反行・斜行・並行

メロディ編 Ⅳ章:シェルの研究

さて、これまで「シェル」についてずいぶん色々と学んできました。II章でまず奇数のシェル、それからIV章では偶数のシェルの基本的な性質を知りました。
しかし実際には、メロディやコードは目まぐるしく動き、それに伴いシェルも次々に動いていきます。そのためII章のK/S分析ではまず「コードチェンジした瞬間、小節の頭、ロングトーン」といった目立つ部分の分析からはじめ、IV章では2音の動きに着目するという方法で実践への応用法を学びましたね。

この節では少し広い視点でシェルの変化を見ていこうと思います。

#1 COPに気をつけろ

この記事で注目したいのが、メロとベースの動き方の関係性です。2パートの動きをセットにして観察すると、また新しい発見があるのです。

ひとまずスタート地点として、これまでのK/S分析同様、コードチェンジ時の頭の音に着目することにしましょう。そしてM3/m3のようなQualityの違いにも今回いったん目をつぶり、シェルのQuantity(数字部分)だけを可視化することにします。

こんな感じ

これくらいシンプルじゃないと、情報量が過多になってしまいますからね。コードが変わって、それと同時にメロディも動く。シェルが変わる。その変化に着目します。いざ考えてみると、メロとベースの動き方の関係性は、3つに大別できることに気がつきます。

①逆方向に動く
反行

まず、メロとベースが反対向きに動くモーション。メロが上がってベースが下がればふたりは大きく離れることになるし、逆ならふたりはギュッと近くことになる。距離に大きな変化が生じるので、ダイナミックな動きと言えます。このように2つのパートが逆方向に動くことを音楽理論では反行Contrary Motionと言います。

②どちらかだけが動く
斜行

メロとベースのどちらかだけが動くという形もある。ロングトーンのメロに対してコードチェンジをしたり、ベースがペダル・ポイントを発動している時などがその典型例ですね。この動きは斜行Oblique Motionと言います。片方が固定されているので、落ち着いた感じの動きと言えます。

③同じ方向に動く
並行

最後に、「上行と上行」や「下行と下行」といった風に、ふたりが仲良く同じ方向に動く形。これは並行Parallel Motionと言います。並行の動きは当然ながら、一体感がありますね。

反行、斜行、並行。これは古典派理論の時代からずっと受け継がれて来ている言葉です。

  • 反行 (Contrary Motion)
    2つのパートが逆方向へ動くこと。ダイナミックさがある。
  • 斜行 (Oblique Motion)
    2つのパートのうち片方は動かず、どちらか一方だけが動くこと。落ち着きがある。
  • 並行 (Parallel Motion)
    2つのパートが同じ方向へ動くこと。一体感がある。

この順で並べると頭文字がC・O・Pと並んで、「コップ(COP)に気をつけろ」なんて標語が作れますね! 今回はメロとベースに注目していますが、どのような2パートにおいてもこの言葉は使えます。「フルートとクラリネット」とか「メインボーカルとハモり」とかでもね。

オクターブに注意

用語の注意点が2つあって、まずオクターブの上下はしっかり考慮されます。「接続系理論」なんかでは、「五度上行は結局近い方で見て四度下行」と同一視していましたが、この「反行/斜行/並行」を語る時には、2つはしっかり区別します。

区別

だから今回の話は、「編曲」の世界に踏み込んだ内容と言えます。抽象的な概念としてのコードではなく、具体的に動く楽器のラインを見ていくのです。

等並行

もうひとつ、跳躍・順次といった移動の度数は名前に関係ありません。例えば「並行」と聞くと動きがピッタリ揃っていないとダメな気がしちゃいますが、そうではない。例えば片っぽが2度上行で片っぽがオクターブ上行でも、向きさえ揃っていれば「並行」と呼びます。

移動量関係なし

しかし!「2パートが度数を綺麗に保ったまま移動する並行」と、「2パートで度数が違う並行」とでは、与える印象はやっぱり違います。ですので自由派では、ここに関して用語を作って区別しようと思います。シェル関係(=2音のインターバル)が変わらないような並行を、等並行Equal Parallel Motionと呼ぶことにします。

  • 並行
    2つのパートが同じ方向に移動すること。
  • 等並行
    2つのパートが同じ方向に、しかも度数関係(Quantity)が変わらないように移動すること。並行の一種であり、並行の中の特別なパターン。

ここでいう「度数関係が同じ」というのは、「Quantityが同じ」と定義しておきます。つまり、2パートの関係が「長3度」から「短3度」に変わったとしても、「3度」という点では変わっていないので、それは「等並行」に含めます。
今後もしかしたら、「Quantityだけ同じの並行」と「QualityもQuantityも同じ並行」を区別すべきときが来るかもしれませんが、この節ではそこまで論じる予定がないので、ひとまず名前はつけないというスタンスでいきます。

並行と等並行

もし区別したかったら、「3度の等並行(=M3/m3を問わず3度)」「M3の等並行(M3→M3)」なんて言い分けることもできますしね。

このC.O.P.は、最小の目線で言えば、あらゆる楽器の各一音一音の関係についてこの方向分析が可能なわけですよね。どれくらい細かく見るかで、大変さも変わっていきます。本格的なクラシック理論だと各パート同士の関係が全て美しくなるように細部まで理論化されています。そうじゃないと、オーケストラのような大編成で美しいハーモニーを奏でることが出来ないですからね。

でもまあポップスならやっぱりまずメロとベース、特にコードチェンジの繋ぎ目を気にするくらいで最初は十分だと思います。レベルアップしていったら今度はメロとベースに加えて後ろで鳴ってるストリングスの位置どりも…なんて具合に、気にするパートを増やしていくとよい。

#2 シェルの変化を見る

それではここからは、それぞれの動きにおいてシェルがどう変化するのかに注目していきます。

反行の場合

反行の動きにおいては、シェルは変化することの方が多いです。

反行

後半のように、偶発的に移動前後でシェルが揃うことも時々ありますが、変化することの方が多いでしょう。反行は、2パートの距離がダイナミックに開閉するだけでなく、シェル関係も多彩に変化し、曲に様々な彩りをもたらす進行であると言えます。

斜行の場合

斜行の場合も同じで、パートがオクターブで移動しない限りはシェルが変化します。

斜行

メロが固定されている場合とベースが固定されている場合とがありますが、今回は全部メロ固定で行きました。

片パートが動いたぶんだけシェルが動くので、両パート同時に動く反行よりはシンプルな感じがしますね。斜行は距離の変化に関してはシンプルですが、彩りの変化は十分にある。そんな風に言えそうです。

並行の場合

並行

並行については、等並行であればシェルのQuantityは変わらない、そうでない並行なら変わるということになりますね。「等並行」はやはり特別なモーションなので、「等並行」になっているところはイコールのマークをつけました。

2パートが等並行を続ける場合、同じシェルが連続することになる。それは良い意味にとれば統一感がある、悪い意味にとれば彩りに欠けるとも言えます。
もともとカラフルな3rd Shellや7th Shellは連続しても何ら問題ありませんが、Root Shellや P5 Shellで等並行が続くと、音響的には少しモノトーンに聴こえる可能性もあります。上の3つの音源はコード進行が同じなので比較しやすくて、「反行」と「並行」を聴き比べると、「並行」の方がだいぶストレートな印象を与えます。

とはいえそんなに大きな影響ではないですし、モノトーンさが逆に活きる場面というのもありますので、シェルの話と同じですべては一長一短。その辺りは後述します。

#3 実例で比較

それではこの「C・O・P」が与える印象の違いを、実際の楽曲で見てみましょう。

反行の例①

こちらユーミンの名曲。サビ頭の「次の」の部分が、メロはドレミの順次上行、ベースはドシラの順次下行という風に綺麗に反行しているという分かりやすい例。この場合、シェルはRt-3-5という風にウマイこと落ち着いた奇数シェルをたどっています。

14番目の月

ルートからスタートするとこうなるわけですね。やはり、起きている現象が複雑。理論的視点がレベルアップしたように思います。メロとベースの距離が広がり、シェルも次々と変わっていく。それがとても華やかに感じられるわけです。

ちなみにこの曲、その次の「欠ける」のところは一転して並行が続きます。

14番目の月(2)

3rd、3rdという安定の動き方でやや大人しくなっていて、先ほどの反行とのコントラストが際立つ。こんな小さなところにも、センスが光っているんですね。

反行の例②

反行はシェルの変化が複雑なので、もうひとつくらい見ておきましょう。

動画冒頭のサビ部分。ベースはIから順に下がっていく定番の動き。それに対しメロディは大きく広がっていきます。

明日への手紙

部分的には斜行も含まれますが、全体的に見るとかなり反行を活かした部類と言えます。奇数シェルを黒、偶数シェルを灰色で表してみましたが、こうして見るとやっぱり美しく奇数シェルを辿っていることが分かります。しかも、IやVのようなパワーのあるコードでは5th、対してIV,VIm,VIIØといった切ない系のコードでは3rdや7thを取っていて、その辺りも完璧な配分としか言いようがありません。

斜行の例

斜行の場合は動くのが片方なので、シェル変化の分析はしやすいです。

エンダーーーのフレーズでおなじみのこの曲。サビのメロディは主音で伸ばしている場面がとても多いですね。伸ばしている間にコードがドンドン変わっていくので、メロ・ベース感で斜行のモーションが生まれます。

I always love you

今回はベースがDrop Nexusで3度ずつ降りていくので、シェルも1-3-5とこれまた綺麗に奇数を辿って変化していきます。やはり偶数シェルは何かと扱いに難しいところがあるので、ロングトーンと合わせるなら奇数シェルがいい。反行でも斜行でも、どんな動き方をした場合に奇数シェルを辿れるのか・・・なんていうパターン研究も、奥深いものがあります。

並行の例

並行の中でも今回は特に、「等並行」のパターンを取り上げたいと思います。

こちらおそらく、等並行のサウンドが世界一分かりやすい例ではないかという、スピッツの「ガーベラ」。1:35から始まるサビの間じゅう、コードはシンプルに4-5-6。メロは少しずつ順次進行というユニークな構成になっています。
まず最初の「ハロー ハロー ハロー 」ではずっと3rd Shell。

ガーベラ (1)

メロもベースも順次上行なので、シェルの変わらない等並行になります。その次の「ありのまま」では、5th。

ガーベラ (2)

“無色透明”のP5th、パワーコードみを感じさせるこの部分は、先ほどの3rd Shellの時よりも心なしか力強く感じられます。“感情的訴え”を司るミの音に至っているという、カーネル的な側面もありますね。

3回目は7thということになります.

ガーベラ (3)

7thがこうやって三度も続くのは珍しいパターンかなと思います。特に、V7の時に生じたファのメロディは、強傾性音で半音下行したがるところを、あえて上に突き抜けてソに行くというところ、そこの「掟破り感」は曲想によく貢献してますね。
先ほど「等並行はモノトーン」という話がありましたが、今回のような薄暗さのある曲ではそれがしっかりプラスに働いています。

「彩り豊かで華やか」な反行の動き、「穏やかで上品」な斜行の動きと比べると、並行は「ストレートでパワーがある」という風に言えるかもしれません。むろん、何のシェルで並行するかによっても変わりますが。

コントラストを活かす

最後に少しユニークな例として、反行と並行のコントラストを活かした曲を紹介します。

こちら、テレビの料理コーナーなんかでよく聞く「Chopsticks(The Celebrated Chop Waltz)」という童謡。この編曲は最もシンプルなバージョンで、「ピアノをチョップ🙅‍♂️するだけで弾ける」ことが曲名の由来だとか。
見てのとおり、前半は冒頭の斜行を除いてすべて反行、後半はすべて3rd Shellの等並行になっています。
前半はメロがシンプルな代わりに反行の広がりで演出、後半は流れるようなメロディを殺さないよう並行でという、こんな小さな曲の中にもきちんとメリハリが構成されていて、それが世界で愛される所以のひとつかもしれませんね。

#4 編曲に活かす

音同士の距離感が、「広がり」や「華やかさ」「統一感」といった印象の変化に繋がるというのは新しい発見でしたね。今回は「メロとベースの関係」という最も分かりやすい観点を中心にお話ししましたが、これは他にももっと、様々な編曲の際に活かすことができそうです。

たとえばバッキングを考える時、ベースに対して反行を多くすればそのぶん華やかで目立つサウンドに、並行を多くすればより一体感があって溶け込むサウンドに出来る。音色ではなくフレーズからその音の目立ち方をコントロールできるという話になります。

並行の編曲

こちらはベース、リード、パッド、パーカスの4パートで成り立つシンプルなEDMですが、パッドに注目してください。この編曲の場合、パッドが徹底してベースと等並行し、P5 Shellを保っています。“無色透明”のP5ですから、もうベースに溶け込んで一体化するような心づもりのアレンジですね。

反行の編曲

対してこちらはパッドがベースと反行になるように音をとっていった編曲。結果的に1・3・5・7全てのシェルを使うことになりました。

比べてみて、どうでしょうか? 今回の場合、「並行の編曲」の方が良いアレンジであると思います。ここはリードがソロを取って全体を引っ張っていく場面。「反行」の方は、パッドが目立ちすぎて変に気が散ってしまいます。いわゆる「悪目立ち」というやつです。パッドだけを聴けば魅力的に聞こえるかもしれませんが、実際のアンサンブルで言うと、リードとパッドのどっちを推したいのかよく分からない、ゴチャゴチャした音楽になってしまっています。

特に終盤で2-3-4-5と上がっていく場面、「並行の編曲」はリード・パッド・ベース全員が並行になるので、グワッと上がっていく感じをしっかりと演出できています。「反行」はその場面でもパッドが下行しているので、その高揚感が相殺されてしまっている。そういった微妙な違いが生じています。

別の例も見てみますね。

並行の編曲

今度はよくあるポップス系の間奏で、エレキギターがソロを取っている時としましょう。今回比較したいのは、ストリングスの編曲です。上の場合は、並行。Iから下がっていくカノンのコード進行なので、ストリングスもそれに従って下がっていきます。

反行の編曲

こちらは反行。3rd Shellから始まり、ずっと上がっていくことになるので、最終的にはかなり高い位置まで行きました。

今回は、「反行の編曲」の方が良いアレンジであると思います。「並行」の方は、出だしこそ高らかで良いですが、そのあとベースにくっついてどんどん下がっていくので、結果として最後の方の盛り上がりが欠けてしまうというのがまず一点。対する「反行」の方は、最後のトゥー・ファイヴのところで“おいしい”音域に突入するので、とてもドラマティックで良い流れです。

そして今回はリードのギターがゆったりとあまり動かないフレーズを選んでいるので、むしろストリングスが上行で盛り上がりを演出してくれた方が、アンサンブルとしてもバランスが良いというのが、前回とは違うところ。それからサウンド的にも後ろに引っ込んでいるので、上行していってもさっきのシンセのような「悪目立ち」はしていません。

そもそもジャンルごとの慣習的なフレーズ差というのもあって、アルペジエイター、シーケンサー、コードスタブ、5度ユニゾンといったシンセ・テクノロジーを用いる電子音楽系は必然的に並行のフレージングが生まれやすいし、リスナーもそれに聞き慣れているという事情があります。パワーコードやバレーコード、オクターブ奏法などを愛用するロックも、並行に対する受容度が高いですね。それに対してクラシック系は、並行より反行を好む文化があります。

だからシンセがやたら優雅に反行をしていたり、ストリングスが愚直に並行していたりすると、「聞き慣れない」という違和感が発生しやすいバックグラウンドがあることは否めません。ここは接続系理論の話と似ていて、記憶と認知がサウンドの受容に大きく関わってくるのです。

Check Point

C.O.Pの移動種別を使いこなせば、編曲の際の各パートの目立ち方、聴かせ方をコントロールすることができる。どのような動き方が好ましいかは、状況によって大きく異なる。
どの動きが自然に感じられるかについてはジャンルによる違いも大きく、あるジャンルでは自然と捉えられるフレーズが、別のジャンルではそうでなかったりする。ひとつの理論を鵜呑みにするのではく、実態をきちんと理解することが必要である。

もしこれまでバッキングのフレーズどりを何となくやっていたなら、今後はぜひ、トップノート(一番高い音)のシェルと、その移り変わり。ここを意識するとずいぶんサウンドの説得力が変わってくるはずです。

他には、ベースがI-Vのようにドンと跳躍するとき、上がるのか下がるのか。それによって全体の並行/反行が変わってきますよね。今までベースのオクターブ判断というと、だいたい音の鳴りで判断していたと思います。もちろんそれが第一基準ですが、加えてアンサンブルの音域幅を広げるのか狭めるのか。あるいはメロが決まっているなら、メロに対して並行なのか反行なのか。そういう観点を今後はプラスで考えてもらえたらと思います。

この節のまとめ
  • 2つのパートの動きの関係性を、ピッチの移動方向を基にして反行・斜行・並行の3つに分類できます。
  • 自由派ではさらに、度数のQuantityが変わらない並行を「等並行」と呼びます。
  • 反行は華やか、斜行は穏やか、並行は一体感があるといった傾向が見られます。
  • C.O.P.を編曲の際に意識することで、音の目立ち方をある程度コントロールすることができます。
  • ジャンルによって、C.O.P.の好みや頻度、リスナーの受容度には差があります。