音を表す名前について

音楽理論 準備編

§1 色々な名前

音楽理論の勉強のスタートとして、はじめに整理しておきたいのが、音の名前に関する知識です。音の名前といえばもちろん「ドレミファソラシド」が思い浮かびますが、でもコード進行の話になると「C-F-G」のようにアルファベットが登場したり、「ハ長調」「ト短調」なんて風にカタカナが登場したりしますね。この辺りを整理してから進んでいきたい。

ドレミ、ABC、イロハはそれぞれ同じような音の高さを表す表現法です。3つをまとめて表にしましょう。

音の名前

「A」=「イ」=「ラ」で、あとはそこから順に対応していきます。アルファベットのスタートであるAが、ドではなくラだということを覚えてください。これは要するに言語が違うというだけの話なのですが、プラスで微妙な使い分けがあったりするので、その辺りを紹介します。

イロハ

イロハは、言うまでもなく古い日本で編み出された呼び方ですね。「ハ長調」や「ト音記号」といった言葉で見かけることが多い。日本の学校の音楽教育でこのイロハがまだ使われているために生き残ってはいますが、ポピュラー音楽界でこれが使われることはほとんどありません。アイウエオが当たり前の今となってはABC以上に順序が分かりにくいですね。このサイトでも使わない方針で進めていきます。

ABC

その「イロハ」のヨーロッパ版に相当するのが、「ABC」で、これが欧米でのスタンダードということになります。現在のポピュラー音楽理論は、主にアメリカで発展したジャズ理論からの影響が大きいので、日本でもポピュラー音楽理論の世界ではこのABCが主流です。1

このABCは「コードの名前」にだけ使うと思っている人もいるかもしれませんが、これはそもそも「音の名前」であり、結果として「コードの名前」にも使われているという歴史の流れです。

音のなまえJoseph Gehot, “A Treatise on the Theory and Practice of Music in Three Parts”, p11 (1786)

こちらはやや古めの資料。ご覧のとおり、鍵盤の一音一音にABCがあてられているのです。このサイトでも、しばらくはドレミを使いますが、レベルが上がってきた頃合いを見て「A音」「C音」といった表現を使っていきます。

ドレミ

では我々が親しんでいるドレミはどこから来たのかというと、11世紀イタリアの音楽理論家、グイード・ダレッツォという人が考案したもの。ダレッツォはラテン語の讃歌の中から、各フレーズの始まりがちょうどドレミ…と上がっていく曲を見つけて、その各フレーズ歌詞の頭文字をそのまま取って音の名前にしました

ちなみにその歌と歌詞がこちら。

Ut queant laxis
Resonare fibris
Mira gestorum
Famuli tuorum
Solve polluti
Labii reatum
Sancte Iohannes

(※ドは元々「ウト」と呼ばれていたのが、時代と共にドへと変わりました。)

ドレミは歌詞から取られたこともあって、歌いやすいというメリットがあります。そのためイタリアに限らず、日本をはじめとした他国でも歌唱に関連する場面で使われるほか、音楽理論をまとめるうえでも重要な役割を担っています。2

§2 シャープとフラット

「ドレミ」と同じくすっかりお馴染みの音楽用語で「シャープ」と「フラット」がありますが、これは英語です。せっかくなので、これらの日本語版もここで述べておきたいと思います。

シャープとフラット
言語
英語 シャープ フラット
日本語 嬰(えい) 変(へん)

ですからたとえば「F」は日本語で言うと、「嬰ヘ」となります。まあ、日本語を覚える必要はありません。頑張るべきは、ABCの音名に慣れていくことです。

異名同音

ちなみに、「レ」と「ミ」のように、音楽の世界ではひとつの音を複数の言い方で表すことができます。このような際、レとミ異名同音enharmonicであるといいます。

異名同音

この「異名同音」の音をどちらで呼ぶかについては、今は全く気にしなくてよいです。実際には、どちらで呼ぶかで微妙な違いが生じますが、それは音楽理論をある程度学んだ後でないとピンと来ないものです。このサイトでは、メロディ編のIII章まで進んでからこの件についてはお話しします。


そんなわけで色々と話はありましたが、覚えておかねばならないことは多くないです。音楽理論では「ドレミ」だけでなく「ABC」の表記も使うこと。Aがラだということ。それさえ覚えればオッケーです!

まとめ
  • 音の名前には場面によって色々な言語が使われますが、ポピュラー音楽では英語を使うのが普通です。
  • ラテン語の「ドレミ」にも、音楽理論をまとめる上での役割があり、また再登場します。
  • 「ラ」が「A」にあたるということだけ注意してください。

Continue