ii-Vの応用

さて、ジャズはとにかくトゥー・ファイヴを応用して音楽を発展させていきます。今回はトゥー・ファイヴを利用した様々な技法を紹介していきます。

#1.Backdoor IIm

この辺でちょっとはジャズらしい、変わり種を紹介しましょう。音楽理論界とは不思議なもので、ちょっとしたコード進行にもいちいち名前がついています。

バックドア

こんな風に、IV–7VII7といういかにもCマイナー調っぽい動きをしておきながら、しれっとCメジャーキーのIに落ち着くコード進行がジャズにはあります。
これを、Cマイナーキーという裏口(backdoor)を通ってCΔへ終止していると考えて、「Backdoor ii-V」と呼ぶことにしたのです。もちろん単にパラレル・マイナーを使っているだけで、とりたてて新しい手法ではありませんが、ちょっと言い方がおしゃれでしょ。

こちら、1周目は普通のii-V-Iで、2周目がBackdoor ii-Vになっています。まあ、響きとしてもなんら特殊なことはないですね。

#2.Related IIm

さて、ここからは少し、ジャズ特有の方法論である「Related IIm(リレイテッド・トゥーマイナー)」です。といっても大したモノではなく、「ドミナントの機能を持ったコードたちに対して、そこへ強進行する相棒のマイナーコードを連れてきていいよ」というもの。

Rel. IIm

赤くしたところが、Related IImです。VII–7V–7。特に後者は、ポピュラー理論では「同主調から借りてきている」と説明するのが一般的ですが、ジャズでは「その後のI7とトゥー・ファイヴ関係を作る相棒を連れてきている」と考えます。

考え方

だから、ジャズ理論の形式で進めていくと、VII–7という変わり種のコードに、けっこう初期段階で出会うことになるのです。

このRelated IImという発想は、二次ドミナントに通じるものがあります。二次ドミナントは、「V7-I」というドミナントモーションの強さを利用して、一瞬だけ転調して相棒を引っ張ってくる技法でした。Related IImは、それを「ii-V」で実行しているだけです。

Rel. IImとスケール

Related IImは、そこに乗せるスケールまで考慮に入れると、けっこう奥が深いです。

Rel IIm

例えばこんな進行があったとして・・・借用したドミナントセブンスコードであるVI7の手前に、Related IImであるIIImを挟み込みます。

Rel IIm

局所的にこのIIImVI7だけを切り取ってみれば、コレはDメジャーキーのii-Vを実行しているんですね。
・・・これでは単にダイアトニックコードを挿入しただけですから、何の面白みもないと思いますか? それが意外と、そうでもありません。もしIIIm7の時点ですでに転調が始まっていると考えると、使うスケールが変わってくるのです。

こちらはまず、普段どおりの感じですね。Emの時も「ただのダイアトニックコード」ですから、普通にCメジャースケールを弾いています。
これが、Related IIm扱いになると、考え方が変わります。A7のお供なんですから・・・ここは「すでにDメジャーキーに一時転調している」と認識して、そのつもりでソロを奏でます。すると・・・


当然ながら、ファとドにシャープが付きました。そのため、Emの時点でもう、本来の調性感から逸れたときの高揚感が生まれています。ついでにA7の方も、普通はファに♯をつけたりしませんけど、今回はつけてみました。
こんなちょっとしたアイデアですが、逆に当たり前すぎて考えつかない部分ですよね、Emの時にもう転調しちゃおうなんて。これはやっぱり、コードとスケールをきっちり分離して考えるジャズ理論だからこその発想と言えます。
ジャズではこんな風に、コードを「代理」するのとは別にコードを「挿入」するアイデアがよくあり、これを「Interpolate」と言います。「書き加える」「はさみこむ」という意味の英単語ですね。ですから今回のように挿入されたRelated IImは、「Interpolated IIm」と呼ばれることもあります。

デュアル・ファンクション

ところで、この時のEmは、ダイアトニックコードと考えればトニック、すでにDメジャーキーに転調していると考えればサブドミナントと言えますよね。このようにどちらともつかない状態のとき、バークリー系理論ではそのコードが「デュアル・ファンクション(二重機能)」であると表現します。

#3.ii-V Chains

これはちょっと面白くて、前回も少し紹介した技法です。Two-Fiveの聴きやすさを利用して、しれっと転調してしまう技法です。

2-5の転調

DmGが、次はCmFと進むので、これは「長二度下降のチェーン」ということです。この場合、GCmのところも強進行ですから、これは最もピュアで最も強力なii-V Chainといえますね。

しかしTwo-Fiveが持っている安心感というのは相当な強さがありますから、これ以外にもチェーンを繋いでいくパターンはいくらでもありえます。

長二度上昇のチェーン

では、下降じゃなくて上昇したらどうなるでしょうか?

そうなるとDmGの先はEmAと進みますから、要するにココは2-5-3-6という王道進行が偶然形成されています。だから、とても自然に聴こえますよね。
でもEmの時点ですでに転調していて、スケールが変わっています。これはまさに、さっきの「Related IIm」が発動しているところです。

短二度下降のチェーン

では今度は、長二度じゃなく短二度にしてみましょう。


コレはなんだか、かなりオシャレだ!
DmGの先は、Cm7F7と進みます。コード感はかなり変わりますが、どこか秩序があります。実は、ピアノのトップノートがうまく綺麗な流れを作っているんですよ。

トップノートに注目

こういうところで、バッキングの技術が問われます。それもジャズ理論の面白いところ。共通音があればメロディラインも作りやすいですから、何ならこのコードで歌モノを作ることだって可能でしょうね。

短二度上昇のチェーン

コレは、妙に緊張感がありますね! いい転調です。ジャズに限らず、緊迫した雰囲気のBGMを作るときなんかにも、こういう進行は有効でしょうね。

長三度上昇のチェーン

長三度上昇は、けっこう「攻め」の進行と言えそう。若干の不自然さは、あるかもしれません。DmGの先は、FmBと進むことになります。

今回はVのところで♭9thを乗せて、つなぎを滑らかにしてみました。まあ、全然成立してはいますよね。

長三度下降のチェーン


だんだんもう飽きてきたので、この辺で終わりにしておきましょう。

結局言えるのは、やっぱりトゥー・ファイブの進行感は”強い”なってことですね。突然妙なマイナーコードに進んだとしても、そのあとドミナントセブンスコードに強進行しさえすれば、「ああ、トゥー・ファイブね!」と聴き手はすぐに安心することができます。「トゥー・ファイヴ」と「転調」を組み合わせるだけで、無限とも思えるバリエーションが作れる。この「素材のシンプルさ」と「発展性の高さ」が、ジャズ理論の魅力的なところなのです。

Continue