セブンスコード

コード編 Ⅱ章:新しい音響
Information

今回は「新しいコードネームを知る」回です。

これまでのメジャーコード・マイナーコードにさらに音を加えて、サウンドをより複雑にしていきます。音響の世界を一段階拡張する、とても重要な回です。

シンプルな響きで勝負するロック・ダンスではほんの僅かに重要性が落ちますが、それでもよっぽどストレートな曲でなければ普通によく使う方法論ですから、概念を知っておくだけでもお得でしょう。


#1.四和音

これまでやってきたメジャーコード、マイナーコードは、音を3つ重ねた「三和音」でした。もうひとつ上に音を積めば、四和音Tetradと呼ばれるコードに進化します。

四和音のうち最も代表的なものが、ルートに対し長7度か短7度の音を重ねた、「セブンスコードSeventh Chord」です。

セブンスコードの作り方はとっても簡単。今までの和音のうえに、また「ひとつ飛ばしのお団子がさね」でもう1音乗っけてしまえばいいのです。

7thコード

こちら、Cメジャーキーの基調和音をセブンスコード化したものたちです。例えばIの和音は「ド・ミ・ソ・シ」となります。一番下の「ド」と、一番上の「シ」はある意味「半音差」ですから、若干の濁りを感じます。でも一般的にはこれは「不協和音」とは認識されず、少し洗練された響きがするのです。それがセブンスコードの魅力。

ちょっと、普通のコードと違いを聴き比べてみましょう。

普通のコード

コード進行はIVVIIImVImIImVIIです。典型的なポップスの進行ですね。特に面白みもないという感じ。コレを全部セブンスコードに変えてみます。

セブンスコード

たった1音足しただけでも、かなり響きが複雑になったと思います! 率直に言って、超おしゃれ。普通のコードの方が、ダサく聴こえてしまうくらいです。

実際、このセブンスコードはポピュラー音楽界では大活躍。とてもよく使われます。セブンスコードは、この「セブンス」の音をてっぺんに持って来れば「露骨にオシャレ」な感じになりますし、和音の下の方で使うと「さりげない深み」が出ます。

配置

セブンスを足しても、メジャー・マイナーが変わったり、TDSが変わったりすることは全くありません。臨時記号がつくわけでもないので、かなり自然に曲中で使えて、曲に深みを付加してくれます。
例えばこんな曲があったとします・・・

ピアノとセブンスコード

普通のコード

IVIを繰り返すコード進行。なんだかうだつの上がらないピアノ曲ですが、これをセブンスコードに変え、それに合わせてメロディも少し調整すると・・・

セブンスコード

OH MY GOD. エリック・サティの「ジムノペディ第一番」になりました。この曲、実はセブンスコードの魅力を存分に活用した一曲なのです。セブンスコードは、その絶妙な濁りのもつ魅力、それだけで曲を成り立たせるくらいのパワーを秘めているということですね。

もちろん綺麗なピアノでなくたって、ロックとかであってもセブンスは効果を発揮します。

ギターとセブンスコード

普通のコード
IVIIImVImI

こちら、ただギターを弾いただけ、特徴のないイントロって感じですね。これをセブンスに変えてみます。しかも、てっぺんにセブンスの音が来る、露骨な方の使い方でね!

セブンスコード
IVM7IIIm7VIm7IM7

ジーザス!! なんか、アジカンみたいになりました。すごいのは、ただ機械的にセブンスにしただけなのに、なんかメッセージ性みたいのを感じることです。感情に、訴えかけて来るものがあるんですね。

だから、普通のコードでは何か一味足りないという時に、セブンスにしてみるといいです。おしゃれにしたいのであれば、使わない理由がないって感じ。
ただもちろん、ずっとひたすらセブンスというのも、それはそれで平坦な味わいになってしまいます。複雑な響きにすべきところと、あえてシンプルにすべきところをきちんと見極めて、メリハリをつけると良いでしょう。

メリハリ

さっきの音源の、最後をあえて単音のフレーズでシンプルな響きにしてみました。ちょっとドキッとする展開になったと思います。今後も複雑な和音をドンドン知っていきますが、そうであればこそ、「引き算」の美学も忘れないようにしたいものです。

ですから下図のようなイメージを思い描いて、出したい曲想に応じて使い分けるといいかもしれません。

比較

そんなわけで、使いすぎは避けた方がいいとはいえ、かなり積極的に使うことをオススメするのがこのセブンスコード。特にジャズなんか、このセブンスコードの方が基本となって理論が組み立てられているんですよ。


さあ、こんな簡単にオシャレなサウンドを手に入れられるなら、もっと早く教えてほしかった! なんて思う人もいるかもしれません。しかし、Ⅱ章までひた隠しにしていたのにはワケがあります。
このセブンスコード、コードネームがちょっとややこしいのです。「度数」がしっかり頭に入っていないと、けっこう大変。今すぐには、まだ飲み込めなくていいかもしれません。

ここからはそのコードネームの規則を詳しく見ていきます。だから「コード譜を作る」か「コードネームを見て音に起こせるようにする」といった作業をするのでない限り、まだしっかり理解できなくても問題ありませんよ。

#2.四種のセブンスコード

たとえば「3度」といっても「長3度」と「短3度」の2つがあって、それによってメジャーコードかマイナーコードかが分かれました。7度にも「長7度」か「短7度」の2種類がありますから、そのどちらを乗せるかによって響きも名前も変わります。

その3度の方の長短と、7度の方の長短。その組み合わせによって、2×2=4種類のコードが作れることになります

長7
短7

それぞれのコードの名前をどうするかなのですが、以下のように定めます。

  • 長7度」を足した場合→後ろに「メジャーセブンス」と付け加える。
  • 短7度」を足した場合→後ろに「セブンス」と付け加える。

このルールにのっとると、4種のセブンスコードの呼称は次のようになります。

名前たち

「マイナーメジャーセブンス」だけ長ったらしいですが、致し方ありませんね。
そして楽譜上で表記する場合には、メジャーセブンスは「M7」、セブンスは「7」と書きます。

セブンスコードまとめ

ルール自体は難しくないのですが、いざこうやって楽譜で見たときに、度数を判別するのが難しいんですね。でも今後はこのセブンスコードを通じて、自ずと「長7度」と「短7度」の区別がどんどんスラスラできるように脳が進化していくはずですよ。

基調和音とセブンス

そして基調和音を普通にセブンスコード化したときのコードネームは、以下のようになります。

基調和音

IIVがメジャーセブンス、Vはセブンス、マイナー3人衆はすべてマイナーセブンスです。これ以外のセブンスコードを作ろうと思ったら臨時記号が必要になるので、それらはやっぱりスパイス的存在になるわけです。
一応、いくつか鍵盤で度数を確認してみますね。

IM7の度数を確認
I
V7の度数を確認
V7
IIm7の度数を確認
IIm

ご覧のとおり、それぞれ違う度数になっていることがわかります。特に紛らわしいのが「メジャーセブンス」と「セブンス」です。たとえばCメジャーキーの曲で、「CM7」といったらそれは普通のセブンスコードですが、「C7」といったら、それは臨時記号を要する「スパイス的存在」のコードということですからね。

セブンスの別名

7

ところで、こちらの「セブンス」は、名前にあまり特徴がないですよね。これだと「セブンスコード」と言った時に、上の「長3・短7のセブンスコード」のことを言いたいのか、あるいはメジャーセブンスやマイナーセブンスをひっくるめた「総称としてのセブンスコード」を指しているのかが不明瞭です。

そこでこのコードには、「ドミナントセブンスDominant Seventh」という別名も用意されています。ドミナントであるVのコードの時に現れることに由来しているのでしょう。

7

ですからこの「ドミナントセブンス」という呼称を使えば、セブンスコード全体の話をしているのではないということが明示できます。ただ逆に今度は、この「ドミナント」はTDSの「ドミナント」とは別だぞってところが、またややこしいんですけどね。

別の表記スタイル

特にジャズ系統の流派では、書きやすさを重視してか、以下のような表記もよく使われます。

ジャズ系表記

マイナーが「-(マイナス)」というのは、以前にも紹介しました。特に英語圏のテキストでは、見栄えを重視してメジャーを「△(さんかく)」ではなく「Δ(デルタ)」で書くこともしばしば。
「マイナーメジャーセブンス」の記号はパソコンでは打てないので、「C-Δ7」という風に、横に並べて書きます。

そんなわけでコードネームは色々とややこしいですが、運用はそんなに難しくありません。要するに、「臨時記号が生じないように重ねれば、それがそのコードにとって一番基本的なセブンスコードになる」ってことですから、「I,IVはメジャーセブンスで・・・」なんていう風にコードネームを覚える必要はありません。もちろんギターでコードを弾きたいなら、暗記しなきゃダメですけどね。

総括
  • セブンスコードは、ルート・第3音・第5音の上に第7音を重ねた四和音です。
  • セブンスコードで加わる音は長7度と短7度の2種類があります。
  • トライアドとの組み合わせを考えると、セブンスコードは全部で4種類あります。

Continue