マイナーフラットファイブの和音

コード編 Ⅲ章:新しい名前
Information

今回は「新しいコードネームを知る」回です。
I章で解説を省いたVIIm(♭5)、II章で省いたIIm(♭5)の和音と再会し、その使い方を確認します。

[gt_radar_chart id=”gt-radar-genrechart” width=”” height=”240″ labels=”J-Pop,Jazz,Classic,Cinematic,Electronic,Pop,Rock” animation_type=”radarar”][gt_chart_data fill_color=”#2060db” stroke_color=”#2060db” data=”90,100,100,90,10,50,30″][/gt_radar_chart]

前回はメジャーコードの上げ下げを行なったので、今回は当然マイナーコードの話になります。

min + up
min + down

§1 マイナーの♯5と♭5

コードネームの規則は難しくなく、5thを上げればシャープファイブ、下げればフラットファイブという名前が追加されます

マイナーの5度変位

単純ですよね。

メジャーコードのときは「シャープファイブ」の方が重要という話でしたが、今回は「フラットファイブ」の方が圧倒的に重要です。というか「マイナー・シャープファイブ」というコードは、基本的にコード理論の世界では亡き者となっています。1

逆に「マイナー・フラットファイブ」の方は理論上も実践上も非常に大きな意味を持っているので、今回はそちらだけにフォーカスを当てていきます。

§2 VIIと再会する

マイナーフラットファイブというコードは、以前にも登場しています。ドレミファソラシドの「シ」をルートにしてコードを作った時に現れるのでした。

変なやつ

自由派では基本のコード群から除外されていたんでしたね。ここへ来てようやくの再会です。今ならもうすっかり分かることですが、もしシをルートにしてマイナーコードをつくるなら、シ・レ・ファと行かないとダメなんですよね。このシ・レ・ファだと、5thが半音下がっている。だからフラット・ファイブということです。
フラットファイブした結果、このコードは「シ-ファ」というトライトーン関係を有することになりました。これは最も不安定な度数関係ですので、このコードは強烈な不協和音になります。

VII番目の和音の使い方

このコードが活きる進行というのは限られていて、原則的にIIImIIIのどちらかに進みます。

VIIm(♭5)III7VIm

楽譜で書くと下のようになります。

VIIの用法

ルートの動きに着目すると、強力かつ聴きやすい「B型接続」が2回続く形になります。だから聴き心地が良いし、フラット・ファイブの不安定さからIII7の持つ感情の昂りへと繋がり、最後はVImに着地するという流れも、パーフェクトな展開ですよね。この進行はかなり感情を揺さぶる感じがあるので、ポップスではバラードでよく活用されています。

§3 セブンスコード化する

これはマイナーフラットファイブのコード全般に言えることですが、三和音のままだと音響の不安定さがとても強く、使いづらさがあります。そこで、セブンスコードにして音のボディを強化するのが一般的です。やり方は6つの基調和音と同じで、音階にそってもう一段“お団子がさね”をすればよい。

マイナーセブンスフラットファイブ

コードネームに関しては、「フラットファイブ」はあくまでも付加的な属性とみなすため一番最後に回し、「マイナーセブンス・フラットファイブ」となります。これまで親しんできたメジャーセブンス、マイナーセブンス、ドミナントセブンス以外に臨時記号なしで作れる最後のお団子コードがこのVIIm7(♭5)ですね。サウンドを聴き比べてみましょう。

まず音響がリッチになりましたし、またレ-ラがガッチリした「完全5度」関係にあるため、骨組みが硬くなったというか、コードとしてのパワーが増しました。

楽曲での実例

この7-3-6という流れは、リスナーに揺さぶりをかける強力な進行のひとつで、特にポップスのバラード系楽曲では武器になります。

「右手が まっすぐな想いを 」のところのコードの流れが、まさに上の7-3-6進行になっています。この「揺さぶり」はフラットファイブの力です。

こちらもサビ、「時よ止ま」のところでVIIm7(♭5)に突入します。そこから先はやっぱり、III7VImと続きますね。II章までのコードでは踏み込めなかったレベルの感情の揺さぶりを、マイナーセブンスフラットファイブはもたらしてくれます。

「6つの基調和音」ではトライアドはトライアドの魅力というのがありましたが、VIIm(♭5)の和音に関しては、セブンスの方が圧倒的に優位というか、とにかくトライアド版は響きが貧弱なので、「理由がなければセブンスで」という感覚でよいかと思います。

「6つの基調和音」にこのVII番目の和音を加えると、一般音楽理論のいう「ダイアトニックコード」というグループになります。ただ強烈な不協和音であること、有効な進行先が限定されていることを踏まえると、やはりこのコードが特殊な立ち位置にいることは認識しておくべきことです。

§3 VII7とも再会する

II章では「二次ドミナント」を紹介しました。基調和音の各人の“相棒”となるコードたちでしたね。

2・3・6

IIImのコードにもVII7という相棒がいましたが、VII番目の和音ということで紹介を省略していました。コレについてもここで消化しておきましょう。このコードはIIImではなくIIIIII7へ進むのが定番で、クラシック短調における定型のひとつになっています。

VImIImVIIm(♭5)IIIVIm

まず比較対象として、こんな風にノーマルなVIIm(♭5)の和音を用いた進行があったとします。コレをVII7に置き換えると…

VImIImVII7IIIVIm

こんな感じで、とても上品な雰囲気の漂う進行が出来上がりました。ポップスに持ち込まれることは多くありませんが、いかにもクラシカルなテイストを演出したい場合には便利です。

こちら、NHK主催の合唱コンクールの課題曲になったことで話題でしたが、サビ冒頭にVImVII7IIIVImという進行が使われています。サビが妙にクラシック調に聞こえるのは、このコード進行の影響が大きい。

こちらもサビ、そしてその後の間奏でVImVII7III7VImというクラシック調のコードが使われています。そこにラテンっぽいリズムが合わさることで、独特な調子になっています。

とにかく進行先がIII系列のコードにべったりというのが、このVII系和音の特徴と言えます。