ナインスコード

コード編 Ⅲ章:新しい名前
Information

今回は「新しいコードネームを知る」回です。

セブンスコードよりもさらに複雑なサウンドを作り出すことができるようになるので、大人な雰囲気の音楽を作りたい時には避けて通れない知識といえます。第1回目の今回は、最も汎用性の高い「9thコード」を紹介します。


#1 付加和音をもう一度

I章の「付加和音と濁りの活用」で、音を付加して濁りを加えることを学びました。

1-2小節目

この時にはまだ、「7度付加」すら言葉のない状態でした。今ではセブンスコードを知り、シックスコードを知り、sus4やaugといった新しいタイプの濁りも知りました。ここでそろそろ、音を付加することについてしっかりと理論化する時が来ています。

III章前半でやったこととの違い

I章で付加和音を学んで以来自分で様々な「濁り」をトライしていた人は、このIII章前半で似た響きのコードに出会ったかもしれません。しかし前半でやった転位/変位系和音は、付加和音とは考え方が異なります。あれらは元のコード・トーンが変化して新しい音になっていたので、元のコード・トーンのうち誰かがいなくなっていました

3rdの転位
sus2・sus4 … 元の3rdが消滅
5th変位
+5,-5 … 元の5thが消滅

例えばsus2は、「3rdを鳴らさないことで緊張をもたらし、3rdが鳴らされると解決する」というような使い方が想定されていて、バンドで「ここはsus2で」なんて話になったら、そこには「タメを作りたいから3rdを鳴らさないでね」というニュアンスを自動的に含むことになります。

でも当然そうではなくって、「単にメジャーコードに2度の音を足して濁りを加えたい」という時だってあるわけですよね。

2度を足す

今回説明するのは、音を「ずらす」のではなく「足す」方法論です。トライアドからセブンスコードに進化した時のようにね。この違いを意識したうえで読み進めていってください。

#2 ナインスコードとは

さて、2度を足す。これはクラシックの理論にもある伝統的な考え方です。ただし、彼らは「2度」を足すとは考えませんでした。1・3・5度の三和音、それに7度を加えたセブンスコード、そのさらにもうひとつ“上”に音を積んで、「9度」を足すと考えたのです。

9の和音

そして、7度まで積んだコード群を「セブンスコード」と総称するように、9度まで積んだコード群をナインスコードNinth Chordと総称しました。

なぜ2度を9度と呼ぶのか

ですからI章ではカジュアルに「2度を足す」などと表現しましたが、コード理論においては「2度」ではなく「9度」と呼びます。それこそ当時のクラシック界では、過度な濁りは禁物。9度の音は、全音差でぶつかるRootや3rdの音とは引き離して使うのが原則でした。

9の和音Percy Goetschius “Material Used in Musical Compositions” 第14版 p90

ルートのすぐ上に置くな、最低でも9度は離して音を配置せよ」と言っています。また、「必ずセブンスの音も使え」とも。2度の音を足すという行為は、歴史的にはこうやって、1-3-5-7-9という「タテへのお団子がさね」によって生まれたものだったのです。だから、「ルートのすぐ上じゃないぞ、オクターブ上の音だ」という意味を込めて、このコードは「ナインスコード」と呼ばれる決まりなのです。

ジャズ理論も「9」を継承

それから時が過ぎ、「9度離して配置せよ」という原則は破られていきます。1-2-3-5という密集した配置は、ジャズでは当たり前の演奏です。

ギュウギュウ

これくらいギュウギュウに音が固まっていても、その濁りを楽しむような時代になりました。ただそれでも、ジャズ界は「9th」という呼び名をそのまま引き継ぎました。「9度離せ」というルールは捨てたけども、「タテへのお団子がさね」というコンセプト自体は踏襲し、これを2度と呼ぶことはなかったのです。

11度、13度

ちなみにクラシックが取り込んだのは9度だけではありません。「お団子がさね」を繰り返すことで、4度を「11度」として、6度を「13度」として和音の中に取り込みました。

テンション

こうした音は、ポピュラー音楽でも活用されています。ただ、11度、13度の理論はかなりのややこしさを孕んでいます。類似したものとしてsus4やシックスコードを章の前半で学んだばかりなので、ここには触れずに、今回は9度の和音だけを取り扱いますね。

#3 ナインスコード群の名前

改めて正確に説明すると、ナインスコードはルートの全音上、「長9度」の音をセブンスコードに加えたコードのことを指します。そのコードネームは、セブンスコードの時の名前を引き継ぎます

ナインスコード

メジャーセブンスコードをベースにしているならば、「Δ7」が基盤なので「Δ9」になり、マイナーセブンスコードをベースにしているならば、「m7」が基盤なので「m9」となります。1

ですのでここでひとつ注意なのは、「C9」といういかにも普通そうなコードネームが、実は黒鍵を伴うものであるということですね。ただこれはまあ、CΔ7とC7の区別の時に、もう乗り越えてきた壁のはずです。

細かいところ

ちなみに「9」についてはセブンスコードのときと同様に、ドミナント・ナインスDominant Ninthという別名もあります。これはやはり、総称としての「ナインスコード」と区別するためです。それから「7sus4」や「dim7」といった他のコードも同様にして、「長9度」の音を足せば名前が「7」から「9」に変わります(実際に見かけることは多くないですが)。2

基調和音と9thコード

六つの基調和音からナインスコードを作ると、IIImのコードだけは臨時記号が必要になります

基調和音とナインス

ミの全音上は、ファじゃなくファですからね。なのでナインスコードの中では、IIImだけは特別、使う時に注意が必要です。3

IIIm9の注意点

ある音が、キー本来の音階に沿った音であることを、キーに対してダイアトニックDiatonic to the Keyであるというのでした。IIImにおける9thの音は、キーに対してダイアトニックではない。メロディラインや伴奏のトップノート(一番高い音)で使ってしまうと、転調したようなしてないような妙な状態にもなりかねないので、伴奏の内側に混ぜ込んで目立たなくさせる方法がよく用いられます。

IIIm9

当然メロディラインがナチュラルのファを使っている時には、この音は足さない方が良いですね。

コードネームに反映されない部分ですけど、重要なことです。こういった「和音の配置」のことは、「配置」もしくは「ヴォイシング」と言うんでしたね。本来キーにない音であっても、巧い混ぜ込み方をすることでこれまでにない魅力的なサウンドを得ることができます!

#4 ナインスコード群のサウンド

セブンスコードとナインスコードでどんな風に響きが変わるか、聴き比べてみましょう。

IV7IIm7VIm7I7IIIm7

こちらはおなじみセブンスコード。トライアドに比べて深みがあるのは間違いないですが、II章からずっとこれなので、だんだん物足りなさも感じてきました。そこで、ナインスコードの登場です。

IV9IIm9VIm9I9IIIm9

トライアドからセブンスコードほどの躍進ではないですが、「濁り役」が一音から二音に増えたことで、さらに複雑なサウンドを獲得しました。特に最後のIIIm9は臨時記号も付いていますから、ただならぬ雰囲気を放っています。

基調外和音と9th

基調和音以外だと、I7VI7のような二次ドミナント、それからIVmVmVIIのようなパラレルマイナーコードでも9thはよくはまります。特にジャズ風の曲調では、9thまで積んだ時の濁ったサウンドがぴったりです。

IIm9IIIm9VIm9Vm9I9

かなり上品な雰囲気になりましたね! このコード進行は、パラレルマイナーの時にも「ジャズ風の定番」として紹介したものでした。9thを積むことでさらに大人っぽくなります。7thのサウンドがメロウだったのに比べると、9thの方は若干の「鋭さ」や「浮遊感」があるかなという印象です。もちろん、乗るコードやカーネルにもよりますけどね。

#5 add9

これまで見てのとおり、9thコードというのは「五段重ね」のてっぺん。「Δ9」とか「m9」というコードネームを用いると、自動的にセブンスの音も付いてくることになります。それがクラシック時代から続いてきた伝統なわけです。ですので、もし7th抜きで9thの音だけを足したい場合には、「add9」というコードネームを使います。

Iadd9

sus2,9,M9,add9。この4つは見分けがややこしいところですね。

add9 9 M9

まあ最初のうちは、大事なのは名前よりも音ですので、コードネームに頭を振り回されないように気をつけたいですね。ここで9thをマスターしたら、IV章では11th,13thの領域に入っていきます。

まとめ
  • セブンスコードの上にさらに9度の音を重ねたコードを、「ナインスコード」といいます。
  • コードネームはセブンスコードの状態を基準にして、そのまま7を9に変えればよいです。
  • IIIm9のようにキーに対してダイアトニックでない音を使いこなすには、音の細かい配置が重要になってきます。

Continue