NCTの解決作法

メロディ編 Ⅳ章:シェルの研究
Information

ここからメロディ編のⅣ章が始まりますが、前提知識として、以下の内容が必要です。

  • メロディ編 Ⅲ章まで
  • コード編 Ⅲ章まで

さて、III章の旋法の話を挟んでずいぶんと時間がかかったはずなので、Ⅱ章でやった「シェル」の話を少し思い出しましょう。

#1 「シェル」の復習

コードに対して、メロディが何度の位置をとっているかは、すごく重要です。それによって例えば、メロディの傾性が変化します。コードの基本的な構成音である1・3・5度の位置をメロが取っていればその音は伸ばしやすくなり、2・4・6度は逆に伸ばしにくい。7度は、その濁りを良しとするか否かでジャッジが分かれます。

コードと傾性

傾性だけでなく、3rdをメロディにとれば長短の質感が増幅され、ルートをメロディにとればストレートな響きになるなど、曲想にも多大な影響を与えました。
一方で、それはⅠ章で述べた「カーネル」、つまり調の中心からの位置によって生まれる性質を否定するものではありません。その両者が複合されて、最終的な曲想が決定します。そのことをⅡ章では、「二重の位置情報」と述べました。

コンビネーション

調の中心から数えた位置を「スケール・ディグリー」と呼び、さらにコードのルートから数えた位置を「インコード・ディグリー(ICD)」と名付けました。そして後者によってメロディに与えられた付加的な性質を、「シェル」と呼ぶんでしたね。
ちなみに「カーネル」「シェル」「インコード・ディグリー」は、既存の用語が無かったために自由派が新しく名付けたものでした。

Ⅱ章では、まず最も重要な1・3・5・7度それぞれの質感を理解するところに留まっていましたが、そろそろ残りの2・4・6度にも着手しようというのが、このⅣ章です。想定としては、Ⅱ章でシェルを学んでから曲を15曲くらいは作り、「シェル」という存在の手ざわりを体感してきているくらいの前提で話を進めていきますから、そのつもりでどうぞ。

#2 NCTの解決

ここではICDが2・4・6度の音を、便宜上「NCT(ノンコードトーン)」と呼ぶことにします。NCTは音に濁りを生み、聴き手はその後澄んだサウンドに戻ることを自然と期待します。ドミナントのコードがトニックへ解決を望むように、NCTも基本的には解決されることが望まれるわけです。
ただ解決の仕方はたくさんあるし、あえて緊張を解決しないという手法だってもちろんあります。だからそこで生じた濁りをいかに扱うかが、曲想を論じるうえでカギになってきます。まずはミニマムな単位で、じっくり観察してみましょう。


こちらはAメロのはじめのような、ちょっとしたメロディですが、途中でメロディが切れてしまっています。

途切れている※楽曲はAキーですが、楽譜はCキーに移してあります。

コードに対するメロディの位置(ICD)は、ご覧のとおり、2ndの位置を取ったところで止まっています。2ndは濁りを生みますから、いま正に傾性が増していて、どこに解決しようかというところなわけです。これを実際にいくつかのパターンで解決させて、違いを観察します。

順次下行による解決

今回のパターンでは、最もベーシックな形と言えるのは順次下行です。

順次下行

調性引力に従って下行して解決する。一番ストレートでスッキリする形ですね。このパターンだけでなく、他の多くの状況で、この「順次下行」は最もベタな解決法となります。

順次上行による解決

今回は、順次上行すれば安定感のある3rdに行き着くことが出来るので、上昇しても十分な解決感が得られます。

順次上行

2・4・6度の濁りは、こうやって順次進行で解決してあげると、聴き手にとって効果が最も分かりやすいものになります。ちょっと、実際の例も見てみましょうか。

アニメ「けいおん!」の劇中歌、「天使にふれたよ」は、NCTの順次下行解決を連発する非常に分かりやすい例です。サビのメロディを見てみましょう。

天使にふれたよ

緊張とその解決を絵文字で表現してみました。こうして眺めると、毎回毎回ていねいに順次下行で解決を繰り返していることが分かります。こんな風に構造が美しいと、聴き手にとってもメロディの流れが自然に感じられ、とても心地よいメロディになります。

跳躍上行による解決

そうはいっても、順次進行せずにあえて跳躍するのだって面白い。試しに、3rdを跳び越して5thまで跳んでみましょう。

跳躍上行

当然ながら、かなり高らかでパワフルな感じがします。これだとAメロはじめというより、サビ終わりという感じ。結果として濁りは解消されているので、一応「解決」の一種と言えるでしょうね。

跳躍下行による解決

それでは逆に、下方にある7thの音へと跳んだらどうなるでしょうか?

跳躍下行

これはずいぶん物憂げな表情が生まれました。それもそのはず、着地先の7thは今「導音」であり、強傾性音ですから、これを「解決」と呼べるかは微妙なところです。でもやっぱり、この割り切れない感じは魅力的ですよね。「導音伸ばし」がアリというのは、Ⅰ章の時からずっと言っていることです。

他の偶数度数へ跳躍

さらに一歩進めて、今度は6thへ進んでみましょう。

跳躍下行2

これは一般的には、2ndの濁りをうまく処理できていないとみなされるでしょう。全く繋がりのないところへジャンプして来てしまった感じがあります。ただ、この何とも言えない不思議な雰囲気が欲しい!という場面であれば、あえてこのような変わった展開を作るのも全然アリです。

保留する

そして忘れてはいけないのが、音を変えずに保留して連打するという選択肢です。

保留

今回のパターンだと、レの音の傾性がそこまで高くないので、問題なく良い浮遊感を生み出していますね。これよりも強い傾性音だと、保留して伸ばしにくい場合もあります。


ですから、最後の保留を除くと、以下のような選択肢が用意されているわけです。

選択肢

だから、すごくザックリ言っても8とおり。もちろん実際には無限の可能性が広がっています。順次進行で解決するのが模範的だけども、演出したい曲想次第では、どんな方法もあり得ます。

#3 内部解決と後続解決

しかし、ここまで扱ってきたのは全て、そのコードの中で和声音を解決するという、非常に狭い目線での観察でした。実際には、メロディを伸ばしっぱなしにして、次のコードに進んでから解決するということもあり得ます。

遅延解決

コレはとても良い例です。4thの濁りが強烈だという話は、II章でしましたよね。だから音を伸ばしている間に「2nd」だったものが「4th」に変わるこのパターンは、緊張を上乗せする構造になっています。十分に蓄積された緊張感が、小節を超えて解消されるという、とても緻密な展開が構成されているわけです。

このように、NCTの緊張感を抱えたまま次の小節に突入し、そこで解決をするというのは、技法のひとつとして重要です。しかし従来の音楽理論では、この辺りに用語がありません。もう、いつものことですね。

自由派音楽理論では、小節内で解決する方法を内部解決Local Resolution、後続の小節で解決する方法を後続解決Inherited Resolutionと呼び分けることにします。まあ、そう何度も登場する言葉では無いでしょうが、こうやって名付けておくことで記憶の隅っこに今日の話が残ればと思います。

#4 解決の競合

先ほどはIVImという分かりやすいパターンでしたが、コード次第では非常にややこしい構造にもなりえます。

遅延解決2

IVと進んだ場合、保留している間に濁りが解消され、着地したつもりが今度は4thが形成されるというシチュエーションになります。絵文字くんももう、どんな表情をしていいのか判りません。こんな風に、モーダル目線の解決とコーダル目線の解決が衝突してしまうことがあるというのは、Ⅱ章でも紹介しましたね。

競合

その時にも説明したように、これは決して悪いことではありません。ジャズやクラシックの理論では基本的にハーモニーとメロディは協力するのが前提ですから、こういうパターンはあまり存在を認められていませんが、現代の音楽においては全てが重要です。「メロディは堂々と落ち着き、それでいてコードは高揚している」というこの状態でなきゃ出せない曲想というものがあります。
後々に備えて、この現象にも一応名前をつけておきましょう。モーダル目線では解決しているのにコーダル目線では緊張が増している状態、あるいはその逆の状態のことを、解決の競合Conflictと呼ぶことにします。


さて、Ⅱ章の時から薄々気づいていたかもしれませんが、シェルの世界はメチャクチャ奥が深いです。Iのコードでの2nd Shellの扱いだけでコレですからね。しかもコレはたった2音の動きのみ。実際には、「レシド」のように3音で解決に至るものだってあるわけですから、その可能性は無限大です。
なので、やはりこうなってくると大事なのは、頭より身体。聴覚や指さばきをドンドン鍛えて、カーネルやシェルの質感を、数字や楽譜を飛び越えて耳で直接把握できるようになるのが肝心ですよ。

この節のまとめ
  • コードに対して2・4・6度の位置をとる場合はサウンドに濁りが生じ、解決への欲求を生みます。
  • そうした濁りは、順次進行で解決するのが基本としつつも、実際には様々な処理法が存在します。
  • 小節をまたいで、後続の小節で解決する方法もあり、これを「後続解決」と呼びます。
  • モーダルな解決とコーダルな解決がぶつかってしまう状態を、「競合」と呼びます。「競合」は、ジャズやクラシックでは基本的に望ましく無い事態とみなされます。

Continue