半音進行と傾性

今後「ドレミファソラシド」が登場した場合、原則的にそれは調内の相対位置を指す「階名」であるとして理解してください。

#1.全音進行と半音進行

さて、「順次進行」をさらにもう一段階深くみてみると、全音差の進行と半音差の進行に分けられます。

鍵盤

Cメジャースケールの場合「ド⇔シ」と「ミ⇔ファ」の間だけ、半音差になっていますよね。「全音差の動きは力強く明快、半音差の動きは滑らかで情緒的」というのが、音楽の鉄則としてあります。だからここの全音差・半音差の違いに敏感になることが、メロディを作る上では非常に重要になってきます。

つまりこの「ド⇔シ」「ミ⇔ファ」の動きだけ、他の順次進行と比べて1ランク上のなめらかさ・情緒を持っているということです。

半音

#2.傾性(Tendency)

特に、「ドシ」「ミファ」よりも、その反対、つまり「シド」「ファミ」という動きには、「フレーズが綺麗に着地した感じ」を聴き手に印象付ける働きがあります

テンデンシー

ドやミは別にどこへ進んでもいいのですが、シとファは、それぞれドとミに進みたがっているかのような性質を感じることが、メロディメイクの際にはあります。

なぜそのような「一方通行」みたいな現象が発生しているかというと、そこには準備編の「音階」の時に述べた「中心への引力」が大いに関わっており、さらにはコード理論に絡んだ要素も影響しているのですが、まあ今は理由は置いておきましょう。

このように、あたかもある方向へ“進みたがっている”かのような特性のことを音楽理論では“Tendency”といい、そのような傾向の強い音のことを“Tendency Note”や“Tendency Tone”などと呼びます。1
また、メロディがその傾向どおり綺麗に進んでメロディがスッキリと落ち着くことを、「解決(Resolution)」といいます。

つまり、「導音(シ)は主音(ド)へ進みやすいテンデンシーを有するテンデンシー・ノートであり、主音へ解決することで解放感を得られる」なんて表現するわけです。

この「Tendency」という単語は、メロディ理論を構築するにあたって大変重要な概念であるにもかかわらず、日本では明確な対訳が普及していません。本当に、コード理論以外はザル状態なのです。そこで、少なくとも自由派音楽理論の中では決まった訳語を使っていきたいと思います。

Tendencyを和訳する

“Tendency”を直訳すれば、間違いなく「傾向」です。しかしそれではあまりにも一般的な言葉すぎますし、また意味も伝わりづらくてイマイチです。そこで、自由派では“Tendency”に対して、「傾性」という訳語をあてることにします。

  • Tendency = 傾性
  • Tendency Note = 傾性音

そして、この音は傾性が「ある」だとか、あるいは傾性が「大きい」とか「強い」だとかいう風に表現していきます。

「シ」「ファ」以外にもある程度の傾性を持った音はありますが、この2つほど高くはありません。まずは、ドレミファソラシドのうちこの2音が、特別な傾向を持った「傾性音」であり、特別な存在であるということを意識するといいでしょう。

特別な二音

この二音がメロディに差し込まれるだけで、曲の情感に「揺れ」が生まれます。その「揺れ」の大きさは、傾性音の長さ、高さ、強さ、タイミング、前後の音といったコンテクストによって変わりますが、例えば傾性音を高く長い音で伸ばせば、すごくリスナーの感情を揺さぶるようなメロディが得られます。

ポピュラー音楽のメロディメイクにおいても、こうした傾性音をムダに使わずに、情緒を生み出すべき場所にきちんと差し込めるセンスは非常に重要になってくるんですよ。

ファ・シ以外の傾性については、もう少し後の回で取り扱うことにして、まずはこの「半音進行での解決」が持つ魅力について、具体例と共に知っていきます。

ファ→ミの活用例

サビ冒頭の「見つめうと」の部分ですね。サビ頭でいきなりの傾性音ですから、感情を揺さぶる効果はかなり高い。模範的な使い方といえます。
そしてスゴイのは、それ以降ファの音がほとんど登場しないということ。この部分以外だと、終わり部分の「いつの日も」のところにしか登場しません。まさに、「ムダ撃ちをしないセンス」が光っているのです。

こちらは、4:43〜のサビに注目。サビ前半部分では、「とりあえずさようなら」の「と」にしか「ファ」が登場しません。傾性音の節約をしています。その代わり、「シ」の方をたくさん使って流れを形成していますね。

一転してサビ終わりでは、「ファミ」の解決がなんと3連発で発生します。「」、「じは」「いらないから」のところです。ここでいきなり3連発ですから、かなりドラマチック、最後に心を大きく揺さぶるような展開を作っているのです。メリハリのよさが素晴らしい。

シ→ドの活用例


すでに音階の話の時に、主音にメロディが辿り着くとそこで「終わった感じ」が生まれるという話はありました。その中でも「シ→ド」という着地の仕方は最も聴きやすく心地の良い終わり方といえます。

スピッツの「HOLIDAY」は、サビの最後でholidayという単語を連呼しますが、そのメロディラインが「シ→ド」です。三度も丁寧に繰り返してくれるので、ハッキリとパートの終わりを感じられます。スピッツの曲には、サビ終わりで綺麗に「シ→ド」の解決を行うメロディラインが非常に多いですね。

こちらはサビ初めの「dancing queen」のところが、「シードッ ドー」という動きになっています。その後も同じようなメロディラインが続きますから、その度解決が行われているということ。この曲が持つ幸福感や、どこか落ち着きのある高揚感は、この解決の多さから来るものでもあります。

こちらもサビ冒頭が、「ド」と「シ」を繰り返すことで、穏やかかつ幸福感のあるメロディラインを作っています。「ファ→ミ」はかなり強烈なパワーがあるので、繰り返し使うとくどくなることもありますが、「シ→ド」はとても自然で聴きやすいので、何度繰り返しても心地よいものです。

こちらもメロディがとても爽快な曲なのですが、「シ→ド」の解決がたくさんあります。まずサビ冒頭の「If you」からそう。その次は、少し後の「with me forever」のところ。そしてトドメはドロップへ行く前(1:17〜)の最後の「surrender yeah」です。ドロップに入ってからのシンセリードも、「シ→ド」の解決が効いています。

こんな風に「ファミ」と「シド」は、一般的な感性で「美しい」と感じられる、”鉄板のメロディライン”と言えます。特に、メロディラインに情緒の豊かさが求められるJ-Popや、特にその中でもバラードなんかでは、この「傾性音」をいかに活用できるかが、メロディメイカーとしての腕の見せ所になります。

傾性の逆を行く

逆に言えば、本来の傾性とは反対の方向へ動くメロディは、どこか特別な意味を感じられるものになります。「ファ→ソ」は何か”自然な流れに逆らう決意めいた力強さ“が感じられますし、「シ→ラ」は”一般論では語れない後ろめたい暗さ“のようなものが感じられます。まあこの辺りの捉え方はもちろん個人差がありますが、いずれにせよ。

こちらはその典型例。「悲しい方を」「迷宮のパラダイス」のところが「シ→ラ」という流れになっていて、深く沈んでいくような情感がしっかりと打ち出されています。これがもし先ほどの「ダンシング・クイーン」のように上行解決してしまったら、このメランコリックな雰囲気は全く無くなってしまいます。

古典派理論では、一定条件下ではこうした傾性音を「必ず解決させる」というのがルールになっていますが、それはやっぱり「型」にすぎなくて、現代においては、型に従ったときと逆らったときでそれぞれどのような曲想が生まれるのかをよく理解して使い分けられる技能こそが重要となります

総括
  • 半音で動くメロディは柔らかく穏やかで、全音で動くメロディはそれと比べると力強さがあります。
  • ファはミへ、シはドに進むと心地よい落ち着きがあり、そのような一方通行性を「傾性」と呼び、傾性の高い音を「傾性音」と呼びます。
  • 傾性とは逆方向に進む「ファ→ソ」や「シ→ラ」も、心得て使えば効果的です。
Continue