ハモリの基礎理論

メロディ編 Ⅱ章:旋律と和音
Information

今回の内容は、一部で「詳細度数」に関わる内容が登場します。

コード編II章の以下の記事をまだ読んでいない場合は、そちらを先に読了してください。

ただし個々の2音の度数関係について暗記している必要は、ほとんどありません。

「シェル」という概念を知ることで、ハーモニーとメロディとの関係性というのが分かってきました。ここでそろそろ、メロディを補強する「ハモリ」の付け方を、理論的に理解していきたいと思います。

メインメロディに対するハモリの乗せ方というのは、「合いの手を入れる」とか「ロングトーンを伸ばす」とかもありますが、今回はポピュラー音楽で最も一般的な、「メロディにぴったりリズムや歌詞を揃えて、音程だけ変える」タイプを扱います。

#1 シェルの偶奇とハモリ

ハモリを論じるにあたってカギになってくるのが、「シェル」です。シェルの概念を取得したことで、ハモリ論は非常に分かりやすくなります。

コードと傾性

2章前半では、「奇数度のシェルは傾性を下げ、音を伸ばしやすくする」ことと「偶数度のシェルは傾性を高め、音を伸ばしにくくする」ことを確認しました。「7度は、他の奇数シェルと比べるとちょっと濁りはある」というのもポイントでしたね。

ハモリとて「副旋律」ですから、この理論は当然あてはまります。

メインメロがそうであるように、長く伸ばす音、小節頭の音といった目立つ音については、シェルの偶奇をきちんと注意してあげることが望ましい。メインメロディとハモリの偶奇状況の組み合わせは、4とおり考えられます。

偶奇の組み合わせ

表でまとめると、以下のようになります。

パターン 主・副 使いやすさ 説明
奇・奇 両者ともに安定状態
奇・偶 × メロの安定をハモリが崩す形
偶・奇 メロの不安定をハモリが支える形
偶・偶 両者そろって不安定

簡単に言ってしまえば、大事な箇所のハモリは奇数シェルにしておくのが安心という一言に集約できます。④のような「ダブルで不安定」はまだ曲想表現として活用できますが、②のように「メロは落ち着いているのにハモリがかき乱している」という状態はマイナスに働く可能性もあって、その効果をよく理解する必要があります。1

意識

まずハモリ単体について、メロディと同様の偶奇意識を持つこと。これがスタートラインです。

カーネルも大事

もちろんシェルだけでなく、カーネルの存在も忘れてはいけません。メロディ理論でやってきたこととは全て、「副旋律」であるハモリにもあてはまります。ですから例えば強傾性音であるファ・シには多少プラスで注意を要するときがありますね。これについてはもう少し後の方で確認しましょう。

#2 度数関係のクラス分け

ハモリの単体としての安定感とは別に、ハモリならではのポイントとなるのが、もちろんメインメロディとの距離関係です。

ハモリは基本的に、メロディの上下移動に合わせて寄り添う、つまりは等間隔を保って移動するのが基本です。

ぴったり

もし「ハモリの音はコードの構成音から選ばないといけない」と思っているようであれば、それは違います。確かに目立つところではコードトーンを使うのが安心ですけども、どちらかというと優先事項は、メロディラインの動き、その輪郭を補強してあげることにありますので、上譜のように、コードとの兼ね合いよりもメロディに寄り添うことを優先するのが基本になります。

もちろんサウンドの関係から一時的に間隔をずらしたりもしますが、「基盤とする距離」というものがあって、それをどうするかがまず最大のポイントとなるわけです。

3つのクラス

この距離については、まず大別すればたったの3クラスに分けることができます。

ハモリのクラス

2°上下・3°上下・4°上下の3つです。それぞれ、周波数比率の関係から次のような音響的特徴を持ちます。

クラス 特徴
濁っている
柔らかく、彩り豊か
硬く、澄んでいる

ハーモニーが持つ質感については、このようにしばしば「柔らかい・硬い」という形容が用いられます。2 微妙なニュアンスの捉え方は人それぞれですけどね。

5°以上との対応関係

5°以上の音程については、既に上で紹介された音をオクターブ移動することでこれが得られます。

オクターブ下げ
オクターブ上げ

7°は2°の、6°は3°の、5°は4°の親戚と捉えると理解がスムーズに運びます。もちろん周波数比率は変化しますので、サウンドの意味には多少の違いが生じます。ですけども、まずは「大きく分けたら3クラス」という形で覚えることで、見通しをよくしてからスタートしようということです。

3クラス×2

例えば最初は「3度上」でハモろうとしたけど、高すぎて歌えなかった。そうしたら1オクターブ下げてみようと。そうすると度数関係は「6度」に変わるわけですが、単にオクターブ下げただけなのですから、そこには“柔らかい”という度数の質感が変わらずに残っているということです。

トライトーン

ただし、4度や5度といっても、それが「ファとシ」のペアだった場合、それは「トライトーン」と呼ばれる非常に強い濁りをもった音程でした。3

トライトーン

このハーモニーはもちろん「硬く澄んでいる」などと言えるものではなく、注意して使う必要のある「特別枠」として認識してください(言い換えると、この記事でいう「4度・5度」は原則「完全4度・完全5度」を指すということです)。
また「クオリティ・チェンジ」などで臨時記号がついた場合には「ファ-シ」以外でもこの「トライトーン」が発生しうるので、そこは随時要注意ということになります。