3拍子は完全なリズム?

ホーム チャンネル 音楽理論 自由派音楽理論 3拍子は完全なリズム?

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • play music !
    play music !

    遥か昔からの難問…
    3拍子の曲をギターで伴奏すると、
    まったく「様にならない!」
    ピアノの伴奏だとしっくりくるのに
    ギターだとしっくりこない

    私の演奏が未熟なのか、
    それともギターという楽器の
    表現力の限界なのか?

    私はギター以外の楽器が弾けません
    だからなんとしても、
    たとえ3拍子の曲であっても
    ギターでヴォーカルの伴奏ができる
    必要性に迫られたのです

    とある時期から
    ボサノヴァの音楽に興味を持ち始め、
    「This is Bossa Nova」
    などのドキュメンタリ映画を見て
    次第にブラジル音楽に魅せられていった
    のですが…

    「ヴォーカル伴奏」
    を追求していた私は
    ボサノヴァのプロギタリストの門を叩き、
    何を勘違いしたのか
    「3拍子の曲ってギターで
    どう伴奏したらいいんですか?」と、
    とんでもなく失礼な質問をしてしまった
    のです

    ボサノヴァの音楽をご存じの方なら、
    「ボサノヴァって2拍子だろ?!」
    って激しく突っ込まれるところです笑

    藁(わら)にもすがる思いで
    「3拍子のヴォーカル伴奏」
    を探すのに必死だったんでしょうね(^^;

    この質問に対する答えはなんと…
    「3拍子の曲なんて弾かなきゃいいんですよ!」

    な、なんてエッジの効いた切り返し!笑
    お、おっしゃる通りです!笑

    今では、
    3拍子というところに
    ギターで伴奏することの難しさが
    あったのではなく、
    ヴォーカルの旋律に対して
    どのような音を選んだらよいのか?
    というところに問題の核心があったのだ
    と理解をしております
    おかげで一般的なコードの概念から
    すっかり解放された感じになりました

    ところでその際に、
    3拍子に関するお話をして頂きまして…
    「4分の4拍子を表す拍子記号Cは、
    アルファベットのCではなく
    半円を表しているんですよ」

    完全なリズムと考えられていた
    3拍子を◯(円)で表し、
    不完全なリズムである
    4拍子をC(半円)で表した
    とのことでした

    芥川也寸志さん著の「音楽の基礎」にも
    「4分の4拍子を表す拍子記号Cは、
    アルファベットのCではなく、
    定量楽譜時代に用いられた拍子記号の
    半円に由来するものである」
    と同様の記載があるのですが、
    半円の意味については触れられていません

    なぜ3拍子が完全なリズムと
    考えられていた時期があったのか、
    その真意をその場でお尋ねすれば
    よかったのですが
    その真意は不明です

    私はつい最近まで、
    心臓の鼓動が2拍子であると
    思い込んでいたのですが、
    ひょっとして3拍子ではないか?と
    感じるようになり、
    心臓の鼓動と同じ3拍子を
    完全なるリズムとしたと
    勝手な想像をしています(^^;

    今回は、
    「3拍子が完全なリズムと考えられて
    いた時期が本当にあったのか?」

    ということではなく、

    「3拍子というリズムに対して、
    皆様はどのような
    具体的アプローチをされていますか?」
    ということにつきましてご意見をお聞かせ
    頂きたく、投稿させて頂きました

    「こんな風に曲に取り入れている」
    「こんな風に演奏している」
    作曲、編曲、演奏、音楽理論…
    いずれの観点でも構いません

    よろしくお願い致します

    クラウド
    play music !
    play music !

    3拍子を含む曲のご紹介です^^/

     

    真のヴォーカリストは、

    ただの「一声」を発するだけで

    人の心を奪ってしまいます!

    ①アレサ・フランクリン

    「A Natural Woman」

     

    「何か言いたいことは、

    ありますか?」(^^;

    と感じられる最高のパフォーマンスです!

    ②アル・ジャーロウ

    「Take Five」

    3拍子+ 2拍子の混合拍子

     

    CATIAの声を聴くと、

    どこかの風景のようなものが

    自然と頭に浮かんできます!

    ③CATIA

    「Djobi,Djoba」

    ヴォーカルを支えるバックの演奏が3拍子っぽい!^^

     

    play music !
    play music !

    CATIA

    「Djobi,Djoba」

    ヴォーカルを支えるバックの演奏が3拍子っぽい!

    少し詳しく見てみる為に
    これをコピーしてみますと…

     

    キックドラムが2拍3連符の頭(の音)抜き

    のリズムとなっています

    ベースもキックドラムと同調して

    2拍3連のリズムをなぞり、

    「シンコペーションによって

    2拍子の中に3拍子がでてきます※」

    ※この見事な表現方法は、

    芥川也寸志さん著の「音楽の基礎」に

    書かれている

    「リズムの世界には1人の魔術師がいる…」

    という下りから借用した完全なるパクりです😁

    更に上の方でも

    クラヴェスというパーカッション

    が2拍3連のリズムをなぞって、

    全体として心地よいポリリズムの構成となっています

     

    ■2拍3連符の体験

    2拍で手拍子をしながら、

    ドー♪ドー♪ドー♪

    と3つの音の長さが均等になるように

    鼻歌を歌ってみて下さい^^

    (ドは思いついた音の高さで構いません)

     

    次に、そのままのリズムで

    頭のドー♪だけを休みにしてみて下さい

    テンポも自由に変えてみて下さい

    どうですか?

    私には

    鼻歌のリズムが心臓の鼓動のように感じられて、

    「あれっ?!

    心臓の鼓動って、ひょっとして3拍子?!」

    という気持ちになりました^^

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。