トライトーン代理の拡張②

前回は、「トライトーン代理」がV7に限らず、二次ドミナント群でも可能だという説明をしました。いずれもルートが増四度ウラのドミナントセブンスと交換できる。
交換前交換後
{II7} VI7
{III7} VII7
{VI7} III7
{I7} IV7
{VII7} IV7
今回は、このアイデアをさらにもう一歩先へ進めます。

#1 II-7を入れ換える

分かってきたのは、「V-I」のような強進行のモーションにおいてVをトライトーン代理すると、「II-I」という具合に半音下行のなめらかな動きになるということ。これは強進行であれば常に成り立つ法則です。力強いB型接続から、流麗なC型接続へと変貌するわけですね。 そうなれば、必然的に次のようなアイデアが浮かんできます。
ii-V-IのVをひっくり返せるなら、iiだってひっくり返せるんじゃね?
普通のトゥー・ファイヴ・ワンがあったとして・・・
II–7{V7}I
V7を変えれば、おなじみの“裏コード”。
II–7II7I
じゃあII-7の方を、増四度ウラのマイナーセブンスコードに変えたらどうなるのか!? そういうアイデアです。
交換
このとおり!そうなんです、意外とイケるのです。シが全員の共通音としてあるので2、そこをうまく繋ぎにしてあげると、美しいヴォイス・リーディングになります。 ただ出だしから基調外和音のため、ちょっと効果が分かりにくいですね。流れの中でこれを試みてみます。
IVVI–7{V7}I
こんな感じ。調性がかなり乱れていることは間違いないですが、半音下行のスムーズさや、ちょうど前回やった「II7のウラ、VI7」と類似していることも相まって、残りのV-Iですっかり元どおり、綺麗にフレーズを終えることができています。 マイナーセブンスはコード内にトライトーン関係を所有していないですから、これを「トライトーン代理」と呼ぶかどうかは微妙なところですが、何れにせよこのような技法がジャズでは使われます。

#2 マイナーのII-7を入れ換える

またジャズ界には、「マイナーのトゥー・ファイヴ・ワン」もありました。
VIIØ{III7}VI–7
伝統的な短調の番号振りでは、VImをI番とするので、この7-3-6の動きが「マイナーのトゥー・ファイヴ・ワン」になるんでしたね。この場合「ii」のコードはハーフディミニッシュですが、これも同様に増四度でひっくり返すことは可能です。
IVØ{III7}VI–7
これもやはり、前回やったIV7と近いサウンドであることが、うまくハマっている理由のひとつかもしれません。IVのルートからコードを構成する際、候補としてこれまでに紹介されたものはΔ、-Δ、-7、7でしたが、ハーフディミニッシュも地味に可能であるという発見ですね。 ハーフディミニッシュはトライトーンをしっかり内蔵していて、裏返してもその音は健在であるというのが面白いですね。「IV7とVIIØの文脈を重ね合わせている」というような言い方ができるかもしれません。

#3 着地のIΔやVI-7を入れ換える

こうなればもう、トゥー・ファイヴ・ワンのシメ、着地点であるトニックのIΔやVI-7をひっくり返すという話になりますよね。これももちろん、可能。
II–7{V7}V
これは抜群におしゃれですね!! そして、これは完全に転調の領域に入ってきます。VIVと読んでもよいところですが、他のトライトーン代理がみなフラット系になるのでそちらに統一しました。 この技法は、ジャズ理論が確立されるより前の近代クラシック作曲家バルトークが用いていたことから、あるバルトークの研究家はこれを「バルトーク的擬似終止Bartokean Pseudo Cadence」と名付けています。 もちろんマイナーでもこれは可能。
VIIØ{III7}III–7
これも相当おしゃれですね。これは、ポピュラー音楽でトライトーンの転調を行う際にも利用できる、便利なテクニックです。 こちらその実例。BメロがKey in Cで、2-5-1-4-7-3というジャズおなじみの連続強進行を用いて、サビ直前でE7に至ります。その後のサビ、Aに解決すると思いきや、裏切ってEへ。これをトニックとして転調、また6-2-5-1という強進行を続けていくというシステムになっています。

2×2×2の選択肢

まとめると、ii-V-Iのそれぞれにおいて、そのまま行くのかひっくり返すのかの選択肢があるということですね! そして、Iの着地でひっくり返した場合には必然的に転調する事になる。
2x2x2
これはメジャーキーでのii-V-Iのネットワーク。2×2×2=8とおりの組み合わせが生まれますね。この「増四度ウラにいつでも行ける感覚」というのが、ジャズにおいてはなかなか重要です。 ポピュラー音楽の歌モノだとVI–7IVØのうえにメロディを乗せるのがなかなか難しいため使われることはほとんどありませんが、器楽曲では武器の一つとして忍ばせておくとよいと思います。 Continue