モーダル・インターチェンジ

§1 スケールを入れ替える

ジャズ理論のスキームの中で、様々なノンダイアトニック・コードを曲中に入れ込む原理となるのが、モーダル・インターチェンジModal Interchangeです。

「モーダル」は「モード」という語の形容詞系で、メロディ編III章の「7つの教会旋法」にてこの語は初登場しました。「モード」という言葉は「スケール」と意味がよく似た語で、この差についてはこの章のもう少し後にて触れることになります。現時点では、同義語だと捉えて差し支えません。

ですからつまり「モーダル・インターチェンジ」はシンプルに「音階の交換」を意味していて、キーの主音を動かさないまま一時的に別の音階にチェンジする技法のことをいいます。例えばCメジャーキーの時に、一時的にCマイナースケールに音階をチェンジするテクニックはその典型です。

モーダル・インターチェンジ (Modal Interchange)
パラレル・スケールの音を借りて、コードを変位させること。つまり、パラレルなスケールが有するコードを借用すること。1
「パラレル」とは、「主音が同一である」という意味。この技法によって借用したコードを、「モーダル・インターチェンジ・コード」と呼ぶ。

語義としては「音階の交換」ですが、“コード”理論だからなのか、もっぱら“コードを借りてくる技法”という風に、コード単位で定義する説明がしばしばなされます。ただ実際にアドリブ演奏をする時には当然スケールそのものが変わるわけですから、「音階をチェンジする技」と認識しておくのがよいでしょう。

パラレルマイナー

「モーダル・インターチェンジ」に該当する技法というのは実は既に紹介済みで、II章でやった「パラレルマイナー・コード」はまさしく、この「モーダル・インターチェンジ・コード」の一種であり、また最も代表的なものでもあります。

パラレルマイナーの機能

ミ・ラ・シのいずれかにフラットがついた音階からコードを借りてくる。組み合わせ論で、フラットの付け方は7とおり考えられる。ジャズ理論ではそのそれぞれに音階名をつけているというのも、メロディ編IV章で説明済みですね。

借用元一覧

ちょっとだけ簡単に復習しておきましょう。

IIm7IIIm7IVm7V

こちらはミ・ラ・シに全部フラットを付けたパターンで、これは「ナチュラルマイナー」からの借用ということになります。

IVΔ7IVmΔ7IIIm7VIm7

こちらはIVΔ7のラにだけフラットを付けたパターン。「ラにだけフラット」となると…上の楽譜を確認するとこれは「ハーモニックメジャー」というスケールが該当しますから、これを「ハーモニックメジャーからのモーダル・インターチェンジ・コード」と説明するわけです。

マイナーなパラレルマイナー

「パラレルマイナー」で紹介済みの7つのスケールの中でいうと、「ハーモニック・メジャー」と「ミクソリディアン 6」は際立って聴き馴染みが薄いですよね。

ハーモニックメジャー
ミクソリディアン b6

「3つの短音階」のメンバーでもないし、「7つの教会旋法」にも含まれていないですから、こういうジャズ系の本格理論でないと、名前自体が登場しません。ハーモニックメジャーは「ハーモニックマイナーが明るくなったから」というようなネーミング、そして「ミクソリディアン 6」はもう、見たまんまですね。

このようにジャズ理論のスケール界には、「どの音階に似ているか」という観点から名付けられた“派生スケールたち”が無尽蔵に存在しています。

パラレルマイナーだけじゃない

ただこの「モーダル・インターチェンジ」が包含する範囲というのは非常に広く、「主音が同じ別の音階」を参考にして音を変位させたらみなモーダル・インターチェンジなので、変位させる箇所はミ・ラ・シに限らないし、変位の方向はシャープでも良いわけです。

ですからメロディ編IV章のラストでやった「音階の調合」も、これまたまさしく「モーダル・インターチェンジ」が指し示す範囲のひとつとなります。

アラビック

レとラだけにフラットをつけたら、一体どうなっちゃうんだ…⁉︎😱 なんて実験を楽しんでいたわけですが、この場合結果的に「アラビックスケール」というのが出来上がったわけなので、このスケールを曲中で一時的に使用したらば、それはまさに「モーダル・インターチェンジ」です。

こちらは実験で作った「アラビックスケール」と「エニグマティックスケール」を、それぞれ2小節目と4小節目に盛り込んだ例でした。ここで出来上がった2つのノンダイアトニックコードは、紛れもない「モーダル・インターチェンジ・コード」です。あの時は「実験するぞ〜」なんてノリでやっていましたが、実はなかなか高度な部類のモーダル・インターチェンジを行っていたのです。