パラレル・マイナー ❶

コード編 Ⅱ章:新しい音響

#1 同主調からの借用

二次ドミナントに続き、今回はさらにコードの幅を広げていきます。

今回は、同主調から和音を借りてきて、バリエーションを増やすことを考えます。「同主調」って、つい前回やりましたよね。そう、この技法のためにわざわざ前回「近親調」を解説したのです。

「同主調(パラレル・キー)」は、主音(中心音)が同じで、長短だけが異なるキーのことでした。

Cメジャー
Cマイナー

今回は長調をベースにして、同主短調からコードを借用することを考えます。だからCメジャーキーで言うなら、Cマイナーキーから借りるってことですね。そうすると同主調から持ってくる新しいコードは、以下のようになります。

同主調からの借用

ミ・ラ・シに♭がつく。目新しい感じがしますね! ただII番目の和音については、また(-5)という記号がついた特殊コードなので、現段階では扱いません。

除外

こういった特殊コードは、Ⅲ章でまとめて紹介していく予定になっていますのでご心配なく。使用頻度や重要性の面でも他と比べると一段階劣るので、後回しで問題ありません。

さらにImIVmVmは、「クオリティ・チェンジ」の時にもう紹介しましたね。 だから残りの3つが今回フィーチャーする新顔です。

Featured

III,VI,VIIはルートにフラットがつくので、コードの名前にも♭が付きますよ。1

二次ドミナントと同じく、これら同主調のコードを使うことは「ごく一時的な転調」を意味します。使いすぎるとそれはもうただの転調になってしまうので、これらのコードを使った後は、基調和音に戻るというのが基本です。

CメジャーキーもCマイナーキーも、「ドの音を主音に据えた調」という点では共通していますから、何だか毛色が似ていて相性がいいんですね。

#2 マイナー系の復習と補足

まずは、すでに紹介済みの3つをもう一度おさらいをしつつ、知識をプラスしていきます。

IVm : あからさまに切ない

IVmは、サブドミナントマイナーSubdominant Minorと呼ばれます。独特の哀愁があり、バラードなどで重宝される存在。上の音源はIへ進みますが、他にありうる進行先としては、VIIImがあります。

IImIIImIVmV

こちらはBメロで定番の流れ。Vの良い引き立て役として機能していますね。当然ただのIVVよりも切なさが加わっています。

IVIVmIIImVIm

王道の4-5-3-6の変化形ですね。ドミナントのVの代わりにこのサブドミナントマイナーですから、「高揚」を捨てて「哀愁」を選んでいるという形です。

これ以外の進行はあまりIVmの良さが活きないため、ほとんど使われません。

例えばIVmVImは、古典的バラード調であるIVmと近代ダンス調のE型接続がイマイチ噛み合っていません。IVmIImは、せっかくマイナーにチェンジしたのにさらに同じサブドミナント機能のマイナーコードというのが、なんとも停滞した感じで微妙。もちろんこれらが輝くタイミングもあるでしょうが、一般的でないのは確かです。

やはりこういった借用和音というのはいずれも強力なキャラクターを持っていますから、どうしてもそれを活かせる仲間というのが限定されてきます。基調和音同士のように、どう繋いでもそれぞれの魅力が溢れ出てくるというわけにはいかないのです。

Vm : 意外性のあるつなぎ

もっとクセの強いVmは、ドミナント・マイナーDominant Minorと呼ばれます。こちらはさらに使い方が限定的。以前紹介したのは、IVへと流れていくパターンでした。

VImVmIVIVm

今回は新しく、これ以外の定型句を紹介しますね。

IVIII7VImVmI7
4365

Vmで暗くし、I7で明るくし、基調和音のIVへと復帰するという、この三段階がワンセットです。 まさに定型句となっている流れです。手前の流れは上記のように4-3-6と来るのが最もメジャーですが、例えば1-5-6なんて流れからこの定型文に突入するのもアリ。

この進行は、ジャズ風のおしゃれなコード進行のド定番です。ですから全部セブンスコードにして大人っぽくするとよいですね。

Im : 強烈な異物感

Imは、トニックマイナーTonic Minorと呼ばれます。曲の明暗がひっくり返るため、使いどきが限られるという話でした。EDMであれば、わりとカジュアルに使える。

VImVVImIm

これについてはもう、本当に上級者向けです。例えばIImを交互に繰り返すなんていうパターンもありますけどね。

Imに関しては、IVmとかとは全然違って、かなり発想力の試されるコードになります。ただV章あたりでやるような、調性を曖昧にする曲調を生み出す際には、このImは活躍することになります。

では、ここからはいよいよ、完全に新しいコードの紹介をしていきます!

#3 フラット系ルートのコード

IIIVIVIIはルートにフラットが付くということで、本来のキーから離れる感覚が強いです。そのため、曲想をガラッと変化させる力を持っています。
基本的には、最後にまた基調和音に戻って来ることで平安を取り戻すわけですから、スッと自然に戻ってくるには、やはり進行先が限定されます。

VII : 浮遊感がある

フラット系ルートの3人の中で最もよく使われるのがVIIです。Cメジャーキーでいえば、Bのコード。
コイツはCマイナーキーだけじゃなく、Fメジャーキーの基調和音でもありますから、なんか色んな意味で近しい関係にあるんですね。だから使いやすい。実際に曲を聞いてみます。

IIm7IM7VIIM7V

VIIに行ったとき、フワリとするような浮遊感が感じられますか?VIIはいくつかの用法を持っているのですが、こういうフワリ感を出すのは非常に多い使われ方です。

「翼をください」は、そのフワリ感を活かした典型例。「飛んで行きたい」のところの和音がVIIです。「飛んで行きたい」という歌詞に、浮遊感のあるこのコードを当てた。まさにこれ以上ない模範的な使い方と言えるでしょう。

こうやってVへ進めば、VIIの浮遊感を高揚感で消化する形になりますが、他にはIVかVImに進む形がよく見られます。その場合は、浮遊感の“名残り”をどことなく残すような情感になります。

こちら、IVIImと進んで、一拍だけVII、そのあとスッとVImに着地するという例です。基調和音だけでは出せないブルーな雰囲気を作り出しています。
VIIVImは半音でスルリと降りる形になりますから、非常に滑らかで美しいです。これまでルートが半音で移動するのはIIIとIVの間だけでしたから、こういったサウンドは新鮮に聴こえます。

VI : 妖しさがある

色々な表情を見せる代わり、曲想になんとも言えないクセがあり、微妙に使い勝手で劣るのがVIです。Cメジャーキーで言えば、Aにあたりますね。

IM7IIIm7VImVIVsus4V

3小節目に入ったとき、ガラッと雰囲気が変わったのがわかると思います。こんな風に、あからさまに”妖しげ”な感じを醸すのが、VIの典型的な使い方。
行き先としては、半音下のVへ進むのがいちばん聴きやすいです。

VIIと比べるとキャラクターが濃いため、用法はやや限られ、進行先もVがほとんどです。

III : 滑らかなつなぎ役

IIIはさらに曲想が様々で、なかなか上級者向けのコードです。「IIImからIImへ降りるときのつなぎ」として使うのが、最も一般的ですね。そうすると、綺麗に半音ずつ落ちていく流れになりますから。

普通の場合
IVM7VIIIm7VImIIm7VI

もう聴き慣れてきたかもしれない、4536251という進行。このVImIIIに変えてみます。

IIIにした場合
IVM7VIIIm7IIIM7IIm7VI

今回はセブンスコードにして使ってみました。途中で明らかに空気が変わりましたね。落ち着くでもなく、大きく揺らぐでもなく、なんだか思わせぶりな感じがするのがIIIです。同主調借用和音は7thや6thコードにすると、より主調のカラーに近くなって馴染みやすくなります。

このコードも、半音下行してIImへ進むのが最もスタンダードな使い方です。

aikoの「初恋」のサビ冒頭では、IVIVmIIImIIIという風に、同主調和音が2つも組み込まれていて、それぞれ切なさと落ち着かなさを表現しています。ちょっとジャズっぽい雰囲気を出すときにも、同主調のコードたちは適していますね。


そんなわけで、IIIVIVIIの3つが新しく加わりました! ハッキリ言って、これでポピュラー音楽に使うコードのメンバーは八割がた出揃ったと思ってもらって構いません。

最後に改めて、定番の進行パターンをまとめておきますね。

進行 曲想 よく使う場面
IVIVmI 切なく穏やか サビ終わり
IVIVmIIIm 切なく感情的 サビ始まり
IImIIImIVmV 切なさ&感情のたかぶり サビ直前
IVIII7VImVmI7 ジャズ風でおしゃれ どこでも
VImVmIV トリッキーで色彩豊か Cメロ
VIIV 浮遊感からの高揚 サビ直前
VIIIV 浮遊感からの着地 どこでも
VIIVIm 浮遊感から暗い雰囲気 Aメロ
VIV 妖しげ どこでも
IIImIIIIIm (曲想は様々) サビの途中

実に多彩! 多種多様! 大事なのは、これらの曲想を理解し、表現したいものと適切に結びつけていくことですね。むろん「曲想」については自分でしっくり来る言葉をあててくれればよいです。

この「同主調からの借用和音」については、まだまだ補足することがたくさんあるので、ここで一旦ページを区切ります。

Continue