二次ドミナント

コード編 Ⅱ章:新しい音響
Information

今回は「基調和音以外のコードを知る」回です。

前回「セブンスコード」を学んでバリエーションを増やしましたが、根本が基調和音の6つだけであることは変わりませんでした。
ここでは臨時記号(♯・♭)を使うことで、今までになかったコードを取り入れていきます。曲を展開させるときの重要なスパイス役になるので、どのジャンルでも重宝する知識です。


さて、ついに新しいコードに世界を広げていくのがこの回です。I章の最後で「クオリティ・チェンジ」というアイデアのもと新しいコードを導入しましたが、それと近い内容になっています。

§1 セブンスコードを思い出す

V7-I

コードネームでただ「7」がついただけのセブンスコードは、「ドミナントセブンス」と呼ばれるコードでした。その名前の由来は、もともとVのコードが「ドミナント・コード」と呼ばれていて、それをセブンスにした時に生じるコードだから、「ドミナント・セブンス・コード」です。

V7Iという進行は、単なるVIよりも格段に滑らかです。定番の「お辞儀のコード進行」でも、実はVではなくV7が用いられるのが普通。

V7Iと結びつきが大変に強い。ある意味いちばんのパートナーなんですね。その性質を利用して、新しいコードを導入することを考えます!

§2 パートナーを連れてくる

ちょっと別の調で考えましょう。キーが「Fメジャー」の時には、V7Iはこうなります。

C7-F

ちょっと戸惑っている人は、「五度圏」をみてコードを確認してくださいね。Fメジャーキーは、♭が1個つくキーでしたよね。
そうすると、Fにとって、C7最良のパートナーであると言えます。

Love

仲睦まじいのは良いことです。ところで、このFはFメジャーキーではリーダーとして頑張っていますが、おなじみCメジャーキーでは、IVのコードとして活動していますよね。

CとF

ここまで来て、ひとつのアイデアが思い浮かびます。すなわち、このCメジャーキーの世界に、FのパートナーであるC7を連れてきてみるのはどうでしょうか?

よろしく

・・・なんだか波乱の予感がしますが、実際の音世界では、コレが実にうまくいきます。ちょっとトライしてみますね。

§3 I7を使いこなす

C7さんは、Cメジャーキーに導入されると、I7と呼ばれることになりますね。
どうでしょう? 臨時記号がついた割には、かなり自然体に聞こえます。それはやっぱり、I7IVという流れが非常にスムーズで、結びつきの強いものであるからです。もしフラットをなくしてしまうと、ちょっと接続が弱くなります。

もちろんコレはコレで良さがありますが、比べると、フラットのついたI7は、IVへとなだれ込むような勢いがあって、すごく聴きやすいと思います。もう少し曲らしい形でみてみましょう。

IVVIVIm

こちらは、もうおそらく「おなじみ」になっているであろう、4-5-1-6の王道的進行です。ちょっと面白みに欠ける気もする。そこで、VImI7に変えて彩りを加えてみます。

IVVII7

かなり微細な違いですが、臨時記号を伴っているぶん、複雑な響きになっています。IVヘの推進力が高まっているんですよ。単なるIとこのI7の違いを聞き分け、使い分けられるようになれば、中級者の仲間入りって感じです。

実際の用例

I7は数え切れないほど多くの曲で使われていますが、典型的な例を紹介します。

卒業式の曲としておなじみの「旅立ちの日に」ですが、3:00ごろの、サビへのつなぎ部分でI7が使われています(「夢をたくして」の後のピアノのフレーズ)。
このパートのサビへなだれ込むような勢いがとても魅力的ですが、それを生み出しているのがI7なのです。

「同じように」で伸ばすメロディのところ、最後に妙な下がり方をしますよね? そこがまさにI7の発生しているところです。象徴的な♭の音をメロディが歌っているので、コードの変化がクッキリとわかります。

どちらの曲もやはり、そのあとはIVへと繋いでいます。