接続系理論 ⓫ 基調外和音と接続系

音楽理論 接続系理論

II章に入って基調和音以外の新しいコードたち、すなわち「基調外和音」が増えてきました。この記事では、基調外のコードに対して接続系理論をどう使用していくのかを解説していきます。

§1 定義の確認

ちょっと久しぶりの内容になるので、改めて接続系の確認からいきましょう。

接続系統図

基調和音の世界では、コード接続を5系統に分類するのでした。しかしⅠ章の段階では、全てを「簡易度数」で片付けていました。もうココまで来たからには、きちんと「詳細度数」で解説し直しますね。

Active Nexus (A型)

活発(active)でパワーのある4度下行の動きは、「Active Nexus」でした。

A型

これは全ての動きが「完全4度」ですから、改めてキッチリ定義すると、「完全4度の下行=A型」ということになります。

Basic Nexus (B型)

TSDTを順当に進むために聴きやすく、ルートの移動量が大きいために推進力の強い進行が、「Basic Nexus」でした。

B型

こちらもすべてが「完全4度」ですので、やはり「完全4度の上行=B型」というのが正確な定義になります。

Close Nexus (C型)

移度2級

近接(close)したお隣さんへ移動するから「Close Nexus」と名付けられたのでした。改めて確認すると、ひとくちに「2度」と言っても、「長2度」と「短2度」がありました。この中でいうと、IIImIVの間が半音差だ。

C型

ココでまた新しい分類用語を用意してもいいでしょうけど、変に理論が肥大化しても運用性が悪いので、今回は増やしません。ただコントロール・ファクターについて考える際には、「半音差か、全音差か」という点をメロディ分析の時と同様に意識した方がいいかなと思います。

Drop Nexus (D型)

3度下行が、「Drop Nexus」です。

移度3級(下)

この中では「6-4」と「3-1」だけが「長3度下行」で、他は「短3度下行」です。Close Nexusの方は「全音差か、半音差か」ということでそれなりに意味のある差異でしたけど・・・これこそ現段階では、取り立てて区別する意味は無いですね。分析の際も、さほど気にしなくてよいでしょう。

Elevate Nexus (E型)

3度上行の方は、「Elevate Nexus」というのでした。

移度3級(上)

これは面白くて、E¹が「長3度上行」で、E²が「短3度上行」という風に綺麗に分かれます。E¹とE²の違いは「TDS変化の有無」でしたから、つまり以下のような法則が成り立っているということです。

  • 長3度上行 = TDSが必ず変化する
  • 短3度上行 = TDSは変化しない

この辺りの話は、Ⅷ章まで進むとさらに突き詰めていくことになります。ちょっとこういう、数学的法則があるところって面白いですね。

§2 基調外和音の接続系

基調外和音が増えたとは言っても、新しく考えなくてはならない部分というのは少ないです。基調和音の時と同じように、機械的に分類をしていけばいいのですから。

たとえばIIIVはやっぱりIImIVと同じ「E型」で、聴けばお分かりのとおり、E型ならではの穏やかな高揚があります。ただ、長短の変化がなくなったので、そのぶん穏やかさが増しています。

II-IV

あるいはIVmVは、お隣さんへの移動ですから、「C型」です。IVVと同じく穏やかな2度上行であることには変わりなし。ただ、短→長と動くので、テクスチャの変化が感じられ、よりドラマチックな展開になりますね。

IVm-V

ですからただのIVVではエネルギー量が足りないと感じられる時には、IVmに変えるのが効果的、なんていう風に言えそうです。新しいルートを持つVI♭VII♭にしても、そこまで違いはない。

  • VI♭Vは半音下降の「C型」。長短の変化もなくて半音差なので、かなりスムーズな動きです。
  • VII♭Vは「D型」。聴いてみると確かに、基調和音でのD型と同様の、落ち着いた展開性を持っていることがわかります。

接続系理論は結局のところ「ルートとクオリティの変化から観察してみましょう」しか言わない“日和見”の理論ですから、同じような観察は基調外和音でも出来るわけです。ただ、「1族/2族」の区分はこの領域にはもうなくなります。