メジャーとマイナー ❶

コード編 Ⅰ章:新しい言葉

#1 和音の響きの決まり方

さて、前回「度数」というものさしを手に入れたわけなので、いよいよ和音について学んでいきましょう。
まず再確認しておきたいのは、和音の響きは音同士の相対的な距離で決まるということです。言い換えると、音自体の絶対的な高さは関係ありません
それは前回お話ししたとおり。たとえば「長3度」の距離にある2つの音を鳴らせば、たとえどの高さであろうと明るい響きがする、といった具合です。ですから、無限にあるかのように思われるコードですが、実は響きの似通ったものがたくさんあります。

そして、ポピュラー音楽で使われる中心的なコードは、響きでいうと実はたった2種類しかないのです。今回は、その2種類のコードを学んでいきます。

#2 メジャーコード

メジャーコード


まずひとつめは、ド・ミ・ソを重ねて作ったときに現れる和音です。お聴きのとおり、明るい響きがします。
より正確に理解するため、ここは相対距離をキッチリ測っておきましょう。

メジャーコードの距離

長三度と完全五度ですね。この距離で音を重ねれば、どこを基準にしようと明るい音が鳴るということです!

準備編でも述べましたが、明るい=長=メジャーというのが命名の基本という話ですから、このコードは「メジャーコードMajor Chord」と呼ばれています。

#3 マイナーコード

マイナーコード


と言います。そして、もうひとつのコード。こちらは暗い響きがしますね。
こちらは、真ん中の音が下から「短三度」の距離になっています。「短」だから、名前は「マイナーコードMinor Chord」です。

マイナーコード(鍵盤)

前回、長三度は明るい「光属性」で短三度は暗い「闇属性」だと確認しました。そして、完全五度は「無色透明」。そうした原理から考えれば、メジャーコードが明るく、マイナーコードが暗くなるのは自明の理ですね。

属性

だからちょっと突っ込んだ話をすると、ドとミ♭の二音だけ鳴らしても、十分に暗い響きがします。だって前回、二音で色々と実験しましたもんね。ソの音は、音の厚みを補強するサポート役なのです。

「メジャーコード」と「マイナーコード」、この2つのコードは、コード理論の最も中心となるメチャクチャ重要なコードです。とにかく圧倒的に重要です。実はI章は、この2つのコードタイプしか登場しません。この2タイプのコードだけ知っていれば、作曲には十分なんです

#4 根音

ここからはいくつかの用語名を付け足していきます。

1・3・5音

あるコードを構成する音のことを、構成音Chord Tone/コード・トーンといいます。
そしてコードトーンのうち最も底に位置している音が、実は和音のリーダー的存在となります。和音の根っこということで、これを根音Root/ルートと呼びます。今後も度々登場する、非常に重要な言葉ですよ。

その上は第三音3rd、それから第五音5thとなります。第三音・第五音という名前は、度数に由来します。第2音・第3音じゃないということは覚えていてください。

#5 コードネームと命名規則

さて、この世に鳴る和音はすべて、規則に基づいて名前をつけることができます!
そうは言ってもそんなに難しいものではなく、コードの「ルート」と「種類名」を並べて言うだけです。

メジャー・マイナー

これは先ほどの2つのコード。どちらもルートはド・・・つまり「C」ですから、明るい方の和音は「Cメジャーコード」、暗い方の和音は「Cマイナーコード」となります。こうした名前のことを、「コードネームChord Name」といいます。

もちろん、これ以外の度数の組み合わせであっても、それに応じた種類名が必ず存在します。

コードネームどんなコードでも名前をつけることが一応可能

ともあれ先述のとおり、しばらくはずっと「メジャー」と「マイナー」しか登場しませんから、まずはこの2つのコードを覚えることが重要です。

インターバル

どちらも楽譜でいうと、「ひとつ飛ばしでお団子がさね」。もし音符どうしが近すぎると、どうしても音は濁ります。ド・ミ・ソとひとつ飛ばしになっているこの状態が、一番濁りなく澄んだ響きがするわけです。 このメジャーコードやマイナーコードのように、3つの音から成り立つコードのことを、三和音Triad/トライアドといいます。

#6 表記

そして「Cメジャーコード」「Cマイナコード」という呼び名は、あくまでも呼び名。楽譜などに書くときには、もっと簡易的な表記があってしかるべきです。それがこちら。

表記

マイナーコードは、「minor」の頭文字をとって、小文字の「m」をつけます。メジャーコードは、最も代表的なコード。そのため、ただ「C」と書けば、それで「Cメジャーコード」を意味します。根音はそのまま。
ですから表記だけでなく呼び名においても、「次のコードはシー・エフ・ジーね」などと言われたら、それはみなメジャーコードを指していると考えてください。

さらにコードが複雑になっていくと右上や右下にドンドン表記が足されていきますが、現状まだ知る必要はないでしょう。まずは、「C」以外のところを「ルート」に据えたメジャーコード・マイナーコードを覚えていきます。

いくつかの別記

メジャーコードは、大文字の「M」や「maj」と書かれたり、また、「」という風に三角を使った表記をされることもありますが、いずれにしても推奨されない表記です。「何もない=メジャーコード」が最も一般的。

マイナーコードについても、特にジャズ系では「C-」のように「マイナス」を使って表記する方式があります。手書きの際には素早く済むので良いですが、これは記号が小さすぎて見にくいと思うので、このサイトでは採用しません。

この節のまとめ
  • コードは3つの音によって構成されるものが最も一般的で、それを三和音(トライアド)と呼びます。
  • 三和音を構成する3つの音は、低い方からルート・第3音・第5音と呼ばれます。
  • 「メジャーコード」と「マイナーコード」の2種類が、最も代表的なコードになります。
  • コードネームは、「ルート音」と「コードの種類」を並べて書きます。
  • マイナーコードは「m」で表し、何もつけなければメジャーコードを表します。

Continue