調性引力論 ❶ 傾性とその解決

メロディ編 Ⅰ章:構造の分解

ここからの内容であ、音の名前が非常に多く登場します。そのため「主音」「上主音」といった冗長な和名ではなく、主音を「ド」と呼ぶ“階名”のシステムに基づいて説明していきます。実際の楽曲について説明するとき、例えばその曲がGメジャーキーなら、「ド」といったら主音、つまりG音を指すということに注意してください。

ちょっと前に音の「傾性」について説明しました。半音での進行先が存在するファとシは、その方向へ進みやすい性質を持っているという話です。

テンデンシー

ではファとシ以外の音はどうなっているのか?そこを詳しく確認していくのが、今回の内容となります。

§1 安定音・不安定音

まずドレミファソラシの7つの音は、その安定性を基準にして、安定音Stable Tone, st不安定音Unstable Tone, ustという2つのグループに分かれます。1

安定・不安定

ファとシが不安定なのはもうおなじみですが、他の音の分類をきちんと紹介するのは、はじめてですね。改めてドレミの音階順に並べると、こうです。

安定・不安定の配列

ミとソは、「ミ→ド」「ソ→ド」という主音への進行によってより安定できるという点においてのみ、微弱な傾性があると言えます。それでもファやシと比べたら、相対的にはゼロに近いと言っていいでしょう。

§2 傾性とその解決

一方で不安定音たちは、「緊張と弛緩」の”緊張”の方の役割を担っていて、本質的には「解決」して音楽が”弛緩”することを期待されます。そしてその際の移動量が少なければ少ないほど自然で流麗なモーションになるため、ファはミ、シはドへと進むのが最も自然に感じられる。

半音の解決

残ったレ・ラは「不安定だけども、半音で寄りかかる相手がいない」ということで、ファ・シほどではない”やや不安定”な状態、つまり「中程度の傾性を有する」と言えます。2

全音の解決

ラは上に待っているのが不安定なシなので、解決するには下行しかありません。もし上に行くとすれば、「ラ-シ-ド」と2段進む解決が基本型と言えますね。

レは、全音上下にミ・ドがいて、安定音までの距離が等しい環境にあります。このような場合、どちらへも十分自然に解決が可能ですが、どちらかというと上よりも下へ行く方が自然という見解がしばしばなされます。3 人間と同じで、同じ距離なら上より下にいくのが楽という話は、以前も「重力」という言葉で紹介しましたね。

音重力

とはいえ、「半音の傾性」のような確固たる性質と比べるとこの「重力」は非常に茫洋としたゆるい概念ですので、「レ→ミ」の動きには、「ファ→ソ」ほどの抵抗感はありません。

簡単にまとめると、レ・ファ・ラは下行解決が第一候補。シだけは上行の方が自然に感じられます。逆方向への解決は、第二候補ということになります。

第一・第二の解決

本格的な書籍では、それぞれを第一の解決Primary Resolution第二の解決Secondary Resolutionと名付けているものもあります。4 それも踏まえて、ここまでの話をひとつの図に集約してみましょう。

傾性と解決

まあ実践においては、第一・第二なんて堅苦しい分類をしなくても、感覚的にそれぞれの動きを体得するのがよいでしょう。ただ一応これが、メジャースケールにおける傾性構造の”完成図”と言えますので、もし印刷して貼るならコレというやつです。

遅れて解決

そんなわけで、解決するのが一番のベタ、一番のベーシックです。しかし他にもやり方は当然あって、代表的なものが、他の音を少し”回り道”をしてから解決する、ディレイド・レゾリューションDelayed Resolutionです。5 これも定着した和訳がないのですが、強いていうなら「遅延解決」でしょうかね。いくつか例を見てみます。

(1)は、ファと同じくミに隣接するレを通ることで、よりミへの解決欲を高めるパターン。「遅延解決」の中では模範的な部類です。
(2)は強傾性音を2連発する”傾性マシマシ”のパターン。シのドへ行きたい気持ちは無視されてしまいましたが、募ったファの傾性が解消されるので心地よさがあるという、なかなか複雑な構図になっています。
(3)は、寄り道をしている間に目的地をミからドへ変えてしまったパターン。ファの気持ちはだいぶないがしろですけど、シ→ドが心地よいので普通に成立します。

こうして見ると、たった3音の連なりでも実に様々な表現が出来ることが分かります。これがメロディ作りの奥深さであり、面白さです。もちろん実際には「あえて解決しないでフレーズが終わる」というテクニックもありますから、その組み合わせはまさに無限です。

Check Point

安定しているド・ミ・ソに対し、レ・ファ・ラ・シは”傾性”を持ち、自然に解決できる方向がそれぞれにある。それに従って「解決」するか、他の音を迂回してから「遅延解決」するか、予想外の場所に着地するか、解決せずに伸ばしっぱなしにするかといった観点から、メロディの自然さをある程度評価することができる。

それをうまく利用することで、自然に聴かせたいところでは自然なラインを、フックを利かせたいところでは意外なラインを、意図的に構築できるようになる。

調性引力

これまで述べたような「音の進みやすさ」の根元にあるのは、音に対する私たちの心理的・生理的な反応です。しかしこれをもう少し比喩的に、ロマンティックに捉えれば、「音と音との間に引力が働いている」とも表現できます。

だって音世界に「重力」があるといいつつも、一方でシはその重力に逆らって、まるでドという磁石に引っ張られるかのように上方を指向していますよね。重力以上の力がそこには働いているのです。

重力と引力

そこで自由派音楽理論では、このような「音が自然に進む方向が決まっている」「その方向に従って進むと着地感・安定感・落ち着きなどを感じる」といった音の進行方向に関わる力性をひっくるめて調性引力Tonal Gravitationと呼ぶことにします。6

そして、調性引力に関する諸論を「調性引力論」と呼びます。今後内容が発展的になっても、「この音はこっちに行きやすい」という話は度々現れるので、それをみな「調性引力論」というひとつの論としてなるべく統一した言葉、統一した原理に基づいてスマートに説明していこうというアイデアです。

§3 原理に反する摂理

この原理だけで全ての説明がつけばカンタンな話ですが、でも現実はもっと複雑です。”引力”は私たちの心理を反映した現象ですから、ちょっとした前後関係にも大きく左右されてしまいます。ここからは少し、例外的な要素を覗いてみます。

慣性の法則

典型的なところでは、例えば「ド-レ-ミ-ファ」と順に音の階段を登ってきていたら、そこから「ソ」へ進むことは十分”自然な流れ”として受け入れられます。

このメロディを聴いて、「おお、ファが傾性に逆らってソへ上行する、なんて力強いメロディなんだ・・・」とは、思わないですよね。むしろ自然な成り行きでトントンと上がっていったように感じる。

喩え話を続けるなら、いくら磁石で引っ張るにしても、勢いよく進んでいるものを引き止めるっていうのは大変です。一度転がり出したボールは、そのまま転がり続けようとする。同じことが、メロディでも言えます。音響心理学の世界では、この現象をまた物理学になぞらえた比喩で慣性Inertiaと呼びます。7

ただこういう心理学のエリアまで考慮に入れて理論を構築するのはちょっと複雑すぎ、非現実的です。それゆえこの「慣性」の存在は、調性引力論のモデルには含めずに進めていきます。8

中心音の揺らぎ

もうひとつ。ここまでドが中心音という前提に沿って進んできましたが、準備編「音階と中心音」で説明したように、現実には私たちの中心音認知はドとラの間で揺れ動いています

争い

すると、曲が短調に寄っていけばいくほど、ラはリーダーとしての安定感を勝ち取り、傾性を減じることになります。それに伴い、ソやシといった周りの音にも、少なからず影響が及びます。これについては重要であるので後々の章で扱っていきますが、I章の現段階で詳細に論じるのは、時期尚早です。ひとまず、「ラはふだんは中傾性音だけど、自分がリーダーになったら強いぞ。周りを引きつける。」という風にザックリとした形で覚えていてください。9

ほか、もちろんコードの影響も強く受けます。たとえ強傾性音であっても、コードとよく調和していれば伸ばせます。それについてもやっぱり、II章以降で補っていくことになります。


さて、流れに乗って多くの内容を説明したので、ちょっとお腹いっぱいかもしれませんね。ひとまずは、安定・不安定。この二分法でザックリと把握することがスタート地点です。

安定・不安定

そしてファ・シだけでなくレ・ラにも解決の面白さがあるということが分かれば、今回の内容の理解としては十分です。

§4 実例をみる

ずっと理論の話だけが続いてしまったので、ここからは実例を聴いて、ここまでの内容を確認します。

ソの安定感を聴く

ソの音は本当によく安定していて、どこまでも伸ばすことができます。

映画の主題歌になった、スピッツの「歌ウサギ」という曲。メロは0:45〜。一本調子のメロディが特徴ですが、それが「ソ」の音です。傾性が無いに等しいので、これくらいずっと連打していても全く問題なく成立しています。でもやっぱり主音で伸ばすのと違って、浮き足立っている感じがありますね。何となくウサギっぽいとい言えばウサギっぽい。安定音たるド・ミ・ソは、聞き手に何ら緊張感を与えずに伸ばし続けることができます。

レの中傾性を聴く

一方で、中傾性音のレになると、伸ばし続けることは出来るものの、その浮遊感が独特の印象を与えます。

「I’m a scatman!」の後の、歌い出しのフレーズがレの連打です。あえて解決をしないことで緊張を生み、「これから何かが起こるぞ・・・」という期待を高めている。イントロにぴったりの素晴らしいチョイスといえます。

もう少し最近の例から。こちらはサビ後半の印象的な”Likey”というフレーズの連呼が、ちょうどレの音になっています。これは安定音だったら落ち着きすぎてワクワク感が足りないし、かといって強傾性音では、ここまで連打するとストレスになって来るでしょう。中傾性のレだからこそ、絶妙にクセになるメロディとして成立しています。

シの高傾性を聴く

シ・ファの解決についてはすでに「半音進行と傾性」で述べていますから、ここはあえて、解決しない例を聴くことで、「もし伸ばしたらどれほどの緊張感を生むか?」を学ぶことにしましょう。

椎名林檎の「茎」は、サビの終わり方が特徴的で、導音(シ)の音で伸ばし続けています。準備編でも、この曲は主音に着地しないパターンとして紹介しましたね。この緊張感、不安感は、不気味な曲想にぴったり。完璧なチョイスと言えます。

シをあえて解決しない「導音伸ばし」は、椎名林檎の得意技です。こちらはメロですが、「考えてみ」のところが、やっぱりシの音。もし主音に解決してしまったら、「含み」や「色気」のようなものが無くなって、一気に曲がつまらなくなってしまうでしょう。
このあたりはまさに「禁則破りは音楽の進化の歴史」の象徴的な部分で、古典派理論に基づくとこんなアバンギャルドな動作は禁則です。でもそういう”禁断の領域”に足を踏み入れることで、悪魔のように魅力的・刺激的なサウンドを獲得してきたのが、現代ポピュラー音楽の歴史なのだ😈

ファの高傾性を聴く

そんなわけで悪魔的な魅力をもつシですが、一方ファの傾性というのは本当に強烈で、解決せずに伸ばし続けることは非常にまれです。せっかくなので、頭がおかしいくらいファを伸ばした例を紹介します。

こちらは「ポピパッパパー」という、先ほどの「スキャットマン」のオマージュと思しき楽曲です。冒頭の「Say ポピパパッピピプ・・・」というフレーズが、ずっと「ファ」の音を伸ばしており、一切解決しません。「本家がレならこっちはファでやってやろう」というような、本歌取りのような趣向を感じます。これは「スキャットマンのオマージュ」というコンテクストがあるから成立していますけども、普通の楽曲でこんなにファを連打したら、曲想がナゾすぎて受け入れられないでしょう。そこが、安定音のソとは違うところ。

聴き比べても実感できるとおり、同じ「強傾性」でもどちらかというとファの方が強烈で、より解決を強く望まれます。平常ではファの扱いには少し、気をつけておくのがおすすめです。


さて、傾性を詳細に扱って分かったことはふたつ。まず音楽はやっぱり自由であること。そしてメロディのひとつひとつの動きにいかにメッセージやストーリーを込められるかが大事であるということです。

例えば「流れるような穏やかさ」を表現したい時には、「ファ→ソ」のような引力に強く逆らうラインはあまり好ましくない。「割り切れない気持ち」を表現したいのであれば、あえて「シ」のような不安定な音で伸ばしてみたらハマるかもしれない。そのような感覚を養う中で、表現したい物事をリスナーに伝わる形で具現化する、その精度が高まります。そしてその能力を、人は「表現力」と呼ぶのです。

まとめ
  • メロディの各音は異なる「傾性」を持ち、音ごとに伸ばしやすさが違います。
  • レ・ラは中傾性で使い勝手がよく、あえて解決しないという方法も、比較的容易に曲想として活かすことができます。
  • シ・ファは強傾性で、「シ」の伸ばしが効果的である一方で、「ファ」は(コードの支えがない限り)解決してあげるのが基本です。
  • 「傾性」は、実際にはコードや前後関係の影響を受けて変化します、後々はコードとの関係性をもとにより深く理解することが望ましいです。

Continue