音階と中心音

音楽理論 準備編

§1 音階とは

音階scale/スケールというのは、よく耳にする言葉だと思います。音階とは、文字通り「音の階段」です。つまり、「ドレミファソラシド」のような一連の音の並び全体のことを、音階と呼びます。
音階は、曲想と密接に関わります。曲は基本的に、ひとつの場面ではひとつの音階を使って演奏されていて、その音階に曲想が左右されます。そして曲を展開させる時には違う音階を盛り込むことで曲想にバリエーションをつける。

ピアノの鍵盤が1オクターブでループすることからも分かるとおり、音階もループします。ですから曲で使う音階を示す時は、1オクターブぶんを示せば十分ですね。

音階の例

こんなふうに。これはいちばん典型的な音階です。鍵盤で見ると以下のようになります。

音階の例

この場合「ひとつの音階」とはどういう意味なのでしょうか?「鍵盤全部使ってるじゃん!」という声が聞こえてきそう。でも、いやいやよく見てみてください。黒鍵をひとつも使ってないですよね。ですからこの音階は、全12音のうち、7音だけを中心に使っている音階ってわけです。まずは、「音階が曲想に影響を与える」ということを耳で理解してもらいましょう。

音階(1) : 明るい音階

まずはさっきの「白鍵だけを使った音階」でメロディをつくってみました。基本的には、明るい感じがしますね。

音階(2) : 暗い音階

同じ白鍵7つでも、中心の位置をずらすと響きも変わります。上は、中心を2こ下の「ラ」に置いた場合の音階です。中心が「ラ」にずれただけで、だいぶ暗い響きになりました。

この「中心」という考え方については、この後くわしく説明しますね。

音階(3) : 黒鍵だけの音階

今度は逆に黒鍵5つだけを使ってみました。これもやっぱり、雰囲気が違います。明るい/暗いとかいうより、和風な感じがする・・・不思議です。ちなみに、こんな風に5つの音で構成された音階を「五音音階」と言います。

音階(4) : 不思議な音階

今度は白鍵から4つを選抜してみました。こんな風に飛び飛びになっていても音階と言えます。これは、なんでしょう・・・なんだか不思議な響き。なんかアジアの宗教儀式のBGMみたい。

ですからここで大事な気づきがひとつ。たとえ「白鍵だけ」といっても、そのうちいくつかだけを選抜したりすると、また違った響きが得られるということですね。スケールの世界は、とても奥深いのです。

音階(5) : 奇妙な音階

最後。また五音階ですが、今度は黒鍵をひとつだけミックスしてみました。これは・・・なんだか世にも奇妙な感じがしますね。

こんな風に、音階は曲想に直結します。白鍵と黒鍵を交ぜることで、実にいろんな曲想が生まれる。
とりわけ「インド風」とか「和風」とか、そういう民族の調子を出すときには、音階がカギになってくるんですよ。ですから音階は、音楽の最も礎となる概念と言えます。

ひとまずドレミファソラシドから

とはいえ、ポピュラー音楽において圧倒的にメジャーでよく使われる、音階の「王様」的存在であるのが、最初に紹介した「ドレミファソラシド」です。

音階の例

音楽理論の基礎は18世紀に西洋で確立されましたから、「和風な音階」「アジアの儀式みたいな音階」「世にも奇妙な音階」などは一旦基本から外されてしまったんです。

ビギナーには、色々な音階を試すよりもまずこの音階を使った作曲をオススメしますし、音楽理論も基本的にココを出発点にして話を広げていきます。まずはこの音階を元にして、音楽の仕組みについて詳しく知っていくのです。