ハーモニックマイナーのコードスケール

コードスケール理論も気付けば第5回になりました。①概論、②メジャー・ダイアトニックモード、③その適用法、④メロディックマイナーのコードスケールと来て、今回はハーモニックマイナーのコードスケールを考えます。

#1 ハーモニックマイナーから生まれるモード

ハーモニックマイナーから7つのモード

ハーモニックマイナーは、ラとシの間に「増2度」の間隔がありますから、ハーモニックマイナーから生まれるモードたちは、全員がどこかにこの特徴的な“増2のスキマ”を有しています。それがどこにあるかに着目すると、特徴が理解しやすいです。

第Iモード:ハーモニックマイナー

ハーモニックマイナー

前回同様、ハーモニックマイナーの第Iモードはそのままハーモニックマイナー。メロディックマイナーとの違いは、もちろん第6音。ここがフラットしたことで、テンションからアヴォイドへと変わりました。マイナーメジャーセブンスに対応する2つめのモードです。

第IIモード:ロクリアン 6

ロクリアン N2

短調のIIは、長調のVII。そのためここで「ロクリアン」ベースのモードが登場しました。普通のロクリアンと比べると、重苦しい短6度が長6度に変わっています。

第IIIモード:アイオニアン 5

Ionian #5

第IIIモードは、「Ionian #5」です。アイオニアンと一音差なので、そのように名付けられた。5度にシャープなので、augM7と対応する貴重なモードのひとつです。

第IVモード:ドリアン 4

Lydian Minor

第IVモードが「Dorian 4」。文字どおり、ドリアンモードの「ミ・シにフラット」状態から、ファにシャープなのでこの名前が付いています。

やはり「増2度の段差」がかなり印象的なので、ふつうのポップスでよくある「切ない哀愁のサブドミナントマイナー」というのとはちょっと雰囲気が違いますね。

第Vモード:HMP5b/フリジアン・ドミナント

HMP5b

第Vモードは、「Harmonic Minor Perfect 5th Below」です。とても長いので、「HMP5b」などと略されます。♭13や♭9はふつうアヴォイドになるような不協和ですが、「暴れどき」のドミナントセブンスなので、例外的に使用できます。

このネーミングについては、以前ジャズのスケールについてザックリと解説する回で説明したので割愛。しかしまあとにかく長い名前なので、このモードには「Phrygian Dominant」という別名もあります。

IIImを司るモードが「フリジアン」でしたから、それがIII7のドミナントセブンスコードに変化した時のモードということで、「フリジアン・ドミナント」。

フリジアン・ドミナント

確かにこうやって並べると、分かりやすいですね。この方が「モード同士の相関性」が見えやすいし、短い名前の方が使いやすかろうということで、「フリジアン・ドミナント」の方をここでは推していくことにします。

第VIモード:リディアン 2

Lydian #2

話を戻します。第VIモードはまたルートにフラットが付くので、度数構成が大きく変わり、結果としてリディアンによく似たモードが現れます。ルートと第2音が「増2度の段差」で開いた、「Lydian 2」です。

第VIIモード:オルタードスーパーロクリアン

Alt Sup Loc

最後にVII番目のモードが、「Altered Super Locrian」です。Diminished Seventhに対応する貴重なモード。1
「不安定だけどかろうじてP4はある」がロクリアン、「そのP4がo4になってしまった」がスーパーロクリアン、そして「短7度が減7度になっていよいよディミニッシュに突入した」がこのオルタードスーパーロクリアン。こんな風に、「モードの相関性」で捉えてあげると、混乱しにくいです。

Locrian系列

これで実に21個のモードを得ることができました!

#2 七つのモードの関係性

最後はまた、7つのモードを全てCルートで書き直し、コードクオリティごとに分別します。

七つのモード

なんと、7つ全てが異なるコードクオリティと対応しています! ちょっと面白い偶然ですね。いずれも、前回までの14個のモードとは異なる微細なニュアンスをそれぞれ持っています。そしてここまでの21個のモードの相関関係をよく理解して体得したらば、ふつうの人では思いもよらないような(しかし魅力的な)スケール使いが可能になるわけです。

モード集めももう終盤。あと2回で終わります。

Continue