裏コード(トライトーン代理)

コード編 Ⅳ章:新しい技法
Information

今回は「新しい非固有和音を知る」回です。

久々に、新しくコードを広げていきます。かなり特徴的で、しかも使い方の限られたコードなので、ポップスとジャズ以外で使われることはあまりありません。


#1 さらなるコードの拡張

ここまでで、かなりの数のコードを学んできました。しかし、ポピュラー音楽界隈では普通に使われているのに ここまで説明されてこなかったコードがあとひとつあります。それが、一般に裏コードと呼ばれるものです。

裏コード

ディグリーでいうと、II7のコードが「裏コード」と呼ばれます。原理的には「ドミナントセブンスコード」であることが条件ですが、実際には同一文脈上で三和音や「メジャーセブンス」の形が登場することもあり、ここではそれらを「派生形」としてまとめて紹介します。

#2 裏コードの用法

裏コードの使い方は単純で、IImVIという定番の進行の、Vと入れ替えて使います。これ以外の用法はほとんど見受けません。

至って普通のIIm7V7IM7を、IIm7II7IM7に変えます。

なんだかすごく、ジャズっぽくなりました! 変わり種コードのわりには、スムーズな流れで曲中に組み込めていますね。それはベースラインが綺麗に半音下降していることも要因のひとつ。

変位する音は「レ」と「ラ」なので、この2つをメロディに使っていない場合は、メロディを何も変えずにコードだけを変えることも可能。上の音源は、そのパターンです。「ド」や「ミ」はコードと多少ぶつかっているのですが、それが不思議な浮遊感のようなモノを演出していて、まんざら悪くありません。

#3 裏コードの理論的解釈

さてここからは、理論的解釈の話です。
IIという変わり種コードがVの代理をできる理由は、やっぱり共通音の多さにあります。

比較ドミナントモーションに必要な2音をII♭7も持っている

「II♭7」に含まれる「ファ」と「シ」は、V7にも含まれる音だ! この二音は、「ドミナントモーション」を起こすのに必要な、カギを握っている音でした。

他の音が変だろうと、肝となる「ファとシ」がいたら、「ドミナントモーション」と同様の効果が得られるだろうと、そういう解釈なわけです。I以外に進むことが極めて稀であるのもこのためです。

だから、本当は「シ」がキーポイントなので、ドミナントセブンスコードじゃなきゃダメだったはずなのですが、先述のとおり、単なる三和音メジャーセブンスの形でも何ら違和感なくこの位置にはめ込むことができます。まあ理論的解釈なんて、所詮そんなものです。結局どんなコードだって使える。それだけのことなのです・・・

IIM7にしてみたパターン。本来のカギであった増四度の響きがなくなったので、転調感が増しました。こちらの場合、メロディに「シ」を使い続けてしまうと、ドミナントセブンスにしたいのかメジャーセブンスにしたいのかハッキリしなくなってしまうので、避けた方が効果的でしょう。

こちらはポップスで実際に使用した例です。Aメロで、さっきのメジャーセブンスパターンが使われています(0:52の「あなたを見つめるのに忙しい」の「るのに」部分)。

ちょっと響きがユニークすぎて曲想が固定されてしまうため、「二次ドミナント」や「パラレルマイナーコード」、あるいはIVøなんかと比べると使用される頻度は低いです。

#4 裏コードの名前の由来

ここからはおまけ、「裏コード」という名前の由来の話です。気にならなかったら飛ばしてOKですよ!
実は久々に、また件のミステリーアイテム「五度圏」の出番です。

5度圏

Cメジャーキーで言えば、今回導入したコードは「D♭」です。入れ替え元である「G」との関係性を見てみると・・・

裏側

ちょうど正反対、つまり裏側の場所に位置しています! だから「裏コード」と名付けられたわけです。増四度の関係が五度圏上で正反対というのは、「接続系理論」のときにもちょこっとありましたね。

いくつかの名称について

「裏コード」は日本での通称で、最も国際的な呼び名は「トライトーン代理Tritone Substitution/トライトーン ・サブスティテューション」です。

「トライトーン」は、増四度(減五度)」を表す言葉でしたね。ですから先ほど説明したように、「増四度の関係を利用して、コードを置き換える」という行為を直接指し示す名称になっています。

トライトーン

他には、それを縮めた「Tritone Sub」という言い方や、ドミナントセブンスコードを代理することからついた代理ドミナントSubstituted Dominantといった言い回しも存在し、特にジャズ・バークリー系では「subⅤ」という略記がしばしなされます。

その一方で、日本では「裏コード」の方が遥かに一般的です。いかにも俗称という感じですが、シンプルで伝わりやすく、五度圏に親しむという点でも面白いネーミングです。ですから今回は「裏コード」の方を、基本的な呼称として採用します。それと同時に、この発想・技法そのものを指す言葉として、「トライトーン代理」も推奨していきます。

つまり、「II7は、V7のコードをトライトーン代理というアイデアで置き換えた、『裏コード』と呼ばれるコードである」と説明するということです。

トライトーン代理の応用性

今回はV7を例にとって「トライトーン代理」を行いましたが、実はドミナントセブンスコードであればどんなコードでもこのトライトーン代理が可能です。これは特にジャズにおいて重要になる技法なので、そうした発展的なトライトーン代理は、VI章のジャズ理論編で紹介することにします。ポップスの範疇であれば、このII7を知っているだけでも十分です。

この節のまとめ
  • Vを代理するコードとして、II7が使用できます。これを「裏コード」と呼びます。
  • 原理的に考えるとII7を使うべきですが、実際にはそれに限りません。
  • IIの前は必ずしもIImでなくてよいですが、進行先をI以外にするのはなかなかのチャレンジです。
  • この技法、アイデア自体の名称は「トライトーン代理」で、国際的に通じる呼び名は「Substituted Dominant」です。

Continue