トライトーン代理の拡張

前回は二次ドミナントのアイデアの応用で、「Related IIm」や「ii-V Chain」を学びました。今回も、既知の技法を発展させてパワーアップさせます。

#1 トライトーン代理を拡張しよう

III章の最後の方で、「トライトーン代理」というものを紹介しました。いわゆる「裏コード」です。
{V7}をII7に変えても、ウマいこと肝心の増四度部分が残る。それにより、コードを置き換えても違和感があまりないという話でした。裏コードを忘れちゃっている人は、一度そちらの方を読み返してください。
比較ドミナントモーションに必要な2音をII7も持っている

この増四度の関係というのは、{V7}に限らず、ドミナントセブンスコードであれば必ず持っているものです。じゃあ、この「トライトーン代理」を、これまでに習得した他のドミナントセブンスコードでやってもイケるのではないか?それが今回の内容です。

#2 二次ドミナントを裏返す

そうはいっても、これまでに登場したドミナントセブンスコードと言えば、「二次ドミナント」だけですね。
強進行

改めてみると、やっぱりどのコードでも、増四度の解決が見られます。早速こいつらを、「トライトーン代理」を利用して、反対側のルートへ裏返してやりましょう。

五度圏

II7の代理

まずは普通に{II7}を使った音源がこちら。
II7
見やすいようにトライトーンは赤色にしておきました。この{II7}を地球の裏側、VI7で置き換えます。
II7の裏
オオォ! なかなかこれは、いかにもジャズって感じの雰囲気が漂いました。楽譜上はファがソに変わりましたが、もちろん音は同じ。 構成音としてはパラレルマイナーのVIに似ていますが、VIがロックぽさを帯びているのに対し、こちらは増四度が生み出す妖艶な雰囲気により、もっと大人びた感じがします。

今回のように{VIm}{II7}{V}という強進行2連発の状態で入れ替えることにより、ベースラインが半音で下降していく綺麗な形になります。

III7の代理

この調子でドンドンやっていきます。次はドミナントの{III7}。
III7
やはり強進行2連発を作るため、{IIm7}VIIØ{III7}{VIm7}という進行になっています。この{III7}を裏返すと・・・
III7の裏
生まれ変わってVII7となります。なんでしょうこの、溢れ出る「怪盗感」は…。やっぱりこれも、妖艶になりますね…。やはりパラレルマイナーのVIIでは、ここまでのテイストは出せません。 このコードは、わりとポピュラー音楽に導入がしやすいコードでもあります。 0:29-でリズムをジャッジャーンと決めているところが、妙に不気味な妖しさを漂わせていますが、そこがVII7です。 この曲はその手前も{IIm7}{IM7}VIIØと下って来まして、そこからVII7{VIm}ですから、ずっと2度ずつ下がっていく美しいコード進行になっています。

ここにさらに、ギターも♭13(あるいは#5)の音をぶつけていて、かなり複雑玄妙な響きを得ています。 本当に僅かな差。でもその積み重ねでこのような美しい曲が作り出されます。

こちらはおなじみの「4-3-6-2」のコード進行の「3」のところをVII7に変えたという感じでしょうか。やはりただのVIIとは全く違った、奇妙なサウンドが生まれています。

VI7の代理

そうしたらば次は、{VI7}ですね。
VI7
4小節目が{VI7}ですね。今回もやっぱり、3-6-2という強進行2連発の形です。裏返すとどうなるでしょうか・・・
VI7の裏

生まれたのはIII7です。こちらは先ほどの二つほど怪しげな感じはなく、ちょっとおどけたような雰囲気でしょうか?やっぱり聞き覚えがあるようでないような、変わったコード感ですね。

I7の代理

{I7}の代理はなかなか入れどころが難しい。やっぱりトニック本来の安心感みたいなものを失うことになるのでね。
I9
繋ぎをよくするため、I7の手前は普通のV7じゃなくV–7にしました。この5-1-4という流れを、5-4-4と変えるわけです。
I9の裏

だいぶ過激な感じになりました! 馴染ませるために、今回はホールトーンスケールを使いました。やっぱりIVというのはなかなか毒があります。でもそのわりには、よく成立していますよね。それはやはりトライトーンの力と言えるでしょう。

VII7の代理

出番は少なかったですが、VII番目の和音を二次ドミナント化した{VII7}というヤツもありました。これももちろん、トライトーン代理が可能です。
VII7
{VII7}の時点でなかなかオシャレですけどね。しかしこの和音は古典派クラシックでよく使われていたので、古風と言えば古風。トライトーン代理によって生まれ変わらせましょう。
VII7の裏

出来上がるコードはIV7です。こうするとかなり、ジャズっぽいな!って感じがしますね。

#3 演奏上のポイント

トライトーン代理を行う際のメロディメイクなのですが、やはり二次ドミナントが本来持っていたトライトーンの音を強調するようなフレージングをすると、良さが生きます。「ドミナントセブンスらしさ」を出してあげないと、パラレルマイナーあたりとそんなにサウンドが違わなくなってしまいますからね。 なんならジャズ理論では「コードだけ裏返して、使う音階は元のまま」なんていう外し方も技法の一つとして存在しています。
こちらはさっきの{III7}を裏返したモノですが、実はサックスだけは裏返らずにそのまま{III7}のコードトーンを中心に弾き続けるように変えました。文字通り、「裏切り」をしているのです。そうすると、いくつかの音はVII7のコードと激しく不協和になりますが、それが良い緊張感になったりするわけですね。最重要であるトライトーンの響きは{III7}もちゃんと持っているわけですから、曲としては驚くほど破綻しません。 そうすると逆に、周りは普通に{III7}を弾いている中で、ソリストだけがVII7に行ってしまうというパターンの裏切りも当然考えられます。そんな風に、わずかな理論的根拠を頼りにメチャクチャなことをやっちゃうのが、ジャズの醍醐味だったりしますよ。

今回は模範的な、強進行2連発状態での使用例でしたが、他にも可能性はたくさんあります。特にジャズでは、転調のきっかけとして非常に優秀で、ii-Vと並んで基本的な技法のひとつです。ジャズっぽさを出したい場合に使うとよいでしょう。

Continue