サイド・ステッピング

さて、ここからさらに、どんどん本格的に「ジャズ理論ならでは」の世界に入っていきます。

#1.InsideとOutside

ここまで見てきて分かったことは、やはりジャズというのはきちんと理論に裏付けられていて、ポピュラー音楽の耳では調子が外れたように聴こえる音でも、ちゃんと名前が付いていたりするということだ。

こちらはスケールの話の時に紹介した、「ホールトーンスケール」を使った演奏。この奇妙なサウンドも、ジャズ理論の中では「理解できるサウンド」なわけです。

しかし中には、本当に理論の秩序から逸脱した演奏をすることがあります。ドキっとさせるような効果を得るためにね。そういう演奏のことを総称してアウトサイドOutsideとジャズ理論では表現します。逆に、秩序の保たれた演奏はインサイドInsideと言う。

アウトサイドな演奏というのは、つまりは「理論の裏付けがない演奏」ということになりますから、成立させるにはセンスや経験が必要と言えます。今回は、定番の「アウトサイド」手法を紹介したいと思います。

#2.サイド・ステッピング

Outsideな技法の典型例が、サイド・ステッピングSide Steppingと呼ばれる技です。これは、本来のコードに対してスケールが半音上か下にずれて演奏する行為を指します。1
言うまでもなくそれは強い不協和を生みますし、半音だけずれているということで、上手くハマらなければ、単に間違えたと思われる可能性もある。まさに「ギリギリ」を攻めていく手法なのです。

C Dorian

こちらは、コードはCm9、Cドリアンスケール一発の、4小節の短いサンプル。スローテンポなので、サックスソロが途中からちょっとダルくなってきます。そこで、3小節目の後半にだけサイド・ステッピングを実施してみます

C Dorian (with Side Stepping)

「半音上」にサイド・ステップしました。今回はさりげない使い方なので聴き分けが難しいと思いますが、ほんのちょっと本来のスケールから外れた調子がなんだかブルースっぽく響き、ユニークなサウンドを生んでいます。

3小節目のところを、ピアノロールで見比べてみましょう。

S.S.なし
S.S.なし

きっちりCドリアンスケールを奏でているのが分かりますね。

S.S.あり
S.S.あり

対するこちらは、Cドリアンスケールを奏でている。ナチュラルのシやミを弾いていて、バックで鳴っているCm9コードとは思いっきりぶつかっています。しかし一瞬の出来事ですから、良い“スパイス”として機能しています。

ピアノロールを眺めることで見えてくるのは、半音上にずらしたとしてもスケールに共通する音があったりするので、そこをどう絡めていくかでInside/Outsideのバランスを取ることができるということですね。あまり大げさに使うと、単に演奏をミスってると思われる懸念があるので、バランスが大事ですよ。

#3.みんなでS.S.

しかし、演奏中に誰かだけがアドリブでS.S.というのはなかなか高度な行為です。もう少しポップに、最初から曲にS.S.を組み込み、全員でステップするというパターンもあります。その場合は、トゥー・ファイヴのワンセットをまるまるずらすのが定番。

IIIØVIIII−7(13,-5)VI7(-9)II−6V7(-9)I9

かなり本格ジャズっぽくなりましたね!

キーはCです。ポイントは、突然出てくるIII-7→VI7という進行。これは本来のトゥー・ファイヴよりも半音上、Dキーのトゥー・ファイヴを行なっています。サイド・ステッピングですね。あるいはトゥー・ファイヴ・チェーンの応用とも言えます。
その後に、「アッずれちゃった! 元のキーに戻らなきゃ」とでも言うように、本来のCキーへ戻っていくと言う、お茶目な構成というわけです😎

今回の形だと、ルートが3-6、3-6、2-5という風に、強進行ペアが半音ずつ下がっていくという形になるため、サイド・ステッピングがより自然にとけ込んでいます。

サイド・ステッピングは、逸脱したときの「ドッキリ感」と、戻ったときの「安心感」が、まさに「緊張と弛緩」の構図であり、音楽的にもすごく理に適ったテクニックと言えます。

転調のきっかけにも

「逸脱している」という性質上、そのまま違う場所に着地して転調してしまうというのも容易。転調のきっかけとしても最適なのです。

side stepping

こんな感じ。あっという間にCキーからFキーへ転調してしまいました。サイド・ステッピングを使いこなせるようになると、かなりまた表現に自由度が増しますよ。

実際の例

サイド・ステッピングが用いられている有名な曲といえば、ジョン・コルトレーンの「Moment’s Notice」です。


とても印象的なテーマですが、この「タータッ タータッ」のフレーズで、密かにサイドステッピングが行われています。
あまりにも自然に聴こえるので、まるで同じコードを繰り返しているように思えるのですが、よく聴くと違います! 実に不思議なコード進行が使われているのです。

楽譜注: シンコペーションのリズムは簡略化しました

こちらでは、トランペットがトップノートを維持し続けることで、あたかも調性が変わっていないかのような“騙し”を演出しています。このようにヴォイシングまで綿密に計算されたコード使いは、モダン・ジャズの真髄と言えるでしょう。
アドリブでは好き勝手やっている一方で、こうしたテーマ部分ではこっそり綿密なことをやっていたりするわけなんですね。


「アウトサイドな演奏」はもちろんサイド・ステッピングに限らず、例えば前回やったトライトーン代理の応用で紹介した「コードは増四度ひっくり返したのにスケールはそのまま」なんていうのも、アウトサイドのひとつ。「アウトサイド」という言葉があると、なんだか自由が許される気がしますね。ぜひギリギリを攻めてみてください。

Continue