三つの短音階

メロディ編 Ⅲ章:音階の探究
Information

今回は「新しい音階を知る」回です。

「マイナースケール」の派生形を学びます。特にクラシック音楽では大前提となる知識であり、これを用いることで「いかにもクラシック風」なサウンドを得ることができます。もちろん、他のジャンルにおいてもこの知識は役立ちます。


マイナースケール

準備編以来ずっと、この音階のことを「マイナースケール」と呼んできました。しかし、実はマイナースケールは何種類か派生形が存在するのです。それを今回確認していきます。

#1.ナチュラル・マイナー

まず、これまでの通常のマイナースケールは、より正確な名前を自然的短音階Natural Minor Scale/ナチュラル・マイナースケールといいます。何も施していない自然状態の音階だからですね。

マイナースケール

もうすでに聴きなれた音階なので、何も言うことはありません。

求心力が足りない

しかし、Ⅰ章で音階の「引力」と「傾性」について学んできた我々は、ひとつのことに気づきます。長調においては、トーナル・センターである主音の下に、「導音」がいました。

導音

傾性の強い導音が半音上行して中心音に終止する。そこに強い「スッキリ感」があって、それを生かすのがメロディ作りの基本でした。一方で、短音階というのは、「ド」じゃなくて「ラ」の方がリーダーとなって動く世界です。

ラがセンター

ですから比喩的に言うと、「短調帝国」をしっかり築き上げるには、ラにリーダーとしての求心力が欠かせないわけです。しかし、改めてメンバーの並びを見直すと、ちょっと不安がよぎります。というのも、さっきの主音・導音のような、半音のペア関係が存在しないのです。

ソとラ

ラの下は、全音差の「ソ」です。だからこのままでは、「半音進行の美しさ」を使った「スッキリ解決」が出来なくなってしまいます。そもそも第Ⅴ音(ソの音)は、傾性が小さく安定性がけっこうある音でした。だから、主音に終止した時の「嬉しさ」みたいなものがあんまり無いのです。

比較

ポピュラー音楽においては、これは全く問題ではありません。コード編のはじめにあったとおり、今は長短なんて曖昧なくらいがちょうどいい。しかし、これを問題視したのがかつてのクラシック界でした。「美しく流麗な音楽」を目指す古典派は、この問題の解決に努めたのです。

#2.ハーモニック・マイナー

その解決策とは簡単で、ソに♯をつけること。それによって、短調でも長調と同じように、中心への引力を強めることを考えたのです。

強し
ハーモニックマイナー

こうやって第Ⅴ音に♯をつけた音階のことを和声的短音階Harmonic Minor Scale/ハーモニック・マイナースケール

百見は一聞に如かず。音源を聴いて比べましょう。

こちらがナチュラル・マイナー。やはり中心への引力が弱い感じがしなくもない。この「ソ」の音にシャープをつけて、エネルギーを高めます!

これがハーモニック・マイナー! かなり「解決感」が高まっています。古典派クラシックにおいては、こちらを基本にするのが良しと考えたのです。

コードに与える影響

そうなれば、当然コードにも影響が出ます。例えばIIImのコードは、基本的にIIIへ置き換えられることになりました。コード編でやった、クオリティ・チェンジ。それが常態的に行われるということです。

理想状態

また、ソが半音上がるのが基本になるせいで、ちょっと使いにくくなるコードとかももちろん出てきます。より具体的な様式についてはコード編のⅦ章でやることですが、こんな風にしてまで、クラシックでは「中心音への半音上行解決」を大事にしたのです。

#3.メロディック・マイナー

しかし、ハーモニックマイナーにも問題があります。ソをシャープにした結果、ファとの間がちょっと開きすぎているのです。

距離

だからさっきのハーモニック・マイナーの音源、ちょっとアラビア風、ペルシア風というか、けっこう変わった響きがしています。

仕方がないので、バランスをとるためにファもシャープにすることを思いつきました。

メロディックマイナー

このようにしてメロディラインの均衡を保った音階を、旋律的短音階Melodic Minor Scale/メロディック・マイナースケールその名のとおり、旋律としての美しさが重視されているのです。
とはいえ、ちょっと音を変位させすぎているところがあります。ゆえにこのメロディックマイナーは、上行時はこの「ミ・ファ・ソ」と順次上行するのが定型句のようになっており、また下行時は変位をさせないことが多いです。

下行時

場合によっては、ソの♯さえも、下行時には取りやめてしまうことも。この辺りは、曲想のバランスと相談して、最適なものを決めていくような感じ。意外と、厳密にはなっていません。特に、ジャンルによって好みが大きく変わってきます。

#4.三種の聴き比べ

この三種は、ひとつの曲中で混ざり合うこともしばしばあり、その使い方が作曲者に大きく委ねられています。IIIの和音の時だけスケールを変えることもあれば、VImのコード上でもずっとメロディックマイナーにするなんて場合もある。ちょっと、もう少し曲らしくした状態で聴き比べましょう。

こちらはまず、ハーモニック・マイナーです。和音的な美しさがある一方、やはりメロディラインは少し中東風な雰囲気を匂わせています。

一方こちらはメロディック・マイナー。ファが♯になったことでラインが美しくなっただけでなく、変位音が増えたことで曲調自体もより深い世界に迷いこんだような、良い意味での「淀み」がありますよね。このサンプル曲の場合、ハーモニックマイナーよりもこっちの方が魅力で優っていると思います。
(ちなみに今回の場合、下行時には全てハーモニックマイナー状態にしてバランスをとりました。)

最後に、ナチュラル・マイナー。今回のようなクラシカルなピアノ曲においては、これだとちょっと野性味がありすぎて、違和感を覚えます。普通の古典派ならこうはしないので、そういった経験則もあって、不自然に感じられますね。

もちろん、「クラシックならメロディックマイナー」「ポップスならナチュラルマイナー」なんていう風に、綺麗に分かれるわけではありません。状況次第です。簡易的には、以下のようなポイントを押さえておくとよいでしょう。

Check Point

IIImがクオリティ・チェンジしたIIIの上では、ハーモニック・マイナーとメロディック・マイナーの二種類が選択肢としてありうる。

そしてVImのコード上でハーモニック・マイナーやメロディック・マイナーを弾くと、かなりクラシック風になる。ソを常態的に変位させる場合は、コードにも気を使う必要がある。

この2点から始めて、3種類のマイナー・スケールへの理解を深めていってもらえたらと思います。

総括
  • 短音階には、主要なものが3種類存在します。
  • 特殊な音階を使う場合、コード進行にも気を使わないといけません。
  • IIIのコード上では和声的短音階と旋律的短音階が選べます。
  • クラシカルな短調では、III以外のコード、たとえばVImのコードにおいても、主音と導音の美しいメロディラインを作るために、和声的短音階や旋律的短音階を使うことがあります。

Continue