7thシェルの用法

メロディ編 Ⅱ章:旋律と和音

ここまで4回に渡って「シェル」について解説してきたわけですが、ここでラストになります。最後は、7thシェルの紹介です。

#1 7thシェルの特質

7thは1,3,5と違って「濁り」を生み出す特別な存在です。大人っぽい雰囲気や、切なさを出すのにはぴったりの存在です。3rdと並んで活躍する選手と言えますが、濁りをプッシュするシェルなので、3rdよりは生きる場面が少しだけ限定されます。

Vのときには注意

やはりカーネルの影響というのは常にあるもので、IVIImでは7thシェルとして乗るのが無傾性の音なので使いやすいですが、Vの時には7thシェルが「ファ」の音になるので、この強烈な不安定さはかなり使いどきを選びます。

7thシェルと傾性

なので、よっぽどファのサウンドを求めていない限りは、この7thは避けられることが多いです。「諸刃の剣」とも言えるこの7thシェルですが、特にIVIに乗せたときの美しさは代わりの効かないものがあります。

#2 7thシェルの実例

ここからはまた、実際の楽曲での使用例を見てみます。

Mr.Children – HANABI

1:39からのサビに注目。コードも日本人好みの進行で、メロも冒頭から7thの音を5連打しているという、まさにJ-Popの粋を集めたような曲です。この曲はBメロやサビ後半では3rdの音が中心になっていて、そこでも情緒を生み出しています。

楽譜「HANABI」 サビ冒頭のメロディ

ミスチルの桜井さんは意外にも理論派だそうで、彼と交流のあるスガシカオ氏が自身の著書の中で、「ルートに対して何度の音を気持ちよく聴かせるか、その好みがメロディを決定する」という旨の話を桜井さんから受けたと述べています。1

初恋の嵐 – 初恋に捧ぐ

サビ後半、「夢から」のところで、IV-Vと動く進行の両方で7thシェルを取っています。例の「V+7thシェル」で強烈なファが生じているわけですが、ここはその不安定さが完璧に活かされていて、心に訴えかけてくるメロディに仕上がっています。やはりポピュラー音楽の作曲というのは、歌詞やテーマに対していかに曲想を合わせていくかが重要。この曲は全体的に3rdと7thがよく使われていて、演奏は素朴ですがメロディはとてもカラフルです。

Piazzolla – Oblivion

アストル・ピアソラという20世紀のアルゼンチンの作曲家の作品です。ぜひ最初から聴いていただきたいですが、ともあれ1:36〜の盛り上がりの部分にご注目。心の奥を揺さぶられるような、ものすごい情感を持ったメロディです。「理屈抜きに素晴らしい!!!」と言いたいところですが、その陰にはやっぱりちゃんとした理屈があります。

楽譜「Oblivion」 展開部のメロディ

上図のように、伸ばすところがみな綺麗に7度。これがこの曲の持つ切ない美しさの最大のポイントです。加えて、小節頭はほぼ3度で一貫しています。シェル編成が完ぺき。それでいてメロディラインとしてもすごく情熱的で、理論的に組んだと感じさせないところがスゴイです。まさに“天衣無縫”です。

3rdシェルで例に挙げた「サラバ、愛しき悲しみたちよ」 にしてもそうですが、シェルに統一性のあるラインは聴き手の耳にスッと入りやすく、理解しやすく覚えやすい。ひいては心に残りやすいメロディとなります。

この曲は、徹頭徹尾うつくしい流れで作られた素晴らしい曲です。こうして楽譜で「タネ明かし」みたいなことをすると、「3rdと7thを使えばこうできるのか〜」と思ってしまいますが、そうでもありません。当然これまでにやった「上昇・下降」や「跳躍・順行」「全音・半音」「終止・跳越」そして横のリズム等々も含めて完ぺきに動いてこそ、この圧巻のメロディ。知識・経験・感性の結晶とでも言うべき作品です。

#3 シェルの気にしかた

さて、これでRoot・3rd・5th・7thそれぞれのシェルが持つ特徴を確認できました! この「シェル」という概念は、メロディ作りにおいて極めて決定的な要素です。これまでの曲例を見ただけでも、シェル編成の巧さが曲の良さに直結しているということは明らかですよね? これもまた、世間一般では「センス」として片付けられてきた部分の正体のひとつなのです。

シェルは、表現したい内容をいかに引き出すかという「表現力」に関する理論ですから、「正解」はありません。だから、コレを体得するのはなかなか大変。シェルを無意識的に活かせる技能は、ずばり「センス」そのものです。それは、「だから練習しても無意味」という意味では全くなく、「まず意識的にこれを活用することが、センス向上への足がかりになる」ということ。
ひとまずはメロディじゃなく伴奏なんかで、情緒豊かにしたいときは3rdと7thをトップに据え、シンプル・ストレートにしたいときはルートと5thを中心にするなど、活かせそうなところを見つけて意識するとよいでしょう。

そしてこういう度数感覚、和音感覚がよく馴染んでくれば、それは必ずメロディ作りのセンスに直結します。習熟すれば、自分の出したい曲想にどんな度数が適しているのかが感覚でわかってくるようになるはずです。

この節のまとめ
  • 7thシェルはサウンドに濁りを与え、それが多くは「大人っぽさ」や「切なさ」に繋がります。
  • 特にVのときに7thシェルを使うと、非常に不安定なサウンドになるので、使いどきを選びます。
  • 表現内容に合わせて最適なシェルを選びながら、かつカーネルやモチーフの動きも自然で魅力的であることが、良いメロディの指標といえます。

Continue