ディグリーネーム

コード編 Ⅰ章:新しい言葉

#1 基調和音の相対化

以前あったように、基調和音はキー(調)によって変わります。しかしどんなキーであっても、相対的な響きというものは変わらないはずなんです。カラオケでキーを上げたり下げたりして曲の「調」を変えても、曲の「響き」は一切変わらないですよね。「相対的な響きが同じ」とは、そういうことです。

ですからコードの本質を探っていくにあたっては、「調」の存在は実は邪魔とさえ言えるかもしれません。
例えば、ハ長調であれば「C」は調の中心となるリーダーの和音で、とてもよく使われますが・・・

基調和音

しかし他の調になると、「C」のコードの役割は変わってきます。調によっては、滅多に登場しないということも。

イ長調の基調和音

そうなると、「Cというコードはリーダーで・・・」という言い方では、嘘になっちゃうわけですよね。調によっては脇役なんですから。この問題を解消するために、調に関係なく調の中の相対的な位置付けを元にした名前が欲しい

WE NEED 相対表記

全く同じ話を、準備編でも「絶対表記・相対表記」という言葉でしました。

音の名前

ハ長調では「C」が主音、ロ長調では「B」が主音です。この「主音」という名付けのおかげで、具体的な調を指定しなくても、抽象的なまま理論が展開できるという話でした。

じゃあ基調和音の方も、同じように名前をつけちゃいましょう! それが今回です。

#2 ローマ数字で書く

そうはいっても、せっかくABCDで短く言いやすいものが、長くなってしまっては不便。簡単な呼び名で、かつ紛らわしくない名付けの方法といったら・・・そう、数字です。数字で番号を振っていくのが一番です。

一般的なコード理論の世界では、主和音から順番にローマ数字をあてて、それを正式な呼び名としているのです!

6つだけ

こうだ。そしてこのように名付けた新しい名前を、度数表記Degree Name/ディグリー・ネームといいます。ようは番号制、マイナンバー制度といったところです。

上図はハ長調の場合。一番左の和音はコードネームだと「C」ですが、ディグリーネームだと「I」と呼ばれるわけです。数字以外は、コードネームと同じ形式を保ちますので、マイナーコードには「m」がつきます。

結局いちばんシンプルな数字がいいわけですね。ディグリーネームの読み方ですが、「にまいなー」「ご」など日本語ベースの数字で読むのが一般的です。もちろんかっこよく「Two-minor」「Five」などと読む人もいます。

#3 さっそく実践

これからの表記はコードネームではなくディグリーネームを使っていくことになります。そうはいっても、この説明だけでは抽象的でわかりにくい。実際に現実のシチュエーションで、コードネームとディグリーネームをどんな風に使い、変換していくかを紹介します。

ディグリーへ抽象化する

お気に入りのコードに出会った。ウェブで調べたら、キーはG、コードは「Em-C-G-D」らしい。 せっかくだから、他の調でも使えるようにディグリーネームで覚えたい。

そうなったらまず、頭の中にGメジャーキーの基調和音を思い浮かべる必要があります。

その方法は、鍵盤や楽譜で確かめながらやるか、五度圏でやるか、2通りの方法があるのですが、まずは前者からいきます。

Gメジャーキーでは、♯は1つです(これは五度圏で確認)。G=ソの音から音階を作って、コードを重ねていって基調和音を作る・・・そしてI IIm IIIm IV V VImと番号を振っていく!

Gの基調和音

こうです。

それからGのとなりはAm、AmのとなりはBmというふうにコードネームを振っていくと・・・

Gの基調和音

こうだ! これで調べると、先ほどの「Em-C-G-D」というコードは、ディグリーだとVImIVIVという表記になることが分かります。これで抽象化は完了。もしこれをキーCで使いたければ、逆に具体化しなおせば「Am-F-C-G」と分かります。

五度圏を使って変換

しかしやっぱり、楽譜で考えるというのはけっこう大変な作業です。今度は前回やったように、五度圏を活用しましょう。

Gメジャーキーの場合

コレで一発! やっぱりこっちの方が楽ですね。

ディグリーの位置を確認すると。中心がI、時計回りに進んだ方がIV、逆がV。マイナーの方は、左からIIIm,VIm,IImの順になっています。

ディグリー振り

順番を忘れないようにするには、六芒星を描くようなイメージを持つといいかもしれません。

六芒星
ディグリーから具体化

ちょっと一緒に即興演奏をしよう!キーはEメジャーで、コードはIV-V-Iで行こう。

こんな風に言われたら、今度は具体的なコードネームに直さないと演奏できません。
まず頭の中には「Eメジャーキー(ホ長調)」の基調和音を浮かべます。一応まず、楽譜を使ったやり方からいきますね。キーEでは♯は4つ。主和音はEなので・・・

Eの基調和音

こんな風になります。そしてそれぞれの実際のコードネームは・・・

Eの基調和音

こうですね。つまり、キーEのIVVIとは、A-B-Eという進行を指していたわけです。

五度圏で確認すると、こうです。

ホ長調の五度圏

楽譜に起こす必要がなければ、やっぱりこちらの方が圧倒的に速いですね。ですからやっぱりこの五度圏は印刷して部屋の壁に貼っておくべきでしょう!🌝

今後読み進めるにあたっては、基本であるCメジャーキーでの基調和音とローマ数字の対応は、頑張って早いうちに覚えてもらいたいと思います。今後の解説でもIImVなどとポンポン登場するので、その時頭の中でDmGと変換できるようにしてほしいのです。他は、実際の作曲の中で登場したキーから順番に少しずつ覚えていけばよいです。

6つだけ

#4 マイナーキーでのディグリー

では、マイナーキーにおいてはどのようなディグリー振りをするのでしょうか? 一般音楽理論では、「短調というのは、VImがリーダーとなっている世界だから、やっぱりそのリーダーをI番として番号を振り直そう」と考えます。

こちらはAマイナーキーの場合です。Cメジャーキーの時には「VIm」と呼ばれていたAmさんが、リーダーらしく「Im」という名前で呼ばれることになります。
ただ、このシステムもやっぱり、メジャーキー/マイナーキーをくっきり分けようとするクラシック理論の名残りにすぎません。この方式を採用すると、以下のような問題点が生まれます。

  • 2種類のディグリー振りを暗記して使いこなすのは2倍たいへん
  • 長調/短調がハッキリ判別できない曲で、どちらの番号振りを採用したらいいのかが判断できない
  • III・VI・VIIになんか「♭」がついててややこしい

既に何度も述べているとおり、CメジャーキーとAマイナーキーという仲良し“レラティヴ”な2つのキーの間には、紙一枚ほどの境目しかありません。それを基準に番号を振り直すなんて、非合理です。自由派ではシンプルに「マイナーキー=VImさんがリーダーとして頑張っている世界」と考え、ディグリーの振り直しはしません

例えばDmというコードは、CメジャーキーでもAマイナーキーでも、どちらだとしても「IIm」と呼ばれます。これなら、長調短調がハッキリしない曲に遭遇しても困る心配がありません😇


なかなか話として長くなってしまいましたが、要点をまとめると話はシンプルです。

現代の音楽のコード進行の基礎を担っているのは、メジャーコード3つ、マイナーコード3つの合わさった6つの「基調和音」たち。そしてそれらにI〜VIの番号(ディグリーネーム)を振り、今後はその番号を用いて呼んでいく。

この節のまとめ
  • コードネームによる表記では調によって響きが変わってしまい、正確に意図が伝えられません。
  • そこでコードに数字を割り当てたものがディグリーネーム(度数表記)です。
  • ディグリーネームは、あるコードがキーの中でどのポジションを担っているかという「相対位置」を示します。
  • 自由派では、“レラティヴ”な2つのキーに対して、単一のディグリー振りを行います。

Continue