Skip to main content

1 和音ごとの役割

前回の話はこうでした。「六つの基調和音」はメジャー3人衆とマイナー3人衆に分かれるが、それぞれが異なった役割を担っている。

レラティヴの鏡関係

例えばIはメジャーキーのリーダーとしてふるまい、それに対してIVVは曲を展開をさせる役目を担っている。だから音響としては同じ「メジャーコード」なんだけども、3人は決して同一の存在ではない

聴感覚的に言えば、Iのコードには「着地した感じ」「帰ってきた感じ」のようなものがある。

IVI

この感覚は、メロディが「中心音」に至ったときに「帰ってきた」と感じるのと同類の認知現象です。

2 機能和声とは

音楽理論においてはこのようなコードの展開上の役割を機能Functionと呼び、「機能」に基づいてコード進行を論じる理論を総称し機能和声Functional Harmonyと言います。

機能 (Function)
あるコードの、その調内における意味。音楽の展開文脈上で与えられた役割やふるまいの種別。1

今まではメジャーコードとかマイナーコードとか、コード単体のことしか論じていませんでした。今回は、「時間芸術」としてのコード進行の組み立て方を学んでいく、大切な回と言えます。

機能論いろいろ

しかしこの「機能論」、実は流派・著者によって異なるバリエーションがたくさん存在しています。元々のオリジナル版は──19世紀末ドイツで生まれたのですが──まず3つのメインカテゴリ、その下にまた無数のサブカテゴリという2段階でグループ分けをするというものでした。

激しい記号ふりHugo Riemann “Harmony Simplified” 英訳版 (1896年)

しかしご覧のとおり、記号がやたらと難しくて、普及は失敗に終わります。でも後世の理論家はこれにインスパイアされて、思い思いの「機能論」を発案していきました。モノによって考え方がまるで違っています。2

ここではまずポピュラー音楽での実用性が高い流派のものをベースに紹介しつつ、最後にまたこの流派差について触れることにします。

3 TDSの三機能種

さて、メジャー3人衆でいうと、Iのコードはキーのリーダー、中心であり、到達することで「終止感」「着地感」のようなものを得られるというのは前回説明しましたね。

Iの特質

例えば古典派クラシックでは、メジャーキーの楽曲ならIで始まりIで終わるのが大原則です。コード進行の締め役、まとめ役のような“役割”を、Iのコードは担っているわけです。

IVとVの機能差

それでは「下の仲間・上の仲間」であるIVVはどうでしょう? どちらも楽曲に“動き”をもたらす展開役ではありますが、その聴覚印象は異なります。

IIVIIV
IVIV

比べるとIVの方がフンワリと穏やかで落ち着いた雰囲気、「微妙に動き出した」くらいの展開を演出します。対するVの方はよりグイッと持ち上がって、興奮・高揚・緊張のようなもの、展開のピークを感じさせる力があります。

IVの特質
Vの特質

だから「サビの直前」のように盛り上がりを作りたい場面ではVを使うのが適役(ベタ)で、逆に「Bメロの冒頭」みたいな箇所ではIVの方が適役……といった風に、それぞれの活きる使いどころというのが異なります。
音響としては皆同じメジャーコードなのに、3人ともが違う働きをする。このことを理解して曲を組み立てていこうというのが、機能和声論の主旨です。

機能の名前

例えばCというコードひとつとっても、キー次第でIVIVのどの役割にもなりうる。このことを明示するために、各役割にきちんとした名前を与えることにしました。それが以下のとおりです。

コード 機能名
I トニック機能(T)
V ドミナント機能(D)
IV サブドミナント機能(S)

それぞれのコードを聴いたときのあの“感じ”を、TDSという3文字に託しました。3

同様にして他のコードたちも、展開の中でどんな役割を果たしているかをTDSで大別してしまおうというのが、多くの機能論のやり方です。

4 マイナーコードの機能

基調和音のうち残り3人はみなマイナーコード。“レラティヴ”なマイナーキーを司るメンバーたちです。

マイナーコードたち

彼らも「リーダー・下の仲間・上の仲間」という関係性自体は同じだということを、前回確認しましたね。だから機能についても同じことが言えて、まずVImが終止役、そして2人の展開役についてはIImの方が比較的穏やかで、IIImの方がより劇的な情感を演出します。

VImIImVImIIm
VImIIImVImIIIm

ただ、IVvsVに比べると、IImvsIIImはその差が少し分かりづらいかもしれません。IIImが持つ質感は、Vが持つ“興奮・緊張”とは少し違った、すごく玄妙な表情を持っていますね。

そうはいっても関係構造として同一なものがあるということで、この3人もまたTDSの機能グループに振り分けることにしました。

コード 機能名
IVIm トニック機能(T)
VIIIm ドミナント機能(D)
IVIIm サブドミナント機能(S)

すると六つの基調和音がこうして綺麗に、2×3のグルーピングで分類されることになります。4

前回もあったとおり、同機能のコードどうしであれば、編曲中に入れ替えても音楽のストーリー性をさほど変えることなく成立させられる可能性が高いです。ただその成功度合い・成功確率には差があって、最も仲良しなのはIVIImのペア、対して微妙な関係なのがVIIImペアという話でしたね。機能論は決して「同機能なら交換可能」を保証するものでは(本来)ありません

IIImと文脈依存性

実際の曲では、メジャー3人衆とマイナー3人衆は合わさってワンチームとしてさまざまなコード進行を作ります。その中で際立ってユニークなふるまいをするのが、先ほど“玄妙”だと形容したIIImさんです。

IIIm

このコードは、立場としてはVに相当する存在ですが、マイナーコードだからなのか、どこかドンヨリとして悲しげなテイストを持っています。そのため前後関係やフレーズによっては、音楽の勢いをいったん休止するような役割、つまりはトニック機能に類する効果を感じさせる時があるのです。

IVIIImIImVIm

こちらがその一例。IVIImの間に挟まれたIIImはさほど主張が強くなく、大きな盛り上がりのピークを作っているかと言われると、微妙なところ。流派によっては、このような類のIIImをT機能であるとみなします。

実際にコードをIやVと入れ替えてみると、言わんとするところが見えやすいかと思います。

IVIIImVIm
IVVIImVIm

Vに変えた方はその部分だけがグッと持ち上がってしまって、音楽的ストーリーがずいぶん変わってしまいました。Iの方もまあ落ち着きすぎではありますが、替える前と音楽的に近いのはこちらでしょう。

つまりIIImには“二重人格”のようなところがあって、前後関係や音の配置、メロディの乗り方によってどちらの“人格”が濃く出るかが変わってしまう。そのような特質があります。

  • IIImの二面性
    IIImは、DTのいずれかの役割を果たしうる。それは前後関係から判断するものである。5

VIIImを入れ替えた際の成立度が低い理由を、「機能に二面性があるからだ」と説明することもできるでしょう。たとえ同じコードでも、展開しだいで違った表情を見せることがある。これは音楽のすごく奥深いところで、これを意識しようというのもまた、機能論が作られたもともとの目的のひとつです。

小まとめ

そんなわけで、同じリーダー役を務めるIVImはトニック機能、やや穏やかな展開性を感じさせるのがサブドミナント機能のIVIIm、展開上のピークとなる点を作るのがドミナント機能のVIIImで、しかしIIImには一筋縄ではいかない二面性がある……。これが六つの基調和音の概観となります。

3つのグループ

1 2 3