Skip to main content

コード演奏/分析の基本事項

1 コードの演奏

さて、ここまでで基調和音、コードネーム、コードトーンといった抽象概念の土台固めをしてきました。

基調和音

ギター弾きであれば、コードネームを把握していればあとは押さえて弾くだけです。

ただキーボードの演奏や打ち込みで曲を作る人たちは、どんな高さで、どんな風に弾けば良いのかというのがまだ未解説ですね。

音楽理論では、音をどんな高さに配置して演奏するかのことを、配置Voicing/ヴォイシングといいます。今回は、和音を実際に「配置」する際のポイントを見ていきます。

配置は自由

コードの構成音の配置は、どうするのが良いのでしょうか? 結論を言ってしまえば、配置は基本的に自由です。オクターブが違っていても根本的な音の響きは変わらないので、例えばCメジャーのうち「ミ」だけが1オクターブ上にいても、響き上の変化はあまり大きくありません。1

そのためコードネームも同じく「C」のまま。その他どんな高さで鳴っていようとも、「ド・ミ・ソ」の音で成り立っているのなら、そのコードは「C」と呼ばれます。
音の配置はギュッと密集していてもいいし、音同士が大きく開離していても構いません。

全てコードネームは、「C」です。ひとつの楽器でコードの構成音を全て鳴らす必要はなく、例えば上の例は、ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバスの4つの楽器が協力して1つのコードを構成しています。

何個重ねても自由

また、ドミソを何個重ねたとしても「四和音」や「五和音」などと呼ばれることはありません。けっきょく「ド・ミ・ソ」の3音であることに変わりはないのですから、普通に「三和音」として扱われ、コードネームもやはり「C」のままです。

ようするにC

ただ、あまり音を重ねすぎると、総体のサウンドとしてゴチャゴチャするので、注意が必要です。

キャラクターを意識する

ちなみに音を重ねたり、逆にどれかを抜かねばならないという場合には、各コードトーンの役割を思い出してあげるとよいです。

仕組み

Rtはコードの根底の音、基本のサウンドで、3rdは明るい/暗いのようなサウンドキャラクターを司っている。5thは無色透明のサポート。どの音を強調するかで、サウンドの見え方というのは微妙に変わります。

バラバラに鳴らしてもよい

コードというと、ギターなんかでジャラーンと“同時に”複数の音を鳴らすイメージがあるかもしれませんが、実際にはコードトーンを単音ずつに分けて音を鳴らしてもコード感を出すことができます。

こんな感じで、細かく鳴らされたコードトーンたちが集合体となってコード感を作り出すのです。こんな風に、時間差で鳴らされて構成される和音を分散和音Broken Chordといいます。アルペジオArpeggioという言い方も、よく使われます。2

2 ルートの重要性

「配置は自由」と言ったものの、ひとつ意識しておくべき原則があります。それは低音部(ベース)はルートを中心に演奏するのが基本だということです。

ルートは大事

ルート以外を弾くことは“禁則”とかでは全くないのですが、コードの響きがけっこう変わるので、注意を要するものです。例えばCのコードトーンが「ドミソ」だからといってミをベースにとると、それは「ミソシ」の和音、つまりEmのサウンドに近似していくことになるのです。

ベースがミになることの影響力はなかなか大きくて、「なんかEmっぽい陰があるな」「でも総体としてはCっぽい明朗さがあるな」という複雑玄妙な色合いを見せることになります。これはすごく魅力的なサウンドですから、積極的に使ってもよいものです。ただ、カラーが違うという認識をしっかり持ったうえで使った方がよいということです。

上の画像では青と緑の色で比喩していますが、まさにこのイメージが近くて、クッキリとした原色で描きたいのか、中間色の淡い感じを出したいのかという対比、それを音楽で行う方法のひとつがベースの位置選択であるという感じです。

クッキリ原色クッキリ質感を出すか
ふんわり中間色曖昧さを演出するか

ルート弾き

実際の編曲においては、ベースはルートから動かないことも日常茶飯事です。

こちらは、エレキベースがほとんど動かずにルートを弾き続けている例ですが、これが退屈な編曲とかいうことは全くなくて、これでも全然普通です。このような演奏は「ルート弾き」と呼ばれます。特にビギナーであれば、ベースはずっとルート弾きでも何の問題もありません。それでもちゃんと良い曲が仕上がります。もしも無秩序に動いてしまうと・・・

音楽全体がかなりゴチャゴチャしてしまいました。もちろんこのような編曲が効果的な場面もありますが、これはちょっと節操がありません。ベースはコードの大黒柱であり、他の楽器よりも重大な役目を担っているという意識を持つことは重要です。

スラッシュコード

ベースがルート以外を中心に演奏する状態というのは特別なことなので、コードネームにもそれを反映させる決まりになっています。

下図のようにコードネームの右にスラッシュをつけて、ベース音を明記するのです。

分数型

これを文字どおりスラッシュ・コードSlashed Chordsといいます。例えば真ん中の「C/E」というコードネームを見たらば、ベーシストは「ミ」の音を最優先にして弾き、その他の音を弾くとすれば「ド」が筆頭候補ということになります。3

スラッシュ・コードは幅広い用法を持つ奥深い表現法です。現状はまだ他に優先して説明すべき項目が山ほどあるので、解説はいったん保留することにします。実戦においては、六つの基調和音が演出する“原色”だけでは物足りないと思ったときに、チャレンジで使ってみるのがよいかと思います。

1 2