凡例

音楽理論 序論

凡例

このページでは、このサイトの基本的な機能について解説しています。

音楽ファイルについて

このサイトでは、音楽ファイルは上のように波形(音波の形)が見えるスタイルのプレイヤーになっています。波形のどこかをクリックすると、その場所にジャンプします。たまに波形を取得できず真っさらになってしまう時もありますが、再生には支障をきたしません

ちなみに2つの音声が同時に再生されることはないので、いちいち停止ボタンを押さなくても、次の音源の再生ボタンを押せばもう片方は止まります。また、ボタンを押してから他のどこもクリックしていない状態であれば、スペースキーで再生/停止できます1

また、ページ全体の読み込み終わっていない段階で音源を再生しようとすると、うまくいかないことがあります。うまく再生されない場合は、ページを再読み込みすると解決する場合がほとんどです。

Apple Musicの音源について

実際の楽曲を参照する際には、YouTubeに加えて、Apple Musicのプレビューリンクを活用します。

仕様として、30秒の再生をし終わる前に「Apple Musicに登録しましょう」のポップアップが表示されることがあることをご理解ください。またこちらのサービスは不安定で、時間帯によっては半数以上の音源が表示されなくなってしまうような不具合も起きています。その際には、時間を空けてまたご訪問ください。

音源、特にApple Music音源が埋め込まれているページは、読み込みにも相応の時間がかかります。しかし、充実した音源は、解説のためには絶対に外せない条件ですから、ここには妥協しません。ゆっくりとページ読み込みを待ち、ゆっくりと読み進めてください。

楽譜ファイルについて

ダイアトニックコード

コード編の楽譜など、サイトの多くの画像は「svg」というファイル形式を使用しています。svgは
いわゆる「ベクター形式」の画像で、jpgやpngと違って伸縮しても画素が粗くならないのが特徴です。

「iPhone等のモバイル環境で画像を拡大しても綺麗なまま表示される」というメリットがある一方、古いInternet ExplorerやAndroid機では表示されない可能性があります。しかし今後ベクター形式はどんどん一般的になっていくと思うので、このサイトでは特に古いブラウザへの対応は致しません。

コード進行図について

コード例

新しめの記事の場合、コード進行を上のような図で表現していることがあります。この場合、1,2,3,4の数字は小節数を表しています。あとは概ね、2分割されていれば2拍ぶん、4分割されていれば1拍ぶんなどと判別してください。

ヘルプ機能について

音楽理論学習における最大の敵の一つは、「専門用語を説明する中の専門用語の意味がわからない」という現象です。それを避けるためにこのサイトが実装しているのが、ヘルプ機能です。

増四度
シェル

↑パソコンならカーソルをホバー、スマホならタップをしてみてください。ポップアップで意味が表示されるはずです。これがヘルプ機能。読みやすさを重視して、見た目上の違いは全く無くしているので、分からない単語があった場合は、データベースに登録されていることを期待してカーソルをあててみてください。

また、ヘルプが発動するのは、そのページで初めて単語が登場した時のみです。ですから例えばここにもう一度書いた「増四度」にカーソルを置いても、意味が表示されることはありません。

モバイル環境の場合、右上にバツボタンが表示されていると思いますが、そこを押さなくても、ポップアップの外側の領域をタップすれば、閉じることができます。

もしヘルプの説明の中にも知らない単語が出てきてしまった場合は、もうどうにもなりません。
そうなった場合は、サイト内検索を利用して、該当記事を読み直すのがよいでしょう。

表現言語について

多くの音楽理論用語には英語と日本語のふたつの表現が存在します。
このサイトでは、基本的に日本語での名付けを最優先する方針で編集しています。その方が、より日本人にとって直感的に意味が理解しやすい単語が多いからです。ただ、英語の表現についても必ず言及はしていますのでご安心ください。

モバイル対応について

このサイトは、音楽再生や楽譜の表示については基本的にモバイル環境に対応しています。しかしながら、楽譜は基本的に横長です。横幅の狭いモバイル端末では、コンテンツの一部がどうしても見づらくならざるを得ません。また埋め込まれたYouTube動画の閲覧も、モバイルではやや面倒です。そしてApple Musicのサンプル音源も、モバイルでは動作が重たくなりがちで、タップに反応してくれないこともあります😓

そういった点から、デスクトップやタブレットといった、ある程度横幅の広い端末での閲覧をお勧めします。

本編へ進む