K/S分析を行う

メロディ編 Ⅱ章:旋律と和音

#1 おまけ

この回は、ちょこっとしたおまけです。いっちばん初めの序論にて、「戦場のメリークリスマスをマネして静かで冷たい雰囲気を出そうとしたピアノ曲」を用意したのを覚えているでしょうか?

序論ではこれを「めちゃんこヘタクソ」と評し、「理論的な尺度で見れば「冷たさの表現」と正反対のことをしている部分がいくつも発見できる」と述べました。 前回「シェル」のコンセプトを得たことで、その「暑苦しさ」の原因を理論的に分析可能になりました。だからちょっと種明かしというか、それをしておきたいと思います。

コード頭のシェル

シェル分析の際には、特にコードが変わった瞬間の頭に注目するとよいです。頭に鳴る音の印象というのはやっぱり大きいですからね。頭の音か、さもなくばロングトーン。この辺りが重要になってきます。
へたぴ

まずは冒頭4小節を楽譜化しました。見てのとおり、5thがメチャクチャ多いですね。だからそれがまず硬いし強い。 メロディは2小節をかけて少しずつ上昇していって、3小節めで3rdの音に着地します。コレも、じわじわ順次上昇というのは明らかに「盛り上がりを作るときのメロディ」ですから、暑苦しいです。

で、おまけに4小節めラストのところで、不安定なカーネルを持った下属音(ファ)をムダ撃ちしています。実は、そこまではファを使わない「四抜き」で進んできているんですね。なぜこんなところでファを突っ込むのか? 曲想に全く貢献していません。 I章では、こういった「ムダ撃ち」が、伝えたい想いのパワーにブレーキをかける「摩擦力」になってしまうという話をしました。今回はまさにその典型例です。

へたぴ
続いて5-8小節目。今度は7,8小節めで、コードのRootを2連続でとってます。これもやっぱり、直線的すぎるんですね。{Dm}{Em}という暗いコード上でこれをやると、暗さをパワフルに押しすぎる結果になります。 そして、5小節目冒頭のメロディもちょっと微妙。せっかくさっきの3小節目でかなり高いところまでいって、最高音の「レ」を叩きました。あれだけ盛り上げて、そこから下降してきたのに、ここでまた中途半端に「ド」に終止しています。これじゃあ、メリハリがないですよね。終止の無駄遣いだ。 「声域区分法」の時にやった、「小盛り上がりと大盛り上がりの配分」が、うまくできていません。
へたぴ
最後の最後まで5度・ルート押しでした。そうなると、全小節で頭のメロディが1・3・5度のどれかだったってことですね。それもやっぱり、響きが単調になりがちです。 静かで冷たい感じにしたいのなら、前回紹介した7度とか、今後紹介していく2度や6度もうまく織り交ぜた方がいい。この曲は全編通じて直線的すぎるのです。 さらに言えば、メロディのモチーフとして3連符を採用しているのも、全然よくないです。3連符というのは、特殊なリズムを突っ込むことでメロディを強調する技法であり、どちらかというとパワーを出すときに使われます。静けさがテーマのピアノ曲で使おうなんて、全くもって意味不明なのです。 そんなわけで、あのピアノ曲は単純で、直線的で、硬くて強くて暑苦しい。マッチョのおじさんが炎天下のビーチでポーズを決めてるような曲を、「静かで冷たい雰囲気をマネしてみました!」って言ってたわけですね。全然マネできてない。 ちなみにコード編のⅦ章で「声部連結」についてもっと知ると、この曲はそこでも大量にヘマをしていることが分かります。
こうやって、調性引力論を活用することで、「曲想の正体」をかなり詳細に暴くことが出来ました。こういうところは、知識として脳が意識していなければその正体を感じ取ることすら難しいのではないでしょうか? こうやってカーネル・シェルの観点からメロディを分析していくことを、自由派音楽理論では頭文字をとって「K/S分析(ケーエスぶんせき)」と呼びます。

「3連符がなんか似合ってないな」は、理論を知らない人でもけっこう勘付けると思います。リズムっていうのは、身体にダイレクトに来ますからね。でも「なんか和音に対するメロディの乗せ方が、硬くて強い響きを作ってる気がする」なんて言って違和感の原因を突き止められる人は、そうそういないでしょう。 それが目に見えない音楽という芸術に対する、素のままの人間の知覚能力の限度であると思います。だから、メロディメイクにこそ、理論によるサポートが重要なんですよ。ぜひうまく曲作りに活かしてください。

シェルを体得する

こんなに細かい話を、実際に心向くまま作曲する中で意識するなんて無理だって思いますか? そうです、意識してシェルを構築するなんて、息苦しくてやっていられません。だから、無意識にいいシェル構築が出来るようになるまで修行するのです。 「シェル」に対する感覚は、「カーネル」のそれと同様、身体に染み付かせなくてはなりません。そのためにはまず、自分が心惹かれるメロディに会ったとき、そこで使われている「シェル」と「カーネル」のパターンを調べてみるとよいでしょう。自分の好みが分かっていきます。美しいシェルの構築方法が体得できてくると、より高い次元でメロディの世界が見えてくるようになります。

まずは1・3・5・7度の質感の違いを意識できるようになれば十分ですね。そこからさらにスキルアップしたいという時には、メロディ編のⅣ章へと足を踏み入れるのがいいでしょう。

この節のまとめ
  • カーネルとシェルの両面からメロディを分析することで、より詳細な解析が可能となります。
  • シェル分析に関しては、小節頭、コードチェンジ頭といったリズムの要所、または最高音、ロングトーンといった展開の要所に着目することから始めるとよいでしょう。
  • カーネルもシェルも、ムダなものを削ぎ落とすことで、「曲想に対する摩擦」を減らすことができます。
メロディ編 II章はここで修了です! おめでとうございます。次にどの編へ進むか、あるいは制作や分析の期間を設けるかを考えながら進んでください。
トップへ戻る