メジャーのコードスケール

まずは前節で説明した「コードスケール理論(CST)」の概要をおさらいします。

#1.前回の復習

まず、コードとスケールはセットになったひとつのパッケージであり、根本にあるサウンドイメージを「縦の連なり」で表現したのがコード、「横の連なり」で表現したのがスケール。二者は互いの存在を示唆し合う。

Unity

メジャーキーがその中に7つのダイアトニックコードを内包しているように、メジャースケールはその中に7つのモードを内包している。内包しているモードの名前については、「教会旋法」のコンセプトで用いられている名前をそのまま流用した。

ペアレント

それぞれのモードを、対応するコードとセットにして、テンション・アヴォイドといった情報を全て明示的に表現し、「コードスケール」というひとつのパッケージで表す。

Ionian

こうすることで即興演奏の際の利便性も大きく向上するほか、音響に対する理解もスムーズかつクリアになるし、人間は「キーという思考の制約」から解放される。そういう話でした。

そこで今回行うのは、コードスケール理論を応用させていくうえでの一番の基礎となる、メジャーキーのダイアトニックコードたちの「コードスケール」を整理することです。ちょっと前の回では、「ジャズ理論ではセブンスコードが基本です」とかなんとか言ってコードを並べましたが・・・

ダイアトニック

CSTのコンセプトを知った今ならば分かると思いますが、これでは全然情報が足りていないわけです。この7つ全てを、上にあった「アイオニアン」のように整然と情報化しないことには、スタートラインにすら立てないのです。
ですからまあ、ある意味いまさら分かりきった内容の確認ということにもなりますが、まあ「コードスケール」の考えに身体をなじませていく“準備運動”としてちょうどいいでしょう。

#2 メジャーキーのコードスケール

念のため確認すると、これから登場する「アイオニアン」「ドリアン」といった言葉は、CSTにおいてはコードスケールというパッケージを表現しています。メロディ編でやった「教会旋法」とはずいぶん話が異なりますので、そこはキッパリと思考を切り離したうえで読んでいってください。

インターバルの表記

ここから先は、各スケールが持つインターバルを次々に確認していくわけですが、その際にはなるだけ視認性が高く、シンプルなディグリーの表現を用いたいと思います。

  • 長音程・完全音程 → 数字のみ
  • 短音程 → ♭をつける
  • 増音程・減音程 → +/○をつける

第Iモード:アイオニアン

Ionian

アイオニアンはメジャーセブンスと対応するモードのひとつで、P4が3rdとぶつかるため、Harmonic Avoidとなります。サウンド的にはまさにメジャースケールの世界観そのものです。メジャーの“トニック感”を象徴するモードとも言えます。

第IIモード:ドリアン

Dorian

ドリアンはマイナーセブンスと対応するモードのひとつ。6thがHarmonic Avoidとなる理由はちょっと特別で、この音が「3rdとトライトーン関係を作り、V7の転回形とサウンドが近くなり、(特にii-Vの進行で)サブドミナントとしての機能に混乱を与える」という観点からです。1
他のHarmonic Avoidは強烈な「短2度の不協和」が由来ですから、それとは違うという意味を込めて、黄色にしました。

マイナー系のモードの中では、明るめ。ジャズでは鉄板である「Two-Five」の「Two」を象徴するモードになります。

第IIIモード:フリジアン

フリジアン

フリジアンはマイナーセブンスと対応するモードのひとつ。短音程が多く、重く暗いサウンドを有しています。Avoidは、どちらもコードトーンに半音上で乗るため。

第IVモード:リディアン

リディアン

リディアンはメジャーセブンスと対応するモードのひとつ。コードトーンに半音上で重なる箇所がひとつもなく、Avoidが存在しません。そのため、アドリブの演奏がしやすいモードでもあります。「トニックでないメジャーセブンスを弾く際の基本候補スケール」であるとよく説明されます。

第Vモード:ミクソリディアン

ミクソリディアン

ミクソリディアンはドミナントセブンスと対応するモードのひとつ。メジャースケールのモードの中では、ドミナントセブンスと対応しているのはコレだけ。V7の質感を象徴するモードと言えます。

第VIモード:エオリアン

エオリアン

エオリアンはマイナーセブンスと対応するモードのひとつ。ドリアンよりは暗く、フリジアンよりは明るいトーン。標準的な暗さです。ドリアンとの違いは、6度が長か短か。したがってminor 6thの持つ薄暗さが、エオリアンの特徴と言えます。

第VIIモード:ロクリアン

ロクリアン

ロクリアンは、ハーフディミニッシュと対応するモードのひとつ。5thがo5になっているので、P5が構成できている他のモードと比べると、格段に不安定です。


いずれもこのコード編VI章に辿り着くまでに既に理解した内容だったと思いますが、何度も言うとおりこれはスタート地点です。まずこうやって情報を整理することで、スケールごとのインターバルなどを再確認したわけです。

#3 七つのモードの関係性

次は「教会旋法」の時にやったように、全員のルートをCに統一して一列に並べて、モードごとの特性を確認します。

メジャーキーのモード

メジャーキーの七つのモードが全て一音差で繋がっていることは、「教会旋法の総括」でもお話ししましたね。

これまで「アヴォイド」に対する捉え方というと「I,IIIm,VImのときのファ。Vのときのド。」という風に考えてきましたが、これもキーに依存した形の暗記法ですよね。CSTのフレームワークで物事を考えるときには、「IonianとMixoではM3とP4が、AeolianとPhrygianではP5とm6がぶつかる」という風に、ルートからの度数で把握するのがふさわしいです。

#4 脳のアップデート

いま行っているのは、順当な脳のアップデートです。思い返してもみてください。まだセブンスコードも知らなかったあの頃、私たちにとってFもGもおんなじ「メジャーコード」でした。

スリーコードと代理コード

セブンスコードを知ったことで、CとFはメジャーセブンスへ、Gはドミナントセブンスへと分化しました。これが第一のアップデート。そのあとコード編III章で、「IVだけはsus4を作ろうとするとフラットがつく」「IIImだけは9thを作るとシャープがつく」という現象に遭遇し、私たちは少しずつインターバルの奥深い部分に.触れはじめたのです。

基調和音の9thコード

これが第二のアップデート。そしてメロディ編IV章では、インコード・ディグリーが2・4・6度の部分に着目し、より細かい度数関係を論じてきましたね。例えば基調和音の4th Shellを調べたとき、特別だったコードは何だったでしょうか?

4度のシェル

「IVのコードだけが増四度」でしたね。こうしてダイアトニックコードに乗る2・4・6度の情報を意識・理解できるようになったのが、第三のアップデート。それで今が、4回目のアップデートをする時です。

これまでに学んだ全ての度数情報を凝縮して、「アイオニアン」「ドリアン」といったシンプルな言葉として脳の中に収納していくのです。

インプット!

いま「EΔを弾いて!」と言われたらすぐ4つの構成音が浮かんでパッと弾けるように、「E Lydianを弾いて!」と言われたら7つの構成音が浮かんでパッと弾けるようにする。今まで“空洞”になっていた2・4・6度の隙間に情報を入れ込んで、「コードの知識」を「モードの知識」へと進化させるのです!

簡単ではないですが、現状4つ覚えているところを7つにするだけですから、思ったほどは難しくはないはずです。これもやっぱり、紙を見つめて暗記するというより、今後のあらゆる演奏・作曲・分析の際に、最終的にこの「コードスケール」に情報を還元していくように心がければ、自然に「音響情報」と「名前」が結びついていくと思います。

#5 ここからの展望

そうはいえ、ここまでで紹介したのは最も基本的な7つのコードスケールだけ。ようは、コード編I章の「ダイアトニックコード」を学んだのと同じ位置に今いるということです。この先はまだまだ長いです。こうやって新しいフレームワークを導入したことで、やることがたくさん増えました。

  • コードの対応スケールを探す
    sus4やdim、augに対応しているスケールは何になるだろうか?
  • スケールの対応コードを探す
    ホールトーンスケールに対応できるコードは何だろうか? スパニッシュ・エイトは?
  • モードの入れ替え
    V7のコード上で、ミクソリディアン以外の選択肢は何があるのか?
  • 他のペアレントスケールからのモードの生成
    ハーモニックマイナーをペアレントスケールにして7つのモードを作ったら、どんなコードスケールが現れるだろうか?

特に、「コード理論を勉強したはいいけど、意外とやれることって少ないよな…」と感じている人は、こうした新しいフレームワークが、アイデアを広げる突破口になることがあります。
例えばAugmentedやMinor Major Seventhを知ってはいる。でも使い所はそんなにわからない…そんなとき、スケールとコードの関係性を整理することによって、それらを実際に活用するやり方が見えやすくなります。何度も言っている、「クリアな思考」というやつですね。

深い深いモードの“沼”に入っていきましょう・・・。

Continue