インコード・ディグリー

メロディ編 Ⅱ章:旋律と和音
Information

今回は「新しい言葉を知る」回です。

前回に引き続き、コードとメロディの関連性について論じます。作曲の根本を成すコンセプトですから、ジャンルを問わず最重要です。


前回の内容では、メロディの音には「コード・トーン(CT)」と「ノン・コード・トーン(NCT)」という区分があるって話でしたね。その辺りの話を先に進めていきます。

濁り

2・4・6度は、本質的に濁りを生む度数です。7度も濁りを生みますが、この3つと比べると許容度の高い濁りです。だから1・3・5度はいくら伸ばしたって大丈夫なのですが、2・4・6度はその濁りがもつ効果を理解して使いこなすことが、コーダルな作曲では重要になります。

#1 傾性への影響

I章の間からずっと、「傾性は背景のコードによっても変化する」という話をしてきました。それをそろそろ明らかにしていくときです。メロディとコードが重なるとき、メロディがコードの基本的な構成音である1・3・5度の音になっていれば、それはもちろん綺麗にコードと馴染みます。逆にそうでない度数の場合は濁りが生まれ、どこか「解決したい」という欲求が生まれます。それすなわち、傾性が高まるのです。

コードと傾性

本来は傾性が強い音であっても、それがコードトーンになっていれば十分伸ばすことが可能です。逆に、本来は傾性の小さい音でも、それがノンコードトーンになっていると、少しだけ傾性が高まります。その“高まり具合”は、また2・4・6度それぞれで違いますし、背景のコードがどのコードなのかによっても変わります。

NCTの傾性の差については後々詳しくやっていくことになりますが、現段階でひとつだけ紹介しておくと、この中でも「4度」は最も濁りが強く、傾性の強化度が高めです

2つの傾性

ですから見方を変えると、傾性の源となるものが2つ存在しているということ。英米系のクラシック理論では、実際に「旋律的傾性(Melodic Tendency)」と「和声的傾性(Harmonic Tendency)」という2種類の語でもって区別するものもあります。1

ですからそのように、2つの基軸があると考えてもいいでしょう。自由派でも、そのような区別をした方が便利な場合は、この用語を使っていきたいと思います。

またもや名前がない

そんなわけで、コードのルートに対してメロディが何度の場所にいるか? というのは、メロディを分析したり構築したりにあたってとても重要なこと。
しかしながら、メロディ編ではもう毎度おなじみですが、この「メロディの、コードのルートに対する位置」に相当する用語が、一般的な音楽理論には存在していません。本当に、困ったものです。

調の中での相対的な位置であれば、第Ⅰ音、第Ⅱ音…という「スケール・ディグリー」がありました。それに倣う形で、「コードのルートに対するメロディの位置」のことを、自由派では「インコード・ディグリーIn-Chord Degree」と呼ぶことにします。略してICD。

ICD

こういうことです。オクターブの上下は考慮しませんので、ICDは最大で「7」まで。その上はまたICD1に戻ります。日本語でいうなら「コード内音度」ないし「和音内音度」といったところでしょう。

  • インコード・ディグリー(ICD)
    コードのルートに対するメロディの相対位置。度数で表す

スケール・ディグリーはモーダルな作曲をするにあたって重要なファクターであり、インコード・ディグリーはコーダルな作曲をするにあたって重要なファクターとなる。この2つをきっちりと分けて考えることで、メロディの構造はとても分かりやすくなるのです。

#2 コーダルとモーダルの二重構造

ですからこの段階で、ちょっと大事なコンセプトを説明せねばなりません。
メロディの位置情報には、調の中心音からの距離である「スケール・ディグリー」と、コードのルートからの距離である「インコード・ディグリー」の2つがあって、メロディがもつ最終的な「安定感」や「解決感」は、その2つのコンビネーションによって決まるということです。
例えば「Cメジャーコード上でのファ→ミ」なら、モーダルで見てもコーダルで見ても強い「解決」をしています

コンビネーション

だからこの動きは、「とびっきりの解決感」があるわけです。コードの機能自体もトニックですしね。逆に、モーダルな解決とコーダルな解決が衝突するパターンだってあり得ます。例えば「Gメジャーコード上でのシ→ド」とか。

コンビネーション

I章でやったような目線で言えば、導音から主音への流れは定番の動き。でも、コーダルな目線で見ると、「濁りの4度」に進むことになるので、「メロディラインは解決したが響きは濁っている」という状態になります。
もちろんそれがダメということではないですよ。むしろ、このコンビネーションを考えることで、さらに微細な解決感の調整が出来ると思ってもらった方が、実践的ですね。
スケール・ディグリーと、インコード・ディグリーがもたらす、二重の位置情報。それによって生まれる総合的なサウンドの質感。これは、メロディ単音がもつエネルギーに関する、かなり核心的な部分ですよ。

この「二重の位置情報」が生む音響のパターンがどれくらい身体に染み付いているかというのが、メロディ作りのセンスへと直結していきます。「カーネル」だけで突き進んできたⅠ章と比べると、やはりこのⅡ章は格段に上級レベル。まずは様々な場面でコレを気にかけることで、音に対する感覚を磨いていくのがいいでしょう。

この節のまとめ
  • 「コードのルートに対するメロディの位置」のことを、自由派では「In-Chord Degree(ICD)」、「コード内音度」と呼びます。
  • 傾性は、インコード・ディグリーが何であるかによってさらに影響され、その重なりが最終的な傾性を決定します。

Continue