法が広まらなかった理由のひとつは、もちろん記号が複雑だったこと。ライバルであるウィーン一派の存在も大きかったでしょう。ただもうひとつ大きな理由があって、それはリーマンが自身の理論の科学的証明に走って大失敗したという点です。

リーマンと科学

音楽理論界が負ってきた使命のひとつに、「音楽現象を科学的に解明する」というものがありました。それはピタゴラスの時代から変わらないことです。リーマンも御多分にもれず、コード理論を科学的に構築しようと試みました。しかしそれは上手くいかず、けっきょくこんな主張をする結果になりました。

Fugo Riemann - Musikalische Logik (p.12)
音波として聴覚上存在するわけではないが、私たちの感覚の中だけに存在する音、”Undertöne“が全ての音には含まれている・・・!!4

「聴こえないけど感じる音がある」。当然これは批判殺到の”炎上案件“となり、学者たちに否定され、21世紀の今となっては「荒唐無稽のたわごと」とまで言われています。1

「Harmony, Simplified」もこの信念に基づいて書かれたものだったので、「根本からして信用できない」という批判を受けてしまったのです。

デザインにも大影響

リーマンの科学思想は、機能和声のデザインにも大きく(マイナスの)影響を与えています。少しだけ説明すると、リーマンの音楽科学とは、メジャーコードとマイナーコードを「完全なる上下対称」で捉えるものでした。

上下対象のデュアリズム

マイナーコードはこうやって上下逆さまに見れば、メジャーコードと同じ「M3,P5」の堆積なのである。鏡写しなのである。これはちょっとショートカットした説明になりますが、この上下対称の構図がリーマンの唱えた「和声二元論」の発想です。

リーマンはこの上下対称に固執し、根音の概念も上下逆さまで、マイナーコードの根音は5thであると考えました。

根音も逆さま

クレイジーです。「クレイジー」という言葉は今日このときのためにあったのだと思うくらい、クレイジーです。イギリスの学者マシュー・シャーローは、1917年の自著において、「彼は和声の科学を”シンプル”にしたつもりかもしれないけど、生徒たちが当然理解するはずのないこの”5thが根音理論”のせいで、むしろ話は”複雑”になっている」と、本のタイトル(Harmony, Simplified)をイジりつつ、極めて丁寧な反論を展開しています。2

この”上下対称理論”に拘ったために、記号のシステムも当然ややこしくなったし、説明もいちいち大変になったし、理論の信頼性もガタ落ちという結果になってしまったのです…。

ネガティヴ・ハーモニーの源流

ちなみに、「聴こえないけど感じる音がある」という主張は認められませんでしたが、「上下逆さま」というアイデア自体には面白いものがありました。ここから発展して生まれた理論が、同じくVIII章で紹介したネガティヴ・ハーモニーです。

後輩たちの改良

中にはリーマンの記号体系を良いと感じた者も当然いましたが、この部分はやはり受け入れられず、ヘルマン・グラブナーとその弟子ヴィルヘルム・マーラーという2人の人物が中心となり、この”二元論”をおおむね切り捨てたうえで記号体系を改良していきました3

改良された記号体系 Edward Gollin, Alexander Rehding – The Oxford Handbook of Neo-Riemannian Music Theories (p.10)

彼らが完成させた記号体系は、日本語の記事にもまとまっていて、その姿を知ることができます(ありがたいことです)。このスタイルはドイツ国内でいくらか使用されているようですが、和音記号のスタンダードになるというリーマンの夢は未だ果たされていません。

ネオ・リーマン理論

また一方で、リーマンの理論の一部分にピンポイントで注目したものたちもいました。CからEmへの進行を、「ルートが3度上行した」とかじゃなく、「たった一音の半音変化」として捉えるアイデア、面白いじゃないかと。リーマンの理論では、(後発の書籍も含めると)次の3つの操作が“基本動作”として提唱されていました。

  • Parallele(英:Relative)
    平行関係の変換。CがAmになる動き
  • Variante(英:Parallel)
    同主関係の変換。CがCmになる動き
  • Leittonwechsel(英:Leading-Tone Exchange)
    主音を導音にする変換。CがEmになる動き

こうした動作は調性に依存しないものですから、近代の複雑な音楽を分析するにあたって優秀ではないか? とその価値がリーマンの死後、20世紀後半になってから再評価され、ネオ・リーマン理論Neo-Riemannian Theoryの名で再勃興しました。

ネオリーマン理論

これもまたひとつのディープな理論なので、ここではこれ以上掘り下げませんが、リーマンは本当にたくさんの影響を後世に与えたのだということはアピールしておきます。


このように、ドイツでこそこうした”原作に忠実なリメイク作品”のおかげで今もその原形を留めたまま生き残っているリーマンの機能和声ですが、一方で日本やアメリカでは、前回も述べたように、いいように改変されてきました。

我々としてはやはり、ローマ数字記法と機能和声を併用しながら折り合いをつけていきたいわけですし、各流派が「機能」というものをどのように利用しているかが分かれば、書籍を読むときにも頭のスイッチ切替がしやすいですよね。ここからは、現在の日本でよく知られる流派たちがどのように機能というものを取り入れているのかを確認していきます。