テンションコード ❶概念と表記法

コード編 Ⅳ章:新しい技法
Information

今回は「新しいコードネームを知る」回です。

Ⅲ章の時は長9度を乗せた「9thコード」を紹介しました。ここではそれ以外の音の付加を理論化していきます。


III章の終盤で、「ナインスコード」を解説しました。セブンスコードに、長9度(=ルートの全音上)の音を重ねたコードでしたね。

基調和音とナインス

ただ、追加できる音はまだまだ残っているのです。今回の記事では付加音たちについて一気に理論化を進めていきます。

流し読みOK

先に言っておくと、今回の話はけっこう難しいです。複雑なコードネームの読み方の話ですのでね。IV章のこの段階でこの知識を紹介する理由は、「コード譜をきちんと読みたい」という時に今回の内容が必要になってくるからです。情報量も多いので、頑張ってこれを暗記するというよりは、コード譜で分からないものがあった時にこの記事を読み返してちょっとずつ習得していくのがよいと思います。

§1 テンションの表記法

さて、話の出発地点はひどくシンプルです。トライアド、セブンスコード、ナインスコードからさらに「お団子がさね」を繰り返すと、数字が2ずつ増えてイレブンス・コードEleventh Chordサーティーンス・コードThirteenth Chordとなります。

7,9,11,13

こうやって、7thを超えてお団子がさねを繰り返すことで生まれた9th11th13thといった付加音たちを、テンションTensionと呼びます。そして、テンションを有するコードは、テンション・コードTension Chordと呼ばれる。1

簡単に考えれば「4度」であるファの音、「6度」であるラの音は、ナインスの時と同様にして、やはり「タテに積んでいった結果生まれた」という考え方からそれぞれ「11度」「13度」と呼ばれる決まりです。

テンションのための表記法

さてこの「11」「13」といった表記は、クラシック時代から既に見られる由緒ある記法です。しかしその一方で、ちょっと不便も感じます。例えば「13thは乗せるけど11thは乗せない」とか、そういう細かい指定がしにくい。それに、「4度は4度でも増4度を乗せたい」なんていう時に、どこに何を書いたらいいかも分かりません。

どうすればいいのか
正直そこまでなるとは想定してなかったぞ。

ジャズにとってテンションは命。このシステムのままじゃやってられませんね。改造させて頂きます

ジャズ系理論は、テンションをよりシステマティックかつフレキシブルに扱えるように、次のような記法を考案しました。

テンション全列記

シンプル・イズ・ベスト。9も含めて、全てのテンションをコードの右肩に列記するのです。そして例えば増4度だったら「11」という風に、シャープをつけてそれを示す。テンションの列記には「タテに積む書き方」と「ヨコに並べる書き方」があって、見やすくするためにカッコで括ってもよい。2
これなら確かに「セブンスコードが基盤にあって、そこに音を追加している」ということが一目瞭然です。しかも、III章でやったシャープファイブ・フラットファイブの記法との統一感もあります!

統一感

特に「ヨコ並べ・カッコつき」だと統一感マックスです。それから、5・5を+5・-5と別記できるように、♯♭をプラマイで書いてもよいのはテンションも同じです。

考えてみたら「ナインスコードの時は、7を9に変える」という伝統表記法は、ずいぶんトリッキーな気もしますね。大事な「7」が消えちゃうし。理論書の中では、「11」のような特殊なテンションを積むときだけこの記法をとるものもあれば、統一してこの“右肩記法”を採用するものもあります。

11thとsus4、13thと6th

4度、6度といえば、既存のコードで「sus4」と「6」がありますね。そこの違いもハッキリさせておきましょう。

まず「sus4」と「11thテンション」の決定的な違いは、3rdがあるかないかです。

sus4と11

sus4の方は「3rdを吊り上げている」ため、特にVIの時なんかは、メジャーに解決するのかマイナーに解決するのかのドキドキがある。そういう話でした。それに対して「11thのテンション」の場合には3rdがちゃんと鳴っていて、純粋に「濁りを付加する」ために音が使われているという違いがあります。

「シックスコード」と「13thテンション」の方は非常にシステマティックな話で、7th6thが両方鳴っている場合に、「セブンス・アンド・シックスコード」なんて半端なこと言ってられないので、システム上の都合として「セブンスコード+付加物です」という状態に話を収めています。

6thか13thか

ですので、もし「トライアドに7thを足すのか6thを足すのかは、どっちかしか選べない」と考えているようであれば、それは誤った思い込みです。7thの響きも6thの響きもどちらも捨てがたいという場面では、全然両方同時に鳴らしてよい。そしてその時に、(13)という表記を使うことになるのです。

§2 7つのテンションについて

さてテンションは、簡易度数で言えば9th11th13thの3種類しかありません。

G7

こちらはV7の場合。しかし上にあったように、「4度は4度でも増4度」なんていう風に、詳細度数で考えたらばもっと種類があります。そこをしっかり把握しておかないと、正しいコードネームの読み書きができませんね。

+9と-9

まず9thのバリエーション。III章でやったナインスコードは、「長9度」を乗せたもの。それを半音上下に変位させると、「増9度」「短9度」のテンションが得られます。

+9と-9

よくよく見ると、「増9度」というのはマイナーコードの核である「短3度」と異名同音ですね。例えばG7(+9)というコードは、実質的にはシとシを同時に鳴らしているような状態。メジャーとマイナーの同時鳴らしです。そんなのアリ?と思うかもしれませんが、実は珍しい話ではなくって、例えば「クオリティチェンジの打ち消し」や「ブルーノート」って、メジャーとマイナーの合体形ですよね。それをコードネームで表現する時なんかに、「メジャーマイナーコード」なんて名前には出来ないですし、この「+9」を便宜的に使用します。

IVΔ7III7(+9)VIm7I7

まあ異名同音の話は掘り下げ出すと相当面倒な話になるので、ここでは深堀りしないでおきます。

+11と-13

それから、5thの半音両隣が空いていますが、それをテンションとして用いる場合は、「11」「13」と呼ばれるテンションになります。

+11と-13

今度もまた「5thの半音隣なのだから、フラットファイブ/シャープファイブで良いんじゃないの?」と思うかもしれません。でも、これもナインスコードの時にした話ですが、音を「ずらす」と「足す」は違います。確かにこの2音は、5thを「ずらした」という文脈ならそれぞれ「-5」「+5」と捉えられるべきものであります。

テンションか変位か

しかし5thを保ったまま音を「足す」という表現をしているなら、これはやっぱり、5thじゃない別の何か…つまり11th13thが変位したものと考えるというのが理論的に整合性の高い解釈なのです。

あれ、結構知ってる音・・・?

基本の9・11・13と、9・9・11・13。この7つでテンションは全て出揃いました。3

しかし上で見たように、「コレってアレと一緒じゃないの?」という既存コードとの「キャラかぶり」がかなり存在しています。

テンション 言い換えると 似たキャラ
9 M2 sus2
11 P4 sus4
13 M6 シックスコード
9 m3 変位の打ち消し
9 (かぶり無し!!)
11 5 フラットファイブ
13 5 シャープファイブ

実際には「異名同音の奥深い差異」や「ずらすのか、足すのかの違い」といったごく微妙な差があるわけですが、仮にそれを切り捨ててしまえば、純粋な“新顔”は「フラットナインス」の唯一人ということになります。なので、安心してください。III章のコードが使いこなせていれば、もうテンションコードを半分マスターしているようなものです。

こうした「微妙な差」を突き詰めて理解することは、だんだん「実践のための理論」というより「理論のための理論」に近づいていきます。ですので現段階では、分析や記譜の際に、「ここは5と書くべきなのか…? 13と書くべきなのか…?」と悩む必要はありません。
現実問題として、コード進行を教えてくれるウェブサイトなんかでも、この「ごく微妙な差」を無視して簡単なコードネームで書かれていることがよくあります。4

もしこういった細かい部分を突き詰めたいという場合には、物事をコードで考えるのではなくスケールで考えることが重要になります。それを解説するのはVI章後半の「コードスケール理論」ですので、それまでは放置で構いません。もちろんそこまで行かずに学習を終えたとしても、ポピュラー音楽の範疇ではほとんど問題ないレベルです。

§3 ダイアトニックコードのテンション

応用的とはいえ、ダイアトニックコードに音を積み重ねていってできるテンションくらいは、ここで紹介しておきましょう。

ダイアトニックコードのテンション

大事なポイントを確認。たとえ臨時記号がなくっても、詳細度数の関係によってシャープ・フラットの名を冠するテンションが登場します。「楽譜上のシャープ・フラットと、コードネームのシャープ・フラットは関係ない」。これはもう、VIIm(-5)の時から変わらない話です。

ただどうしてもシャープ・フラットの記号に頭のイメージが引っ張られてしまう感は否めないので、テンションについてもやはりこのサイトではプラマイの表記を主に使っていきます。

プラマイ表記

こちらの方が、ニュートラルな気持ちでテンションを捉えることができるかなと思います。

アヴェイラブルとアヴォイド

そんなわけで、表記のお話はだいたい済みました。上に積み重ねる理論から生じたので、2・4・6ではなく9・11・13と呼ぶ。詳細度数で物事を考えるため、プラスやマイナスが付いたテンションもあって、それらひっくるめて7つのテンションがある。

ただここからが本題で、実際の使用にあたってサウンドとして乗せやすいもの・乗せにくいものがあります。テンションは本来音にちょっとした濁りを与える、ラーメンで言うところの「トッピング」のようなものですが、各テンションが“味”に与える影響には大きな個体差があります。
III章で紹介したナインスコードはいずれも“薄味”で、喩えたら「ねぎ」とか「ごま」くらいのもの。しかし中には、「カレー粉」とか「パクチー」みたいな、入れたらすっかり別の味になってしまうくらい強烈なテンションもあるのです。

そこで一般的な音楽理論では、テンションのうち気軽に乗せられるものをアヴェイラブル・テンションAvailable Tension、乗せにくい「要注意」の音を回避音Avoid/アヴォイドと呼び分けて分類します。

アヴェイラブルとアヴォイド

こちらが、一般的な理論でアヴォイドとされるものにバツをつけてコードネームから除外した図。IV以外のコードでは、誰かしらが死にます。

この「アヴォイド(回避)」という言葉は、音楽理論を堅苦しく感じさせているもののひとつです。使ってはいけないのか? 使うのは間違いなのか。その音が似合っていると感じた場合はどうしたらいいのか? 音楽にルールなんてないんじゃないか。

次の回では、この「アヴォイド」についての理解をハッキリさせます。

まとめ
  • テンションには9,9,9,11,11,13,13の7つがあります。
  • テンションの♯♭は、楽譜上の♯♭とは関係ないという点に注意してください。
  • コードネームとして書く場合は、右肩にテンションを列記します。
  • 9・11・13とシャープ/フラット系のテンションなしで順に積まれている場合に限り、「C11」「Dm13」といった表記も可能です。

Continue