パラレルマイナーと変位シェル

メロディ編 Ⅳ章:シェルの研究

前節では二次ドミナントをフィーチャーしましたが、今回は同主短調からレンタルしてくる「パラレルマイナーコード」たちと変位シェルの絡みを詳しく見ていきます。

同主調からの借用

コード編II章では、細かな音の乗せ方(ミ・ラ・シにフラットを付けるか否か)についてはおおむね各々のセンスに委ねて、さほど解説をしませんでした。ここへ来てようやく、そうした細部にメスを入れていきます。
今回もやっぱり、大半はセンスで既にまかなえている部分だと思いますが、まあ改めて言語化して、スッキリしましょうという感じです。

#1 ミ : 明るさの調整

まずIVmVIIといったコード上で、ミにフラットをつけるか否か。これについてはコード編でもすでに説明していて、ミをナチュラルにすることで得られるものが2つありました。

  • ❶主調の明るさをキープすることができる(一時転調の度合いを弱める)
  • ❷「ミファソファミ」のような、主調で定番のメロディラインをそのまま使うことができる

❷については、前回の内容そのまんまの話ですね。ミにフラットがつくと、ファとの半音関係が喪失してしまう。半音関係が惜しければ、ミをナチュラルに保つという選択肢が出てくるわけです。

IVM7IVmM7IIIm7VIm7

これは意味的には「変位のキャンセル」に通じるものがあり、わざわざ同主短調から暗いコードを借りておきながら、「あんまり暗くしたくないから」とミで暗さを打ち消しに行っているのです。
だから、「パラレルマイナーをさりげなく使いたいのならナチュラル、主調とのコントラストをくっきり作りたいならミ」というのが基本的な判断基準です。

#2 シ : ハーモニックマイナー世界

次に、IVmやVIにおけるシの選択ですが、ここではナチュラルをとった場合の「↔︎シ」という関係性が鍵になります。

増二度の発生

ご覧のとおり、前回話題にした「ファ-ソ」と同じくこれは「増二度」というインターバルです。自然シェル世界では発生しない、あまり聞き慣れない音程。よくよく考えてみればこれは、「Cメジャーキーの中にCハーモニックマイナースケールを持ち込んだ」状態なんですよね。

借り元

パラレルマイナーは、短調からの借用。その“短調”というのが「ナチュラルマイナー」の短調なのか、「ハーモニックマイナー」の短調なのか、その風合いを決定づけるのがこの「ラ↔︎シ」という段差なのです。

を選んだ場合は否応無しに「不気味さ」や「中東っぽさ」を感じさせるため、これらのコード上では、シにもフラットをつけて歌われることが多いです。

A♭勢

「増二度の溝」がなくなり、馴染みやすいラインになりました。全ては表現したいもの次第ですが、一般的なポップスではこちらがマッチする場合の方が多い。実際のフレーズで聴き比べてみますね。

メロディック
ハーモニック

後者はやっぱりハーモニックマイナーの“中東感”が漂っています。この独特な響きを活用したいのでない限りは、シに♭をつけてあげた方が自然なメロディが作りやすいでしょう。

If I Fell (恋に落ちたら) – The Beatles

こちらはシを用いたバージョンの実例。サビの終わりでIVmが使われていて、「ラ-シ-ド-レ」というラインを構成しています。最もわかりやすいのは、曲のラストのギターフレーズですね。

ラストもやっぱり「ラ-シ-ド-レ-ミ」というフレーズ。サブドミナントマイナーの哀愁たっぷりですね。
もしシをナチュラルにすると、どんな風に聞こえが変わるでしょうか? やってみます。

予想はできてましたが、やっぱり。アラビアンな雰囲気が出てしまって、「恋に落ちたら」という感じではなくなってしまいました。音楽に「禁則」はありませんが、その場その場で「そぐわないサウンド」というのは確実にある。曲想を理解して、使い分けられるようにしていきましょう。

得るもの、失うもの

ただこれはラと絡みたいからこうなるのであって、ド-シ-ドのようなラインであれば、シにする必要性は薄くなります。というか、にすると「シ↔︎ド」間の美しい半音関係を失ってしまうというデメリットが実はあるんですよね。
だから、ラを絡めないフレーズであれば、「シ↔︎ド」を使うためにシをナチュラルにする選択肢も十分考えられます。

ドシド

潜在的に増二度を抱えてはいるものの、ラインとしてプッシュされていないので、取り立てて「不気味さ」「中東感」はありません。

当たり前のことですが、改めて観察すると面白い。「音階によって得意なラインが異なる」し、「同じ音階でもどう使うかで印象が変わる」ということです。

スケール選択

こちらはユニークな実践例で、IVm7の出だしで「ソラシド」と上がる時はラ・シにフラット、しかしその後「ドシド」の時のシはナチュラル。ひとつのコード内で両方のパターンを使ってみました。
「ドシド」というフレーズは、本来のメジャーキーの世界を感じさせるので、その後のVという明るいコードへスムーズに進むことができています。

こうやってひとつひとつの音について、自然シェルなのか変位シェルなのか考えてあげると、より自分の表現したいものが適切に出せるはずですよ。

気づかれないように – aiko

実際の例をひとつ(動画はカバーです)。サビではIIImIIImIVmという風に、4つ目のコードでパラレルマイナーに入りますが、そこで「シ→ド→ラ→ソ」という動きが見られます。

気づかれないように

こんな小さなフレーズにもセンスが詰まっていて、「シ→ド」「ラ→ソ」という2つの半音進行を活かしていて、かつシからラへの増二度の跳躍は避けている。だから「中東っぽさ」なんて全然感じないし、自然シェルが多いのでメロディの揺れもさりげない。まさしくパーフェクトな“歌心”で、このハーモニックマイナー世界を使いこなしているのです。

#3ラ : 明るさの調整

ラに関して選択権のあるコードはIIIVmVIIなどですが、これはミと同じで「明るさの調整」が基本的な判断基準になります。この2人の場合、原則シにフラットが付くことは確定しているので、たとえラがフラットだろうがナチュラルだろうが、「増二度」が発生するリスクはありません。

選択

なので純粋に、サウンドの違いで選びます。を用いた場合はIVmVIに近いテイストを曲中に持ち込むことになるし、ラ♮ならば元々のキーが持つ明るい雰囲気を保つ形になりますよね。

実際のポップスにおいては、IIIVmVIIのいずれも「暗くする」というより「ちょっと雰囲気をおしゃれにする」目的で使われることが多いので、ラにはフラットをつけないことの方が多いと思います。
特にVIIの方は、ラを取るとコードクオリティが「ドミナントセブンス」になって、なかなか不安定でアクの強いジャズ風サウンドになってしまうので、使う場面を選びますね。1

#4 スムーズな“乗換え”

パラレルマイナーコードの使用は、同主短調という“パラレルワールド”を行き来すること。その際には、キーのスムーズな“乗換え”をメロディも手伝ってあげる必要があります。

IVM7IVmM7IIIm7IIIM7IIm9IIØV

こちらはパラレルマイナーを2回に1回挿入したコード進行。かなり頻繁な行き来になりますから、メロディがしっかり世界観をガイドしてあげる必要があるのですが・・・

大失敗のメロディ

これは大失敗してしまった例です。たとえ100回聴いたとしても、このラインを覚えられる気がしません。何が起きているのか、楽譜を見てみます。

変な跳躍

見てのとおり、増音程・減音程のオンパレード。しかもそんな過激な跳躍をしながら、コードの変わり目でいきなり変位シェルを取っているというのが、違和感の大きな要因。あまりの急展開に耳が付いていけないわけです。

まあこういった「不自然な跳躍」は、まあ直感的に避けている人がほとんどだと思いますし、それに増減音程が絶対ダメということではない。ただ、増減音程が「特殊だ」という認識は持っていた方が良いですね。

平行世界を眺める

上の例の中でも、「ミ→ラ」の動きはかなり強烈ですね。もう少しこの跳躍を分析してみましょう。

主調とパラレルマイナーキーというのは、「ド・レ・ファ・ソを共有し、ミ・ラ・シが異なる」という、互いに交わりあった平行世界です。

長短のライン

改めてこの関係性を眺めると、「ミ→ラ」が不自然な理由も分かります。メジャー世界の明るさの象徴であるミから、いきなりダークなラへの跳躍というのが、急展開すぎるということです。

急展開

まるで、本当は「ミ→ラ」がよかったのに、コードが暗くなったから仕方なく「ミ→ラ」に行き先を変更したかのように見えてしまいます。

このように、メロディラインがコード進行の影響で歪んだような形になってしまうと、動きが機械的なものに感じられてしまって、有機的な旋律として響いてこない。“この曲想で表現したいもの”というのが見えてこない、ひいては「歌心のないメロディ」になってしまうと言えそうですね。

こちらはちゃんと歌心のある例。Bメロ「透明な真珠のように」のところで、ミ-ファ-ソ-ラと綺麗に順次上行してパラレルマイナーのIVmM7へと突入します。

スムーズな乗換え

見るとなるほど、長音階/短音階に共通のファ・ソを通り道にして自然にパラレルマイナー世界へ入っていることが分かります。だから長調ラインから短調ラインへの“乗換え”がスムーズなのです。メジャー世界とマイナー世界を行き来するときには、こうして共通音を経由した順次進行を用いるのが最もなめらかですね。

「星間飛行」を作曲した菅野よう子さんは複雑なコード進行で有名ですが、真の凄みはそんな複雑な進行にきちんとキャッチーなメロをあてていることです。それを可能にする背景には、こういった音階と旋律への深い理解力があるのです。

ピッチ選択のまとめ

改めて、ミ・ラ・シを選択する表現上の基準をまとめておきます。

選択権があるコード 主な選択基準
IIØIVmVmVII 主調の明るさを保つか否か / ミ-ファの半音関係を維持するか
ImIIIVmVII 主調の明るさを保つか否か / ラ-ソの半音関係を使いたいか
ImIIØIVmVI 増二度の響きを利用するか / シ-ドの半音関係を維持するか

コード編II章でも述べましたが、厳格な理論解釈上では、ミ・ラ・シのどこにフラットがつくかで、由来となる音階は7パターンあります。

借用元一覧

ただこの段階でもまだ、これを暗記する必要はないと思います。ひっくるめて「パラレルマイナーコード」で十分です。まだまだ知るべきことは、他にたくさんあります。「コミュニケーション上の必要に迫られた時」か「自分の中で明確に言語化して整理したいと思った時」が、覚え時です。


さて、前節の始めに述べたとおり、こんなのはお節介、みんなだいたい感覚で十分に分かっていることだったとは思いますが、一度こうして丁寧に見てあげることで、思考がよりクリアになったはずです。

繰り返しになりますが、歌メロにおいてはひとつひとつの変位シェルが重要なイベントです。いかに無駄なバラマキをせず、意思を込めて強力な一発を撃てるか。これもまた、従来「センス」の3文字で済まされてきた部分のひとつです。まず頭で精密に認識し、それを身体に染み込ませることで「センス」へと昇華させる。それがメロディ理論の存在意義です。

この節のまとめ
  • パラレルマイナーコード群では、ミ・ラ・シに選択の余地があり、それ次第でサウンドが変わるだけでなく、構成するラインも変わってきます。
  • 「ラ↔︎シ」という増二度の段差はキャラクターが強烈なので、使う際には注意が必要です。
  • パラレルマイナーに入る/出る際に増減音程で跳躍することは、展開が急すぎて不自然に響くリスクがあります。
  • コードのサウンドだけでなく、構成したいメロディラインもふまえてミ・ラ・シの変位を調整しましょう。

Continue