ミクソリディア旋法

メロディ編 Ⅲ章:音階の探究
Information

今回は「新しい音階を知る」回です。

前回に引き続き、「教会旋法」を学びます。ここで学ぶ「ミクソリディア旋法」は、前回のドリア旋法とは異なり、明るいタイプの旋法です。ポップスやロックにおいて活用されているユニークな旋法を知ることができます。


今回紹介するのは、ドリア旋法と同様、ポピュラー音楽で頻繁に活用されている、「ミクソリディア旋法」です。

ミクソリディア旋法

#1.ミクソリディアの構造

まずは前回同様、似ている音階と比較して、構造の違いを確認します。ミクソリディア旋法は、どちらかというと長音階に近いので、「Gメジャースケール」と比較します。

比較

見比べると、第Ⅶ音、つまり導音が異なっていますね。メジャースケールの導音が半音下に変位したものが、ミクソリディア旋法ということ。

ミクソリディア旋法を作る

ドリア旋法は、傾性音である「ファ」を失ったことにより「クラシックらしさ」が消失し、結果として独特な民族調が生まれたんでした。ミクソリディアの場合は、どうでしょうか。この変位がいったいどんな曲想を生み出すのか? 推測してみてください。

#2.ミクソリディアの曲想

さて、答え合わせ。導音は、主音への美しい半音進行による終止を形成する、大切な音でした。短音階においては、その「半音関係」を欲するあまり、第Ⅶ音をシャープさせて「和声的短音階」を作ったりしましたよね。

和声的短音階

ですから、ミクソリディア旋法は、そのせっかくの半音関係を自ら捨てている旋法というわけです。半音関係が全音関係に変わるのですから、当然曲想としては、「力強さ」を第一に印象付けるものになります。場合によっては、アッケラカンとした「明朗さ」を想起させることも。それでは、実際の音楽をみてみましょう。

ポップ風の活用

こちらは、ミクソリディア旋法の「明朗さ」を活かした典型的な例です。普通のメジャースケールでは出せない奇妙な明るさを醸し出しているのがわかると思います。
メジャースケールに戻したものも、聴いてみましょうか。

ちょっとなんだか、クラシカルすぎますね。単調で面白くない。逆に言えば、ドリア旋法やミクソリディア旋法といった教会旋法には、シンプルでもきちんと聴かせられるだけの魅力を備えているということです。

実際の曲例

この「明朗さ」は、明るいポップスやゲーム音楽でよく活用されます。




いずれも、クラシック時代にはない雰囲気の明るさを作り出していますが、それはミクソリディア旋法のパワーなのです。

ロック風の活用

上ではポップ風な活用でしたが、どちらかというとロック系の音楽で使われることの方が多いです。何といっても、「全音の力強さ」がありますからね!

こんな感じ。聴いたことありますよね? トーナル・センターのすぐ下が全音になったおかげで、大胆で力強く勇猛な雰囲気が生まれました。こちらも比較実験として、普通のメジャースケールに戻したバージョンも聴いてみましょう。

途端に大人しく、ポップな感じになってしまいました。サウンドとうまく合致していません。聴き比べてみると、ミクソリディア旋法の独特なサウンドがよくわかります。

実際の曲例


やはり、普通のメジャースケールでは作り出せないレベルの「大胆さ」が感じられますね。

#3.ミクソリディアの用法

さて、ここからは前回と同様、曲中でミクソリディア旋法を適切に用いるために必要な知識を入れていきます。まずは話を分かりやすくするために、中心音をドに移してもう一度ミクソリディアの並びを見てみましょう。

Cミクソリディア旋法

「第Ⅶ音を半音下げる」ですから、こういうことになります。この「フラットした第Ⅶ音」が、ミクソリディア旋法とメジャースケールの違いを決定づけるものですから、これを「特性音」と呼ぶんでしたよね。一応楽譜でも確認すると、こうです。

音階

シに♭がひとつということは、何の調と同じだか覚えていますか? 思い出せなければ、「五度圏」を確認してみてください。

五度圏

Fメジャーキーですね! ですからまた「C音を中心にさせたいメロディと、勝手にF音を中心にしちゃうコードたち」という争いが起きるのかと思いきや、意外とそうでもありません。よっぽど変なコード使いをしない限りは、きちんとC音を中心に感じさせることが可能です。ミクソリディアは、ドリアよりもかんたんです。

Cミクソリディア旋法は、むしろCマイナースケールに近く感じられます。

Cマイナースケール

こうやって見比べると確かに、シ♭というのは「マイナーらしさ」を司る音とも言えます。ちょっとさっきのロック音源を、ミクソリディア旋法からマイナースケールに変えたヤツも用意して、もう一回並べてみますね。



上から順に、メジャー、ミクソリディア、マイナー。
なるほど確かに、「大胆さ」「力強さ」という観点でいえば、マイナーとミクソリディアには共通するものを感じます。もちろん、ミとラの♭があるぶんコッチの方がかなり憂鬱に感じられますけど。
もっと言うと、ミ・ラの音を全く鳴らさなかったら、「ミクソリディア」と「マイナー」は区別がつかないということになりますね。

こちらは実際にそれをやってみた例。マイナーほど暗くはなく、確かにミクソリディアほどアッケラカンともしていない、「ただただ大胆」という感じに仕上がっていますね。非常にロックらしさがあり、これはこれでよい。まあそのような前提認識をふまえたうえで、具体的な作曲法を見ていくことにします。

コード使いの配慮

ドリア旋法と同様、まず大事なのはIの和音をたくさん使うこと。それによって、キー・センターの位置をしっかり認識してもらいます。また、この時「ミ」の音をきちんと鳴らし、「マイナーとは違うんだぞ」とアピールしてあげることが、ミクソリディアらしさを出すには重要なことです。

決定要素

ただもちろん、ついさっきの音源みたくロックさを出したいのであれば、あえて鳴らさないというのも大いに結構ですけどね。では、また前回同様4つの分類でコードの用法をまとめますね。

共通コード

特性音で♭がついても影響されず、メジャーキーから変わらぬままのコードが、「共通コード」です。

共通コード

ミクソリディア旋法が、メジャーキーと共有しているコードは、この4つです。圧倒的に多用するのがもちろんI、ついでIVです。

一方、IImVImは実際のところあまり使われません。理由はいくつかあって、まず「大胆で明るい」というミクソリディア旋法のキャラクターに、このマイナーコードがイマイチ合わない。それからVImは、特性音であるシとの絡みがあまりよくない(響きが強烈な不協和である)のです。

特性コード

ミクソリディア旋法の特性音は、フラットした第7音。それを含み、実践利用できるものが「特性コード」でしたね。ミクソリディア旋法の特性コードは、2つあります。

特性コード

どちらもよく使いますが、勝手がいいのはVIIの方ですね。もうミクソリディア旋法の曲は、IVIIをリピートするだけで全然成立しますね。
変にシャレたコードを使っても、ミクソリディア旋法の持ち味である「大胆不敵さ」が無くなっていくので、あまり余計なことはしない方がいいのです。

変性コード

特性音によって使いづらくなってしまったコードを、「変性コード」と呼ぶのでした。ミクソリディア旋法には、変性コードがひとつあります。

変性コード

こちらですね。まあ間違いなく、使いません。

補助コード

さらに臨時記号を用いて、彩りをプラスする存在が「補助コード」。ミクソリディア旋法には、補助コードと呼べるものがふたつあります。

補助コード

Cマイナーキーの方から持ってくる、IIIVIのコードですね。当然使うとマイナーキーっぽくなりますから、多用は禁物。ただ部分的に使うのであれば、すごくパワフルでロックな感じを演出してくれます。

そんなわけで、IVIIが基本、お好みでIVVmを使う。これで十分すぎるというのが、ミクソリディア旋法の世界です。

ポップ/ロックのコントロール

先述のとおり、よっぽどFキーっぽい作りをしない限りは、Cミクソリディア旋法の楽曲がF音にトーナルセンターを奪われることはまあありません。「CメジャーとCマイナーの中間くらいなんだなぁ」という認識を持ってメロディメイクをすれば、大丈夫でしょう。
ただ、ミクソリディアの構成音のうちどこを多く使い、どんなラインを使うかによって、「奇妙な明るさ」なのか「ロック風の力強さ」なのかの印象が結構変わります。

メロディ構成

すでにお分かりのとおり、マイナースケールとの共通音である「ファ・ソ・シ・ド」の4音を使うと、より短調らしくなり、それが力強さへと繋がっていきます。

こちらディープパープルという有名なロックバンドの代表曲ですが、全体的にミクソリディア旋法が使用されています。Aメロでは「ソ・シ・ド」を中心に動き、「ミ」が全く登場しないので、事実上メジャーとマイナーの中間のような、まさにパワーコード的かっこよさを生み出しています。

一方で上譜右側の「シ・ド・レ・ミ」というラインはかなり特徴的で、すべて全音差になっていますが、これが「異常な明るさ」を生み出す要因になるのです。メジャースケールの場合、全音差が四連続するのは、ファ〜シの区間ですが・・・

メジャースケールの場合

両端のファとシが強傾性音で外に引っ張られていくため、この4音を中心にしてラインを構成するのはまあ珍しい出来事です。特にIの和音上では困難。それゆえメジャースケールの音楽ではこの「四連続全音」が目立った立ち回りをすることはほとんどありませんでした。

しかしミクソリディア旋法の場合、「シ・ド・レ・ミ」は実にバランスの良いメンバーとして機能します。両端のふたりも、シ♭は中心音であるドへの上行は自然な「終止」として感じられるし、ミは弱傾性音(そのうえ明るさを象徴する音でもある)ですから、この4人を使ったIのコード上でのメロディメイクは、ミクソリディア旋法ではスタンダードな構成です。

ミクソリディア旋法の場合

この「連続全音」が前面に現れてくると、「聞き慣れない奇妙なポップ感」へと繋がってきます。たとえば「シ→ド→ミ」なんていうフレーズは、「シ→ドの明朗な全音差」「シ-ミの奇妙な増四度」「ミの明るさ」など、ミクソリディア旋法のキャラクターが詰まったラインですね。

こちらはテクノ界の帝王クラフトワークの楽曲。「シ→ド→ミ→ファ→ミ」というフレーズが中心になっています。「ポップな方のミクソリディア旋法」が全開で演出された結果、かなり奇妙なサウンドに仕上がっています。

この「ロック系ミクソリディア」と「ポップ系ミクソリディア」の節回しの違いを注意すれば、「ロック風の大胆なメロディを作ろうとしたはずが、なんか不思議なポップ風になってしまった・・・」などという事態は避けられます。

教会旋法は、曲全体に使ってもよし、特定パートにだけ使うのもよし。民族調のドリア旋法と、明るさ・大胆さのミクソリディア旋法。この2つを選択肢に加えることで、曲作りの幅はさらに広がっていくでしょう。

今回のまとめ

  • ドリア旋法と同様に、ポピュラー音楽との親和性の高いのが「ミクソリディア旋法」です。
  • ミクソリディアは、長音階の第Ⅶ音を半音下げたもので、力強さや明朗さをもたらします。
  • ミクソリディアはメジャーとマイナーの狭間にあるような音階で、第Ⅲ音の使用頻度が明るさに大きく影響します。

Continue