Skip to main content

さて前回は「2音の組み合わせ」というミニマルな世界を観察しましたが、今回は3音以上音を積み重ねることを考えます。

1 基本とそうでないもの

そうは言っても、前回見たとおり、2音の組み合わせだけでも132パターンが存在します。3音以上となれば、組み合わせの数はさらに膨大に膨らみますね。そこで音楽理論はまず、曲作りに使いやすい基本的なコードを絞り込むことから始めます。

音階に沿って、お団子重ね

ポピュラー音楽において曲作りの基礎となる最も代表的な音階は「メジャースケール」でした。

音階の例

そして全パートがひとつのスケールに沿って演奏するというのが基本スタイル。ですからまず、この7音だけを使って作れるコード、つまり楽譜上で臨時記号のシャープ・フラットがつかないようなコードが基本ということになります。

三度堆積の三和音

そして音の重ね方については、「ド-ミ-ソ」のように、ひとつ飛ばしで3音の綺麗なお団子がさねにするのが最も基本の形になります。

ひとつ飛ばしで積むと、音は「3度」の間隔で並ぶことになるため、この積み方は三度堆積Tertianと言い、3個積みの和音はその名のとおり三和音Triad/トライアドと呼ばれます。

間隔が適度に空くことで、濁りすぎず、澄んで安定したサウンドが得られるのがこの「三度堆積・三和音」の特徴です。

三度堆積の四和音

何個積むかについては、流派によってジャンルの好みが反映されており、ジャズ系理論では4つ積んだ状態を基本としてスタートします。

こちらの方が濁りが強めで、ただそのぶん大人っぽい感じに聴こえるかもしれません。こちらは4個積みなので四和音Tetrad/テトラッドと呼ばれます。ジャズ理論は完全にこの四和音を前提として理論を進めていきますし、実践でも4個積みが基本です。

一方でクラシック、ポップス、ロック、テクノ、EDM、ヒップホップといった他のジャンルでは、澄んだサウンドの三和音も重宝されていて、軽視するわけにはいきません。また四和音はコードネームの規則も複雑だったりするので、自由派ではまず三和音の方からスタートします。

四度堆積?

もし「ド-ファ-シ-ミ」のように4度間隔で積んだ場合には、かなり独特なサウンドがします。

こう積むのが間違いなのでは決してありません。これもこれですごく魅力的なサウンドです。ただ使い方が難しい「飛び道具」的存在になるので、紹介するのは後回しになります。1

結論として、積み方は「3度」、積む数も「3個」というのが基本のスタートラインです。

2 ダイアトニックコード

そんなわけで、一気にコードがたったの7つに絞れました!

基本コードたち

3個積みにせよ4個積みにせよ、「音階に沿って・3度間隔で積んだコード」のことを、ダイアトニックコードDiatonic Chordと呼びます。2

そして、ダイアトニックコード以外のコードは全てノンダイアトニックコードNon Diatonic Chordと呼ばれます。

3種類のサウンドタイプ

さてこの選ばれし7人のダイアトニックコードは、楽譜上で眺めるとみんな同じように見えます。でも、楽譜に騙されてはいけません。スケールの回でもあったとおり、楽譜というのは真の段差が見えないデザインになっているのでした。

音階の例 こう見えて、実はデコボコの「全全半全全全半」

このデコボコの楽譜に沿って音を重ねたわけなので、度数の構成はそれぞれ異なっているのです。改めて「半音いくつぶん」という尺度でコードを見てみましょう。

縦に積んで比較

ご覧のとおり、タイプが3つに分かれます。ド・ファ・ソを底とする和音がひとつの仲間、レ・ミ・ラを底とする和音がまた別の仲間。そして一人だけ浮いているのが、シから作る和音……。

シ-レ-ファの和音

一人だけ仲間外れになっている「シレファ」の和音は問題児で、7人の中で唯一、非常に不安を煽るような感じのサウンドがします。

シレファの和音

このサウンドはジャンルによってはあまり好まれないほか、曲中での効果的な使い方も限定されていて、7人の中で圧倒的に重要性が落ちます。だからこの「ダイアトニックコード」という括りは、そこまでの実践上の使い勝手は考慮されずに、半ば機械的に選出されたメンバーなんですね。

3 六つの基調和音

7人の中に1人だけ使い方が難しいコードがいる。これはちょっと、紛らわしいことです。それゆえ自由派音楽理論においては、しばらくの間この7番目のコードを除外し、まず残りの6つだけに的を絞って話を進めていきます3

基調和音

実はたったひとつコードを削るだけでかなり話がスリムになって、体系が分かりやすくなります! 一般的なポピュラー理論ではこの手の配慮はなされませんが、このように6つだけに和音を絞り込むのはクラシックの理論書で実際に採られることのあるれっきとしたメソッドです。例えば作曲家のチャイコフスキーが音楽教師時代に使っていたテキストも、そのような構成になっています。

チャイコPyotr Tchaikovsky “Guide to the Practical Study of Harmony” p12

こうやって暗記の負担を減らしつつ実践で重要なことから順に効率よく学んでいくのです。

名称を設ける

しかし一般音楽理論には「ダイアトニックコード」という概念しかなく、7番目を除いた残り6つだけを指す言葉というのは存在していません。これでは不便なので、自由派音楽理論ではこの6つの和音のことを基調和音Prime Chordsと呼びます。

基調和音 (Prime Chords)
ある調の中で、「音階に沿って(=臨時記号なし)」「お団子がさね(=3度間隔)」でド〜ラを基にして作れる基本的な6つのコード群のこと。
基調和音以外のコードはすべて「基調外和音」と呼ぶ。

この6つのコードだけで作られた名曲というのも、たくさんあります。鍵盤ベースで作曲をする場合、単にこのコードたちを繋げていくだけでもちゃんと曲らしい「コード進行」を組み立てることができます。

既に序論で説明したとおり、コード進行の「禁則」というのはあくまで特定ジャンルの“型”でしかないので、気にする必要はありません。I章後半でコード進行パターンを詳しく解説することになるので、その時までに色々なコード進行と実際に触れておいた方が、実践面でも理論学習面でも有利です。

そんなわけで、だいぶ話がシンプルになって来ました。ただ音階に沿って1つ飛ばしで和音を積むだけでよい。それで曲の基礎となるコードが手に入る。ここが前回の話と繋がってくるところですが、ただ音階に沿いさえすればいいので、別に「詳細度数」をしっかり暗記していなくても大丈夫なわけです。

理論と感性

もちろん、初歩の作曲はこの6つだけしか使っちゃダメという話ではありません。私たちにはそもそも、何の理論的裏付けがなくともこの6つ以外の和音を自由に使う権利があります。でもあまりに自由すぎると困ってしまうだろうから、何が一番基本であるかは提示しておこうという、そういう話にすぎません。

だから実際の曲作りにおいては、この6つ以外のコードがイイなと思ったら積極的に使ってみることをオススメします。のちのちそのコードが理論の中で紹介される確率はかなり高いはずで、「これ…あの曲で使ったやつじゃん! こんな名前が付いてたのか。」という体験は理論学習の面白みのひとつでもありますからね。

また、ジャズでは4つ重ねた「四和音」が基本ですから、ジャズっぽい曲を作る場合には思い切って四和音を使ってみるのもよいでしょう。思ったより簡単に、本格的なサウンドが得られるはずです。

理論でマスターしていないエリアというのは、決して「まだ使ってはいけないもの」ではありません。「理論的に習得はしていないけど、感性で使ってみたらよいもの」です。いざ学習を始めると、始める前の自由な気持ちというのを忘れてしまいがちなので、この点には注意してもらいたいと思います。


さて、だいぶ話の焦点が絞れました。この次に解説したいのは、先ほどあった和音の「タイプ」について。

縦に積んで比較

「タイプ1」と「タイプ2」の2種類に綺麗に3:3で分かれましたが、タイプが違うとサウンドがどう違うのかという話。そしてそれぞれどんな名前がつけられているのかという「コードネーム」の話にいよいよ入っていきます。

まとめ
  • 和音のパターンは無数に考えられますが、「キーの音階に沿って」「3度間隔で」「3つ、もしくは4つ」重ねて作ったものが、曲作りの基本となります。
  • ある調の中で、音階に沿って三度堆積で作るコード全般を「ダイアトニックコード」といいます。
  • 自由派音楽理論では、六つの「基調和音」を基本に理論を展開していきます。
Continue