傾性と変位のキャンセル

メロディ編 Ⅳ章:シェルの研究

#1 メロディと歌心

臨時記号を伴う「変位シェル」は重要な表現法ですが、効果的に使うにはいくらか注意が必要です。ちゃんと「歌心」を持って作曲しないと、おかしなメロディになってしまうリスクもあります。たいていはセンスでまかなえる部分だとは思うのですが、念のため理論的にも見ておこうと思います。

普通のカノン進行+普通のメロディ

まずスタートラインとして、こんな感じの普通の曲があったとします。このままでは面白みがないので、コード編II〜IV章で学んだワザを使って、伴奏を豪華にしていきます。

おしゃれな進行(メロディなし)

これはおしゃれ! いい感じにまとまりそうだ。そしたらば、音が変位したので、それに合わせてメロにも臨時記号を付けていきます。

おしゃれな進行+おしゃれなはずのメロディ

Oh….これは、明らかにメロディが失敗していますね。全く口ずさみたいと思えない、ひどいメロディになってしまいました。極端な例ではありますが、変位音をうまくメロディラインの流れの中に取り込めなかった最悪な事例です。実際ここまで下手くそになることはないと思いますが、これに近いことは十分起きえますし、何よりコードトーンに合わせてメロディを弾いているにも関わらずこうなってしまったことが大問題なのです。

不協和音なんてひとつもないのに、ラインで見ると気持ち悪い。ここに、コード理論とは別のメロディ理論の必要性、存在理由があるわけです。一旦メロディを破棄して、もう一度作り直しましょう。

おしゃれな進行+ちゃんとしたメロディ

例えばこんな感じでしょうか。変位シェルを取ったのは1小節目だけで、あとは全て自然シェルです。やっぱりこっちの方がいい目立ち方、いいバランスに仕上がっていますね。

頭でばっかり考えて、「歌心」を見失ってはいけない。ここからは、変位シェルを魅力的な形でラインに組み込むためのポイントを見ていきます。正直言って、センスでどうにかなる部分だとは思うんですけどね。音楽理論というのは、とかくお節介焼きなものなのです。

#2 傾性の変化

メロディラインの魅力というものを考えたときに欠かせないのはカーネル的な目線、つまり音がキーの中でどこに位置し、原則としてどこへ向かっているのかです。コードにもよりますが、基本的にシャープした音は上へ、フラットした音は下へと傾性が働きます。

変位シェルの傾性

例えばII7におけるファは、せっかくシャープしたのだから、ミへ下がるよりは、綺麗に半音上行できるソの方が進みやすい。逆にIVmのラは、哀愁を帯びてフラットしています。シに上がるよりは、ソに下がる方が自然なメロディラインが作りやすい。そういった傾向がおおむねあります。

そして音が半音ずれると言うことは、変位前と後ではなめらかに聞こえるラインが変わるということになりますね。たとえばII7においては・・・

傾性の変化

IIm上ではおなじみだった「ミ-ファ-ミ」の動きは、「ミ-ファ-ミ」となるとずいぶん不自然です。全音移動ですが、ファの響きが特殊なためパワフルというわけでもなく、上行指向のあるファを下へ“引き戻す”形になるため、なんだか決まりの悪いサウンド。歌モノではあまり使われることのないラインです。

先ほどの「おかしくなっちゃったメロディ」では、ラストのII7Vでこの「ミ-ファ-ミ」が使われていて、それが不自然さに繋がっていたのでした。

「変位によって消失する半音関係がある」そして「変位によって生まれた新たな半音関係を活かすとなめらかなラインが作れる」という概念は頭に入れておくとよいでしょう。

しるし – Mr.Children

こちらはその良い活用例。Aメロの「違うテンポで」のところで、ファの半音上行を上手く使っています。

違う

これ、もしもただのIImでただのファだったら、ファ-ソ-ラとすべて全音上行になりますから、けっこうパワフルな響きになってしまいますよね。

これでは全然、バラードに必要な“甘さ”みたいなものがなくなってしまいました。II7によって生まれたファを利用することで、柔らかい印象のラインを構築できている。この辺りの感性がやっぱり、一流なのです。

#3 変位のキャンセル

コード編で「クオリティ・チェンジ」を学んだときに、「II7III7VI7の三人衆は、ウワモノでシャープを打ち消すことが可能」という話をしたことを覚えているでしょうか?

これはジャズ理論でも認められている伝統ある技法でした。ポップスのメロディメイクにおいては、ラインを美しくする目的でこの“打ち消し”を発動することがしばしばあります。

キャンセル無し

こちらは打ち消し無しバージョン。コードに沿ってシャープをつけたらば、まずIII7で「ファ-ソ-ファ」という形になり、ハーモニックマイナースケールを思わせる形になりました。独特な「中東っぽさ」が生まれて、この場面では不必要に感じられます。
II7の方も「ミ-ファ-ミ」という具合にメロディラインの「溝」が広がり、ともすると不自然に聞こえるメロディになってしまいました。

キャンセル無し

そこで“打ち消し”を発動したのがこちら。濁りはあるものの許容できないものではなく、むしろ曲に深みを与える結果になっています。ただしこれを行う時には、前回の内容を踏まえて、変位音は目立たないようコード楽器がさりげなく弾くのが良いでしょうね。

この“打ち消し”、ポップスのメロディメイクを語るうえでは地味に重要なテクニックですので、そろそろ名前をつけておきましょう。二次ドミナントを筆頭に、「コードが変位したにも関わらず、メロディが変位前の音をとることでサウンドの変化を抑制する」技法を、変位のキャンセルCancellationと呼ぶことにします。単に「キャンセル」と呼んだり、「キャンセレーション」と呼んでもらっても構いません。

#4 キャンセルの活用

ポピュラー音楽というジャンルにとって、「キャンセル」は重要な存在です。メロに臨時記号が付くということは、多かれ少なかれ旋律が難しくなることを意味しますよね。大した差ではないですが、まあ「ドレミファソラシド」のシンプルさには及びません。ですから、「みんなに口ずさんでもらいたい曲」「誰でも歌いやすい曲」といった方針が前提にある場合、キャンセルを用いて変位シェルを抑えめにするという方向性が浮かんできます。

誰よりも高く跳べ! (けやき坂46)

こちらはアイドルソングですが、Jazzyなコードで大人っぽく仕上げている一曲。そのために特にIII7をものすごく多用しているのですが、メロディが変位シェルを取るのはなんと「全てを断“”きり」の一箇所だけです。
III7以外にもII7Vm7IVØなど様々なノンダイアトニックコードがありますが、メロディはずっと自然シェルを辿ります。

一石二鳥のキャンセレーション

ここには特別な歌唱力を持っていないアイドルたちへの配慮という側面もあると思います。特にライブではダンスを踊りながら歌うわけですから、複雑なメロディだとやってられません。
この曲での「変位のキャンセル」は、メロディを歌いやすい自然シェルにしただけなのに、かえって複雑な本格ジャズサウンドになるという、まさに“一石二鳥”、WIN-WINの結果になっている。そこが非常に巧みというか、作曲家の経験知とアイデア力を感じる部分であります。

また「キャンセル」だけでなく、III7上で「ド」や「ラ」を用いてメロディに終止感を与えている場面もあり、これは少し前に紹介した「解決の競合」ですね。

競合

単体で聴くとかなりの不協和音ですが、「誰よりも高く跳べ」では編曲でうまくバランスをとって、嫌な感じにならないラインをキープしています。キャンセル、競合といった複雑なシェルの発生により、音楽に深みが生まれている。自然シェルだけでも、こうやって様々な表現法が考えられるのです。

#5 P.D.とキャンセル

全く同じことが、二次ドミナントと根本的に通じている「パッシング・ディミニッシュ」でも言えます。

パッシング・ディミニッシュ

パッシング・ディミニッシュは、「二次ドミナント」と「スラッシュコード」という2つのアイデアを合体させた結果生まれるテクニックで、コード編IV章の後半「経過和音」の記事で紹介されています。上の例ではVdim7という形でルートにソの音が来ていますが、この状態でもなおメロディではソを選択することが十分に可能です。

むしろベースがしっかり変位音をとってくれているので、ウワモノが全員自然シェルでも構わない。そういう意味では、単なるIII7よりもキャンセルがしやすいとさえ言えます。

For フルーツバスケット – 岡崎律子

こちらは分かりやすい実例。Aメロの「君が笑かけてた」「冷たいつの中で」の部分で、Vdim7上のソという構図が発生しています。
聴いて分かるとおり、とても静かで穏やかなバラードです。もしソにしようものなら、途端にハーモニックマイナーの不気味なサウンドが生じて、雰囲気は台無しになってしまうでしょう。

つまり、「構成音にシャープがついてるからシャープにしよう」などという機械的な考え方ではダメで、ちゃんと旋律として意思のあるものになっているかが大切です。コードによっては「キャンセル」する方法もあるし、単に別の位置で自然シェルを取ることも考えられる。カーネル・シェルの両面から表現と向き合えば、メロディは必ず魅力的なものになります。


「変位シェル」という概念を手に入れたことで、メロディをより深く洞察できるようになりました。他流派の理論では歌モノよりも楽器演奏に前提が寄っているためさほど重要視されませんが、ポップスにおいてはメロが変位シェルをとることは表現上きわめて重要な意味を持ちます。きちんとここぞという場所で使ってあげることが、高い効果を生むということを覚えていてほしいと思います。

この節のまとめ
  • 変位和音では、変位した音の傾性を意識すると効果的なメロディが作りやすいです。
  • なめらかなメロディラインを保つために、「変位のキャンセル」を用いるという選択肢もあります。

Continue