詳細度数 ❷

コード編 Ⅱ章:新しい音響
Information

今回は「言葉を知る」回です。

「度数」について、準備編から少しずつ扱ってきました。ここでいよいよ、全ての音程差に対する「度数」を紹介します。今後は「度数」を少しずつ覚えながら音楽理論の学習を進めていくことになります。

ココを無視してⅡ章以降の内容を理解することは不可能ですから、ジャンルを問わず重要な知識となります。


さて、I章はそこまで度数の知識がなくっても進める世界でしたが、ここからII章へ進むとなると話が変わってきます。

ここから先は度数だらけ

いよいよちょっとずつ、こういう感じの世界に入っていくわけです。ですからその状況に耐えられるよう、そろそろ少し「度数」と向き合っていく必要があります。ですからII章を迎える前に、改めて度数に強くなろうという、特訓のページがここになります。

§1 量と質

まずは少し言葉を本格化しますね。これまで「簡易度数」と呼んでいた、度数の数字の部分のことを「Quantity(量)」、そして「詳細度数」のときに加わった「長・短・完全・増・減」の部分を「Quality(質)」と呼びます。

QとQ

Qualityについては、コードの「クオリティ・チェンジ」のときに説明しましたね。音の質感を示すから、クオリティ。Quantityは「量」という意味の英単語。いわば日本語で言うところの「量と質」で、よく「Quality and Quantity」なんて風にセットになる単語です。

度数の一覧

改めて、まずはドを基準にして主要な度数を並べた一覧を見てもらいましょう。

インターバル

詳細度数のパターンは、「長・短」と「完全」、それから「減と増」の5種類だけです。いずれも、Ⅰ章の段階で紹介はされていますね。一応楽譜でも示しておきますね。

ウッ・・・・なかなか辛いものがあります。ただやっぱり、実際に覚えていくのは、その度数を使ったコードが登場してからでよいです。今はこれらの存在を「意識し始める」という段階。

一応「9度」まで並べましたが、実質的には「7度」まで把握すれば十分です。そこから先は、「オクターブ上=7度を足す」という、簡易度数の時の公式がこちらでも通用するからです。

では、3度・5度以外の度数でクオリティがどうなっているかを改めて確認し、各度数を覚えていくのにはどうしていけばいいかを解説していきます。

§2 クオリティの整理

まずは、クオリティがどんな風につけられているかを確認してみましょう。

「長・短」を冠する度数

ちょっと状況を整理すると、2・3・6・7については長短による命名となっています。

レミラシ

距離が長い方が「長」で、短い方が「短」なわけですから、名は体を表すという感じです。

「完全」を冠する度数

一方で1・4・5には「完全」という名がつきます

ドファソ

「完全」は、明るくも暗くもない、無色透明なサウンドという話でした。

そして「増」「減」は、完全・長・短で表せる世界からはみ出た時に初めて登場します。

度数の法則

ですから大抵は臨時記号を使った時に生じる特殊な度数です。

増と減※ドを基準とした場合の例

Cメジャーキーで言うと、臨時記号なしのナチュラル状態で「増/減」の音程が現れるのは、以前紹介した「ファとシ」を組み合わせた時だけです。

ファシ
シファ

ですからまずは「長・短・完全」をマスターすることを目標にするとよいでしょう。