Blackadder Chord

コード編 Ⅷ章:研究室
🇬🇧English version is also available.
Information

この記事は、自由派音楽理論のコード編をVIII章の前節まですべて理解した人向けに書かれています。例えば「ハイブリッド・コード」「トライトーン代理」といった用語については、それぞれ該当する記事ですでに紹介がなされているため、ここで殊更もう一度解説は行いません。また、文中で登場する「ドレミ」は原則的に階名であり、断りのない限り、「ド」は調の主音を指します。


§1 Blackadder Chordとは

Blackadder Chord“とは、Joshua Taipaleという音楽研究家が名付けたとある現代ポップスのコードの名称です。2017年にYouTubeの動画で解説がなされた、まさに「名付けられたてホヤホヤ」のコードなのです。

解説動画

英語の分からない方のためにかいつまんで説明すると、「ラブライブ!サンシャイン!!」の「Guilty Eyes Fever」という曲に、すごく聞き慣れないコードが登場した。
驚いてコードを分析したがイマイチ解釈が分からず放置していた。しかし後に、別のいくつかの曲で同じコードに遭遇したため、ジャズファンの人々に見覚えがないか訊いてみたが、誰からも返答はなかった。

そこで改めてきちんと分析して、「Blackadder Chord」というクールな名前をつけた・・・という話です。御本人はこのコードを使用した楽曲を7曲見つけており、以下の曲が挙げられていました。

1. Guilty Eyes Fever (ラブライブ! サンシャイン!!)
2. ラブラドライト (OSTER Project)
3. CANDY LOVE (竹達彩奈)
4. リズムとメロディの為のバラッド (竹達彩奈)
5. わんだふるワールド (竹達彩奈)
6. クローバー♧かくめーしょん (三者三葉)
7. おはよう、またあした (けいおん!)

(そして今では、こちらのスプレッドシートにたくさんの使用例が集められています。)

ナゾの新コードがJ-Popから飛び出してきたというのだから、なんとも面白いストーリーですね。Taipale氏は日本のアニメがお好きで、Tom-H@ckや百石元(けいおん!のBGMでおなじみ)などに影響を受けているそう。我々にとっては、二代目マーティ・フリードマン的な存在なのではないでしょうか。

Blackadder Chordの構成音

さてBlackadder Chord(以下、Blk Chord)がどんなコードかといいますと、Augコードに対し、そのルートの全音上をベースに据えたコードであると動画では説明されています。

強烈な不協和音ですね! ルートからの度数で見ると、RtM2+4m7という編成になります。では実際の楽曲例などの紹介に入る前に、まずは前提となるコードに対する認識を共有したいと思います。

§2 Blackadder Chordの多態性

動画中では参考として上の楽譜のみが掲載されているものの、その中ではいくつかの曲が紹介されており、またこのコードが話題になって以降は、様々な場所でこのコードを使用した楽曲の情報がたくさん集められています。

それらに共通しているのはこのRtM2+4m7という堆積関係のみであり、その文脈は曲によって異なります。つまりこれは、多態性のあるコードなのです。

多態性とは

「多態性」というのは別に音楽理論用語ではなく、ようは「見た目が同一でもそこに含まれる文脈が異なる」ということです。これは他の多くのコードでもあることで、たとえばハーフディミニッシュなどが分かりやすい。

ハーフディミニッシュたち

度数構成は同じですが、それぞれにそれぞれの出身がありました。左から順に「短調のii」「VI7を短調のVと見たときのRel.IIm」「パラレルマイナーからの借用」「リディアンスケール由来の借用1」「ダブルドミナントの属九の一転の根音省略形体」です。

こうした意味上の違いは、表現や印象に直結しますから、自由派音楽理論はこのような「文脈」の情報に重きを置きます。また解釈だけでなく実践面においても、由来やルート位置の違いから、テンションの基本候補も異なり、演奏スケールも異なる。それゆえ、「ハーフディミニッシュとはこうである」とは一概には言えないわけです。

全く同じことが、Blk Chordにも言えます。なので、まずは「全部をひとくくりにしようとしない」。これはこのコードを語るうえで絶対に忘れちゃいけない前提です。

Blackadderの多態性

しかもBlk Chordは、非常に多態性が高い。そこには2つの理由があります。

ハイブリッド・コードである

ひとつはこれがハイブリッド・コードであること。ハイブリッド・コードがテンション&オミットの形でも表現できることは、IV章のラストで説明しました。このコードも、Taipale氏はハイブリッド・コードと第一にみなしていますが、テンションコードと見ることもできます。

テンションコード的見方

曲によって乗るスケールが異なるため、(-5)か(+11)かは一意には定まりませんが、とにかくドミナントナインスにオルタード系の装飾を施したコードということです。スラッシュコードともテンションコードともとれる。これがBlk Chordの多態性を増す要因のひとつです。

Augmented Chordである

もうひとつは、これをスラッシュコードと見た場合、ウワモノのコードクオリティがAugであることです。

Augコードというのは、Diminished Seventhと同じく、転回してもコードクオリティが変わらないことでおなじみです。12音を四等分割したのがDiminished Seventh、三等分割したのがAugmentedですよね。

Augmentedと転回

ですから、Blk Chordのように「上がAug、下が独立したルートのハイブリッドコード」という場合、どのAugを意図しているのかについては3通りの解釈があるわけです。

3種類の解釈

したがって、テンションコードなら(-5)と(+11)を加味すればまあ2種類、augが3種類で、計5つの形がある。そして当然これは、単にコードネームの解釈です。そのうえで、じゃあドミナントナインスだとすれば、どんな由来あるいは意図で差し込まれたものなのかという「文脈」でまた細かい枝葉が分かれますから、先ほどのハーフディミニッシュよろしくそれらを個別にカウントするなら、Blk Chordの「態(文脈)」は普通に10種類以上はあります。

§3 Blk Chordの分類

そろそろ実際の曲例を紹介したいところですが、この“多態性”の問題があるため、まずはその「態」を分類してから各論に入った方がスッキリでしょう。図にしてまとめました。

分類図

図中のコードは、Blkが生じる由来の候補となるコードたちで、平たく言えば、これらのコードの代理としてBlkを導入しやすいわけです。

見てお分かりのとおり、とても複雑ですね。なんといってもコードにとって最重要な3rdの音が明示されていないため、M3系の文脈からも、m3系コードの文脈からも、このコードに辿り着けるところが、Blk Chordの多態性に拍車をかけています。
Taipale氏は特に「3rdが入っていたらBlkとは呼べない!」などと細かく定義をしていないため、世の人たちもその辺りを気にせず、このインターバルがあったら「Blkコードの曲みっけ!」と集めてきている。そういう現状です。

ですからまあまず、「色んな由来のあるコードが全員まとめてBlackadder Chordと呼ばれている」ということを改めて認識してください。各“態”の詳細はこれから述べるので、この小さな文字を頑張って読まなくても大丈夫ですよ。