二音が生み出す質感

コード編 Ⅰ章:新しい言葉

さて、いよいよコードの本論に入っていきます。

コードとは和音、「複数の音を同時に鳴らしたもの」ですから、まずはコードの種類や名前がどうだという前に、音を重ねるという行為の根本をガシッと掴んでおきます。

1 距離に固有の質感

まず最初に知るべき最も重要なことは、和音の響きというのは音どうしの相対的な距離感によって定まるということです。

こちらはドとソを重ねた和音。音どうしの距離というのは、半音の数で測れます。この場合は、「半音7つぶん」と考える。

半音7つぶん

「半音7つぶん」となる音のペアは当然他にもたくさんあって、 黒鍵ならミとシなんかもそうです。

-シの和音は、先ほど聞いたド-ソの和音と、“質感”として同一のものを有しています。音の高さこそ異なるがために別の和音として聴こえてはきますが、質感自体は同じです。

この“質感”については、違うものと聴き比べるとより分かりやすくなります。

こちらは「半音6つぶん」の距離にある2音が作る“質感”です。距離をチョッピリ縮めただけですが、ずいぶん不穏な濁りを持ったサウンドが生まれました。距離と質感が結びついているのです。

質感差を比べる

そうは言っても、一回音を鳴らすだけの比較では分かりづらいかもしれません。「半音7つ」の和音ばかりを弾いた音源と「半音6つ」の和音ばかりを弾いた音源を聴き比べてみましょう。

「半音7つ」の質感
「半音6つ」の質感

距離が半音違うだけで、生み出される雰囲気に明らかな差があります。逆に距離が同じ和音であれば、どこかしら一貫したキャラクターを持っています。この質感には白鍵/黒鍵とかは一切関係なく、距離と結びついています。これは音階の話とすごく似ていますね。

それぞれのキャラクターをしいて言語化するなら、半音7つは「澄んでいて力強い」、半音6つは「濁っていて不気味」という感じでしょうか。1

2 詳細度数を意識する

さて、「音の距離感」という話だったら、準備編でもありました。「度数」という尺度を使って計測するんでしたね。ドレミを何個跨いだかで数えるのでした。

しかし、この計測法だと「ド〜ミ」と「ド〜ミ」の区別がつかず、どちらも同じ「3度」になってしまう。これでは詳細な論議はできない。だから準備編のはあくまで「簡易度数」であって、より正確な「詳細度数」が必要になる場面もコード理論では出てくる。そういう話でした。

2種類の3度

「ド〜ミ」は半音4つぶん、「ド〜ミ」は半音3つぶんという風に、距離が異なります。だから大きな括りで言えばどちらも「3度」ですけど、それぞれが有するキャラクターは全く別モノです。

「半音4つ」の質感
「半音3つ」の質感

やっぱりガラッと質感が異なります。一般にこの質感差は「明るい/暗い」という形容詞で対比されます。たった半音の距離差で、まったく正反対のキャラクターになってしまうんですね。

そんなわけで、コードを論じるうえでは「3度」という粗い分類では足りません。「ド〜ミ」の方は距離が長いので長3度Major 3rd、逆に「ド〜ミ」の方は短いので短3度Minor 3rdと呼び分けることにしました。

長3と短3

言わばこれで苗字と名前が揃ったフルネームという感じで、自由派ではこの詳細に書かれた度数を「詳細度数」と呼びます。

暗記を先延ばししよう

「詳細度数」に使われる名前は「長・短」だけでなく、他に「完全・増・減」という名を冠することもあります。音は12個ですから、2音の組み合わせは12×11=132個。そのひとつひとつに“フルネーム”の詳細度数が存在します2

全てのインターバル

だからまずはコレをスラスラ言えるようになるまで暗記して、そしたら次の話へ進みましょう! ……なんていうカリキュラムは、ハッキリ言ってとてもやってられません

やってられない

それは「大変である」という以前に、非効率的です。喩えるならこれは、料理が上手になりたい、いろんな料理のテクニックを知りたいというときに、まずスパイスを132種も暗記させるようなもの。そうじゃなくて、よく使うものから順々に自然な流れで覚えていけるように、ここは教える側が工夫・配慮すべきところです。

暗記しなくても先へ進める

実際問題、このコード編I章を進んでいくにあたって必要な知識は、この「度数の数字が同じでも、半音で測る距離が違ったら質感が変わる」という認識そのもの、その理解さえあれば十分です。

例えばメジャースケールの話の際に、「全全半全全全半」という段差を説明しました。これは音階の根本であり、知らずに先へは進めません。でも実践の際に、果たしてどれくらいこの「全全半全全全半」を唱えたでしょうか? 「五度圏」を参照すれば、そんなことしなくても済むんでしたよね。

五度圏

これと似たような話で、詳細度数を暗記していなくても、概念さえ把握していればきちんと進んでいけるように楽器も理論も設計されています。次回からさっそく、実践に活きる知識を入れていきましょう。

まとめ
  • 二音を重ねた時、その距離しだいで様々な質感が現れます。
  • 同じ3度であっても半音の数によってさらに「長3度」「短3度」と枝分かれし、それぞれの質感は異なります。
  • ただ、詳細度数に関するもろもろの暗記は、Ⅰ章の間は必要ありません。

Continue