音を表す名前について

音楽理論 準備編

#1 色々な名前

さて、まず初めに説明しなくてはならないのが、音の名前についてです。音の名前といえばもちろん「ドレミファソラシド」が思い浮かびますが、でもコード進行の話になると「C-F-G」のようにアルファベットが登場したり、「ハ長調」「ト短調」なんて風にカタカナが登場したりしますね。この辺りを確認しておくのです。


言語の違いから

さて、これらの表記ですが、その違いは言語の違いから来るものです。音楽理論の中で主として使われるのは「ドレミ」「イロハ」「ABC」の3種類で、表にまとめると次のようになります。

音の名前

我々のよく知る「ドの音」の別名が「Cの音」であり、「ハの音」であるということです。

ポイントは、「ドレミ」がそのまま「イロハ」「ABC」になるのではなく、「ラ」の音からイロハやABCがスタートしている点です。これは由来を辿ると話が長くなるので割愛。暗記しちゃいましょう。

ひとつずつ、それぞれについて補足します。

イロハ

これはもちろん、古い日本で編み出された呼び方ですね。「ハ長調」や「ト音記号」といった言葉で見かけることが多い。日本の学校の音楽教育でこのイロハがまだ使われているために生き残っていますが、ポピュラー音楽界でこれが使われることはほとんどありません。

アイウエオが当たり前の今となっては「ABC」以上に順序がパッと分かりにくいですからね。このサイトでも全く使うことを推奨しません。

ABC
その「イロハ」のヨーロッパ版に相当するのが、「ABC」になります。上の図ではアメリカの国旗で示しましたが、実際にはクラシック理論を発展させたフランスやドイツなど、アルファベットを使用する地域全般で用いられている表記です。3

もしかしたら、このABCは、「コードの名前」にだけ使うと思っている人もいるかもしれませんが、これはそもそも「音の名前」であり、結果として「コードの名前」にも使われているという流れです。

音のなまえJoseph Gehot, "A Treatise on the Theory and Practice of Music in Three Parts", p11 (1786)

こちらは貴重な昔の資料。ご覧のとおり、鍵盤の一音一音にABCがあてられているのです。4

海外はもちろん日本でも、ポピュラー音楽理論・ジャズ理論を学ぶときにはアルファベット&英語読みが基本ですから、このサイトでもアルファベット名を推進していきます。

ドレミ

音の呼び名として最も有名な「ドレミ」は、紀元1000年ごろを生きたグイド・ダレッツォというイタリア人が発案したもので、元を辿るとラテン語の聖歌の歌詞に由来しています。まあ歴史的なところについては、気になる人が好きに調べてくれればいいので、省略しますね。

この「ドレミファソラシド」は、どれも短くシンプルで、歌いやすいですよね。そのためドレミはイタリアだけにとどまらず、他の国でもある役割を持って用いられています。音楽理論における「ドレミ」と「ABC」の使い分けについては、もう少し後の回で説明します。なるべく早く、「ABC」の言い方でどの音を指しているかピンと来るようになるといいですね。

#2 シャープとフラット

「ドレミ」と同じくすっかりお馴染みの音楽用語で「シャープ」と「フラット」がありますが、これは英語です。 せっかくなので、これらの日本語版もここで述べておきたいと思います。
シャープとフラット
言語
英語 シャープ フラット
日本語 嬰(えい) 変(へん)

ですからたとえば「F」は日本語で言うと、「嬰ヘ」となります。まあ、日本語を覚える必要はありません。ここからはドンドン、アルファベットでの音名を使っていきますから、A=ラ、ないしC=ドを基準にして早速覚えていってもらいたいと思います。

ちなみに、「レ」と「ミ」のように、音楽の世界ではひとつの音を複数の言い方で表すことができます。このような際、レとミ異名同音enharmonicであるといいます。

異名同音

ある状況で「レ」と「ミ」のどっちで呼ぶべきなのかは、今は全く気にしなくてよいです。特にDTMのピアノロールで作曲する人には全然必要のないことですしね。

実際には、どちらを選ぶかで伝えたい内容や意味が変わってくるのですが、それは音楽理論に習熟したあとじゃないと、今説明されたってピンと来ません。このサイトでは、メロディ編のIII章まで進んでからこの件についてはお話しします。


そんなわけで色々と話はありましたが、覚えておかねばならないことは多くないです。音楽理論では「ドレミ」だけでなく「ABC」の表記も使うこと。Aがラだということ。それだけです。

この節のまとめ
  • 音の名前には場面によって色々な言語が使われますが、ポピュラー音楽では英語を使うのが普通です。
  • 覚えるのが大変そうですが、「ABC」の順番そのままです。「ラ」が「A」にあたるということだけ注意してください。
  • 「嬰」と「変」は、覚えなくても大丈夫です。
Continue