シャッフルビート

#1 跳ねるリズム

リズムの世界には、「跳ねる」リズムと呼ばれるものがあります。まずは下の2つの音源を聴いてみてください。

上が普通のリズム、下が跳ねているリズム。

この「跳ねるリズム」、聴き覚えはあるかと思います。「跳ねている」という表現がしっくりくるようなリズムだ。なんだかうまく言えないけれど、普通のリズムとは違いますよね。拍子が違うんでしょうか?
でもカウントしてみれば分かるとおり、どちらも同じテンポの4拍子です。

ね。では一体、何が違っているんでしょうか?

#2 拍の分割法

違うのは、拍の分割の仕方です。普通のリズムは、1拍をさらに2つや4つに分割しています。全ての拍は均等に分割される。


シャッフルなし

それに対して、「跳ねるリズム」は1拍を3つに分割するのです!そして、基本の比率を2:1に振り分けます。

シャッフル

「タカタカ」という1:1の比率による規則正しい分割ではなく、「タッカタッカ」という2:1の比率、偏りのある分け方をするのです。それはまるでスキップをしているような感覚に近くて、だから「跳ねるリズム」と呼ばれるのです。
より専門的な言い方では、このようなリズムのことを「シャッフルビート」と言います。「スウィング」と呼ばれることも。

3分割しているなら「三拍子」じゃないか?と思うかもしれませんが、「拍子」の世界とはちょっと別の話です。あくまで四拍子は四拍子。その内側、「拍」の世界の分割法が違うということなんです。

・・・まあ3分割とか偶数分割とかいうとなんか複雑に感じますが、要するに「スキップしてる時のタッカタッカしたリズム」が「シャッフルビート」だということです! 音で分かれば十分。そのウキウキ感、ドキドキ感がすごいので、ノリのよい曲でよく使われます。

シャッフルビートの代表的な楽曲







こうやってたくさん聴いているうちに、シャッフルの持つリズム感が身体に入ってきたのではないでしょうか?
ピアノの和音をチャコチャコ弾くか、ミュートギターをズンズン鳴らす曲が多いですね。

速いテンポとシャッフル

上例のような、穏やかにスキップするくらいのテンポであれば、明るく楽しい感じになりますが、そのままテンポを上げていくと、かなりヒートアップした感じのロックソングにピッタリなリズムになります。

のどかなBPM130のシャッフルビート
ホットなBPM200のシャッフルビート

どこかで聴いたことのあるリズムだと思います! ロックの代表的なビートのひとつですね。

このいかにもロックらしいノリは、シャッフルビートの効果が大きいのです。

ジャズとシャッフル

そのノリの良さからロックやポップスで愛用されているシャッフルビートですが、ジャズでも同じように跳ねたリズムはおなじみです。

ただしジャズではあまり「シャッフル」という言い方をせず、もっぱら「スウィング」といい、同じ「跳ねるリズム」であっても、上に挙げたようなロック的演奏は「シャッフル」、下に示すジャズ的な演奏は「スウィング」と言い分けるような風潮があります。1

スウィングの楽曲例


時代にもよりますが、一般人が想像する「スタンダードなジャズ」といえば、こんな風にスウィングするのがおなじみです。

#3 ハーフタイムシャッフル

とてもノリのよいシャッフルですが、通常の2分割より3分割の方が細かいため、テンポを上げたときにかなりせわしなくなるという悩みがあります。

なかなかの忙しさですよね。そこで、この3分割のノリを残しつつも気持ちをゆったりさせる解決策を編み出しました。それが、カウントの取り方を半分にするという方法です。


ハーフタイム

カウントの頻度を半分にして、それに合わせてスネアドラムの頻度も半分にしました。そうすると、聴いた感触としてかなりゆったりした感じになったと思います。これは前回やったばかりの、「ハーフタイムフィール」ですね!

ドラムだけでもう一度聞いてみましょう。

このとおり、すごくゆったりしている。見方を変えれば、「すごく遅いテンポのビートで、ハイハットだけかなり細かく刻んでる」と見ることもできます。

ハーフタイム

普通のシャッフルは8ビートが基盤ですが、こうなると16ビートということになりますね。1小節で16回ハットを刻むことになりますから。
このように、テンポ感を半減させたシャッフルのことを「ハーフタイム・シャッフル」と言います。TOTOというバンドの、ジェフ・ポーカロというドラマーが確立した技法と言われています。

こちらがそのジェフ・ポーカロ。実際にハーフタイム・シャッフルのビートを演奏している動画です。

ハーフタイム・シャッフルの楽曲例





コレに関しては、ちょっと違いがよく分からないという人もいるかもしれませんね。ただリズムは身体で感じるものなので、感じ取ってもらうしかないのです。このシャッフルが理解できると、リズム理論のビギナー脱出って感じです。

#4 曖昧なシャッフル

さて、「偶数分割」か「三分割」かの二者択一のような書き方をしましたが、実際にはその中間くらいというパターンもあります!
場所によって跳ねたり跳ねなかったりするとか、あるいは曲のうちドラムだけがシャッフルする、など曖昧なものもたくさんあって、その曖昧さがシャッフルの魅力であり奥深さでもあります。

微妙にシャッフルしているリズム

「いかにもノリを良くしました」というあざとさを感じさせず、かつリズミカルにしたい。そういうような場合には跳ね具合やパート配分をして上品なシャッフルビートを作ります。作品例としては…

ドラムがおおむねシャッフルしているのですが、普通にドコドコ叩く場面があったり、曲全体はまったりしていたりと、跳ねアリと跳ねナシが交ざりあう曲です。

サビ後のインストパートが分かりやすいです。ドラムは比較的はっきりとスウィングしているのですが管弦楽器は緩い跳ね方をしており、露骨すぎない大人な跳ね方とでもいった感じです。

パートによって跳ねたり跳ねてなかったり、また同じパートでもフレーズの一部分だけ跳ねたりだとか、いろいろと微細な揺れがあって、それが独特のノリを作っています。
上のサンプル内でいうと、「Put it up!」のところはシャッフルしてないですが、ドロップ直前の「メキトゥザメキトゥザ」のところははっきりシャッフルしてますよね。

コテコテのシャッフルは、最近あまり使われにくくなってきた印象があります。作れる曲のイメージがけっこう限られてきちゃいますからね。ハーフタイムシャッフルはあまり目立たないので、ポップスやR&Bの分野でよく使われます。
ほか、ジャズだとジャンルによってはシャッフルがかなり好まれています。

シャッフルは基本的に人間的・肉体的なリズムなので、電子音楽では全般的にあまり使われません。珍しい例として、Skrillexの「Right On Time」のように面白おかしくハーフタイム・シャッフルを取り入れている曲もありますが・・・。

上の「Recess」もそうですし、ジャンルにとらわらず使ってみると新しい発想が出てくるかもしれません。

この節のまとめ
  • リズムを1:1(タカタカ)ではなく2:1(タッカタッカ)に分けることを「シャッフル」「スウィング」といいます。シャッフルすることを「跳ねる」ともいいます。
  • ブルースやロック系の跳ね方を「シャッフル」、ジャズ系の跳ね方を「スウィング」と呼ぶ傾向があります。
  • 完全な2:1にしない、一部の楽器だけシャッフルする、など曖昧さをもった使い方があります。

Continue


1,2,3,4のかけ声のサンプルは、「あみたろの声素材工房」さんで配布されている素材を使用しました。