調と調性

音楽理論 準備編

#1 調とは

「ハ長調」や「ト短調」といった言葉は、音楽の授業で習ったと思います。調Key/キーという概念は、実際の作曲経験を重ねていかないとなかなか把握がしづらいのですが、簡単に言ってしまえばその曲で使われているメインの音階を示すものです。

  • ハ長調
    ハ音(ド)からはじまる長音階が主に使われている状態
  • ト短調
    ト音(ソ)からはじまる短音階が主に使われている状態

長音階を中心にしていたら「長調」、短音階を中心にしていたら「短調」と呼ばれることになります。なので、音階のことが分かっていれば、調のこともマスターしたも同然です。

あるいは、「中心音」の考えと結びつけてあげてもいいかもしれませんね。

  • ハ長調
    ハ音(ド)が中心音の、明るい曲調
  • ト短調
    ト音(ソ)が中心音の、暗い曲調
英語での言い方

英語で調は「キー」と言います。ですから英語の表記ではこんな感じ。

  • Cメジャーキー
    Cメジャースケールが主に使われている状態
  • Gマイナーキー
    Gマイナースケールが主に使われている状態

このサイトでは、「イロハ」の表記よりも「ABC」の表記を推奨しているので、今後もこちらの英語の方を使っていきます。

メジャーキー(長調)とマイナーキー(短調)の境目が何なのか気になる方もいるかもしれませんが、その境目は、実はかなり曖昧です。だって、そもそもの「スケール」の長短自体が、人間の認知によって決まる曖昧なものでしたからね。その辺りは、コード編に進んでいくとドンドン把握できるようになりますから、今は気にしないで進みましょう。

#2 音階、調と調性

しかし、なぜわざわざ「スケール(音階)」と「キー(調)」という風に2種類の言葉を使っているのでしょうか?

これにもちゃんと理由があります。「音階」というのはあくまでも音の並び、配列、それ自体を表す言葉です。「調」という言葉が意味するところは、その曲が「その音階にしたがって作られている状態にある」という、状態を説明するための言葉なのです。

「この曲はCメジャーキーです」はピンと来るけど、「この曲はCメジャースケールです」は、妙な言い方なんですね。「Cメジャースケールを中心に構成されています」というところまで含めた言葉が、「Cメジャーキー」というわけです。

調性

そして音楽界には調性Tonalityという言葉もあります。これは、曲の中で「特定の調が感じられる」という「性質・状態」を指す言葉であり、「調性がある」「調性がない」という言い方をするのが一般的です。1

「調性のない音楽」というのは非常に珍しく、「無調音楽」とも呼ばれますが、ポピュラー音楽界ではまずありえません。現代音楽やノイズ・ミュージックといった特殊ジャンル以外では、まあ見かけないものです。

無調音楽の例

せっかくなので、そういう変わったジャンルも少し聴いてみましょうか。ノイズ・ミュージックは、音量に注意してください。

こんな感じです。そんなわけで、音の配列そのものは「音階」、ある音階が中心になっているという、曲の状態を指すのが「調」、そして調が感じられるという性質を指すのが「調性」ということですね。

  • 音階(Scale)
    音の並び、配列そのものを指す言葉。
  • 調(Key)
    なんの音階・どの音・どんなコードを中心に曲が成り立っているか。その状態を示す言葉。
  • 調性(Tonality)
    調が感じられて、特定できる状態に曲があるということを示す言葉。

#3 転調とは

曲の途中でキーが変わることを、転調Modulationと言います。キーが変わるというのは、つまりは以下のようなイベントが曲中で起きるということです。

  • メインに使う音階が変わる。(使うコードも変わる)
  • 我々の認知する中心の位置が変わる。

たとえばカラオケで、歌いやすいようにキーを上げ下げして調整したなんて経験が、あるのではと思います。
そうするとカラオケマシーンは、伴奏のメロディやコードを全て変更する。その時、最初は少し戸惑うけど、すぐに新しいキーに合わせて歌えますよね。中心の位置が変わったことを脳が認識し、すぐさまアップデートしているのです。

こちら、大サビ前にメロディがリードしながら2回転調するという、とても分かりやすい転調の例です。「気づいたら」というフレーズを3回、音程を上げながらリピートしていますね。

気づいたら

こうすることで、リスナーに「基準となる音程が、上がってますよ〜」というのを明確に植えつけています。中心の位置を認識させ直すことで、転調が成立します。

実際には、歌のない間奏のところや、パート(Aメロ、サビなど)が切り替わる瞬間にさりげなく転調するようなパターンが多いですね。音楽理論に詳しくなると、転調もスムーズに行ったり、あえて大々的に行ったり、自由にやれるようになります。ここではまだ、転調を語るには知識が足りません。後回しにしましょう・・・。

#4 楽譜上での記号

ここからは、楽譜で調をどう示すかを説明しますので、ピアノロールが主体で五線譜と縁がない方は軽く読んで飛ばしてしまってもしばらくは問題ありません

Eメジャースケール

こちらはミを中心音に据えた、「Eメジャースケール」です。これを中心に作った曲は「Eメジャーキーの曲」と呼ばれることになる。
そして前回、Cメジャースケール以外では、常に♯か♭がつくのが普通という話をしました。
でもコレって、楽譜を書く人からしたら大変です。Eメジャーキーの曲なんか、あっちもこっちもシャープだらけだ。そこで編み出されたのが、調号Key Signatureという概念です。

調号

調号

「調号」の発想はすごく簡単で、シャープ・フラットをつけるべき場所をもう楽譜の左側に全部まとめて書いちゃえ! という仕組みなのです。それでもう、あとは何回出てきても、どんな高さで出てきても、全部シャープをつけてくださいというサインにしてしまうのです。

実際の楽譜で、見てみましょう。

楽譜れい

今回は、ファ・ド・ソにシャープが付くというのを、初めに宣言しています。そして「調号の宣言により、シャープは書いてないけど、シャープをつけて弾くことになる」箇所に、赤でマルをしました。めちゃくちゃ大量のシャープを書く手間を節約できていることが分かります。

もしかしたら、ナチュラル(♮)の記号の存在意義って何なの? と思っていた方もいるかもしれませんが、こんな風に「調号によって常にシャープがかけられている状態を一時的に解除する」ために使われることが非常に多いです。

だから楽譜を見ながらピアノを弾く人は、どこにシャープが付くのかを意識しながら弾いてるってことです。ちょっとスゴイでしょ。調号を暗記すれば、一瞬でキーを判定することが出来ますから、楽譜を読むことがある人は少しずつ覚えていくとよいです。

臨時記号

「調号」に対して、普通のシャープ・フラットは臨時記号Accidentalと呼ばれます。

「臨時記号」は、オクターブ上や下の音には影響を及ぼさず、また効果も一小節しか持続しません。
対して「調号」は全ての高さの音に影響し、また一段に一回書けば段の終わりまでずっと持続するという決まりになっています。

一例

こちらは楽譜の一例。薄い緑が、「調号」が影響を及ぼす範囲。緑で貫かれた音符は全てシャープをつけます。黄色は「臨時記号」の影響を受けた音。他にポイントとしては・・・

  • 赤色の❶は、「ナチュラル」の記号で♭を解除しているので、普通のミ。
  • 赤色の❷は、オクターブ上にいるので手前の♭の影響を受けず、普通のミです。
  • 赤色の❸は、新しい小節に入っているので臨時記号の効果が切れて、普通のミです。

なかなかややこしいですね。❸のような場面はほんとに迷いが生じやすいので、楽譜製作者が「思いやり」で♮の記号を付けてくれる場合もあります。
まあ、楽譜を元に演奏をするのでなければ、五線譜が正しく読めなくてもさほど問題ではありませんので、ここは気楽に行きましょう。

調号の欠陥

この「調号」というシステムは合理的ですが、欠陥もあります。それは、中心の位置がどこなのかを教えてくれないという点。「Eメジャーキー」の時の調号は、「4つ描かれたシャープ」。そこには、中心を示す要素は全くありません。それについては、丸暗記をしないといけないのです。ちょっと、微妙なシステムですよね。

キーの判定

では自分の好きな曲や、あるいは自分の作っている曲を判別したい時にはどうしたらいいのでしょうか? それには、この準備編のラストで紹介する秘密のアイテムが大いに関わってきます。ですので、このまま読み進めていってほしいと思います。

この「調(Key)」というものが理解できれば、音楽理論の核をだいぶキャッチした感があります。さらに先へ進んでいきましょう!

この節のまとめ
  • 調とは、「曲全体でメインとして使われている音階」を示すものです。
  • 楽譜の各段のはじめに、その音階につく符号(=調号)を示すことで調性を表現します。
  • 調号は臨時記号よりも広い範囲に効果が及びます(全ての高さ、楽譜一段ずっと)。

Continue