音楽理論を学ぶ意味

#7.音楽理論の価値

さて、前回までの内容では、音楽理論の悪い部分を明らかにしました。でもそれというのは結局、工夫次第でいくらでも変えられるものです。
そこはあとでちゃんと改善するとして、今回は逆に音楽理論の良い側面をクロースアップして、音楽理論賛成派の方にも耳を傾けてあげたいと思います。最初に話した「3つのレイヤー」に分けて、それぞれのメリットを見ていきましょう。

三段階

名前レイヤーの効果

名前レイヤー

まず「名前」の知識を得ることのメリットはすごく簡単で、目に見えない「音」というものをデータ化できるということに尽きます。
「目に見えない芸術」というのは、考えてみるとすごく特殊な分野ですよね。ですから音楽理論の重要性というのは、絵画や英文法とは同列には語れません。20世紀初頭の有名な音楽学者ハインリヒ・シェンカーは、音楽の特質をこう述べています。

全てのアートは、音楽を除いて、自然や現実から反映したアイデアを基にしている。自然が様式を与えてくれる。アートとは言葉や色や形の模倣なのだ。音楽だけが異なっている。本質的に、自然と音楽の間には明確なアイデアの関連性は存在しないのである。(中略) 我々人類は、音楽を発展させたことを、他のアートと比べてもっと誇りに思うべきだ。
“HARMONY”より, 著:Heinrich Schenker

言われてみれば、そうです。作曲という行為が、他のアートと比べて難しいものであることは事実なのです。特にその初歩段階の「とっつきづらさ」「成長のしにくさ」に関して作曲はずば抜けています。

目に視えない芸術

ところで、人間の最も発達した感覚といえば、「視覚」ですよね。その分析力、記憶力、語彙力・・・どれをとっても圧倒的だ。

似てない

例えば上の絵をごらんください。2012年に話題になった、「スペインのおばあちゃんが修復に失敗したキリストの壁画」です。これは・・・・・・
まず似てないですね。そしてへたっぴということが一瞬で分かりますし、なぜ似てないのかを説明しろと言われたら、様々な言葉を使って問題点を指摘できます。

「肌の色合いが濃くなってる」「ヒゲがなくなってる」「鼻がつぶれてる」「こっち見んな」・・・

などなど、かなり具体的な指摘が次々に思い浮かぶでしょう。じゃあ、これが音楽だったら?


こちらはお馴染み、「戦場のメリークリスマス」です。静かで冷たさがあって、すごく素敵な曲ですね。このメインパートに憧れて、少しフレーズを作ってみたとします。


聴いてみて、いかがでしょう。 静かで冷たい雰囲気は出せているでしょうか? そして曲自体のクオリティはどうでしょうか。これは美しく作られていると言えるのでしょうか?

…絶対に、絵画の時ほどスラスラとは話せないはずです。目に視えない、語彙も無いでは、印象論しか語れません。

言葉がなければ、よく視えない

薄々感づいているかもしれませんが、実はこのピアノ曲めちゃんこヘタクソです。理論的に見ると、実は冷たさとは正反対、暑苦しい表現がコレでもかってくらいに詰め込まれています。このままでは、多くの人の心を動かすことはできないでしょう。

でも、おそらく音楽理論を知らない状態では、「そんなに言うほどひどいの?」って感じだと思います。ほんとうに、雪景色なのに真っ赤な絵の具をブチまけているくらい、この曲はひどいです。でもそのミスマッチ感は、絵とは比べ物にならないほど“視えない”

見えない

創造は模倣から始まると言いますが、正しく視ることができなければ、正しく模倣できているかどうかさえも定かでない。「冷たさを表現する」なんてシンプルなことでも、それを音でやるっていうのは、すごく高度なことなのです。
そして仮に「何かダメだ」と“感じ取る”ことまでは出来たとしても、その原因を見つけて“改善していく”ことがまたすごく難しい。絵や文章だったら、「ここが上手くいかなかった」っていうのは割と分かるんですよね。音楽だと、そうはいかないのです。

記憶ができない

何より、言葉によって意識されない情報は、脳をたやすく通りすぎていき、記憶されません。それは単純に、もったいない。音の「言葉」を持っている人が「最近この手法流行ってるなあ」「この展開は面白いなあ」と記憶できる情報を、みすみすドブに捨てているということですからね。

たとえば洋画を100本観て英語力の上達を図るとして、文法がゼロの状態でやるのと、いくらか分かってる状態でやるのとでは、成果はかなり変わるはずですよね。

見えない

音楽も全く同じこと。理論という言葉がない状態で何千曲聴き、何百曲コピーしたところで、記憶できずに流れていってしまう情報がかなりたくさんあって、それだけ損をしていることになります

うーん・・・この状態、本当に自由と言えるのでしょうか? 自分が大好きな大好きな音楽。その仕組みをよく知らずボンヤリとしたまま手探りすることの、何が自由なのでしょうか? それはむしろ不自由ではありませんか? 己の心に真剣に問いかけるべきです。

用法レイヤーの効果

用法

「用法レイヤー」の知識がもつ効果もすごく単純明快で、「時間の節約になる」ってことです。
用法レイヤーは要するに、「効果的な音の使い方」が、大量にまとめられたデータベースです。理論になっているということは、それはもう既に多くの人に使われている技法だということ。既知の手法だったら、そんなの人から教わろうが自分で見つけようが、どのみちオリジナリティには繋がりませんよね? だったら、サッサと教えてもらっちゃった方が速く先へ進めるじゃないですか

アクセス

むしろ「ああ、コレってもう使い古されてる手法なんだ・・・」と知れることで、現状に飽き足ることなく、より速く真のオリジナリティを目指して先へ先へと進んでいけるはずです。
このあたりは、数学の「公式」と似ています。頑張れば、公式を使わなくても同じ答えに辿り着けるかもしれない。でも、そんなことするより公式を教えてもらった方が圧倒的に速い。だからみんな公式を勉強するんですよね。

absinθ

要は「スピード」の問題なんです。限られた時間、限られたチャンス。他人が踏み固めた道を辿りなおすだけで終わる人生なんて、絶対にイヤだ。だから、理論を利用するのです。
コレだってもちろん、自分に必要なレベル以上のものを学ぶ必要はありません。それは時間の無駄。ただ、仮に自力で探究すれば二年かかる領域を例えば二ヶ月で踏破できるのであれば、それはお得に決まっているではないですか。

「作りたい時期」もあって当然

もちろん「今は勉強とかいうんじゃなく、とにかく自由に作りたい!」という時期もあって然るべきでしょう。それもすごく大切。その時の作曲経験は、いざ理論を勉強する時にもかなり助けになりますしね。もし貴方がまだ数曲しか曲を作っていないのであれば、もう少し理論なしでやるのも全然アリです。
やっぱり実戦経験があれば、「ああ、コレってこんな名前だったのか」と“復習”の要領で勉強できますし、自分で「これはイイ!」という手法を見つけるのも楽しいし、それが後になって理論で紹介されたりすると、「わたし、センスあるじゃん!」っていう自信にも繋がりますから。

でもずっとそれを続けるのはオススメしません。とにかく時間がもったいないのです。

様式レイヤーの効果

様式

「様式レイヤー」のメリットも、基本的には「用法レイヤー」と同じですね。様式レイヤーは、簡単に言えば「ジャンルごとの違い」「アーティストの特徴」を明確化してくれるものです。
例えばJ-Popと洋楽とでは、コード使いの傾向に明確な差があります。あるいは民族調、クラシック調、ジャズ調・・・そういったジャンルごとの様式は、自力で研究するのはかなり大変。学んでしまった方が速いわけです。「見よう見まねじゃなくって、ちゃんと理論的に模倣している」というのは、自信にも繋がります。

ですから、「自分はもうこのジャンルしか作らないし、このジャンルの感じはだいたい掴んでる」という人にとっては、理論の重要性は落ちます。特にパンク・ロックとかEDMなんかは、使うコードもシンプルだし、メロディの節回しも割と決まっていますから、理論を学ばなくても全然曲は作れます。


まあ、こうしたジャンルでも「リズム理論」は知っておいた方が絶対に得ですけどね。それで、逆に「自分がそこまで馴染みのないジャンルも理解して取り入れてみたい」なんて人には、理論はうってつけのサポートアイテムになるわけです。

#8.センスやロマンについて

音楽理論と言えば、よくセンスや感性が失われてしまうという懸念がされます。そこも簡単に確認しておきましょう。

もちろん、100年200年前に作られた理論を「唯一絶対の正しい音楽理論」であるかのように教わった人が、自由な精神を失って、型にはまったつまらない楽曲を生産してしまうのは当然のことです。

私は天才ではない

これはもう、そういう邪悪なコンテンツを避けてもらうしかありません。流派を明示しないコンテンツは、基本的に内容も無責任であると考えてもらえたら、ひとまず安心ですね。だってそういうコンテンツは、音楽理論の実体を「知らない」か「知ってて隠してる」かのどっちかなんですから、どっちにしたって話になりません。

ちゃんと音楽理論が何であるかを知った今ならば、理論によって自由な発想を奪われることはありません。色の名前を知ったら自由に絵が描けなくなるのでしょうか? 映画のお約束パターンを知ってしまったら、もう奇抜な展開が思いつかなくなってしまうのでしょうか? そんなわけないですよね。むしろ逆だ。真に自由な精神は、理論ごときに束縛されたりはしません

既成概念を破壊

ワクワクの喪失

ただ確かに、「こうすれば疾走感が出るよ」「こうするだけで今のロックの流行スタイルになるよ」などといわば「タネ明かし」をされてしまうわけですから、興醒めする気持ちはあるかもしれません。それは言ってみれば、目の前にたくさんの絵の具があって、混ぜたらどうなるだろうとワクワクしてる時に、「紫が作りたかったら赤と青を混ぜるんだよ」って、先に言われちゃうってことですから。
だから、「ひとまず自分で色々試したい」という時期は、絶対にあっていい。でも忘れてほしくないのは、その初歩レベルでのロマンよりも遥かにワクワクする世界が、理論を学んだ先には広がっているということです。


音楽理論のメリットの話は、これくらいで十分でしょう。「データ化」と「時間の短縮」。この2つは、単純ですけど、絶大なものですからね。つまるところ音楽理論とは、音楽の「情報テクノロジー」です。音を記憶し、分類し、再構築するための言語であると共に、過去の情報が集積されたデータベースでもあるわけです。

Check Point

音楽理論の本質は、音をデータ化する「言語」としての機能である。目に視えない音は、言語化によって初めて効率よく記憶・分析・記述することが可能になる。

また、その「言語」を獲得することで、何がどんな曲想を生むのか、何が定番で何が斬新なのか、あるジャンルやアーティストを特徴づけるものは何なのかといった、「必要な情報を調べて学習」することも可能になる。

音楽理論を学ぶことで、「全てを独りで手探りする自由」を失う代わりに「独りでは一生かけても探しきれないものを知る自由」を得ることができる。

けっきょく、流派をどうすれば?

やっぱり音楽理論がもたらす利益というのは、計り知れないものがあります。もしまだ理論をほとんど知らないという状態であれば、もう数歩だけ足を踏み入れるぶんには、メリットの方が勝つ見込みはかなり高いはずです。

時間対効果

しかし、いざ勉強するとしても、どの流派を選べばいいのでしょう?
クラシック系だろうがジャズ系だろうが、思想が古くて時間対効果が悪いことに違いはありません。肝心のポピュラー理論も、けっきょくはその2つのゴチャ混ぜ理論なのだから、同じことです。

そこで次回、最後に紹介するのは、その問題をいかに解決し、いかに効率的に音楽理論を学んでいくかについてです。
音楽理論を学ぶべきかどうかを判断するのは、それを見てからでも遅くはありません。せっかくここまで読んできたのだから、最後まで読んで頂きたいなと思います。

Continue