拍子と拍

まず最初に扱うのは、リズム理論の根本をなすコンセプトである「拍子」です。
これも突っ込んだ部分を話し出すとややこしくなりますが、今回は基本だけをうまく押さえていきます。

#1 拍子(Time)

音楽は、一定のリズムを繰り返しながら形作られていきます。拍子Timeとは、その曲の根幹となるリズムがどんな形でまとまりを作っているか。それを指し示す言葉です。
これはもう、変に言葉で説明するより、聴いてしまった方が手っ取り早いでしょう。

四拍子のリズム

ポピュラー音楽の世界で圧倒的によく使われるのが、この「四拍子」と呼ばれるまとまりの作り方です。「1,2,3,4」の掛け声でひとまとまりになっているので、四拍子。そのまんまです。

三拍子のリズム

対するこちらが「三拍子」。こちらは「1,2,3」でひとまとまりになっています。あえて平易な擬音語で言うなら、「ズンチャッチャ」のリズムです。
この違いが区別できれば、拍子の基礎はもうマスターしたも同然です!

ポップスの世界では本当に四拍子がほとんどで、まれに三拍子が使われる程度。そして他にも拍子は色々ありますが、この2つが圧倒的にポピュラーです。

三拍子は、ワルツという形式の音楽で使われていることでお馴染みですね。





どの曲も「ズンチャッチャ」のリズムになっていますよね。「三拍子といえばワルツ」といっても過言ではないくらい。聴き手にこのワルツの感じを否が応でも想起させてしまうため、曲想の幅が限られてくる。それが、三拍子がポップスであまり使われない理由です。
BGMなんかを作る時には、こういう穏やかな曲想を演出するための選択肢として持っておくとよいですね。

こちらはプログレッシブ・ロックというジャンルの曲ですが、ロックには珍しく三拍子が使われています。こんな風に、独特な雰囲気へと昇華させることができないと、三拍子はカッコイイ系には使いづらいです。

カウントをとると、こんな感じ。普通のワルツ調よりもちょっと複雑な感じにしていて、それがカッコイイんですね。
けっきょくのところ、リズムとは身体が感じるものです。だから三拍子と四拍子の区分も、厳密にこうしなければならないという話ではなく、曲がどんな「まとまり」を作り出しているかによって決まります。

小節(bar/measure)

そして、「1,2,3,4」や「1,2,3」といったリズムのひとまとまりのことを小節Bar/Measureといいます。

1小節

例えば冒頭のサンプルは「1,2,3,4」や「1,2,3」のカウントをどちらも4回繰り返している音源なので、「このサンプルの長さは4小節」ということになります。

#2(beat)

そしてこの「拍子」を作り出している、「1,2,3,4」の刻みひとつひとつのことを、Beatといいます。ですから、「4拍でひとつのまとまりを成している曲は、四拍子である」などという風に表現するわけです。

拍子と小節

あるいは「2拍目と4拍目に手拍子を入れよう」なんて話になったら、それはこういうこと。

クラップ

「拍」と「拍子」を理解することが、リズム理論の基本となります。

#3 表拍と裏拍

さらに、1つの拍を2分割したとき、前の方を表拍、後の方を裏拍と呼びます。これもすごく大切な用語ですね。

表裏

簡単にいえば、指揮棒を振り下ろした時が「オモテ」で、振り上げた時が「ウラ」となります。

ここから由来し、表拍は英語でダウンビートDown Beat、裏拍はアップビートUp Beatという風に呼ばれます。
そして例えば「ダウンビートで演奏する」と言ったらそれは一般に「ダウンビートにアクセントを置いて演奏する」という意味になります。

演奏をダウンビートでするかアップビートでするかは、楽曲のノリに大きく影響します。そして、ビートの基本方針を決めるのは、最も細かく刻まれるハイハットです。もちろん他の楽器もビートの重心に影響はしますが、ハイハットでまず方針を固めるというのが基本的なやり方です。さっそく聴き比べてみましょう!

ダウンビートのハイハット

表アクセント

こちらは表拍でハットをオープンにしたもの。こちら意外と上級者向けで、のっぺりとダサくなりがち。今回はそれを避けるために、キックを細かく刻むことでカッコよさを補っています。

こちらは表拍にアクセントが置かれた実例。ダウンビートの演奏は、ズシンと来る重さのようなものがあるのが特徴です。

アップビートのハイハット

裏アクセント

こちらが逆にハットを裏拍でオープンにしてアクセントをつけたもの。ノリノリな音楽では、こうやってアップビートで演奏することが多いです。アップビートは、どことなく跳ね上がるような軽快さがあるのが特徴です。

クローズド・ハイハットでの比較

何もハイハットをオープンにしなくとも、音量を変えるだけでもアクセントは表現できますし、それでもノリはかなり変わります。


上がダウンビート、下がアップビート。やっぱりダウンビートの方には「重さ」があり、アップビートの方には「軽快さ」がありますね。どちらの方が好まれるかは、ジャンルや曲想によって変わります。微妙な違いですが、このノリの差を聴き分けられ使い分けられるようになることはすごく大事なスキルです。

それではここからは、実際のプロの作品を、ハイハットのアクセントに注目しながら聴いてみましょう。

「重さ」のダウンビート




「Makes Me Wonder」や「君の街まで」はハッキリ分かりにくいですが、よく聴くとちゃんとウェイトに違いがありますよ。いずれもドッシリとした感じ、しっかりと地に足ついてる感じがします。

「軽さ」のアップビート




こちらがアップビート。どことなく、跳ね上がる浮力を感じます。

ロックではダウンビート、ダンスミュージックではアップビートが頻用される傾向にはありますが、一概に言えるものでもありません。そして例えば同じロックのジャンルでも、疾走感を出したい曲ならアップビート、重厚感を出したければダウンビートという風に使い分けたりするのです。

サカナクションはよくロックとダンスの融合と評されますが、それはサウンド面だけでなくこうしたリズム面からのアプローチの差も影響しています。リズムの理論もなかなか、奥が深いと思いませんか?

どちらでもないビート

当然ながら、ハイハットが全く鳴っていなかったり、ランダムに押し出されたり、強さが均等である場合には、どちらが押し出されることもなくなります。特に電子ドラムであれば、「均等な強さ」というのも普通にありえます。その場合は当然、ハイハット以外の楽器たちがアクセントの偏りを決定していくことになります。

やっぱりリズムは身体のノリに直結する部分ですから、重要です。理論的に理解しておいたほうが、絶対にお得なのです。


拍子は四拍子・三拍子だけでなく、どんな風にやってもよいのですが、他の拍子は皆かなり風変わりに聞こえるため、ポピュラー音楽で使われることは極めて稀です。

こちらは「七拍子」でフレーズを作ってみた例です。ちょっと特殊な感じがしますよね。四拍子・三拍子以外の拍子を総称して変拍子Irregular Timeと呼びます。これはかなりの応用技術なので、現段階では深追いしません。先進的な音楽を作りたい人がチャレンジする領域になります。

そんなわけで、拍・拍子・小節という3つの概念が分かれば、リズム理論の基本はオッケーです!
ちなみに四拍子・三拍子は略称であり、正式な名前をそれぞれ「4分の4拍子」「4分の3拍子」と言います。ただ平常では四拍子・三拍子で十分通じるので、こうした本格的なところについては、Ⅱ章に進んでから確認していきたいと思います。

この節のまとめ
  • リズムがどんなまとまりになってループしているかを指す言葉が「拍子」です。
  • 拍子の、リズムの刻み1つを「拍」といいます。
  • 1つの拍を二分割した時の、前の方を「表拍」、後ろの方を「裏拍」といいます。
  • 「ダウンビート・アップビート」は本来「表拍・裏拍」を指す言葉ですが、そこから派生し「表拍にアクセントを置いた演奏・裏拍にアクセントを置いた演奏」のことを指す場合もあります。

Continue


1,2,3,4のかけ声のサンプルは、「あみたろの声素材工房」さんで配布されている素材を使用しました。