純正のポピュラー音楽理論。

Li.Mu.Th.

「自由派音楽理論」は、クラシック理論・ジャズ理論それぞれの哲学を平等な基盤としながら、さらにポピュラー音楽が生み出してきた新しいスタイルまでもを理論体系の一部として取り込んだ、現存する唯一の純正ポピュラー音楽理論です。

理論学習者に向けて

音楽理論には流派があって、それによって中身が全然違うって、ご存知ですか? 詳しくはこのサイトの「序論」を読むと分かることですが、世間でよく目にする「音楽理論」は、実のところ、クラシックかジャズの理論を簡略化しただけのものです。そして彼らは100年前200年前に作られたルールを刷新することなく、「音楽の基本原則である」として学ぶことを推奨します。果たしてそれは本当に「音楽理論」と呼べるものなのでしょうか?

自由派は、「正しい音楽」などという偏見を学ぶ人に押し付けません。さまざまに発展してきた音楽の全てを愛する、自由と博愛の理論です。

禁則はない。法則だけがある。

Break the Boundaries.

確かに歴史や伝統は尊いですが、その「歴史」には、ロック・スターやテクノ・スターが作り上げてきた近代の音楽も含まれるべきです。禁則破りの歴史は、紛れもなく音楽の発展の歴史です。 だから自由派は、一般的な理論が「禁則です」の一言で済ませていた数々の技法を、現代の楽曲を研究することで「使える技法」として吸収しました。だから、自由派音楽理論には、禁則が一切ありません。どんなにアウトローな手法であっても、常に「それをどうやって使いこなすか」を説明します。

自由派は、常に全てを肯定します。決して学習者の感性を押さえつけません。一人一人のアーティストとしての思想と誇りを守るために、従来の音楽理論に対するアンチテーゼとして存在する理論なのです。

どこまで進むかは、自分で決める。

Make Your Choice.

でも自由派は、旧来の理論を否定することもしません。歴史と伝統を深く愛することもまた、自由だからです。だから、現代の自由なスタイルの音楽理論を学んだのちには、本格的なジャズ理論・クラシック理論の哲学を学ぶコースまでも用意されています。

自由派が押さえる領域

むずかしい本格派の理論も、基本をマスターした後だからカンタンに飲み込めるんですよ。ポピュラー・ジャズ・クラシック。三者三様の考え方の違いを比較しながら学んでいけるのは、自由派だけの強みです。

他流派との関係性

中には、「普通の音楽理論」と違うものを学ぶと、後々困るのではないかと心配な方もいるのではないでしょうか? でも、その点については、しっかりと配慮がなされているので安心してください。

  • 自由派には、一般的な音楽理論が解説する内容が全て含まれています。
  • 既存の理論用語については、それを変えることなくそのまま流用しています。
  • 自由派が独自に提唱する理論については、必ず独自であることを明記します。
  • 自由派独自の名称を使用する際には、必ずそれを明記します。

また肝心の「独自部分」についても、その用語や概念のほとんどは、数十冊に及ぶ音楽理論書の情報を元に構成されているものであり、その正統性が十分に確保されているものです。むしろ、ここまで真剣に研究をしているコンテンツは、書籍であってもそうそう巡り会えません。

そして序論を読めば、そもそもこの世界に「普通の音楽理論」なんてものは本当は存在しないこともすぐ分かります。自由派は、各流派の思想や表記の違いをきちんと説明してくれるという点で、どんな流派の学習者ともきちんとコミュニケーションが取れる唯一の方式とさえ言えます。

三位一体

音楽理論の世界では、定義や表記をめぐってのケンカが絶えません。口論をしている人たちは、自分たちが教わったものが唯一絶対の正しい理論であると教え込まれているがために、他流派が受け入れられなくなってしまっているんですね。自由派ならば、そんなバカバカしい争いに巻き込まれる心配もないのです。

“学習”のためのコンテンツ

ところで、なぜ音楽理論は一般に難解で、多くの人の挫折を招いているのでしょうか? 答えはかんたん。カリキュラムの質が低いからです

  • ひとつの話の中で次から次へと用語が紹介されて、覚えきれない。
  • とりあえず用語を暗記させられたが、何に使うのだか良く分からないままだ。
  • 説明が詳しすぎて、ぜんぜん話が進んでいかない。
  • コードの種類をいっぱい紹介されたけど、それぞれどう使い分けるんだか分からない。

・・・そんな経験はこれまでにありませんでしたか? それは貴方が悪いのではなく、教える側が悪いのです。

詰め込み

彼らは美しくまとめ、論理的に述べることが優秀であると思いこんでいます。でも、これから学び始める者にとっては、実は「論理的にまとまっている」というのはむしろ分かりにくいのです。音楽理論界は、そういう学習メカニズムの基本を全く分かっていません。レベルが低いのです。

まとまっている ≠ 良いカリキュラム

しかし、そのことに気づいている指導者は、残念ながらほとんどいません。彼らは、「解説コンテンツ」と「学習コンテンツ」の性質の違いを認識していないのです。

例えば英語や数学のような学校教育の指導要領というのは、けっこうバカに出来ません。ちょっとずつ知識が身につくように、すごく綿密にコースが作られています。大事な知識、使える知識からひとつひとつ順番に学んでいくように、微細な調整が施されているのです。それは、小学校から高校までの12年間という長いコースを前提にしているのだから、当然のことですよね。

関数の場合

これが、「学習コンテンツ」のあるべき姿。でも音楽理論界は、まだここまで高い意識を持てていないのです。自由派はここにもメスを入れて、100%学ぶ側優先の、細かく分割された長いコースを組み立てています。そのために、余所が絶対にやらないような単元の分け方をします。中には、普通1回で教えてしまうコンテンツを4回に分割しているところもあるくらいです。

レベル感の差

だから、目次ページの膨大な記事数を見て、びっくりすることはありません。それはそれだけ、内容が細かく分かれているということ。一回あたりの負担が少ないということなのですから。

だから自由派のカリキュラムは、すでに音楽理論をマスターした人からすると、バラバラに散らばっているように見えます。「この話を後回しにするなんて!」と憤る人もいるでしょう。でも、「学び終わった人」の意見なんてぜんぜん気にしません。「これから学ぶ人」のことだけを考えて、自由派のコースは作られているのです。

中断セーブ可能

自由派は教育界のスタンダードにのっとって、長期間学習を前提としています。だから自由派においては、途中でやめるのは当たり前。それを挫折とは呼ばないのです。理論はクエストであり、学習はゲームのようなもの。ゲームを「中断セーブ」するのは、普通のことですよね。

一般的な音楽理論書は、実際に学習する人間が現実的にどんなペースで理論を習得していくかを全く想定していません。最後までしっかり学んでくれることを前提に、序盤からガンガン知識を詰め込んでいきます。だから最初に立ちはだかる「暗記の壁」を乗り越えないと、先へ進めない。

対する自由派は、最初から中断を想定してカリキュラムが作られていますから、ちょこっと知識を入れたら、それを使ってすぐに簡易な実践を試みます。

だから仮に「中断」をしたとしても、そこまでの知識で体系を作ることができ、実践や分析に活かせるのです。それは先ほどの図を使うとイメージしやすいでしょう。

ドロップアウトしたとき

用語や概念の説明ばかりで、具体的な方法論に辿り着けないまま挫折してしまった・・・そんな悲劇は、自由派には無縁です。それは、最終的に中1レベルのわずかな英語しか覚えていなくても、何とか最低限のコミュニケーションが出来るのと似ていますね。本当に大事なことだけを、先につまみぐいしてしまうのです

コミュニケーション

進んだ分だけ実りがある。だから自由派音楽理論を学び始めるのに、覚悟は要りません。ちょっと足を踏み入れればそれだけで、音楽理論の世界を少し「体感」することが出来ます。用語の暗記をしなくてもね。軽い気持ちで音楽理論を始めましょう!

理論指導者に向けて

音楽理論の世界に、このままで未来はあるのでしょうか? 今や音楽理論を真剣に学ぶのは、音楽理論そのものを愛好する人ばかり。音楽を作る人間にとって理論はもはや無用の長物となりつつあります。音楽のスタイルが変われば、求められる理論のスタイルも変わるのだから、これは当然のことと言えるかもしれません。

かつて隆盛を極めた「和声学」の世界でも、ちょうど100年前の書籍でこのような警鐘が鳴らされていました。

The inevitable result is a mechanical correctness in which the student who is mathematically inclined will be infinitely more successful than the one who is musically inclined. The student writes chain after chain of chords in which there is no meaning, no form, and no sense of relative values. All the vitality and art in music are removed and the student usually becomes, not an artist, but a mechanician. (中略) We would not think of forbidding our children to write letters until such time as they had learned the entire contents of an unabridged Webster and had learned all the rules of English grammar. Rather we encourage the child to express himself with whatever vocabulary he happens to have.

(不可避の結果として生まれるのは「機械的な正確さ」であり、そこでは音楽的才能よりも数学的才能のある者の方が大いに評価されてしまう。生徒は次から次へとコードを書いていくが、そこには何の意味もなく、形もなく、そして相対的な価値観もない。あらゆる活力や芸術性は失われ、そして生徒はたいてい、アーティストではなく、「機械技師」になってしまうのである。(中略) 我々は子供に対して、辞書の中身をまるまる覚えて、文法のルールを全て身につけるまで文字を書くのを禁止するなんてことは、考えもしないだろう。むしろ、その子らが知りえた言葉は何でもいいから使って、自分自身を表現することを推奨するはずなのだ。)

Carl E. Gardner “Music Composition – A New Method of Harmony” p3より (1918年)

これは100年前にクラシック和声に対して述べられた言葉ですが、私たちからすると、まるで今のコード理論にあてられた言葉であるかのように思えませんか? 正しく用語を覚え、正しいコード進行を使い、正しいスケールで正しい音楽を作らねばならないという強迫観念。その先にアートはありません。 ジャズ理論がコードの概念を著しく発展させた結果、和声学は瞬く間に廃れていきました。それから数十年、コンピューターとインターネットの発展により、音楽世界は再び加速度的に変化しています

加速度

200年かけて築き上げた和声学でさえ、コード理論の誕生から50年程度で隅っこに追いやられてしまいました。19世紀末の人間は、誰がそんな未来を予想したでしょうか? 次に淘汰されるのは、間違いなくジャズ系理論です

「楽器の即興演奏」「コードの代理・挿入による展開」「複雑な和音や音階による装飾」・・・ジャズ理論の核心部分は、そのいずれもが21世紀のポピュラー音楽のスタイルと本質的に適合していません。それは、そこから生まれた「ポピュラー理論」も同じこと。時代は新しいフォーマットを必要としている。自由派音楽理論は、そのような音楽理論の歴史が抱え込んだ“軋み”の反動として、生まれるべくして生まれた21世紀の音楽理論なのです。

「純正」とは

自由派は、何をもって「純正のポピュラー音楽理論」を名乗るのでしょう? それに対する返答は明確で、根本のシステムや思想を刷新しているということです。

クラシック理論の「カデンツ」や「和声」がポピュラー音楽に適合していないことは言うまでもありませんが、旧来の「ジャズ・ポピュラー理論」と呼ばれる体系にも問題はたくさんあります。主要な点をいくつか挙げると…

  • 即興演奏が前提なので、メロディ構成に関する理論が皆無。
  • 逆に、スケールの情報量が多いため、暗記が非常に煩雑。
  • 四和音が基軸なので、初期段階で七度の長短区別を要求される。
  • 即興演奏が前提なので、和声外音に関する理論が雑なうえに回りくどい。
  • 根本思想がモダン・ジャズなので、和声音を軸にしない旋律的な作曲理論の内容が極めて薄い。
  • 2-5-1のような「型」とその「代理」で理論を進めるため、6-1-5-4のような「型にない進行」の理論が薄い。
  • コードを複雑にする方法論は大量に示されるが、結局そこに歌モノのメロディを乗せることが困難。
  • 理論的に「可能である」ということしか説明せず、それをどう自己表現に結びつけるかという観点が皆無。

よくよく観察すると、現行のジャズ・ポピュラー理論は紛れもなく「ジャズ理論の子孫」であって、それを何ら最適化することなくポピュラー音楽に流用していることがハッキリと分かります。 こうした問題点については、ツギハギで対処しているというのが現状でしょう。親しみやすいように三和音からスタートしたり、メロディづくりのコツをいくつか列挙したり、ポップスで定番のコード進行を個別に紹介したり。ですけども、たとえどれほど頑張ったところで、根本が古いものは古い。それはもう、覆すことの出来ない事実です。

気まずい

こんな気まずさを抱えるくらいなら、根本のシステムから作り直した方が良いに決まってるじゃないですか。もう「例外」では済ませることの出来ないくらい、音楽は多様化しています。ジャズ理論の誕生からおよそ70年。そろそろ、「ジャズ理論」と「ポピュラー理論」を分離する時代が来ているのです。

ジャズ・ポピュラー理論の分割

こんな風にね。「ジャズ・ポピュラー」なんて括り自体が、もう時代遅れだと認めるべきなのです。

しかしジャズ理論からの“独立”をしっかりと果たすには、誰が見ても納得できるくらいポピュラー音楽に最適化された新しいシステムが必要ですよね。そのために新しく生み出されたのが、このサイトで述べられている「調性引力論」や「接続系理論」です。

新しいシステム

こうした新理論は、多様化した21世紀の音楽スタイルをキッチリ反映しているうえに、初めからジャズ理論のポップスに不向きな部分を補完する目的で作られているのですから、ポピュラー音楽をターゲットにする限り、従来のジャズ・ポピュラー理論に勝ち目はひとつもありません

つまり、100年前まで王様だった和声理論が、もっと運用性の高いコード理論の登場によりあっという間に淘汰されたのと全く同様にして、次はジャズ理論が、より時代に適合した新しい理論によってこれから引導を渡されるということです。

それでいて自由派の恐ろしいところは、既存の理論と対立しないことです。それどころか、それぞれの素晴らしさを認め、推奨しています。 自由派のミッションは、決してジャズ理論を淘汰するなどというちっぽけなことではありません。自由派を足がかりにしてもっともっと多くの人が音楽理論を学び、ひいては本格ジャズ理論・本格和声の魅力を知る人も増える。みんなの嫌われものになってしまった音楽理論が、みんなに愛され、音楽を志すものならば誰もが学んで当たり前になっている世界。それこそが自由派の目指すものです。

表現のための理論

従来の音楽理論は、「理論的に可か否か」というジャッジメントを中心に物事を考えているがゆえに、あらゆる面で実践的価値を減じています。可否の理由づけ、解釈、説明にばかり躍起になり、紙幅は膨らむ一方。実践に関係ない似非科学の講釈は、ますます音楽理論をとっつきづらいものにします。

倍音列

しかし我々がいくら「倍音」や「周波数」を持ち出して力説したところで、かつての禁則がどんどん破られていく世界の流れは覆りません。禁則を破った名曲は、これから増えることはあっても、減ることは絶対にないからです。 「可か否か」で音楽を語る時代は、もうすぐに終わります。

従来の理論では、「正しい音楽」のことは分かっても、「心に響く音楽」のことは何も分からない。様々なコードやスケールを学んだはいいが、それと自己表現をどう噛み合わせるかが分からない。

そうして理論を持て余した人たちの行き着く先は、理論先行でテーマの欠落した楽曲や、生産性のない楽曲解釈、挙げ句の果ては理論の定義についての口げんかです。 はたして彼らは、音楽理論によって幸せになったと言えるのでしょうか? 私たちは、音楽理論を世に伝えることで何を成したいのでしょうか?

多くの人間は既に、音楽理論にたくさんのムダや矛盾があることを直感しています。そうして賢い人間、良い音楽を作る人間はドンドン理論から遠ざかっていきます。このような事態を、指導者たちは自分たちの排他的・保守的思想が招いた結果であると認識し、真剣に反省すべきなのです。

これからの時代に必要とされるのは、「使ってよい」「代理できる」などという無意味な講釈ではなく、その先にある「曲想の差」「歌詞とのマッチング」「文化・ジャンルによる嗜好の差」といった、表現力の向上に直結するレベルの知恵です。自由派は、それを前提にして構築されています。

教育のスタンダード

自由派は、その思想の先進性や内容の充実度だけでなく、カリキュラムとしても高度に編成されています。 音楽理論の世界では、しばしば「インターバルが理論の基本であるから、まずは二音間の度数がすぐ言えるように練習問題をたくさん解いてマスターする」ようなコンテンツを見かけますが、まさに愚の骨頂です

スパルタの丸暗記が悪いわけではありません。そうではなく、学習・習得のメカニズムを全く理解していない方法論だから愚なのです。たしかにインターバルが音楽理論の中心核であることは事実ですし、生徒がインターバルをよく理解すれば、理論はとても教えやすくなります。 しかしそれは、学習者に負担を強いることで指導者が楽をしているにすぎず、要するに無能な指導者のすることです。教育カリキュラムとは、「教えやすい順番」で作られていてはまるでダメで、「学びやすい順番」で作られていなければ絶対にいけないのです。ましてや、「論理的に美しくまとまっている」などもってのほかです。

まとまっている ≠ 良いカリキュラム

「教えやすい」と「学びやすい」は全く違う。「既習者にとって優れた形」と「未習者にとって優れた形」は全く違う。これは、実際の学校教育のカリキュラムを理解し、学習のプロセスを理解している人間にとってはごく普通の話ですが、音楽理論界はそういった「教育」という観点での水準が低く、遅れています。

学校教育の指導要領は、当然ながら学ぶ側を第一に緻密に構成されており、それゆえ教える側の方が相応の義務を負います

そのステージで教えるべきもの、まだ教えるべきでないもの。ひとつの単元がいかに分割され、各段階で要求するレベルがいかに異なっているか。その回でどれくらい吸収できれば合格点なのか。知識が完成されていくまでのフローを完璧に把握していなければ、理想的な指導が行えない。それくらい綿密に作られているのが当たり前です。

そのような「教える側の負担」は、教育業界であれば当然のように行われていることです。音楽理論界だけが、教える側優先の身勝手なカリキュラムで“殿様商売”をし、その結果として音楽理論はいま世間から見放されつつあります。ようは、教育者であるという自覚が足りないのです。

砕けた文体、ポップな比喩、カラフルな図・・・そんな低次元の工夫で「世界一分かりやすい」の争奪戦をしているのは音楽理論界だけです。体裁を整えることなど当然の前提であって、競うべきはその先にある学習体験の質なのです。

自由派音楽理論は、教育するものとして当然のスタンダードに根ざしてカリキュラムが作られています。それが自由派の、もう一つの決定的な強みです。

自由派に合流する

自由派はいつでも、一緒にこの流派を広めていく仲間を求めています。自由派の内容を、部分的に取り入れることも可能です。もし理論指導者の方で自由派音楽理論のことが気になった方は、コンタクトのページからご連絡ください。

著者について

メロウ

1990年生まれ。作曲を始めると同時に音楽理論の学習を始め、2010年に「音楽理論のSONIQA」を開設。慶應義塾大学環境情報学部にて、コンピューターミュージックの教授である岩竹徹氏のもと「和声」を学び、卒業研究として「マクロ音楽理論」を発表。またU-he社のGUIスクリプト言語を独習し、「Massive Modular」「AIKO」等のGUIをリリースするなど、GUIデザイナーとしても活動しています。

著者の作品

音楽理論の研究においては、幅広いジャンルの作品を実際に制作できることが重要です。創作ジャンルに偏りがあると、それだけ音楽理論の思想も自ずと偏ってしまうからです。様々なジャンルそれぞれの様式とサウンドの特徴を深く理解してこそ、普遍性の高い音楽理論を構築することができます。