Skip to main content

まず最初に扱うのは、リズム理論の根本をなすコンセプトである「拍子」です。
これも突っ込んだ部分を話し出すとややこしくなりますが、今回は基本だけをうまく押さえていきます。

1 拍子(Time)

音楽は、一定のリズムを繰り返しながら形作られていきます。拍子Timeとは、その曲の根幹となるリズムがどんな形でまとまりを作っているか。それを指し示す言葉です。
これはもう、変に言葉で説明するより、聴いてしまった方が手っ取り早いでしょう。

四拍子のリズム

ポピュラー音楽の世界で圧倒的によく使われるのが、この「四拍子」と呼ばれるまとまりの作り方です。「1,2,3,4」の掛け声でひとまとまりになっているので、四拍子。そのまんまです。

三拍子のリズム

対するこちらが「三拍子」。こちらは「1,2,3」でひとまとまりになっています。あえて平易な擬音語で言うなら、「ズンチャッチャ」のリズムです。
この違いが区別できれば、拍子の基礎はもうマスターしたも同然です!

ポップスの世界では本当に四拍子がほとんどで、まれに三拍子が使われる程度。そして他にも拍子は色々ありますが、この2つが圧倒的にポピュラーです。

三拍子は、ワルツという形式の音楽で使われていることでお馴染みですね。

いずれも「ズンチャッチャ」のリズムです。BGMなんかを作る時には、こういう穏やかな曲想を演出するための選択肢として持っておくとよいですね。

ポピュラー音楽と3拍子

一方ポップスでは、ワルツの優雅な印象が強いためかさほど用いられず、4拍子の曲の方がマジョリティです。

主だってはこんな風にゆったりした雰囲気を演出したい時に選択肢として挙がってくるでしょう。

アクセントを変えた3拍子

こちらはプログレッシブ・ロックというジャンルの曲ですが、ロックには珍しく三拍子が使われていて、スリリングな雰囲気を演出している一風変わった例です。

カウントをとると、こんな感じ。普通のワルツ調よりもちょっとリズムを複雑な感じにしていて、それがカッコイイんですね。ですから同じ拍子であっても、テンポとアクセントしだいで印象はずいぶん変わってきます。

小節(bar/measure)

「1,2,3,4」や「1,2,3」といった掛け声は、数字が無限には増えていかないですよね。四拍子だったらひたすら「1,2,3,4」ときたらリセットしてまた「1」からカウントし直しです。4カウントで1つの箱、1つの“まとまり”という認識でやっているわけです。

観念的ではありますが、このリズムのひとまとまりのことを小節Bar/Measureといいます。

1小節

何をもって「ひとまとまり」とするかについては、やや慣習的な部分もあります。

2(beat)

そしてこの「拍子」を作り出している、「1,2,3,4」の刻みひとつひとつのことを、Beatといいます。ですから、「4拍で1小節を成している曲は、四拍子である」などという風に表現するわけです。

拍子と小節

あるいは「2拍目と4拍目に手拍子を入れよう」なんて話になったら、それはこういうこと。

クラップ

「拍」と「拍子」を理解することが、リズム理論の基本となります。

1 2