音階と中心音

音楽理論 準備編

1 音階とは

西洋の音楽理論は、ピアノの鍵盤に代表されるように、12個の音を基盤にして構築されます。

12音

この12音は喩えれば「色鉛筆」のようなものであって、この12色を連ね重ねて楽曲という絵を完成させます。曲を作る際にはこの12音全てを必ずしも使うわけではなく、曲によっては使わずに終わる音もあります。

12音の中からいくつかだけを抜きとって音楽を構成すると、その音選び次第で様々な曲想が現れます。それはまさに絵画において、どんな色を使うかで全体的な雰囲気が決まってくるのと似ています。

星月夜
象

抜きとった音のメンバーたちの集まり、あるいはそれを並べて表示したものを、音階scale/スケールといいます。

音階の例「スケール」の一例

こちらはピアノの「白鍵」の音だけを抜きとって並べたもの。あまり意識しないことですが、この「ドレミファソラシ」は12音から7音だけ抜き取ってこられた選抜メンバーなんですね。

音楽理論においては、こんな風に下から順番にメンバーを並べて紹介するのが一般的です。ドレミファソラシと進んでその上はまたドに戻ってループしますから、音階を示すにあたっては、1オクターブぶんだけを表示すれば十分です。1

音階の例

ポピュラー音楽においては、ひとつの場面では全パートが共通してひとつの音階を使って演奏するのが基本です。

曲を展開させる時に違う音階にチェンジすることこそありますが、その際にも全員がその音階に切り替わるのが基本。2つ以上の音階を同時に演奏するのは、強烈な濁りを生む可能性が高く、かなり高度な表現法となります。

さて、まずは細かい名称や理論を抜きにして、「音階が曲想に影響を与える」ということを耳で感じてもらいたいと思います!

音階(1) : 明るい音階

音階の例

まずはさっきの「白鍵だけを使った音階」でメロディをつくってみました。相対的にみると、この音階は明朗で快活な雰囲気を演出するのが得意というキャラクターを持っています。

音階(2) : 暗い音階

同じ白鍵7つでも、中心の位置をずらすと響きも変わります。こちらは中心を「ラ」に置いた場合の音階です。中心がずれただけで、だいぶ雰囲気が変わりました。比べると、この音階は、暗かったり悲しげな雰囲気を演出するのが得意です。

この「音階の中心」という概念については、この後くわしく説明しますね。

音階(3) : 黒鍵だけの音階

今度は逆に黒鍵5つだけを使ってみました。これもやっぱり、雰囲気が違います。明るい/暗いとかいうより、どこか民謡ぽいというか、オリエンタルな感じがするかと思います。

ですからここで大事な気づきがひとつ。たとえ「白鍵だけ」といっても、そのうちいくつかだけを選抜したりすると、また違った響きが得られるということですね。スケールの世界は、とても奥深いのです。

音階(4) : 奇妙な音階

最後。また5音を用いた音階ですが、今度は黒鍵をひとつだけミックスしてみました。これは・・・なんだか世にも奇妙な感じがしますね。

こんな風に、音階は曲想に直結します。白鍵と黒鍵を交ぜることで、実にいろんな曲想が生まれる。とりわけ「インド風」とか「和風」とか、そういう民族の調子を出すときには、音階がカギになってくるんですよ。ですから音階は、音楽の最も礎となる概念と言えます。

音感覚と言語感覚

音楽理論においては、「明るい」「暗い」「奇妙な感じ」といった、音響の質感を言葉で説明する場面はどうしても現れます。しかし本当のことを言えば、サウンドが持つキャラクターというのは玄妙で、言葉では言い表しがたいものです。楽器やフレーズによっても印象は変わってくるでしょう。というか、言葉では言い表せないものがあるからこそ音楽は魅力的なんですよね。

それでもあえて言葉に置き換える理由は、それが実践での音選びでヒントとして活きると信じているからです。だからこうした形容が個人的にピンと来なくても、さほど問題はありません。それは音感覚の問題というより、音をどう言葉に直すかの言語感覚の問題だからです。

本質はあくまでも、12音の中からどうメンバーを選ぶかで、大まかな曲想の方向性が決まるということ。この一点です。

ひとまずドレミファソラシドから

音階は本当にたくさんあるわけですが、ポピュラー音楽において圧倒的にメジャーな存在なのが、最初に紹介した「ドレミファソラシド」、あるいはその中心をずらした「ラシドレミファソラ」です。

音階の例

それぞれの音階にそれぞれの魅力がありますが、西洋で発展した現行の音楽理論の体系においては、オリエンタルな音階やら奇妙な音階やらは「よそ者」であって、あまり掘り下げられません。2

作曲の初歩段階においては、色々な音階を試すよりもまずこの音階を使った作曲をオススメしますし、音楽理論も基本的にココを出発点にして話を広げていきます。まずはこの音階を元にして、音楽の仕組みについて詳しく知っていくのです。