Skip to main content

1. 跳ねるリズム

リズムの世界には、「跳ねる」リズムと呼ばれるものがあります。まずは下の2つの音源を聴いてみてください。

上が普通のリズム、下が跳ねているリズム。この「跳ねるリズム」、聴き覚えはあるかと思います。「跳ねている」という表現がしっくりくるような、軽快なリズムです。
この2つのリズムは、拍子やテンポが違うんでしょうか? でもカウントしてみれば分かるとおり、どちらも同じテンポの4拍子です。

ね。では一体、何が違っているんでしょうか?

サブディビジョン

違うのは、拍の分割の仕方です。通常のリズムにおいては、拍子や拍は常に2等分を繰り返して、4,8,16…という風に時間が等しく割られていきます。

それに対して、「跳ねるリズム」は1拍を3つに分割するのです!そして、基本の比率を2:1に振り分けつつ、たまに1:1:1で等分して、1拍に3回音を鳴らします。

「タカタカ」という1:1の比率による規則正しい分割ではなく、「タッカタッカ」という2:1の比率、偏りのある分け方をするのです。それはまるでスキップをしているような感覚に近くて、だから「跳ねるリズム」と呼ばれます。

このようなリズムのことを、シャッフルShuffleと言います。逆にシャッフルしていないリズムを指すときにはスクエアSquare、もしくはストレート、イーブンといった言葉を使います。

3分割しているならそれは「3拍子」のことじゃないか?と思うかもしれませんが、「拍子」の世界とはちょっと論じている層が違くて、あくまで4拍子は4拍子。その内側、「拍」の世界の分割法が違うということなんです。

この「小節をさらに細かい区切りで分割すること、また分割したもの」のことを、サブディビジョンSubdivisionといいます。だから「シャッフルのビートとスクエアなビートでは、拍子は同じだけども1拍のサブディビジョンが違う」という言い方になります。1

スキップをしているようなノリということでそのリズムからはウキウキ感、ドキドキ感が感じられ、それゆえノリのよい曲でよく使われます。

シャッフルビートの楽曲例

こうやってたくさん聴いているうちに、シャッフルの持つリズム感が身体に入ってきたのではないでしょうか?
ピアノの和音をチャコチャコ弾くか、ギターをズンズン鳴らす曲が多いですね。

速いテンポとシャッフル

上例のような、穏やかにスキップするくらいのテンポであれば、明るく楽しい感じになりますが、そのままテンポを上げていくと、かなりヒートアップした感じのロックソングにピッタリなリズムになります。

のどかなBPM130のシャッフルビート
ホットなBPM200のシャッフルビート

どこかで聴いたことのあるリズムだと思います! ロックの代表的なビートのひとつですね。

I章で「モータウンビート」という名前で紹介したリズムで、基本的にモータウンビートはシャッフルしています。このいかにもロックらしいノリの背景には、シャッフルの力があったんですね。

ジャズとシャッフル

そのノリの良さからロックやポップスで愛用されているシャッフルビートですが、ジャズでも同じように跳ねたリズムはおなじみです。

ただしジャズではあまり「シャッフル」という言い方をせず、もっぱら「スウィング」といい、同じ「跳ねるリズム」であっても、シャッフルが単純に2:1の分割を指し示す語であるのに対して、スウィングという言葉には“ジャズ的なリズム感で”という特段の意味合いが込められている場合があります。ただ、何をもってジャズ的であるかという観点には、人によって若干のブレがあります。2

スウィングの楽曲例

時代にもよりますが、一般人が想像する「スタンダードなジャズ」といえば、こんな風にスウィングするのがおなじみです。

2. ハーフタイムシャッフル

とてもノリのよいシャッフルですが、通常の2分割より3分割の方が細かいため、テンポを上げたときにかなりせわしなくなるという悩みがあります。

なかなかの忙しさですよね。そこで、この3分割のノリを残しつつも気持ちをゆったりさせる解決策を編み出しました。それが、カウントの取り方を半分にするという方法です。

カウントの頻度を半分にして、それに合わせてスネアドラムの頻度も半分にしました。そうすると、聴いた感触としてかなりゆったりした感じになったと思います。これは前回やったばかりの、「ハーフタイムフィール」ですね!

ドラムだけでもう一度聞いてみましょう。

このとおり、すごくゆったりしている。見方を変えれば、「すごく遅いテンポのビートで、ハイハットだけかなり細かく刻んでる」と見ることもできます。

ハーフタイム

普通のシャッフルは8ビートが基盤ですが、こうなると16ビートということになりますね。1小節で16回ハットを刻むことになりますから。
このように、テンポ感を半減させたシャッフルのことを「ハーフタイム・シャッフル」と言います。TOTOというバンドの、ジェフ・ポーカロというドラマーが確立した技法と言われています。

こちらがそのジェフ・ポーカロ。実際にハーフタイム・シャッフルのビートを演奏している動画です。

ハーフタイム・シャッフルの楽曲例

コレに関しては、ちょっと普通のビートとの聴き分けが難しいですね。「タッカタッカ」と口ずさんでみると、リズムの跳ね感が分かるかもしれません。

1 2