リズム理論を始める

#1 リズム理論について

「リズム」は、一般的な音楽理論では最もほったらかしにされている部分と言えるでしょう。なぜかと言えば、リズムというのは音楽の要素の中で最も人間が直感的に理解しやすく、多くの人が理論的な理解を必要としないからです。

リズムは最も根源的な音楽の要素であり、構築することはあまり難しくありません。それから、コードやメロディと比べて、リズムは「既存曲とかぶって当たり前」です。だから、迷うことなくプロの作品をマネすればいいのであって、その点で理論の必要性は、間違いなくメロディ・コードよりも圧倒的に低いと言えます。

たとえばテクノやダンスの世界では、一定のタイミングでキック(低音)が刻まれる「4つ打ち」のビートが定番です。



このリズムを誰かが独占することはなく、みんなが使う共有物です。リズムとはそういうもの。

ロックなら、このタイプのノリノリなリズムが定番のひとつ。
さらに言えば、コードはかなり複雑な技法や高度なワザが存在しますが、リズムでそのようなことをやってしまうと、大衆性がガクッと一気に落ちてしまいますし、またそういった部分の理論化もあまり進んでいません。ですから、そのような高度な技法のバリエーションが、コード理論と比べると充実していないのです。


こちらはちょっとノリが分かりづらいリズムの例。やはり大衆的な音楽からはかけ離れてしまいます。

とはいえ、基本的な概念や技法に名前がきちんと付いていることを知ると、やっぱり情報整理がしやすくなりますし、全てを感覚的にアプローチするよりも効果的なリズムを作り出せる可能性は大いに高まります。
リズム理論は、体感できるので、簡単です。知っている知識なら復習するのは悪くないし、知らない知識ならお得です。他の編よりも軽い気持ちで読み進めるとよいでしょう。

意識することが大事

リズムの理論はメロディ理論同様、初期段階で意識することがとても大事な分野です。リズムとはパーカッションだけが作るものではなく、例えばメロディライン自身にもリズムはあります。

いくらコードの知識をたくさん仕入れても、リズムのつまらないメロディというのはなかなか魅力的になりません。リズムの基本的な知識を知っていれば、そこで「手グセ」がマンネリ化を引き起こしていることに気づけたり、意図的に修正を加えていくことができます。逆にリズム理論を知らなければ、そこがボトルネックになってしまう可能性があるのです。リズム理論は、簡単なわりにすごく決定的な知識になり得ます。

#2 ドラムの3点

さて、リズム理論を進めて行く前に、準備編同様、基本的なところを確認しておきます。

あらゆるメロディラインや伴奏は、そこに幾らかのリズムを有しています。だから、ピアノやギターの弾き語りであってもそこには「リズム」がきちんとある。
その一方で、多くの音楽ではドラムのパートが存在し、それがリズムを最も司る存在になります。
ドラムの演奏の根幹は、3つの楽器によって成されています。それを確認しましょう。

❶ キック

まず、リズムの最も低音部を支えるのが、「キック」です。

ズシンという重たい響きは、文字通りリズムの「重み」をどこに置くのかを決定づける重要な要素になります。

❷ ハイハット

逆に最も高くてキンキンした音が、「ハイハット」です。しばしば「ハット」と略されます。

ハイハットは重みがなく、細かく鳴らしても不快にならないため、たいていの場合、キックよりも細かい刻みで演奏されます。それによって、さらに細かいリズムを提示することができるのです。

❸ スネア

キックとハットの間を支えるのが、「スネア」です。スネアは非常に目立つ音であるため、スネアをどのタイミングで叩くかによって、感じられるリズムは大きく変わります。

これでようやく「形」が完成したようなサウンドになりましたね。もちろん実際の曲中では、キックを鳴らさないパートがあったり、スネアを叩かないパートがあったりもしますが、この3つが揃うことで、リズムの骨格がくっきりと形作られるのです。

この3つの楽器は俗に「3点セット」などと呼ばれています。この3つの構成は、電子ドラムにおいても同じ。

どのような演奏が好まれるかは、ジャンルによって全く変わります。ですからリズムは、本当に「マネ」が大事。自分がやりたいジャンルの作品をよく聴いてみましょう。その際は、この「3点セット」がどんな演奏をしているのかに注目すると、分かりやすいですよ。

#3 リズム隊

ことバンドの世界においては、ドラムとベースを合わせて「リズム隊」と呼ばれます。ベースも、キックと同じズシンとした低音を担う楽器なので、リズムに与える影響が大きいため、そのように言われます。



こんな感じ。ドラムが同じでも、そこにどんなベースが合わさるかによって、印象が大きく変わります。もちろんウワモノの演奏も全体のリズムに影響を与えはしますが、やはり低音部が持つ基盤への影響力はスゴイのです。

やはり、物事の原理が分かっていると、余計なところで迷うことが減り、快適に編曲が進められます。リズム編は内容も本当にシンプルですから、I章だけでもサクッと読んでしまうとよいと思います。

Continue