4th Shellの用法

メロディ編 Ⅳ章:シェルの研究

さて、前回でシェルの取り扱い方はだんだん見えてきたと思うので、サクサク次へ進みましょう。今回は、4th Shellです。

#1 詳細度数を確認する

やっぱり今回も、まずはここから。詳細度数の確認です。
4度のシェル

「P4」は完全4度、「+4」は増4度のことでしたね。今回は{IV}のコードだけが特別で、増4度になっていることが分かります。ですからまずは、これを除いた他の5つのコードから見ていくことにします。

#2 P4 Shellとsus4

コードにP4が混じると、それは総体的なサウンドとしてはsus4のコードに近くなります。そのためP4 Shellが本質的に持っているのは、sus4と同じ「吊り上げて浮かせている感覚」です。ですからP4をメロディとして打ったあとは、順次下行で解決するのが一番の基本形です。順次上行だと、けっこうパワフルさを感じさせるサウンドになります。
4thの解決の基本

それは上下の方向の違いだけでなく、下にあるのは彩り豊かな3rd、上にあるのは無色透明の5thという、度数の違いも関係しています。

#3 メジャーコードとP4 Shell

今回は、完全4度のシェルを持つ5つのパターンのうち、さらに2つを抽出して先に確認します。それが、メジャーコードである{I}と{V}のパターンです。なぜこの2つが別かというと、この2つの時には「コードの構成音に半音上で乗っかる」という、「要注意のパターン」になっているからです。
要注意
ですからメジャーコード上でP4 Shellを大々的に取り入れる場合には、その効果や用法をよく理解していなければなりません。 ミとファを思いっきりぶつけたらどれくらいの不協和が生じるのでしょうか? 実験してみます。

メロディはファとミの繰り返し。対して伴奏のストリングスやオルガンは、ずっとミの音をトップノートに取っています。これはもう、濁りを生み出したいメロディ側と、澄明な響きを出したい伴奏側で、完全にぶつかってしまっています。これでは音楽として、どちらの響きを押し出したいかが不明です。不協和が気持ち悪いですね。だから伸ばしてはいけない・・・というのが、一般音楽理論のいう「アヴォイド・ノート」というシステムです。

現実はもっとグレー
しかしながら、ポピュラー音楽の世界はもっとカジュアルなので、そんなに細かいことは気にせず、普通に{I}や{V}のコード上でP4を伸ばしてしまうことはよくあるというのが現実です。
こちらの場合、伴奏のアコースティックギターが普通に{C}のコードを弾いているのですが、なにせギターは弦が6本もありますから、さっきの音源と比べるとミの音がそんなに目立たず紛れています。また、エレキギターも全く別のフレーズを弾いているので、音響自体が複雑になっていて、ファとミがぶつかっていることがそこまで気になりません

そして実際は、こんなに1小節まるまるファで伸ばすなんてことはないわけなので、不協和はもっともっと目立たないものになります。だから現実的には、アヴォイド・ノートを無視したメロディでも、さして問題ないという事例も多いのです。

衝突を回避する方法
目立たないとはいえ、奥底で濁っているのは事実。それが良くないと感じられる場合には、コードを少しアレンジしてあげるといいでしょう。3rdの音を使わない「sus4」「sus2」「パワーコード」などに変えてあげるのです。
sus4
こんな風に、M3を無くしてしまえば、P4のメロディはずっと使いやすくなります。ですからパワーコードが基本のロック音楽であれば、IやV上でP4を伸ばす行為はとってもカジュアルに行えます。 https://www.youtube.com/watch?v=j_MlBCb9-m8&start=196

こちら、3:18〜の間奏の歌い出しがまさに「ファ→ミ」の流れになっていますが、伴奏がパワーコードなので、不協和を一切感じません。つまり、こうした不協和の処遇については、サウンドや編曲がとても重要になってくるということですね。

Check Point
メジャーコード上でのメロディが完全四度を取ると、コードトーンの半音上にメロが乗ることになる。 その際には、伴奏は3rdの音が目立たないような演奏をするか、そもそもコードをsus4にするなどして、過度な不協和を避けることが望ましい。ただし、その濁りの感じられ方は、サウンドと編曲によって大きく左右されるため、常に耳で判断する必要がある。

やっぱり「アヴォイド・ノート」なんていうのは机上の空論であって、最後はきちんと聴覚で判断しないといけないのです。ではここからは、{I}と{V}で個別に用法を見ていきますね。

IとP4 Shell

IとP4
もうここまでの話で分かっていると思いますが、{I}のP4は「ファ」の音、最強傾性音になりますから、そもそも鳴らすだけで強い不安を煽ります。あまり極端に長く伸ばすことは一般的でなく、また順次進行で大人しく解決してあげるのが良いです。 これをあえて解決しないというのは、相当なチャレンジですが、せっかくなので紹介しますね。実例としては、東京事変の「新しい文明開化」が最も極端な例として挙げられます。 https://www.youtube.com/watch?v=lcz89e42XEM

こちらは頭サビの終わりで「ファ」を思いっきり伸ばしています。この曲はファニーな雰囲気を演出しているがゆえ、おかしなメロディラインが逆に活きているのです。また編曲面でもやはりパワーコードを使用することで、音響の濁りを避けているところがとてもよく練られています。 https://www.youtube.com/watch?v=Cg8C-LVBNks&start=69 こちらもサビに注目。「はやく名前を呼んで 呼ん」のところで、コードが{I}に至るとともにメロディのICDはP4で伸ばしたまま解決しません。これも本当に絶妙で、コードはトニックに落ち着いたけども、まだ感情の昂りが収まりきっていないような状態を見事にサウンドで形にしています。 編曲に着目すると、やはり濁ったギターの音が中心となっていて、大元のコードトーンとの不協和が気にならないように配慮されているのがひとつ。もうひとつすごいのは、ストリングスが「ラ」の音を鳴らして、三度上からメロディをサポートしているのです。よく聴かないと分からないところに編曲の妙があります。

こんな風に独特な曲想を表現するような、特殊な場面でない限りは、{I}におけるP4 Shellは解決を必要としているのだと思ってください。

VとP4 Shell

VとP4
一方で{V}の場合、P4となるのは主音ですから、こちらは断然伸ばしやすい。もちろん、高揚を煽るドミナントとしての役割を全うするのであれば解決させるべきですけど、そうでない形も十分にありえます。 美メロとしておなじみ、「You're Beautiful」のサビでは、歌い出しの「You're Beautiful」のところで、コードが{V}になった瞬間にメロが主音に行くという、まさにドミナント感ぶち壊しのメロディを作っています。でもそれが、鬱々とした雰囲気を演出していて良いですよね。 この場面ではストリングスが普通にM3rdを位置取っていて、メロとはぶつかっています。しかしメロはすぐに消えちゃうし、ストリングスはアタックが遅いので、十分に共存できています。 https://www.youtube.com/watch?v=Yqmz_xu67JA&t=45 こちら、サビの最後に「Holiday Holiday Holiday」と3回繰り返しますが、その2回目が{V}とP4の組み合わせになっていますね。ドミナントのパワーを強化せず、勝手に解決してしまっていることで、あてもなく彷徨っている浮遊感がよく出ています。 https://www.youtube.com/watch?v=t998uzTZYnQ&start=57 こちらはサビが4-5-1の進行になっていて、「2人ぼっちに慣れよう」でコードがIVからVへ動いた瞬間がまずP4、その後も表拍で思いっきりP4を二発当てています。 これもやっぱり伴奏がエレキギターのパワーコードですから、不協和は全く感じません。コードに関係なく主音をガンガン歌うことで、キッパリした強さのようなものがよく演出されていますね。 ですから{V}の基本的な立ち位置というのは、メロに導音を使ったりして、次のトニックへの解決まで盛り上げて行くというのがふつうですが、この{V}とP4 Shellの組み合わせというのは、そのセオリーを破って勝手にドシンと落ち着いてしまうということで、自分勝手・自由気ままな感じがどことなく生じるわけですね。

ですから特に、こういうポップスやロックでは普通にこの組み合わせが登場します。当然編曲の際には、M3とP4がぶつかり合わないように調整をすることが望ましいです。

#4 マイナーコードとP4 Shell

さて、メジャーコードはかなり繊細な解説が必要でしたが、マイナーコードは全然難しくありません。短3度と完全4度は半音差ではありませんから、濁りはほとんど気にならないレベル。解決するもよし、しないもよしで好きに使えばオッケーです。

ただし完全4度というのは、「彩り」というよりは「硬さ」のある度数なので、柔らかい曲調や優しい曲調ではあまり歓迎されません。どちらかというとロックやダンスミュージックで歓迎される類のシェルです。それぞれが生み出す曲想をチェックしましょう。

{VIm}とP4の組み合わせ
{VIm}上のP4は、やはり音が吊り上がって浮いているような、浮遊感を曲にもたらします。どこか落ち着かない感じを表現したい時にはぴったりです。 https://www.youtube.com/watch?v=R8i6VZ1vIY8 冒頭で「Don't let it stop」を連呼するところが、{VIm}上のP4になっています。この場合、一応最後の「make it to the daylight」のところで順次上行して解決するので、浮いて浮いて浮いて最後に着地するという構造になっているわけですね。いい浮遊感です。 「Out of her head she sang」の後の、間奏のギターリフが、ひたすら解決しないNCTを貫いています。まず{I}とM2、その後が{VIm}とP4です。
Everlong

やっぱり浮遊感、落ち着かなさがあって、それがダークな雰囲気をうまく作り出していますね。また、{I}と{VIm}で全くフレーズが同じであることもポイント。そのおかげで、「解決しなくても当たり前」という調子が生まれているわけです。これも「慣性」の一種です。

{IIm}とP4の組み合わせ
{IIm}とP4は、前回やった「{IV}とM2の組み合わせ」に類似するところがあります。
類似性
ね。コードの機能も同じだし、メロディのカーネルも同じ「属音」ですから。ですので、「{IV}とM2」よりもさらに鋭いサウンドを求めた時に、これが候補に挙がってきます。

前回も紹介しました。サビ頭「いつまでも」の「も」が{IV}上のM2という話でしたね。しかしその後2周目は、バリエーションを出すためにコードを{IV}から{IIm}に代えています。その結果、「あなたそのま」のところで「{IIm}とP4」が生じています。 この1周目と2周目の微妙なサウンドの差って、すごく大事です。単に「コードをマイナーに代えたから暗くなった」だけではなく、メロディのシェルも変化し、硬く鋭くなっているのです。

{IIIm}とP4の組み合わせ
これはさっきの{V}の話と似ています。コード自体は暗く深いドミナントなのですが、そこでP4の位置をとると、それは「ラ」の音になりますから。すでに短調のボスへ着地してしまっている形になります。
着地ずみ
ですから{IIIm}のコードの魅力を引き出すとは言えず、大々的に使うことは稀です。コーダルな曲よりも、モーダルな曲でよく見かける印象です。
IIImとモーダルな曲
こんな感じ。「ミソラ」という力強いメロディのフレーズをとにかく前面に押し出している形ですね。{IIIm}の切なさを無視してメロのカーネルだけが解決するので、横柄で乱暴な感じ。それだからこそ、このハードなロック調によく似合っているとも言えます。 https://www.youtube.com/watch?v=XWo627F7CeU こちらは、MONKEY MAJIKとお笑い芸人のサンドウィッチマンがコラボしたおもしろ系ファンクチューンです。 冒頭のサビ、「ウマーベラス」を二回唱えるところ、コードは{IIm}{IIIm}と動いていますね。その結果、IIIm上に4thシェルが形成されます。
ウマーベラス
曲想としても、ここでIIImのコード感をシェルで強化してしまうと、ドミナントとしての抑揚が出すぎてしまいます。コード感を打ち消す4th Shellのおかげで、そこまで暗さやドラマを感じさせない平坦で聴きやすい音楽に仕上がっています。 II章の「コーダルとモーダル」の時にも言いましたが、ロックやダンス系音楽においては、丁寧に毎回のコード感を引き立てるより、いくらか無視した方がかっこよく聞こえたりするんですよね。

ここまでで分かったかと思いますが、P4 Shellは基本的に使い道が特殊で、いずれも本来のコード感を乱す働きがあります。ですから、お行儀の良いコーダルなジャンルよりも、奔放でモーダルなジャンルにおいて活きるシェルですね。ですから、「意図してP4 Shellを構築する」というよりも、「カーネル重視でモーダルな作曲をしていたら、偶然P4が生まれた」というパターンの方が現実的かと思います。

#5 +4 Shellの用法

それでは、唯一「増4度」の関係になっていた{IV}のコードを見ましょう。増4度が強い濁りであることは今さら言うまでもない話。ですから基本的には解決が望まれます。伸ばしっぱなしというのは珍しいです。
増4度
解決の方向としては、当然「上行」の方がスッキリします。半音差で、中心への引力がありますからね。全音下降して解決するパターンは、自然な盛り上がりとは逆を行くことになりますね。 こちらサビ冒頭、「Dancing queen, young & sweet」のところで、{IV}上で増4度の上行解決をしています。最も模範的な導入法です。 https://www.youtube.com/watch?v=yLaskxHP4bI&start=44s こちらはアラジンでおなじみの曲ですが、「No one to Tell us no, or where to go」の部分が、1回目は下降、2回目は上昇で解決するというドラマチックな作りになっているので、違いが聞きくらべやすいです。

やっぱり上に解決した時の方が気持ちよさが強いですが、1回目は逆に「タメ」としていい味を出していますね。そもそも増4度というのは歌いづらい部類の度数なので、手グセだとなかなか出てきづらいところ。こういう変わった選択肢を持っていると、強いです。

この節のまとめ
  • P4 Shellは、吊り上がり浮上したサウンドをもたらします。
  • やや硬い響きがあるため、ロックやダンス音楽といったジャンルで持ち込みやすいです。
  • メジャーコード上でP4を使うときは、3rdとぶつかるので、編曲やサウンドに配慮が必要です。
  • +4 Shellは強い不協和を生むので、順次進行で解決することが望ましいです。
Continue