パラレル・マイナー ❶

コード編 Ⅱ章:新しい音響

§1 同主調からの借用

二次ドミナントに続き、今回はさらにコードの幅を広げていきます。

今回やるのは、一時的に同主調の音階を借りてきてバリエーションを増やすというテクニック。「同主調」って、つい前回やりましたよね。そう、この技法のためにわざわざ前回「近親調」を解説したのです。

「同主調(パラレル・キー)」は、主音(中心音)が同じで、長短だけが異なるキーのことでした。

Cメジャー
Cマイナー

今回はまず長調をベースにして、同主の短調からコードを借用することを考えます。だからCメジャーキーで言うなら、Cマイナーキーから借りるってことですね。別の言い方をすれば、ミ・ラ・シに♭がつくコードたちということです。

パラレル・マイナーキーのコードたち

同主短調(パラレル・マイナーキー)から持ってくる新しいコードは、ディグリーネームでいうと以下のようになります。

同主調からの借用

目新しい感じがしますね!

III,VI,VIIにおいては、ルートの位置そのものがフラットすることになるので、ディグリーネームにも♭が付きます
Cメジャーキー以外では、白鍵黒鍵の関係でこれらのコードネームにフラットが付かないこともありますが、それでもディグリーネームに関してはIII、VI、VIIと呼びます。

II番目のコードはまた先延ばし

ただII番目の和音については、また(-5)という記号がついた特殊コードなので、現段階では扱いません。

除外

こういった特殊コードは、Ⅲ章でまとめて紹介していく予定になっていますのでご心配なく。使用頻度や重要性の面でも他と比べると一段階劣るので、後回しで問題ありません。

クオリティ・チェンジのメンバー再び

さらにImIVmVmは、「クオリティ・チェンジ」の時にもう紹介しましたね。 だから残りの3つが今回フィーチャーする新顔です。

Featured

二次ドミナントと同じく、これら同主調のコードを使うことは「ごく一時的な転調」を意味します。使いすぎるとそれはもうただの転調になってしまうので、これらのコードを使った後は、基調和音に戻るというのが基本です。

CメジャーキーもCマイナーキーも、「C音をセンターに据えたキー」という点では共通していますから、何だか毛色が似ていて相性がいいんですね。

§2 マイナー系の復習と補足

まずは、すでに紹介済みの3つをもう一度おさらいをしつつ、知識をプラスしていきます。

IVm : あからさまに切ない

IIVmIIVmI

IVmは、サブドミナントマイナーSubdominant Minorと呼ばれます。独特の哀愁があり、バラードなどで重宝される存在。上の音源はIへ進みますが、なめらかなC型接続でVやIIImへ進むのも定番です。

IImIIImIVmV

こちらはBメロで定番の流れ。Vの良い引き立て役として機能していますね。当然ただのIVVよりも切なさが加わっています。

IVIVmIIImVIm

王道の4-5-3-6の変化形ですね。ドミナントのVの代わりにこのサブドミナントマイナーですから、「高揚」を捨てて「哀愁」を選んでいるという形です。

IVmがI,V,IIIm以外に進むことはあまりありません。例えばIVmVImは、古典的バラード調であるIVmと近代ダンス調のE型接続がイマイチ噛み合っていません。IVmIImは、せっかくマイナーにチェンジしたのにさらに同じサブドミナント機能のマイナーコードというのが、なんとも停滞した感じで微妙。もちろんこれらが輝くタイミングもあるでしょうが、一般的でないのは確かです。

やはりこういった借用和音というのはいずれも強力なキャラクターを持っていますから、どうしてもそれを活かせる仲間というのが限定されてきます。基調和音同士のように、どう繋いでもそれぞれの魅力が溢れ出てくるというわけにはいかないのです。

Vm : 意外性のあるつなぎ

もっとクセの強いVmは、ドミナント・マイナーDominant Minorと呼ばれます。こちらはさらに使い方が限定的。以前紹介したのは、IVへと流れていくパターンでした。

VImVmIVIVm

今回は新しく、これ以外の定型句を紹介しますね。

IVIII7VImVmI7
4365

Vmで暗くし、I7で明るくし、基調和音のIVへと復帰するという、この三段階がワンセットです。 まさに定型句となっている流れです。手前の流れは上記のように4-3-6と来るのが最もメジャーですが、例えば1-5-6なんて流れからこの定型文に突入するのもアリ。

この進行は、ジャズ風のおしゃれなコード進行のド定番です。ですから全部セブンスコードにして大人っぽくするとよいですね。1

Im : 強烈な異物感

Imは、トニックマイナーTonic Minorと呼ばれます。曲の明暗がひっくり返るため、使いどきが限られるという話でした。EDMであれば、わりとカジュアルに使える。

VImVVImIm

これについてはもう、本当に上級者向けです。例えばIImを交互に繰り返すなんていうパターンもありますけどね。

Imに関しては、IVmとかとは全然違って、かなり発想力の試されるコードになります。ただV章あたりでやるような、調性を曖昧にする曲調を生み出す際には、このImは活躍することになります。