8ビートと16ビート

#1 ビートの種類

「3点セット」のうち、ハイハットがいちばん細かくリズムを刻み、詳細なリズム感を決定するという話を前回いたしました。そのリズムには簡単な分類が存在しています。それを紹介するのが今回の内容。

8ビート

拍子と小節

こちらは前回使用したサンプル。ハイハットの刻み方をみると、1小節の中で8回のリズムを刻んでいることが分かります。このようなドラムの叩き方のことを、8ビートといいます。
8ビートは、大衆音楽の多くのジャンルで「基本形」とでもいうべき形です。

16ビート

でも、ちょっと頑張ればハイハットを2倍の頻度で叩くこともできます。

16ビート

こんな感じですね。刻みが細かくなるため、当然軽快なリズムが生まれます。ファンク系のジャンルで愛用されているほか、ロックでもよく使われます。このように、「1小節で16回」のハイハットを基調にしたビートを、16ビートといいます。


疾走感があるので、こういうハイテンポのロックにぴったりなのです。これが一番の典型的な16ビートの活用法と言えますね。

もう少しゆっくりのテンポになっても、16ビートはカッコいいです。8ビートよりも急き立てるような感じがあるので、情熱的な曲ではとてもよく映えます。

こちらはさらにテンポが遅い例。テンポが遅いとそれだけドラムに隙間が空くことになるので、それを埋めるような意味合いで、タンバリンやハイハットが16ビートを刻んでロック感を保っています。

8ビートと16ビートの組み合わせ

特にダンスミュージックでは、ハイハットが8ビートをやる傍らで、シェイカーが16ビートを重ねるようなリズムが定番のひとつとしてあります。

シンプルな裏拍のノリと、16ビートの細かいノリが合わさることで、複雑すぎずシンプルすぎずの良い感じのリズムが出来上がります。リズムは本当に、ジャンルによって好みが別れるものです。

12ビート?

8ビートや16ビートは、非常にざっくりとした概念です。例えば、細かく刻んだり刻まなかったりするリズムを、いちいち「12ビート」とか「13ビート」とか呼んだりはしません。


こちらの曲は、1小節につきおおよそ12回ハイハットを叩いていますが、細かいことは気にしません。この曲の場合、16ビート特有のリズミカルさのようなものをそこまで押し出していないので、「装飾の多い8ビート」と捉えるのが一般的でしょう。

また、上のような三拍子の曲であれば、1小節に6回のハイハットを刻むことになりますが、これを6ビートと呼ぶこともありません。このリズムについては、8ビートだと言う人もいれば、「8ビートは四拍子のリズムに対してあてる言葉なので、このリズムに特別な名前はない」という人もいます。まあ、どっちでもいいでしょう。

ようは「スタンダードな感じ=8ビート」、「細かく刻んでいる感じ=16ビート」ってことなのだと思ってしまえば問題ありません。

手の数に注意

ちなみに先ほどの16ビートのサンプルでは、ハイハットが抜けている箇所がいくつかありましたね。

抜け

速めのテンポで16ビートを演奏するときには、両手を使ってハイハットを演奏するのが普通です。片手でやるには高速すぎますからね。しかしハイハットに両手を費やすとなると、スネアを弾く手がなくなってしまいます。
ですからスネアを弾くときには、ハイハットを弾くことを諦めなければならない。ハイハットとスネアを同時に鳴らすことは不可能ということ。もちろん熟練したドラマーは片手で高速ハイハットを刻むスキルを修得したりしていますけども、基本的にはやりません。
ちょっとイメージが湧かないという人は、実際の演奏動画を見るといいでしょう。

打ち込みでドラムを作る際には、きちんと二本の手だけで叩ける演奏になっているかをチェックするとよいですよ。

32ビート

最近のEDMでは、16ビートよりもさらに刻みを細かくした、「32ビート」が一部ジャンルで人気になっています。


これは、電子ドラムのか細いハイハットだからこそ成立するサウンドです。生のドラムでここまでハイハットを連発してしまうと、ちょっと目立ちすぎてしまいますからね。
ただ人間の手であっても、ファンクやフュージョンといったジャンルで、ちょっとした技巧としてこれくらいの速さで刻むことはあります。

その場合は、上のサンプルのように、ハイハットとスネアを組み合わせてリズムを刻むのが一般的です。おしゃれですよね。プロドラマーたちの演奏には、単にスパーンと鳴らすスネアとは別に、このような「装飾」としてのスネアが細かく紛れこんでいます。その「装飾」の巧さが、ドラマーとしてのスキルのひとつなのです。

#2 ゴーストノート

先ほどのような、リズム隊の目立たない装飾的な音のことを、ゴーストノートGhost Noteといいます。

ちょっと、ゴーストありとなしでサウンドがどう変わるか聴き比べてみましょう。

ゴーストノートなしのドラム演奏
ゴーストノートありのドラム演奏

ささやかではありますが、非常に大きな違いです。前者は単にアクセントを表現しているだけで味気なく、対して後者は繊細にリズムの形が描き出されています。

ゴーストノートはドラムに限らず、ベースの演奏でも重要になってくるものです。

ゴーストノートなしのベース演奏
ゴーストノートありのベース演奏

ゴーストノートが微妙なリズミカルさを生み出しています。ほんのちょっとの違いですが、これが曲になった時、大きな印象の違いとなって現れてきます。
打ち込みでドラムパートを作るときなんかは、このゴーストノートを意識してあげると、一段階クオリティがあがります。手間はかかりますけどね。
エレキベースについても、このゴーストノートの音が収録されているものが有償製品だとよくあって、細かく作り込むことでリアルさを追求できるんですよ。

四拍子・三拍子のような大きなくくりだけではなく、こうした「刻み」を工夫することで、曲に躍動感を与えることができるのです。

この節のまとめ
  • リズムの刻み方は「8ビート」と「16ビート」の2つに大別することができ、ハイハットやシェイカーといった高音域のパーカッションの演奏によってそれが決まります。
  • ビートの種類はハッキリと明確に分かれるものではなく、8ビートか16ビートかは、慣例的(聴いた感じやジャンル)によって決まる部分もあります。
  • メインのリズム音と比べて小さな音量で演奏される装飾的な音のことを、「ゴーストノート」といいます。

Continue


1,2,3,4のかけ声のサンプルは、「あみたろの声素材工房」さんで配布されている素材を使用しました。