短音階の傾性

メロディ編 Ⅲ章:音階の探究

§1 傾性論をもう一度

さて、III章も終盤ですが、この辺りでひとつ片付けておきたいタスクがあります。それがマイナースケールと傾性の話です。

親戚

「レラティヴ」の関係にあるCメジャーとAマイナーの違いは、”認知”される中心位置のみ。じゃあその認知の差によって各音はどんな影響を受けるのだろうか?これについてI章の段階では、「ラはふだんは中傾性音だけど、自分がリーダーになったら強いぞ。周りを引きつける。」という”ザックリ解説”のみで終わっていました。

しかし今なら、コードの知識も増えたし、「シェル」の存在も知っている。半端だった部分をきちんと消化する段階に来たという感じです。

今日はおまけ回

正直言って、傾性論にさほど興味がない(感覚で十分掴めている)のであれば、この回はあまり重要ではないです。抽象的で難しめですし、仮にここを読み飛ばしても、先の内容理解に支障はありません。

§2 短調での傾性変化

短音階にドレミを振る場合、リーダーをドと呼び直す方式と、ラと呼ぶ方式とがありますが、今回は後者を採用します。

Aマイナー

この方が、レラティヴ間の比較が論じやすいですからね。

まず、安定/不安定のグルーピングは、メジャースケールの時と変わりません。すなわち、1,3,5番目となるラ・ド・ミが”安定音”で、2,4,6,7番目となるシ・レ・ファ・ソが”不安定音”です。1

Aマイナーの安定音

そうすると、長調のときと安定/不安定が一致しているものが多くあることがわかります。というか、変わるのは2音だけ。ソとラです。

長調では 短調では
安定 安定
不安定 不安定
安定 安定
ファ 不安定 不安定
安定 不安定
不安定 安定
不安定 不安定

まあそれぞれに細かな変化はあるとして、ひとまずこの二極のグループ分けでは変化はソとラだけ。シンプルな話なのです!

ソとラの関係逆転

関係の逆転。すなわち、長調ベースの引力論においてはソのサポート役が基本だったラが、短調では権力を握るということです。

ソとラの関係性

ただ、いくらラが偉くなったと言っても、ソとラの距離は「全音」離れていますよね。ファ・シの強傾性のそもそもの理由は「半音のなめらかな段差」でしたから、この差は大きい。それゆえ、「ソ→ラ」の引力は「シ→ド」と比べると弱いです。

喩えて言うなら”側近の忠誠心が足りていない”。これを解決するためにクラシックで行われたのが、ソを半音上げてラに寄せる加工ですよね。このIII章のはじめに紹介した、「ハーモニックマイナー」です。

ハーモニックマイナー

これで「短調帝国」を築くというお話でした。こうやって傾性論とセットで考えると、より深く音階の関係性が理解できますね。

共通事項

他の音についても共通して言える変化はあって、それはラに進むことで各自それ相応の「終止感」を得られるということです。

センターへの着地

長調では独特だった「シ→ラ」も、短調では全くもって普通。「ド→ラ」も「レ→ラ」も着地感のある「終止」となります。それから最強傾性音であるファの動向が気になるところですが・・・

強傾性音ファについて

ファは短音階においても、変わらず強い下方傾性を持ちます。2 ラがリーダーとなることで「ファ→ラ」のような跳躍はいくぶん受け入れやすくなりますが、「ファ→ミ」が定番であることに変わりはありません。

ミファラ

ただリーダーのラからすれば、3度下であるファには自分の方を向いていてほしいもの。そこで「ミファソラ」の階段を美しくするために開発したのが、あの「メロディックマイナー」なのだとも説明できますね。

メロディックマイナー

「ハーモニックマイナー」に同じく、III章はじめの記事で紹介した音階です。

よく見るとこの「Aメロディックマイナースケール」は、「Aメジャースケール」と1音しか違いません。ここには、強固でバランスのよい傾性構造を築いているメジャースケールへの”憧れ”が見え隠れしている…そんな風にも言えます。

§3 ラの支配を耳で確かめる

さて、こうやって楽譜ばかりで物事を考えていると、だんだんと不安が募ってきます。ソとラの関係が逆転するなんてこと本当に起こるのか? 実際の音源を聴いてそれを確かめましょう。

II章で「シェル」を学んだことで、「たとえ強傾性音でもコードと調和していれば伸ばせる」ことは確認済み。ですからVImIV上でラを伸ばしてる例を何個見つけたって、それは「カーネル論」の検証には使えません。音そのものの傾性を調べるにあたっては、コードと調和していない時の動きの事例を観察することが必要になりますよね。基調和音でいえばI,IIIm,Vの3つの和音です。

ラの傾性

こうしたコード上で、「長調ではソに降りないと落ち着かない、でも短調だとラのままでも何だか落ち着きがある」となれば、短調だとラがリーダーとしての安定性を発揮しているんだということが分かるはず。

長調でのラの動きを再確認

改めて、まず長調でのラのふるまいを確認しておきます。

みなと – スピッツ

スピッツの「みなと」は長調。そしてメロの最初の音がラから始まるという、ラの観察に持ってこいの楽曲です。聴いてみると、メロで繰り返し登場するラの音が全て「ラ→ソ」か「ラ→シ→ド」という模範的な解決をしているのが分かります。

「みなと」とラの動き

まさしく傾性音としての仕事を全うしています。解決しないのは、サビでIVの和音と調和している時だけ。これは、ドに絶対王政を敷かれてしまったラの、下僕としての哀れな姿と言えるかもしれません…😭

短調でのラの動きを確認

これが、リスナーの認知が短調側に傾いた途端、ラにリーダーとしての安心感が生まれるという話になります。本当にそうなのでしょうか? 今度はマイナー調の曲をチェックしてみましょう。

David Guetta – Where Them Girls At

VImIVIVというコードをリピートする比較的マイナー調のダンス曲ですが、サビ後半の”Where them girls at?”というところで「ド→ラ」の動きを繰り返します。

Where Them Girls Atのメロディ

Iのコード上で「ド→ラ」と動いてフレーズが完結するという状態はまさに、ラが主、ドが従という構図になっています。この曲はまだメジャーコードが多くて「長調気味の短調」であるため、若干の落ち着かなさは感じるかもしれませんが、ともあれある程度の「着地感」が感じられるかと思います。

Red Hot Chili Peppers – The Getaway

IIImVのコード上でラが落ち着いているパターンも聴いてみましょう。

まずイントロギターの最初の音がラで、中心を提示しています。メロも冒頭から「ド→ラ」で始まりますが、ここはまあコードがVImなので、ラが落ち着くことも不思議ではない。しかしその次コードがIIImに進むのですが、メロディは依然として「ココがリーダーだ」と言わんばかりに、ラの音に居座り続けます。

The Getawayのメロディ

その次にコードはVへと進みますが、そこでも「ソ→ラ」という解決の動きが見られます。

The Getawayのメロディ

ここはさっきの曲よりも明確に、ラが主となっている状態が感じられると思います!
IIImVのコードに対する馴染みという点(=シェル目線)で言えばソの方が協和するはずなのですが、この「ソ→ラ」のモーションには紛れもない”終止”の感覚がありますよね。ソとラの「傾性逆転現象」は、このような形で実際に起こるものなのです。

§4 モニズムと傾性変化

ここまで長調と短調を対比させて論じてきましたが、そもそも自由派では「レラティヴなキーはワンセットで、長短のバランスが認知によって流動する」という”モニズム”、一元論スタイルをコード編の最序盤で採用しました。

モニズム

レラティヴ関係にある2キーは、ちょっとしたメロディラインやコード進行の変化によって混ざり合って「中間」ないし「重なり合い」の状態になる。「中心音認知」に中間状態があるという前提に従えば、傾性の認知にも中間状態があると考えるのが妥当な筋です。先程の2例でも、ラの安定感には微妙な差があったと感じる人もいるはずです。

そこで、ここまでの内容をもとに傾性が揺れ動く範囲をおおよその形でグラフに表してみると、下のようになります。

傾性の変化

むろん傾性とは簡単に数値化できるような代物ではないので、あくまでおおよその目安です。3

“モニズム”の記事では、「曖昧な調性が楽曲を魅力的にする」という話を紹介しました。その大きな理由のひとつは間違いなくコード進行ですけども、こうやってメロディ各音の性質が長調短調のはざまで変質することも、ひとつの要因になっているかもしれません。

モデルの複雑性と運用性

こうして見ると、なぜ一般的なジャズ・ポピュラー理論において”モニズム”のモデルが採られていないかも納得できます。あまり人間の心理を勘定に入れすぎてしまうと、理論がゴチャゴチャしてスマートでなくなってしまいますからね。多かれ少なかれ、勇気ある「切り捨て」は理論構築に必要なのです。自由派とて、この”モニズム”がカギになったのはディグリーネームくらいで、あまりこの領域は深追いしていないのが実情です。

今回こうやって図にしたのはあくまでも「揺れ動き」のさまをビジュアライズすることで耳でこれを体感しやすくなってもらおうという意図であって、今後これを引き合いに出して何かを論じることはありませんし、暗記も必要ないです。この図に変に触発されて、傾性を数値化しようとかそういう方向に走るのも、全く推奨しません。


そんなわけで、改めて詳細に短調の傾性について論じました。今後IIImやVなどのコード上でラが落ち着く現象に遭遇した場合に、今回の話を思い出してもらえれば合点がいくと思います。
メロディ編III章はここまでです。IV章はまたメジャースケールに話を戻し、II章でやった「シェル」の理論を突き詰めていくことになります。かなり繊細な内容になるので、先にコード編のIV章をいくらか読み進めてから臨むのがオススメですよ。

まとめ
  • 短音階においても第1・3・5音が「安定音」、第2・4・6・7音が「不安定音」となります。
  • レラティヴなスケールどうしで比較すると、「ソとラの傾性が逆転する」という言葉でおおよその出来事をまとめることができます。
  • 中心音認知に揺れがあることから、傾性の認知にも揺れが生じると考えられます。
メロディ編 Ⅲ章はここで修了です! おめでとうございます。次にどの編へ進むか、あるいは制作や分析の期間を設けるかを考えながら進んでください。

トップへ戻る